]]> //-->
%PDF-1.5 %���� %%EOF インパクトファクター (Impact factor)計算法.

基本的には、 インパクトファクターは簡単な計算式で導かれます。 具体的に示します。 2019年の、ある雑誌のインパクトファクター計算は、 2017年と2018年にその雑誌が掲載したすべての論文のなかで、 インパクトファクター1点や2点は、生命科学・基礎医学の分野では、あんまり意味のある研究業績として認識されないです。もちろん低いインパクトファクターでも、ないよりある方がいいですし、若手の場合は元々の研究業績が少ないはずなので、IF2以下の相対的な価値は本人にとって高いと思います。 ただ、普通の教授は学生やポスドクがこのレベルの雑誌に投稿することを喜びません。たぶん協力してくれないでしょう。大学院生に学振を取らせてあげるつもりの優しい教授なら、IF1~2点の雑誌を代 … on 2019年01月23日, Dr.Eddyのお悩み相談: 同じジャーナルにばかり投稿するのは、賢明なことでしょうか?, 学術研究と学術出版に関する膨大な無料リソースを提供するエディテージ・インサイトは、著者をはじめとする学術出版関係者のための総合ポータルサイトです。オリジナルリソースを活用して、学術出版のエキスパートを目指しましょう。今すぐ登録して、研究に役立つヒントのほか、英文ライティング・ジャーナルでの論文出版・最善の出版慣行・出版のトレンドに関するエキスパートからのアドバイスを手に入れましょう。, 情報開示: エディテージ・インサイトは、世界的な科学コミュニケーションのためのソリューションを提供するエディテージの一部門です。エディテージ・インサイトはエディテージの財政支援を受けており、エディテージが提供するサービスを支援していますが、編集上の独立性を維持しています。, English Editing -  Editage.com | 英文校正 – Editage.jp | 원어민영문교정 – Editage.co.kr | SCI英文论文发表 – Editage.cn | publicação de artigos – Editage.com.br | 編輯英文 – Editage.com.tw | 英文校正サービス の 利用規約. var d=new Date(); yr=d.getFullYear();document.write(yr); [CDATA[// >/Filter/FlateDecode/ID[]/Index[39 18]/Info 38 0 R/Length 63/Prev 220736/Root 40 0 R/Size 57/Type/XRef/W[1 2 1]>>stream All Rights Reserved. 39 0 obj <> endobj hޔT�o�0ߪ�����*�w�H��"�5l������B�W*���6�v� ������� PPt�H8�A �yJcM0��� W��:��5�_��ySxh�I�*-��cY���dl^���F��.

CC-BYライセンスの論文は、誰とでも、どのプラットフォームでも、どの伝達経路でも共有することができます。 2. h�bbd``b`Z$�C�`�W��������10�&�3��` �v � 56 0 obj <>stream [CDATA[>
[CDATA[// >