0000009368 00000 n

@‚±‚¤‚µ‚½’n“¹‚È‘nˆÓ‚ð–Y‹p‚µA”j‰óŽå‹`‚ɉÁ’S‚µ‚Ä‚¢‚­‚悤‚ÈŒ»¡‚̎Љï“I•—’ª‚ƃCƒfƒIƒƒM[‚ª‚Í‚Ñ‚±‚Á‚Ä‚¢‚é––Šú“IÇó‚̎Љï‚ɂ́AŒ’‘S‚ÈŒoÏƒVƒXƒeƒ€‚à•Lè퐬‚è—§‚‚±‚Æ‚ªo—ˆ‚È‚¢‚Å‚ ‚낤B, \ƒ}ƒ‹ƒNƒX‚ƃEƒF[ƒo[‚́uŽÐ‰ï“Isˆ×v—˜_”äŠr\. H��T=o�0��+4&�Q�$x�hѵޚ�,P��������) 9L3�.30�00500U00�+]X��T��x�o��pU��B��W0��&Ui& �0 9� endstream endobj 66 0 obj 132 endobj 29 0 obj << /Type /Page /Parent 24 0 R /Resources 30 0 R /Contents [ 40 0 R 42 0 R 44 0 R 46 0 R 48 0 R 50 0 R 54 0 R 56 0 R ] /MediaBox [ 0 0 595 842 ] /CropBox [ 0 0 595 842 ] /Rotate 0 >> endobj 30 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text ] /Font << /TT2 36 0 R /TT4 33 0 R /TT6 34 0 R /TT8 31 0 R /TT10 38 0 R /TT12 51 0 R >> /ExtGState << /GS1 61 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 37 0 R >> >> endobj 31 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /HGPSoeiKakupoptai /Encoding /90msp-RKSJ-H /DescendantFonts [ 59 0 R ] >> endobj 32 0 obj << /Type /FontDescriptor /Ascent 985 /CapHeight 0 /Descent -216 /Flags 34 /FontBBox [ -165 -307 1246 1201 ] /FontName /Century /ItalicAngle 0 /StemV 0 >> endobj 33 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /FirstChar 32 /LastChar 246 /Widths [ 278 0 0 0 0 0 0 0 333 333 0 0 0 333 0 278 556 556 556 556 556 556 556 556 556 556 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 833 0 0 778 667 944 0 778 0 0 0 0 0 0 722 0 0 0 611 0 0 0 0 0 0 556 556 444 574 500 333 537 611 315 0 593 315 889 611 500 574 0 444 463 389 611 0 778 0 537 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 574 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 500 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /BaseFont /Century /FontDescriptor 32 0 R >> endobj 34 0 obj << /Type /Font /Subtype /TrueType /FirstChar 32 /LastChar 117 /Widths [ 250 0 0 0 0 0 0 0 333 333 0 0 0 0 0 0 0 500 500 500 500 500 500 500 500 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 722 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 500 444 0 500 0 278 0 0 278 778 500 0 0 0 333 0 278 500 ] /Encoding /WinAnsiEncoding /BaseFont /TimesNewRoman /FontDescriptor 35 0 R >> endobj 35 0 obj << /Type /FontDescriptor /Ascent 891 /CapHeight 0 /Descent -216 /Flags 34 /FontBBox [ -568 -307 2000 1007 ] /FontName /TimesNewRoman /ItalicAngle 0 /StemV 0 >> endobj 36 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /MS-Mincho /Encoding /90ms-RKSJ-H /DescendantFonts [ 58 0 R ] >> endobj 37 0 obj [ /ICCBased 60 0 R ] endobj 38 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /MS-Gothic /Encoding /90ms-RKSJ-H /DescendantFonts [ 62 0 R ] >> endobj 39 0 obj 608 endobj 40 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 39 0 R >> stream

0000008516 00000 n

�5�H���ͧ�i^~<=�n��dhcړ���\(��8��1V�~�zs�Y� �C�e�,�G�����r\V��u˲�;:��� 1�A� endstream endobj 41 0 obj 666 endobj 42 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 41 0 R >> stream

0000013439 00000 n 0000002910 00000 n

0000003662 00000 n 0000001463 00000 n 社会福祉士の人物の覚え方!マックスウェーバーの社会的行為(4つの行為) 個人の社会的行為から社会を分析する方法論的個人主義の立場をとり、 理解社会学 を提唱したのがマックスウェーバーです。 人間が何かの意図をもってふるまうことを行為とする。 奥井智之、2014『社会学〔第2版〕』東京大学出版会.(2章 行為) ・行為の四類型 「[…]ウェーバーは、人々の行為の意味を理解することを社会学の中心的な課題とした。このような自身の社会学をウェーバーは、「理解社会学」と呼んだ。

