イスラム教とはどんな宗教?を簡単にわかりやすく解説【初心者歓迎】, 中学生でもわかるようにやさしく書いたイスラム入門書です。世界でなぜイスラム教徒が増え続けているかがわかります。これ1冊でイスラムのイメージが変わります。, ありがとうございます。 クルアーンの日本語訳(アラビア語: ترجمات يابانية للقرآن‎、英語: Japanese translations of the Quran)は、イスラームの聖典であるクルアーンの、日本語での翻訳。なお、アラビア語以外に移されたものは「解釈」にすぎないとみなされる[注 1]。, 日本では大正に入って、コーランの翻訳がようやく刊行された。

ちなみに第1章のみが同文言を章の1節とし、第9章を除く他の章は章を構成する第1節としていない。 1970 藤本勝次, 伴康哉, 池田修『コーラン』 底本は、標準エジプト版(1923年刊)に準拠したクルアーン。

1 馬車や農機などの車輪が動かないよう、所定の穴に指して固定するピン。2 (比喩的に)物事の要(かなめ)。... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 Arabic is the official language of : Algeria, Bahrain, Chad, Comoros, Djibouti, Egypt, Eritrea, Iraq, Israel, Jordan, Kuwait, Lebanon, Libyan Arab Jamahiriya, Mauritania, Morocco, Oman, Palestine, Qatar, Saudi Arabia, Somalia, Sudan, Syrian Arab Republic, Tunisia, United Arab Emirates, Yemen. 大川版は「○○章」

クルアーンの内容を60分で解説! このページではクルアーンの成立、内容、特徴、世界観をざっくりと紹介します!クルアーンは旧約、新約聖書の続編的位置付けにある書物で、預言者ムハンマドが感じ取った神アッラーフの断片的な言葉を一冊の本にまとめたものになります。 Last Modified: 2018-11-26 18:31:43. 少し頭の片隅に置いておいてください。, イスラム教徒には服装や食べ物以外に、守らなければならない「六信五行」というものがありますので、 少し紹介しておきます。, 本編を紹介する時、必要に応じて改めて説明しますので、ここでは特に覚えなくて結構です。, このクルアーンは、ムハンマドの断片的な預言を別の人物が半ば強引に一冊の本に編集しているところがあるため、一貫性がある物語があるわけではありません。本当は第1章から本の順番通りに重要なものを紹介していきたかったのですが、同じテーマの話題があちらこちらに飛び散っているため、読んでいても結局言いたいことが伝わってきません。そこでテーマごとにクルアーンの重要な記述を抜粋して説明を加えるというやり方で紹介していきたい思います。 コーランはもともとアラビア語で啓示され編纂されたものであるが、初期の日本語化は最初はアラビア語の原典からではなく主として英訳本を元にした重訳として行われていた。, 日本ではクルアーンの翻訳が7回試みてこられ、完訳されたものは6点だと大川玲子はする[注 1]。もう1点の完訳に至らなかったもの(敗戦の影響とされる)は、囘敎圈硏究所の大久保幸次・小林元による1938年開始の作だった[注 2]。, Dr. アラビア語が上手い日本人なら、コーランの第1章くらいは何も見なくてもスラスラ言えるんじゃないかな? (適当) コーランの第1章を解読してみる. All rights reserved.

アラビア語の文法解説は一部だけにとどめた。 いずれ紹介したいと思います!, イスラム・エスノグラファー。著書は『イスラム流 幸せな生き方』『イランの家めし、いただきます!』『女ノマド、一人砂漠に生きる』『女ひとり、イスラム旅』  『イスラーム ヴェールの向こう』など。日本人になじみが薄いアラブ・中東・イスラムについてわかりやすくお伝えします。, ・『インドネシア (現地取材!世界のくらし)』 ・『日本(同上)』が発売されました。(4/3). Watch Queue Queue. クルアーン 第1章 開扉 クルアーンの、最初の章を示しましたのでご覧ください。クルアーンの章はスーラ、節はアヤといいます。 最初の節は、神の御名において、とあります。アラビア語の表現では、in the name of Allah となり、前置詞を伴う句です。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 00:01 UTC 版), 日本では大正に入って、コーランの翻訳がようやく刊行された。 坂本版は「○○品」(「眞信者」は#23が複数、#40が単数。「人間」は#76が単数。#114は複数[注 4]), クルアーンの日本語訳のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 訳典(第15巻目次3頁)では「眞者信」になっているが、同169頁では「眞信者」になっている。外部リンクを参考。