2014-10-04 google_ad_width = 336; The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=涼宮ハルヒの憂鬱_(アニメ)&oldid=80402443, 『エンドレスエイト』 - 原作よりループ回数が多い。原作では15498回目にループから脱出するが、アニメではそのシークエンス(2009年度版第13話、エンドレスエイトとしては2話目)では脱出に至らず、15532回目(2009年度版第19話、エンドレスエイトとしては8話目)に脱出した。また夏祭りの日に女性3人が買った, 『涼宮ハルヒの溜息』 - 原作ではプロローグだった喫茶店でのハルヒとキョンの会話シーンがアニメ版ではエピローグに。また、撮影中のみくるの飲酒シーンで、原作では, 『ライブアライブ』 - 軽音楽部のコンサートが原作では翌日だが、アニメ版では当日になっている。また、ハルヒが楽器を持つのはアニメ版のみ。舞台に立てなかった正式メンバーが1人(, 製作 - SOS団(角川書店、角川映画、京都アニメーション、クロックワークス、ランティス), フィーバー 涼宮ハルヒの憂鬱 ~Haruhi On Stage!! ピンク柄。長門は、緑の中央に黄緑のラインが入った水着です。 そして浴衣です。 ハルヒがハイビスカスの柄でみくるが金魚柄、長門は何とも言えない柄w.

google_ad_host = "ca-host-pub-5915469831304324"; 3位:平沢憂(けいおん!) 2位:白井黒子(とある) 『心に残る名脇役キャラランキング』!1位は・・・?. アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」 『エンドレスエイト(4回目)』 エ ン ド レ ス エ イ ト(第二期放送15話、時系列も同様、第二期より放送) 原作収録巻 第5巻:短編集『涼宮ハルヒの暴走』の短編『エンドレスエイト』より。 google_ad_slot = "6355522393"; —Á‹{ƒnƒ‹ƒq‚Ì—JŸT4ù‚Ì—tƒ‰ƒvƒ\ƒfƒB(‘æ1Šª) ’ʏí”Å [DVD]. –å—LŠó(ŠŒ´ŽÀ—¢), œ 2009-09-30”­”„ œ google_ad_width = 336;

アニメ

google_ad_client = "ca-pub-3081092133112022"; Twitter, 京アニ大賞の受賞式で「どうしてエンドレスエイトを八週も放送したんですか?」と質問したところ、スタッフの表情が画像のようになったので、これはもう人類が踏み込んではならない不可侵領域なのだろうと悟りました。※感想には個人差があります。 pic.twitter.com/6DRFv4K7ZI. google_ad_host = "ca-host-pub-5915469831304324"; - いままでのあらすじ - にょろーん ちゅるやさん イメージソング - Super Driver - 止マレ! - ハレ晴レユカイ - 涼宮ハルヒの詰合 - キャラクターソング - 新キャラクターソング - 最強パレパレード - 世界が夢見るユメノナカ/最終未来を見せて! google_ad_host_channel = "7518424624+9267575828"; 将来はあのキャラのように!?アニメファンが選ぶ「自分の子供に付けたいアニメキャラの名前」TOP20!

