『オヤジが美少女になってた話』作者がヘアドネーション体験マンガを発表.

ID: mctteszKyb, 2020/09/16(水) 00:55:32 名前の由来は『グレゴール・ザムザ』から。グレゴール・ザムザは『変身』の主人公であり、ニセダイナに変身したグレゴール人にマッチしたネーミングといえる。また、ザムザは甲虫に変身したとされており、奇しくもグレゴール人の出身地は『ヘラクレス座』である。, 『ウルトラマン超闘士激伝新章』ではダイナに化けて第4次銀河最強トーナメントに出場し、1回戦でガルタン大王と戦った。 タイマー音自体も独自のものであるが、『コスモス2』のコスモス・エクリプスモードになぜか流用された。逆に『サーガ』で石化する際の音がティガやコスモスと同じものというあべこべが発生している。これはハイパーゼットン・コクーンの膜の中にいるためその分音が変わるだろうという考えから音に編集を加えたため、ティガやコスモスの音に近くなったのは偶然とのこと。 「ウルトラ警備隊7番目の男、セブン」 「ダイナミック、ダイナマイト、大好きな、ダイナ」 などのように地球人が意味を込めて作ったわけでもなく、「帰ってきたウルトラマン」本編ではただ「ウルトラマン」と呼ばれるだけで、エースでは「ウルトラマン二世」、タロウでは「新マン」立ったりと作品ごとに呼び方がバラバラで明確な名前が明かされず、映画ウルトラマンZOFFYでいきなりなんの説明もなく「ジャック!」と呼ばれました。もうどういうことなのさ!名付け親のウルトラマン出てこい!そしてウルトラマンジャックの由来を教えろ!, ウルトラセブンの母親とウルトラの母が姉妹であり、ウルトラセブンとウルトラマンタロウが、いとこであるという設定は廃止されたんですか?, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。

ウルトラマンZは名付け親のエース兄さん曰く「Zには地球の言葉で最後という意味がある。お前が地球を守る最後の勇者となれ!」という熱い想いを込めて名付けられていましたが、ジャックの名前の由来は何なのでしょうね? 出身地:ギガール星 TPCのミヤタ・セイジ参謀が、10年前にネオマキシマ航法の実験でギガール星に遭難した際に出逢った女性。ギガール星でトロンガーからミヤタを救い、さらに地球にトロンガーが現れた際にもミヤタの前に現れる。しかし実はミヤタがギガール星を去った後にトロンガーに殺害されていた。武器としてギガール銃という銃を一度だけ使う。 ミヤタにその銃とトロンガーの弱 … 宇宙一の格闘家をめざし、ウルトラマンダイナと決闘するためにやってきた宇宙人。そのため自身に地球を侵略する意思はない。

ウルトラマン、そしてダイナミックヒーローの名に恥じない姿を共演者やお茶の間の視聴者に見せつけた。 1980年以降 . ダイナの力を使ってガルタンを圧倒するものの、「偽者の力に負けるようなことがあってはならない」と奮起したガルタンに返り討ちにあった。, ウルバトのナヴィからは「ニセダイナの姿でダイナに決闘を挑むのは少々、理解に苦しむ」「ザムシャーのように堂々と挑めばよい」「マスクが割れたら早々に立ち去ったことから、実はシャイなのかもしれない」とニセダイナのトライアルにおいて言いたい放題言われてしまっていた。, ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣 ニセウルトラマン アンチヒーロー



他のウルトラマンにはセブンやエースとか格好いい名前があるのに… 自分がもしリアルタイムで試聴していたら、帰マンや新マンとかの名前じゃなくて、初代ウルトラマンとは別人ならハッキリとした名前を教えてくれよ!

ティガは変身者であるダイゴ以外も憑依合体・変身できたものの、ダイナは正真正銘全マルチバースでアスカただ一人(勿論「ダイナと出会わなかったパラレル世界のアスカ」も無限に存在するが)しか変身できていない。 !」, 病気やケガでボロボロだった猫が一変……! 優しい飼い主に保護された猫が幸せな暮らしを手に入れる, 伸びた髪を切る時の「圧倒的な断捨離感」が人のために!?

ウルトラマンガイア .