かつて、「社会的行為」理論にかんするレポートを大学で提出したことがある。今回、それを振り返りながら、社会的行為理論、ことに労働というものをめぐての人間論を、主に自発的労働と、強制労働(やりがいを奪われた労働)に従事する人間像を軸に、再考してみたい。

0000010762 00000 n 0000004519 00000 n 0000005284 00000 n 社会福祉士国家試験において理解社会学を提唱したマックスウェーバー(ヴェーバーともいう)は覚えておいたほうが良い人物の一人です。, ドイツの社会学者の人ですが、この人の提唱している事柄はとても覚えやすいです。普段、仕事や生活しながら国家試験の勉強になってしまうので、楽に覚えることのできる人物ですので紹介したいと思います。, 個人の社会的行為から社会を分析する方法論的個人主義の立場をとり、理解社会学を提唱したのがマックスウェーバーです。人間が何かの意図をもってふるまうことを行為とする。ウェーバーは行為が意図する行いが、他の人々の行動に関りをもって、その過程が左右されるような行為のことを社会的行為と名付けて分類した。, ちょっと難しい言い回しで混乱しますが、マックスウェーバーは社会的行為というものを4つに分けています。, と考えていくと、自然と覚えてしまうのです。この社会的行為に関しては机に向かってノートに書いて覚える必要がないんです。, ただ、自分が行っている行動がどれに当たるのか分類が難しい場合があります。あくまでも国家試験のために、社会的行為を4つ覚える方法を言っているので完璧に分類する必要はないです。, 例えば、「好きな人に会いに行く」は感情的行為なような気もしますが、好きな人に会いに行くために合理的に行動するって考えると目的合理的行為のような気もするんです。, 個人的資質(パーソナリティ)により大多数の大衆の心を捉え、圧倒的なカリスマ性で支配する, 伝統的支配は昔の日本でもあった家父長制(長男が一番偉い)がイメージしやすいです。カリスマ的支配はヒトラーとかです。, 現在の日本は合法的支配となっています。この法律に基づく支配で人間の活動を規定している典型的な支配体型として次の官僚制が挙げられます。, マックスウェーバーは近代的な組織では、明確な共同目標があり、それを実現するためには、支配と協働のシステムを持っている制度化された機能集団のことである。として組織の目標を達成するための手段の1つとして、官僚制を提唱した。, 官僚制は現代社会においても合理的で、まさに完璧な組織の支配形態!しかし、これにはマイナスの効果もあるという考えを打ち出したのがマートンという人です!マックスウェーバーではないですので注意!!, どこがマイナスかというと、形式主義、事なかれ主義、繁文縟礼(ルールが細かくてわかりづらい)、セクショナリズム(一つの部門にとじこもって他を排斥する傾向。なわばり根性。)、秘密主義、責任回避、権威主義、前例踏襲前例(問題点があっても、前例となっているということを主な理由として、その改善や改良などを先送りするような考え方のこと)があります。, この官僚制と官僚制の逆機能は日本においては、行政機関(省庁など)におけるエリート国家公務員たちが構成する制度のことを思っていただければイメージがしやすいと思います。, 公務員の体質で官僚制の逆機能がバリバリに起こっていることを仕事をしていて、ニュースを見ていて思ってしまうことありませんか?ニュースを見たり、市役所に行ったり、公務員の人と接する機会があったら, マックスウェーバーの官僚制だ!そしてマートンは官僚制の逆機能だ!っと思っていると自然と覚えてきます。, 3つの支配類型は伝統的支配は長男偉い。カリスマ的支配はヒトラー、合法的支配は今の日本, 官僚制は現在の行政機関というイメージ。提唱したのがマックスウェーバー官僚制は上手く機能しないこともありそれが官僚制の逆機能。提唱したのがマートン, マックスウェーバーにはもう一つ有名な考えがあり、書籍があります。それが池上彰さんの推薦本でもある。マックスウェーバーとプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神です。, これはキリスト教のカトリックではなくてプロテスタントが経済の発展と相性が良かったということを解説している本です。, もしかしたら、テストでも出てくるかもしれないので覚えておいて損はないと思います。興味がある方は読んでみても良いと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 包括支援センター管理者