『涼宮ハルヒの憂鬱』(すずみやハルヒのゆううつ、英題:The Melancholy of Haruhi Suzumiya)は、谷川流のライトノベル『涼宮ハルヒシリーズ』を原作とする日本のテレビアニメである。アニメーション制作は京都アニメーション。, 日本では、2006年4月から7月にかけて独立UHF局を中心とした11の放送局の深夜枠で全14話が放送された。2007年7月7日に第2期の制作が発表され(その後「新アニメーション」との発表に)、2009年4月から10月にかけて新作14話を加えた全28話があらためて放送[1]された。その後2010年2月6日より、劇場版『涼宮ハルヒの消失』が公開された。, 2016年10月1日から1月1日まで、次回予告を含めた2006年版がBS11放送にてあらためて放送された。また、2017年4月7日から9月29日まで2009年版があらためてNHK BSプレミアムにて放送された[2]。, 極々普通の男子高校生・キョンの視点から映し出される、女子高校生・涼宮ハルヒ率いる団体「SOS団」(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団、Sekai wo Ooini moriageru tameno Suzumiya haruhi no dan → SOS団)での活動を中心としたさまざまな登場人物と日常的非日常を描く。, 2006年版は、放映当時のUHFアニメとしては異例のクオリティの高さが話題を呼び[3]、同年上半期の話題作となった[4]。また、原作小説、DVD、CDなど関連商品の売上げも軒並み高水準をマークした。ヒットの背景には動画共有サイトのYouTubeがあると言われ[5]、角川グループがYouTube上に公式ページ「角川アニメチャンネル」を設けるきっかけとなった[6]。, 2007年に第2期(以下、2009年版)の制作が決定[7]し、2009年4月から10月まで独立UHF局をはじめとする14の放送局及び角川アニメチャンネルで再放送14話に新作14話を加えた全28話が“あらためて”放送された[1][8]。2010年には2006年版と2009年版の新作部分をまとめた28話を収録した「涼宮ハルヒの憂鬱 Blu-rayコンプリートBOX」が発売された。, CS放送では長らく放送されていなかったが、スカチャンにて放送されることが明らかにされ、2011年3月1日に2009年版が劇場版と合わせて放送された。さらに、BS放送のWOWOWにて2011年5月3日から5月6日にかけて、劇場版と2009年版の一挙放送も行われた。2013年においてはスカパーにて2009年版が放送された。, 2014年にはサンキョーから「FEVER涼宮ハルヒの憂鬱」が発表され、合わせてKADOKAWA(角川書店BC)の雑誌『月刊ニュータイプ』とのコラボレーション企画が行われたほか、2006年版のBlu-rayBOX「涼宮ハルヒの憂鬱第1期シリーズBD-BOX」が発売された。, 2015年9月15日、アニメ「長門有希ちゃんの消失」公式サイトより告知があり、同年10月6日から毎週火曜深夜0時2話連続で初めて「テレ朝チャンネル1」にての再放送が開始[9][10]。, 2016年には、5月3日から4日にかけてAbemaTVで「涼宮ハルヒの憂鬱 24時間ジャック!」として2009年版全編が2回無料配信された[11]ほか、全28話に加えて劇場版、スピンオフアニメなどを収録した「涼宮ハルヒの大成 Super Blu-ray BOX」が発売された。, 2017年にはBSプレミアムにて2009年版が放送された。初の文字多重放送を実施。, 2018年には、4月28日から5月6日までニコニコ動画のニコニコチャンネルにて全話無料配信された[12]。, 2006年版第12話「ライブアライブ」でのバンド演奏のシーンについて、山本寛はこの回を一つのクライマックスだと考え、「ドラムをきちんと描けば今までのアニメを超えられると思った」と語っている[28]。監督からは「演出の山本が無茶をしました」と言われた[29]。, 2006年版は画面比が16:9の標準画質で放送が行われたため、ハイビジョン画質で放送が行われた2009年版は、第1期の映像はハイビジョン映像へとアップコンバートが施された。ブルーレイディスクに収録された第1期はアップコンバートが施されたものとなっている。オープニングとエンディングは2006年版も2009年版と同じハイビジョン映像となっている。