マドカ・ダイゴとは、特撮 テレビドラマ『ウルトラマンティガ』の主人公である。. 平成ウルトラシリーズ二作目。, 当初は防衛チーム以外の人物が主人公の予定だったが、人気だった前作「ウルトラマンティガ」の数年後の世界はどうかという案が出され可決。ダイナの時代設定がティガの世界の数年後、2017年となった。, 開始当時は続編という要素はあまり見られなかったが第35~36話「滅びの微笑」では前作の防衛チーム『GUTS』のメンバーであるムナカタ、シンジョウ、ホリイがガッツウィングに乗りスーパーGUTSと共闘、元隊長であるイルマはシイナの部下として情報局の参謀を務め、最終三部作ではTPCプロジェクターチーフとしてヤズミが、火星では前作主人公ダイゴその妻レナと、二人の子供であるヒカリが登場するなどティガの続編という色を濃くしている。, また、「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」ではスーパーGUTSの面々がZEROの教官や訓練生として現れる。今作主人公のアスカはTPCの作業員として登場している。, 因みに名をウルトラマンダイナと決めたのはマイ。意味は「ダイナミック」「ダイナマイト」から。他に最終話で「大好きなダイナ」と言っている。, 名前の候補は他に「ウルトラマンジャイアン(ナカジマ案)」「ウルトラマンスーパーデラックス(カリヤ案)」と出たがどれも却下された。また、実写作品で青いウルトラマンが登場したのはダイナのミラクルタイプが初めてである。, 最終回後は人類を守るため地球を離れ、様々な宇宙で活動を行っている模様。実際、ウルトラ銀河伝説やウルトラマンサーガなど、ウルトラマンゼロが登場する劇場版にたびたび主演している。, その他、全51話+OV作品「帰ってきたハネジロー」の中で最多出演がミジー星人。度々ダイナやスーパーGUTSの面々に倒されているが侵略しない事には星に帰れない為、コツコツとガラオンを作っている。, ウルトラマンティガが邪神ガタノゾーアを打ち倒し、世界を闇から救った戦いから7年が経った。 ウルトラマンナイス - グレゴール人の中の人が後に変身することになる本物なナイスなヒーロー.

