5分, 術後イレウスになってしまうと治療の遅延が起こってしまうため、早期発見と予防が大切になります。, 機能的イレウスは、腸管に器質的な変化がなく、腸管壁を支配する神経や筋の異常によるものです。, 単純性イレウスと麻痺性イレウスは、術後1ヶ月以内に癒着が原因で起こるものが大部分です。, 絞扼性イレウスの原因としては、開腹手術後の癒着や炎症産物による絞扼が最も高いものになります。, 単純性イレウスは、腸管の器質的な変化によって起こるもので、血行障害を伴わないイレウスになります。, そのほかの原因としては、膵炎、胆嚢炎、虫垂炎などの腹膜炎による炎症の波及や、外傷による腹腔内出血によっても起こります。, 痙攣性イレウスは、胆石発作いや腎結石による疼痛、外傷の刺激などの神経性因子や薬物中毒の時にも起こります。, イレウス管は、チューブの先端にバルーンが付いており、胃・腸管内で留置できるようになっています。, 術後イレウスは、生理的腸管麻痺の回復状態や術後イレウスの兆候をモニタリングしながら、腸蠕動促進のための援助がポイントになります。, 術後イレウスの中には、生理的腸管麻痺とは別に、長期間臥床により引き起こされるものもあるので、早期離床などの援助が必要になります。, 具体的な援助内容としては、起立性低血圧を考慮しながら日常生活動作の拡大を行うことです。, 術後イレウスは長期間の臥床によって引き起こされることが多いので、術後は早期離床の援助がポイントになります。, 術後は創部の疼痛により離床が進まないことも多いので、早期離床の必要性を理解してもらい、少しずつ活動の拡大を行うことが大切です。, 早期離床とともに規則正しい排便習慣が保てるよう下剤を内服するなどのケアも必要になります。, 麻酔薬の影響で生理的腸管麻痺が起こるため、術後はできるだけ早く元の活動状態に戻す援助が必要になります。, 術後イレウスを起こしてしまうと、治癒遅延の原因にもなってしまうため、予防の援助が大切です。, 術後は疼痛により離床が進まないことも多いので、患者さんに早期離床と術後イレウスの関係を説明できるようにしておきましょう。, 周手術期の実習では、普段の実習よりボリュームも多く大変に感じている人も多いと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 学生時代の経験を通して、看護学生の勉強ノートをまとめるためにこのサイトを立ち上げました。. 麻酔により一時的に止められた腸管の蠕動運動は、麻酔の覚醒とともに回復してくるが、開腹術では術後の蠕動回復が遅れることがある

イレウスは、不安から患者の心身状態を細かく観察し、何か問題があれば迅速に対処しなければいけません。 ここでは、イレウスの看護に関して詳しく説明していますので、適切なケアを実施できるよう、看護師の方は是非参考にしてみて下さい。 2016 All Rights Reserved.

術後イレウスの看護目標; 術後のイレウスの看護計画.

© 2020 prenas(プレナス)|看護師がまとめる看護学生(プレナース)の勉強ノート All rights reserved. イレウス患者の看護計画 イレウスとは 胃腸管内容の移動がなんらかの病的変化によってさまたげられた状態で機械的閉鎖が原因である場合は機械的イレウス、腸管の機能異常に基づく場合は機能的イレウス … 2018年1月1日2018年5月11日 :

6)粕川 剛義,鎌田 重康,尾作 忠彦,小野田 肇:下部消化管術後癒着性イレウス―その予防策と成績について, 日消外会誌9(6):902~908,1976年., 7)腹部急性疾患の画像診断 イレウスのCT診断の進め方 日本赤十字社 高松赤十字病院, 8)榊原 巧,原田 明生,石川 忠,他:癒着性イレウスに対するイレウス管管理の重要性と手術時期の検討, 日消外会誌38(9):1414~1419,2005年., 愛知県名古屋市在住、看護師歴5年。愛知県内の総合病院(消化器外科)で日勤常勤として勤務する傍ら、ライター・ブロガーとしても活動中。写真を撮ることが趣味で、その腕前からアマチュア写真家としても活躍している。, 死に至ることもある恐ろしい病気というイメージも持たれる脳腫瘍ですが、患者への看護には、綿密さ, 夜勤のメンバーって、すごく重要ですよね。夜勤は看護師の人数が少なくて、勤務時間も長いので、誰と一, 看護理論とは看護に対する知識や考え方を体系化し理論付けたもので、看護実践の基礎となるものです, 吐血とは、大量の出血になりやすく、誤嚥による窒息、ショックバイタルと急変しやすい疾患の一つに上げられ, VAP(人工呼吸関連肺炎)の看護|原因や予防バンドル、ガイドライン、6つの看護ポイント.