, 2009年版放送前の雑誌記事にて2009年版用のキャラクターデザインの一部が公表されており、実際のアニメ映像上での判別は困難ながらメインキャラクターの顔は第1期と第2期とで各々微妙に変更されていることが明かされていた。, アニメ版と漫画版では、キョンの顔に少し差が見られる(アニメ版だと顔が長く、目が単純になっている。漫画版では、徐々にアニメのデザインに近づけられている)。, 2006年版では超振り付け師 涼宮ハルヒ[注 5][30]によるキャラクターによるダンスが流れた。振付には多数のアイドルのPVを資料として使用しており、サビの部分には軽快な振り付けがなされている。なおダンスの間にはアニメ化されていない原作のシーンカット[注 6]が挿入されている(オープニングにもアニメ化されていない原作のシーンカット[注 7]がある)。これにより、エンディングではダンスが途切れたため、視聴者からフルバージョンを希望する声が寄せられ、DVD第7巻の映像特典にフルバージョンが収録された。, ネット上ではCDの売り上げを1位にしようという運動が盛り上がり、プラカードを作ったファンもいたという[31]。, 本作では、エンディングのキャストの表示(掲載順、位置、大きさ)がその回のキャラクター同士の関係性、心情、立場などによって変化するという演出がなされている[注 8]。, 次回予告は後に発売された『第1期シリーズBlu-ray BOX』、『涼宮ハルヒの大成 Super Blu-ray BOX』に収録されている。『孤島症候群(前編)』と『射手座の日』のTV放送版の次回予告は、ライブDVD『涼宮ハルヒの激奏』にも収録されている。『ブルーレイコンプリートBOX』には収録されていない。, 2006年版のTV放送での次回予告は、時系列順での話数を言うハルヒに対し、毎回キョンがTV放送順での話数とサブタイトルを言って訂正する形式だった。2016年のBS11放送でも流された。, DVDは最初に発売された『朝比奈ミクルの冒険 Episode00』を除いて時系列順に収録されている。DVDでの次回予告もそれにならう形となり、長門がサブタイトルを言う形式に変更された(TV放送版の次回予告も映像特典としてDVDに収録されている)。, 次回予告は、2009年版(テレビ放送、DVD、AT-X、WOWOW、BSプレミアム)では存在せず、2009年版のTV放送時は次回放送のサブタイトルが公表されていなかった。, 2006年版の提供画面には涼宮ハルヒ役の平野綾が描いたねこマンが使われた。もともとは台本の裏に落書きしたキャラクターだったが、監督の石原立也がこれを見つけて気に入ったことから提供バックに採用された。各話によって異なるデザインのねこマンが使われている。ねこマンは本編でも何度か登場しており、「射手座の日」では「みくる艦隊」旗艦の艦橋要員として、動くアニメーションで登場した他、公式サイトの背景にも使われていた。オープニング後の提供バックには「冒険でしょでしょ?」、エンディング後の提供バックには「ハレ晴レユカイ」が流れる。, 2009年版の提供バックには実写が使われた。なお、各局によって提供バックのバージョンが異なっている。, その他、『フルメタル・パニック!』など京都アニメーションが関わった作品に出演した声優が、脇役などで多く出演している。, 原作を忠実に表現したことも特徴である。基本的に台詞を一部カットする程度の変更で、キョンのモノローグ中心のストーリー展開も導入されたが、大きくアレンジされているエピソードも存在する。, 原作では舞台となっている具体的な地名は漢字を変更するなどして架空の地名にされており、モデルとなっている場所は曖昧にされているが、原作者である谷川流の出身地・兵庫県西宮市周辺がモデルで、アニメ版でも同地でロケハンが行われていることが公式に明かされている[37]。, 作中での背景は実際の風景が再現されており、主人公達が通う「県立北高等学校(北高)」のモデルは、原作者・谷川流の出身校である兵庫県立西宮北高等学校となっている[38]。これに合わせて、第2話の席替えのくじ引きシーンに使用された空き缶は、関西ではなじみの薄い鳩サブレーからゴーフル(神戸凮月堂)のものに変更された[39]。なお、アニメでの登場人物の会話は首都圏方言のみで行われている。原作でも、会話はほぼ総て首都圏方言であるが、キョンのモノローグ的な部分は「けったいな」などの関西弁の表現もかなり含まれている。