父が見たという光、それにたどり着くまでは生き続けたい。強い意志を見せたアスカは謎の光に包まれた。, その後、無事救助されたアスカは訓練中に見せた腕を買われたのか、それとも宇宙に投げ出されながらも生き延びた強運を買われたのか、TPCの特捜チーム・スーパーGUTSに配属されることになった。, それから直ぐの事、TPCの火星基地が多数のスフィアとスフィア合成獣ダランビアによる襲撃を受ける。 解らない未来に不安を抱き、どうすればいいと悩む悟に掛けられた言葉である。, またアスカ自身ダイナに変身する能力について悩んでいる。何故自分なのだろう、自分が人間でない者に変身する事を知られてしまったら…、, 最終話でヒビキにどうして言ってくれなかったと問われたアスカは自分は照れ屋だからとその固い場を和ましたが、本当は怖かったのだとリョウに漏らしている。, ダイナは「フラッシュ」「ミラクル」「ストロング」と状況に応じた3つのタイプがあるが、それぞれ1度に1回しかタイプチェンジが行えない。, その為、基本のフラッシュからミラクル、またはストロングには変身できるが、ミラクルからストロング、またその逆への変身は行えない(フラッシュへ戻る事は可能) 序盤こそ苦戦はしたものの、なんと0秒ちょうどで壁が迫る中、脱出に成功してクリアした。 スフィア襲来の際に地球を救うために現れた光の巨人。スーパーGUTS隊員アスカ・シンと一体化し、リーフラッシャーで変身する。本来は「ダイナ!」と叫んで変身するものだが、本編では無言で変身することのほうが多かった。変身にかかる時間は0.1秒である。 は「勝負はまだ一回の表だ!」とごく自然に野球用語が出てきた。一回の表でコールド負けしたが…。, 動物園を開いている奴がいるくらいなので、宇宙のどっかで暮らせる星を見つけられたんだろう。素直には喜べないが。, そんなわけで、こいつこそ世界で一番有名なウルトラ怪獣であろう。「ばるたん」と打つだけで(V)o¥o(V)という顔文字が出るほどである。, 核ミサイル撃ち込まれて死んでもすぐに脱皮して生き返り、少数のチビバルタンに分裂して街を襲うような奴の考えていることはよくわからん。, 実はこんな昆虫みたいな姿ではなく、地球人に似た姿だったらしい。それが核実験をやりすぎたせいでこんな姿になり、挙句それで自らの星を滅ぼしちまったんだからろくでもない種族だ。, 裏設定ではバルタン星人の足の裏は猛毒を帯びており、足跡には草の芽一本生えないとか。, 「ウルトラマンSTORY0」では、ウルトラ世界の怪獣やウルトラマンを作った原因がコイツら(の先祖のセミ人間)だった。迷惑すぎる。, 並行世界を描いた『大怪獣ラッシュ』ではとうとう最後の一人(CV:平川大輔)になってしまった。, ちなみに手の鋏は着脱式なので「こんな手でどうやって宇宙船操縦するんだよwwwワロスwww」などという野暮なツッコミをする奴にはお仕置きしてあげよう。, あのレッドマンの虐殺から唯一生き延びた…が、同じ回に登場したジラースが犠牲になってしまった。, 別の回でもこの2体が同時に登場したが、その回ではレッドマンの策略で同士討ちしてしまう羽目に…。, 正直なんでこんなマイナーかつ作中で死んでもいないようなヤツをタイラントの素材に選んだんだか。同じような背中のマグネドン(こっちは死んでる)の方がまだ強そうだろ。, 宇宙で再生できない、という点でマグネドンは外されたんだろうか。あとはAに倒された超獣(まぁ当時Aが倒したのはほとんど超獣だけど)の怨念が欲しかった説。, 地球人・バンデル星人の代表者たちによる講和会議なんてのも開催されていた(決裂したけど)。妙に現実の国際紛争を思わせる設定だった。, 最後はバンデル母星ごと太陽系に突入し、地球の軌道を乗っ取るという荒技に出て、あえなく玉砕。, 語源はバンディット(山賊)。宇宙海賊という設定はよくあるが、宇宙山賊は彼らだけかも。, 親分のバンデル星人がシュールでおどろおどろしいのに比べて、こちらはとってもおとぼけ顔。, 鉄人型(リモコン)やアトム型(人工頭脳)ではなく、マジンガー型(搭乗して操縦)である。, ゴース星人が連れてきた怪獣。セブンの最後の相手だったわりには、なぜかインパクトが弱い。, セブンを苦戦させたが、その時セブンは体調が最悪だったので、パンドンはほんとはあんまり強くないんじゃないかという疑惑がある。, 「倒せ 火を吐く大怪獣♪」という主題歌だが、セブンと戦った怪獣の中で、火を吐くのは実はこいつだけだった。, 義手と義足を片方づつつけて再生、ウルトラセブンのアイスラッガーをも受け止めた。ここからの流れはウルトラシリーズでも一二を争う名勝負。, ただ、アイスラッガーを受け止めたのはサイボーグ化していない右手の方なので、別に改造再生して強くなったわけではないようだ。, キングパンドンやネオパンドンといったオルトロス型の造形は、初代の没デザインらしい。, このイラストでは一峰大二版のデザインのセブン上司(アイスラッガーがノコギリ状)も登場しており、絵師の近藤ゆたか氏の情熱が受け取れる。, 死ぬほど光線を浴びせられても根性で耐えてズンコズンコ進撃してきたのはやっぱりセブン最終回のオマージュ?, 「遠くでビルを壊す怪獣より近くで殴りかかってくる怪人の方が怖い」を体現するかのような存在。