看護師 看護用語 愛知県 外科 消化器科, 腸管内容物の貯留によって発症するイレウス。発現症状は、腹痛や嘔吐といった一般的なものであるため、早期に特定することは難しく、重症化してから発見されるケースは珍しくありません。, また、術後早期に起こるイレウス(癒着起因が大半)は、保存的治療によって多くが軽快するものの、処置が適切になされないと患者の負担増・QOL低下はもちろん、重症化することも多々ありますので、綿密な観察に加え適切な看護ケアが必要不可欠です。, 今回はイレウス、特に術後イレウスにスポットライトを当て、その概要や機序、症状、原因のほか、看護師が行うべき適切な看護ケアについて詳しくご説明します。, イレウスとは、何らかの原因によって小腸や大腸など腸管の内容物が肛門側へ流れなくなり、腸管内に貯留し続けてしまう病態(腸閉塞)のことを指します。腸管に内容物が貯留し続けると、腸管壁の壊死や穿孔を引き起こし、死に至るケースもあるために、イレウスが疑われる場合には早急に検査・治療を行う必要があります。, しかしながら、イレウスは外観的に判断できるものではなく、また主な症状が腹部膨張感や腹痛、嘔気・嘔吐など、一般的に頻度の高いものであることから、初期段階での発見が困難なのが実情です。, ただし、胃や腸の術後早期に発症する術後イレウスにおいては、患者が看護師など医療従事者の管理下にありますので、早期発見は比較的容易と言えます。そのためには、患者の入念な観察が必要不可欠となりますので、頻回な訪室により関連症状の有無を適切に観察し、イレウスが疑われる場合はもちろん、軽度症状でもイレウスを含む合併症の発症を考慮し、画像診断の実施などの迅速な対応が求められます。, イレウスは大きく分けて、腸管管腔の狭窄・閉塞に伴う通過障害「機械的イレウス」、腸管蠕動の低下・消失に伴う通過障害「機能的イレウス」の2つに分類されます。また、機械的イレウスにおいて、血流障害が伴えば「絞扼性イレウス」となります。, イレウスの3大原因は「術後癒着」「ヘルニア」「大腸がん(上表/腫瘍)」であり、およそ90%(術後癒着が最高率)が機械的イレウスで占めています。, 過去の統計における術後イレウスの発症頻度は、胃手術後で約1~35%、結腸直腸手術後で約3~13%1~3)とまちまちであり、大規模な統計はありませんが、総じて発症頻度は低くなく、軽視できない合併症です。, 術後に発症するイレウスには、上述の分類にあるように癒着や手技に伴うもの、麻薬(麻酔薬)の影響による腸管蠕動の抑制など、実にさまざまな原因が考えられます。中でも発症頻度が高いのが癒着であり、イレウスのうちのおよそ80~90%4~5)が癒着によるものとのデータがあります。(文献によっては半数以上としているものもある), また、日消外会誌(1976年)によると、開腹に伴う術後癒着性イレウスの発症頻度は、3,115症例中129例6)(4.14%)と高頻度で発症しています。いずれのデータも古いものではありますが、医療技術の進歩が著しい今日においても、その発症頻度に大きな変化はみられません。, 開腹手術によって腸管や腸膜の漿膜(しょうまく)が損傷されると、線維素が析出します。通常、損傷した漿膜は他の漿膜面または大網に接触しなければ損傷する前の正常な漿膜に修復されますが、他の漿膜面または大網に接触すると、これらの面に膠着(繊維素性癒合)が起こります。, そしてこの膠着が可逆的な場合には繊維素性が吸収され、また中皮細胞が新出し、損傷・剥離した漿膜の治癒が行われますが、繊維素の吸収が十分でないと膠着が不可逆的なものとなり、線維芽細胞が出現し、漿膜面における線維織化が発生します。こういった経緯を経て、他の漿膜または大網との間に繊維素性癒着が発生すると考えられています。, つまり、癒着性イレウスは開腹手術操作に伴う腸管や腸膜の漿膜(しょうまく)の損傷が原因であり、腸管漿膜の修復と癒着における一種の生体反応とも捉えることができます。, なお、腸管と癒着する部位としては、大網のほかにも腸管(腸管同士)、腹壁腹膜、後腹膜などがあります。この癒着は開腹手術を行った多くの患者にみられるものですが、必ずしも「癒着=癒着性イレウス」ないし「癒着=イレウス」ではありません。, 基本的に術後イレウスのみならず、イレウス全体を通してその発症を外観的に特定することはできません。また、癒着性イレウスにおいてはその癒着の状態を画像診断などで確認するのは困難であるため、多くの場合は腸雑音の亢進、腸管におけるガス・便の貯留、腸管の拡張状態などをみて鑑別を行います。, これらの症状を踏まえた上で、「腹部単純X線写真」「超音波検査」「造影CT検査」などにより診断を行います。, 4.