, 西宮北口駅の近くにある珈琲屋ドリームが同一の店名でSOS団が良く行く喫茶店として、尼崎市の中央商店街や三和本通商店街が祝川商店街(西宮市には「夙川」が実在する)として、大阪府大阪市の梅田駅周辺が閉鎖空間の入口として、西宮市高木東町にあるSports Domeかわらぎがハルヒ達が遊びに行くバッティングセンターとして、乗車する車両に阪急甲陽線で運用されている阪急6000系電車が使われているなど多くの箇所でロケハンが行われた。, なお、兵庫県は、これら舞台として使われた実在の施設を、観光コースとして整備する案を2008年に表明した[40]が、その後動きは無い。西宮市では初の公式イベントとして、2012年10月27日から11月11日まで西宮まちたび博の一環(まちたび博の一環であるが「SOS団in西宮に集合よ!」については運営は地域情報サイト西宮流)である「SOS団in西宮に集合よ!」が開催され[41]た。会場には谷川流から寄せられた西宮市への思いを記したメッセージが掲示され、後に公式サイトで全文が公開された[42]。, 劇中の設定[注 9]におけるSOS団の公式サイトは、主人公のキョンが団長である涼宮ハルヒに命じられて作成しているという設定になっている。実際に視聴者向けに公開されているアニメ公式サイトはこの設定をそのまま反映させ、劇中サイトを模した、素人が適当に作ったようなものとなっている[43]。放送内容や原作中の出来事の日付と連動してサイトが更新されたり、随所に隠しコンテンツがあったりした[43]。新アニメの制作中には『消失』にちなみ、公式サイトが突然「Not Found」になったり、消失しているサイトにある文字を入力すると長門の意味深いメッセージとともに新アニメの告知を促すなどの趣向が凝らされていた[44]。本来の公式サイトの機能は特設サイトに置かれている。, 2008年12月18日からは、前述の「角川アニメチャンネル」で配信されていた「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」と「にょろーんちゅるやさん」の紹介ページに変更されていたが、2009年3月10日に再び元通りに戻された。ただし、デザインは以前のものとは異なっている。このサイトにも隠しコンテンツがある。, 「収録DVD」列の「新」は、2009年から2010年に発売された、2009年版の新作を収録のものであることを表す。括弧内はその巻のタイトルの数字。, CDはランティス、DVDと書籍は角川書店から発売されている(販売は、CDは2009年3月まではキングレコード、2009年4月以降はランティスの親会社であるバンダイビジュアルが販売し、DVDは角川エンタテインメントから)。, なお、サウンドトラックCDは全てDVDの特典として付けられたため、2015年まで単体としての販売はされていなかった。ただし第一期分に関しては、2013年に発売された、涼宮ハルヒの憂鬱第一期シリーズBD-BOXに特典としてCDに再録されている。しかし2016年7月7日にサウンドトラックCD-BOX『コンプリートサウンドトラック 涼宮ハルヒの完奏』がランティスより発売され、2006年版、2009年新作話に使用されたBGMや主題歌と挿入歌が収録された。, テレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のドラマCD。「ライブアライブ」の後日談、という設定になっている。ドラマCDの原案は谷川流が、脚本は志茂文彦が担当している。キャストは、アニメ版と同じ杉田智和、平野綾、茅原実里、後藤邑子、小野大輔、松岡由貴、あおきさやか、白石稔が参加している。ドラマと共にドラマ内で使用された「First Good-Bye」も収録されている。, 2006年版DVD・「涼宮ハルヒの激奏」DVDの発売元は角川書店、販売元は角川エンタテインメント・京都アニメーション、2009年版DVD・「涼宮ハルヒの弦奏」DVD・「涼宮ハルヒの憂鬱 Blu-rayコンプリートBOX」は発売元が角川書店、販売元が角川映画・京都アニメーション、「谷口が行く不思議発見の旅」DVDスペシャルエディションは発売元は角川書店、販売元は角川映画となっていた。また「涼宮ハルヒの憂鬱第一期シリーズBD-BOX」は発売元・販売元はKADOKAWA(角川書店ブランド)である。