, 雲海を突き抜けてのハイスピードバトルはウルトラマンであることを忘れそうなカッコよさだった。, 漫画版ではあまりの速さから飛行の軌跡しか描かれていなかった(いわゆるドラゴンボール視点)。, 「小学校2年生程度の知能がある」と昔の怪獣図鑑に書いてあった。のび太と同じくらいか。, ウルティメイトフォースゼロ内での名前の候補は、「ピーちゃん」「10号」「モロボシ君」など。, 無表情でひょうきんな操り人形の姿をしたピッコロが、大人に裏切られた子供の感情をむき出しにして街を壊しまくるのは子供心に怖かった。, 実はマッハ5で走る俊足の持ち主。なんと彼女より足が速いウルトラマンはグレート、パワード、ネオス、ガイア、アグル、マックスの6人だけ。しかもこいつら全員巨大化時の測定なので、人間大でかけっこしたらまず勝てません。, ウルトラ5兄弟が束になってかかってもびくともせず、ウルトラの父さえ返り討ちにしてしまう。知力・体力・特殊能力ともにずば抜けた最強宇宙人候補。, 幻影とはいえ200メートルの身長で登場したインパクトも凄かった。バキューモンみたいな不定形の怪獣は別として、このサイズを超えるのは根源破滅天使ゾグまで無かったような。, 宇宙昆虫ダイオリウス(ウルトラマンダイナ ぼくたちの地球が見たい)が3桁メートルだったはず。, 単体でもウルトラマンたちをここまで追いつめたんだから、母星の仲間を呼び寄せておけば負けることはなかっただろう。, 単体なのに一人称が「我々」だったことから、あれは無数のヒッポリト星人の集合体だったという説もある。, 神話上のヒドラにも、実在水棲動物のヒドラにも全然似ていない。命名の根拠がよくわからん。, 交通事故死した子供の霊が怪獣化したものだから悲劇の道路、略してヒドに怪獣らしくラをつけた名前らしい。, ゴルザとメルバの合体あたりは誰しも一度は考えただろうが、ガンQやレイキュバスや超コッヴとまで悪魔合体させるなんて考え着くかフツー。, ウルトラ10勇士でもガタノ・ゾグ・グランスフィアを再現するのは困難だからかこいつ1匹でTDG三兄弟を相手することになった。, その名の通り、ごうごうと燃え盛る剣を振り回してエースを襲った。スーツアクターも命懸けだったろう。, ファイヤーモンスはエースを串刺しにして倒してしまった。そのため「A」内でも最強候補として挙げられることも多い。メタリウム光線にも耐えたし。, しかし切断大好きなエースに奪われ、飼い主の頭にその剣をぶっ刺されて殺されるとは誰が想像できようか…。, ファイヤーモンスを倒した(つまりスペシウム光線より強いメタリウム光線より強い)レーザー兵器『シルバーシャーク』はメビウスにも登場した。, 頭の王冠が取れると元気がなくなる、ヘソをくすぐると笑いが止まらない、など突っ込みどころが満載。, イグアナを壺に詰めてクロパラを食わせ続けた結果こうなったので実は爬虫類。でも臍がある。, なんと現在のカツオくんの中の人はレオで子役時代に顔出しで演じていた(学業専念のために途中降板したらしいけど)。, それにレオ本放送当時のカツオくんと現在のカツオくんの中の人(とはこのときに共演している。, ユリアンの唯一の戦闘シーンのヤラレ役として頻繁に登場するため、マーゴドンをさしおいてこいつらがラスボスだと思っている人もいるのでは。, マイナズマは愛らしい顔立ちだが、プラズマは口がトーテムポールみたいに縦に並んでてキモい。, ボディはレオの攻撃も全く寄せ付けなかったのに、なぜか転んだだけで角が折れた。スペランカーかよ。, 以前レオはロンを触って小さくしたが、この回ではブラック司令のオーブを触って巨大化させていた。便利なやっちゃ。, コイツが死んだ後に落ちてきた惑星ブラックスターもレオが光線技で破壊したため一件落着…ってか、そんなギリギリで爆破して地球が無影響だったってことは、粉末レベルまでバラバラに消し飛ばしたんかい! !」, 結局何がしたくて地球に来たのかよくわからん奴。ウルトラマンレオを倒して威張りたかったのだろうか。, ウルトラの父によるとM87光線ではさすがに死ぬらしいがワイドショットやスペシウム光線ではかなりキツイらしい。, 影や虚像を利用する攻撃などしない。勿論日本しか攻撃していない。じゃあなんでこんな名前なのやら。, ならなぜ侵略に来たのかといえば、地球人が太陽系開発を進めると聞き、自分たちの宇宙での活動に支障が出ると判断したからである。つまり、地球侵略ではなく人類の宇宙開発阻止が目的だったわけだ。, 破壊兵器開発力も過小評価してたんじゃないかな。無重力弾とかライトンR30とかR1号とかシルバーシャークとか。, 元々はペガッサ星に住んでいたが、荒廃したため見捨てて宇宙都市に移住した。バルタン星人と違うのは新しい星への移住を考えなかったところ。, 『空想法律読本』の作者・盛田成一は、こいつの人形を大好きなペギラの人形と間違えて買ってしまい、箱を開けた瞬間に泣き崩れたという過去を持つ。, 似たようなヤツがレッドキングにボコボコにされていたような気がするが、まあ気のせいだろう。, 古い怪獣図鑑などでは、「兄弟怪獣」のカテゴリーにペギラ&チャンドラーも名を連ねていた記憶があるぞ。, あまりにも醜悪で恐ろしい姿故に、ウルトラマンにパンチでおせんべいにされても「キャーウルトラマンネクサスカッコイイー!