, 「図説 コーランの世界」 pp.72 - 73 日本語で読むクルアーン 戦前より始まる「翻訳の試み」 (大川玲子、, 聖典「クルアーン」の思想――イスラームの世界観」 p.208 (大川玲子、講談社現代新書 2004), http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I034044332-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I034044331-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000720983-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000864522-00, http://www.babelbible.net/pdf/manual/okawaqrn.pdf#page=5, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000972647-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001083848-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I016472337-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001243599-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001626784-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025599964-00, http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000873909-00, All text is available under the terms of the, 1974 中村満次郎『コーランの世界』栄光出版社、示年代順に配列し、各章毎に哲学的解説(著者によると)を加えたもので、コーラン訳は、, 1988 モハマッド・オウェース・小林淳訳『聖クルアーン』イスラーム・インターナショナル・パブリケーションズ(アフマディア・ムスリム・センター名古屋), 2013 澤田達一『聖クルアーン : 日本語訳』啓示翻訳文化研究所(ISBN:978-600-92543-2-3), 2019 水谷周 監訳著、杉本恭一郎 訳補完『クルアーン やさしい和訳』国書刊行会, 1950 囘敎圈硏究所の大久保幸次、月刊機関紙「囘敎圈」に昭和16年から24回連載 3章までを翻訳 『コーラン研究』刀江書院, 1982 アリ・安倍治夫訳『日・亜・英対訳 聖クルアーン』谷沢書房 (開序章および78-114章を所収。朗唱を目的とした七五調による翻訳), 2007~2016『クルアーン』(第1章~第16章128節)、タフスィール研究会報告、『シャリーア研究』第四号~第十三号、拓殖大学イスラーム研究所. Loading... Close. インドネシアの書店に売られていたコーラン。コーランはアラビア語で書かれていて、翻訳は許されない。アラビア語を母語としない人もアラビア語で誦む。, この記事では、コーランとは何か?知られざる真実、内容や構成、おすすめの日本語訳コーランなどを、順を追って紹介。, タイのイスラム教徒の島のコーラン学校でコーランを誦むためのアラビア語を勉強する少女たち。, コーランは神がアラビア語で語りかけたものをそのまま記したもの。ですからアラビア語は聖なる言葉とされ、翻訳は許されません。, 日本には日本語訳のコーランがありますが、これは厳密には「コーラン翻訳書」で、コーランではありません。聖書などは日本語訳されたものも「聖書」です。, コーラン全文を丸暗記している人は実は世界中にたくさんいて、「ハーフィズ」と呼ばれて非常に尊敬されています。, 実はコーランの記述はアバウトなものが多く、ハディース(ムハンマドの言行録)がそれを補足します。, たとえばコーランには「礼拝せよ」と書いてありますが、具体的な方法は書かれていません。そういった場合にハディースを読みます。, ハディースは神の言葉を集めたものではないので「啓典」ではありませんが、信者の信仰の源泉になるので「聖典」とされています。, 西暦610年、メッカの洞窟で瞑想をしていた預言者ムハンマドに、天使ジブリールを通じて最初の啓示が下されました。, そして彼が亡くなる632年まで断続的に啓示が下され、彼の死後20年ほどしてから書物にまとめられました。, エジプトのモスクでコーランを誦む女性。コーランは声に出して誦むのが正しいとされる。この女性も小声で熱心にコーランを誦んでいた。, 来世は「天国」と「地獄」に分かれ、それぞれの様子がコーランにリアルに描写されています。, 信者が守るべき行動規範。「商売」「結婚、離婚」「食事規定」「処罰規定」など生活全般に渡ります。, この規範の代表が「六信五行」(6つの信じるもの・5つの行うこと/ 礼拝や断食など)です。, (たとえば「婦人の章」には女性に関する内容が多く、「巡礼の章」には巡礼に関する内容が多い), 最後の方に短い章があるため、子どもがコーランを覚える時は、最後の章から初めて徐々にさかのぼるのが普通です。, また同じ章でも内容が統一されているわけではなく、様々な内容が含まれています。いってみれば支離滅裂です。, 読んで内容を理解すること以上に、声に出して誦むことに意義があるからではないかと私は考えます。, テーブルに無造作に置いたりもしません。誰かがその上にものを置いたりすることもあるからです。, 歳をとって引退したら、毎日コーランを誦んで暮らすというのが、敬虔な人の老後の楽しみであったりします。, 世界的なイスラム研究者である井筒俊彦氏によるもの。1957年に出版され、今でも版を重ねているロングセラー。文庫本サイズで携帯もしやすい。ただ上・中・下の3冊に分かれているため、やや使いづらさはあります。しかし井筒氏の訳はとても味があり、読み物としてもおすすめです。, 藤本勝次・伴康哉・池田修氏の3人の共訳。3者ともアラビア語の高度な知識のある方。訳は非常に読みやすく、上記井筒氏の本より新しい訳を求める方におすすめです。, 1冊にまとめられており、単行本とほぼ同じサイズで利便性が高い。訳もわかりやすいです。, こちらも1冊にまとめられているもの。中田考氏(イスラム法学者)の訳。