, 2006年版について、DVDには、初回限定版、通常版共に各巻にメイキングクリップとしたCMや挿入歌収録風景、京都アニメーション訪問記などが収録されるほか、テレビ版の次回予告(DVDでは本編映像の次回予告がTV版より差し替えとなっている)や第1巻にはノンテロップのオープニング・エンディング主題歌映像、TVCM映像、最終巻には「TV版EDスペシャルバージョン」を収録している。映像特典は初回限定版・通常版・レンタル版共通である。初回限定盤の封入特典として各巻にサウンドトラックとラジオ番組を再編集した傑作選を収録したCDが付属するほか、また第2巻(憂鬱Ⅲ・Ⅳ)以降は毎巻トレーディングカード・シール5種類(各巻5種×6巻)のうち1枚収録された。初回限定盤通常版の共通封入特典として、ポストカード付き解説書が付属した。詳しくは公式サイトを参照。またDVDの発売に伴い、ディレクターズ・カットとして1、2分ほどのテレビで未放送のシーンが追加されたほか、いくつかのシーンの作画が修正されている。, 2009年版DVDについては初回限定盤、通常版の2系統が発売された。本編は2009年に新規製作された話分のみ収録されている。各巻の映像特典として、ロケハン映像、平野綾(涼宮ハルヒ)PVメイキングが収録され、第1巻にはノンテロップエンディング、TVCM、プロモーション映像が収録されたほか、第2巻はノンテロップオープニング、放送各局の番宣スポットが2局分が収録された。第3巻から第8巻までは番宣スポットが各局2局分ずつ収録されている。第1期と同じく映像特典は初回限定盤、通常版、レンタル版共通である。初回限定盤と通常版の共通特典としては第1期と同じくポストカード付き解説書が収録されている。, 各巻の初回限定盤DVDには特典ディスクとして、サウンドトラックと本編映像を切り取ったカットとその場面に使用されたBGMについて音楽担当した神前暁の音楽解説の字幕を収録した『SOS団名曲アルバム』、谷口役の声優の白石稔が出演する番組『谷口が行く。不思議発見の旅』、そして谷口が本編について解説をするサウンドドラマ『SOS団想い出のアルバム』が収録されたDVDが付属した。第3巻に限っては原作第5巻「涼宮ハルヒの暴走」に収録された『序章・夏』を新規イラストを使いサウンドドラマ化したものが収録されている。その他の初回限定版の封入特典として各巻に全5種中(5×7巻=全35種)コースター1枚やフィルム・ブックマーク1枚が収録された他、第2巻にはDVD-BOXケース、ポストカードケース、第3-5巻には各巻にミニクリアーファイルが封入されていた。, 2010年に「涼宮ハルヒの憂鬱Blu-ray Complete BOX」が発売された。2009年版の本編全28話と、特典映像として、ロケハン映像・メイキングクリップ・平野綾(涼宮ハルヒ)PVメイキングが再録されたほか、「涼宮ハルヒの激奏」のライブパート・「涼宮ハルヒの弦奏(本編映像のみ)」・『谷口が行く、新不思議発見』全8話、CM集などが収録された。封入特典として下敷きが全5種中1枚が収録された。DVD版に収録されていた映像のうち、2006年版次回予告(TV放映版、DVD版の収録順に合わせた差し替え版共)、ノンテロップオープニング・エンディング主題歌映像、2009年版の特典ディスク収録映像などが収録されていない。, 2014年に「涼宮ハルヒの憂鬱第一期シリーズBD-BOX」が発売された。2006年版全14話を放送順で収録し、上記Complete BOXでは未収録であった、サウンドトラック2枚とTV版次回予告、ノンテロップオープニング・エンディング主題歌映像は収録されたが、DVD版に収録されていた次回予告(DVD差し替え版)は収録されていない。Complete BOXに収録されていた、英語字幕と英語音声、TV版EDスペシャルバージョン、第1期シリーズに関わる一部番宣映像・CM映像は再録されている。新規特典としては、このBD-BOX独自のポストカード兼解説シートが付いている。, 2016年にはアニメ化10周年を記念した「涼宮ハルヒの大成 Super Blu-ray BOX」を発売。2006年版14話の音響を5.1chに再構成し、本編全28話に加え、劇場版『涼宮ハルヒの消失』、Webアニメ『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』『にょろーん☆ちゅるやさん』、イベント「涼宮ハルヒの激奏(イベントパートも含む)」「涼宮ハルヒの弦奏」を収録している。特典映像として、コンプリートBDBOXの特典映像に収録されたものの他、涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろーん☆ちゅるやさんのBlu-ray BOXに収録された映像特典の他に、涼宮ハルヒの獄音のイベント模様映像、2006年版・2009年版のノンテロップオープニングとエンディング映像、2006年版のオンエア版次回予告とDVD版次回予告が収録されている。, 画面比16:9のワイドビスタサイズで制作され、チバテレビ、テレ玉の地上デジタルテレビ放送では1080iフルワイドで放送が行われたが、ハイビジョン化はされていない。, 太字で表記した局は、今回が初放送である(その内、広島テレビ・仙台放送・メ〜テレは2006年の同じ地域の放送局から変更された。また、テレビ愛知から放送を移行したメ〜テレは放送地域が中京広域圏のため、2006年よりも視聴エリアが拡大した)。その地域で初放送となっている場合は対象地域も太字としている。なお、地上デジタル放送でフルワイドで放送されたのはチバテレビ、テレ玉、KBS京都の3局のみである。, ロシアではМеланхолия Харухи СудзумииのタイトルでDVDとして発売された。, 深夜アニメ初の大ヒット作品として語られる事が多い(近くにAIR、Fate/stay night等もあるが)。[要出典], 深夜アニメの増加と深夜アニメがメディアミックスで大ヒットする潮流を作った作品の1つとされる[51][52]。, 2016年にAbemaTVで放送された際は『涼宮ハルヒの憂鬱 10周年記念 24時間ジャック!』がTV本放送10年後にもかかわらず過去最高視聴率を更新した[53]。, 2017年3月10日に東京アニメアワードが発表した「日本のアニメーション史に残る100作品」に選出された。2000年代のテレビアニメは本作を含め4作が選ばれている[54]。, 2006年2月3日から12月29日までラジオ関西で放送されたラジオ番組。パーソナリティは平野綾(涼宮ハルヒ役)、茅原実里(長門有希役)、後藤邑子(朝比奈みくる役)。全48回。また、番外編CDがVol.3まで発売された。, 読書好きの宇宙人である長門有希が100冊の様々な種類の本をお薦めするという企画が、『ザ・スニーカー』で行われた。SFものから哲学書まで、硬軟取り混ぜた内容だが、内3冊は実在しない。ネット上では、一覧で紹介され全巻読破に挑戦することが流行した[3]。作中で長門有希が読んでいる本の多くは、この一覧から採られている。, ロッテのチューイングガム「ACUO」のテレビCM『ブティック編』(2010年4月5日放送開始)で、コラボレーションを行う。ACUOを噛んだ生田斗真の息をかいだブティックの女性店員がみくるに、店長がハルヒに、猫が長門に姿を変えるというもので、アニメでのキャラクターや声優がそのまま用いられている[58][59]。, ハルヒシリーズの楽曲をプログラムとする演奏会が、舞台である兵庫県西宮市を拠点として活動を行うアマチュアオーケストラ「NON管弦楽団」によって過去3度行われている。開催の事実は当時はネット上でもファンを中心に話題となった。第1回定期演奏会(2014年7月5日開催/西宮市立夙川公民館)では『朝比奈ミクルの冒険』、『涼宮ハルヒの憂鬱』のOSTより、第2回定期演奏会(2015年10月12日/兵庫県立芸術文化センター)では『涼宮ハルヒの憂鬱』より「エンドレスエイト」、第3回定期演奏会(2016年11月19日/兵庫県立尼崎青少年創造劇場「ピッコロシアター」)では映画『涼宮ハルヒの消失』OST全曲が演奏された。, 涼宮ハルヒの憂鬱(みずのまこと版 - ツガノガク版) - 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 - 長門有希ちゃんの消失 - 古泉一樹くんの陰謀 - にょろーん ちゅるやさん, テレビアニメ - 劇場版アニメ - 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 - にょろーん☆ちゅるやさん - 長門有希ちゃんの消失, 涼宮ハルヒの約束 - 涼宮ハルヒの戸惑 - 涼宮ハルヒの激動 - 涼宮ハルヒの並列 - 涼宮ハルヒの直列 - 涼宮ハルヒの追想 - 涼宮ハルヒちゃんの麻雀, 冒険でしょでしょ?