ただアラビア語原文を含んでいるために厚さ6cmほどあり、ハードカバーのため重いのが難点。コーラン研究を志す方やアラビア語の原文も読みたい方向けです。, 「コーランとは何か」「どのような内容が書かれているのか」等の初歩的なことを知るためには、この1冊でほぼ足りるでしょう。, コーランを構成する主要な要素である「神」「最後の審判」「信者が日々行うべきこと」などがわかりやすく記載されています。薄い文庫本で、価格も安いです。, ★イスラム教徒は?初心者にも100%わかるよう優しく解説します。 Nöldekeによるコーラン各章の年代、およびコーラン・テクストの成立過程についての画期的研究が『コーランの歴史』として刊行された。本書はその後シュワリーF. No reproduction or republication without written permission. また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 イスラム教の聖典。 クルアーン,コラーンともいう。元は「読誦すべきもの」の意。 約 8万語のアラビア語の散文および韻文からなり,114のスーラと呼ばれる章に分かれる。 キリスト教の主の祈りに比される冒頭の「開扉の章」(ファーティハ)を除き,長い章から順に配列されている。 イスラム教の根本経典であり、これを読まずしてイスラム社会を理解することはできないとまで言われる本です。, 実はこの「クルアーン」は旧約聖書、新約聖書の続編にあたるような位置付けの本になります。, そのため読むためには、歴史の知識の他、旧約や新約聖書の知識、クルアーン成立の背景や特徴、などおよそ日本人と縁のないような知識が必要になります。, この難解な「クルアーン」をできるだけわかりやすく解説してみようと思いますので、興味ある方はご覧になってみてください。, 冒頭にも書きましたが、「クルアーン」は 旧約聖書と新約聖書の続編的な位置付けになる書物です。, 奴隷状態だったユダヤ民族はエジプトを脱出し、預言者(神の言葉を預かる者)モーセを通じて神と「神の十の戒めを守る代わりにパレスチナの地を与える」という契約を結びます(紀元前15世紀頃)。, ユダヤ人たちは、その約束通りパレスチナの地に攻め入り定住を果たしますが、やがて神への信仰心は薄れます。, その後ユダヤ民族に次々と災いが降り注ぐと、ユダヤ人達は神が自分達を導く救世主を遣わすであろうと預言(神の言葉を預かるという意味)します。, そんな中、預言通りイエス・キリスト(キリストはギリシャ語で救世主の意味)が登場します。, ※ユダヤ人こそ神に選ばれた特別な民族と考える「ユダヤ教」は、救済されるのもユダヤ民族だけと考えられるため、世界に広がることはありませんでした。, 「新約聖書」では、イエスが聖母マリアを通じて神(ヤハウェ)の子として誕生します(紀元前4年頃)。, イエスは数々の奇跡と愛の教えにより人々の心を掴みますが、反感を買い磔刑に処されました(紀元30年頃)。, 「これにより人々の罪をあがない、天国の扉を開いた」「神を信じれば誰でも平等に救われる」というキリスト教の教義が、後に弟子たちによって作られ世界中に広がります。, ※キリスト教では、神(ヤハウェ)、イエス、そして聖霊を合わせて神であるとする「三位一体」という考え方を取ります。, これに対しムハンマド(マホメット)はさらに神(ヤハウェ=アッラーフ)の言葉を預かります(紀元610年頃)。, だからこそムハンマドを最後の預言者(神の言葉を預かる者という意味)として神の言葉を授ける。, そしてこのムハンマドが感じ取った神(アッラーフ)の言葉を記したものが「クルアーン」という位置付けになります。, したがって「旧約聖書」は年代も作者もバラバラの文書の寄せ集めであるのに対し、「クルアーン」は全てムハンマドが感じ取った神の言葉ということになります。, そしてこのような経緯があるため、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教における神は、呼び名は異なりますが原則として同じ神様を指します。 (Qur'ān 「正しく読んだり正しく読誦されるべきもの」の意) イスラム教の聖典。ムハンマド(マホメット)の教友サービトらがアラビア語で記したもので死後種々の異本を生じたが、六五一年、第三代カリフのオスマーン(. © 2020 FUJIYO TSUNEMI All rights reserved. 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, アラビア語で書かれたイスラムの根本聖典。厳密にいえば「クルアーン」。qur'ānは伝統的にはアラビア語の動詞qara'aから派生した名詞で、本来の意味は「読誦(どくじゅ)」であるとされているが、この語の意味と起源については諸説がある。コーランは、20余年にわたって神(アッラー)が、天使ガブリエルを通してムハンマド(マホメット)に、天にある「啓典の母体」から読み聞かせたとされる啓示を人々が記憶し、のちに集録したものである。, コーランは114の章からなる。各章の長さはまちまちで、長いもので286節(第2章)、短いものでわずか3節からなる(たとえば第103章など)。「開扉の章」(第1章)を除けば、ほぼ長い章から順に配列されている。概して初期の章ほど短いので、その構成は年代とは逆の順序になっている。各章には「牝牛(めうし)」「女」「食卓」などの名があるが、章の主題を表すものではなく、人名と同じく単なる名称にすぎない。そもそもコーランには通常の意味での一貫したストーリーがない。その理由として第一に、そこでは神が多くの場合一人称で雑多な問題についておりおりに語りかける形式をとっているため、同一の章のなかでも話題はさまざまに変わっていること。第二に、アラビア語の一字一句がそのまま神のことばとして、人間のことばと厳しく区別され、文学的作為はすべて排除されてそのまま集録されたことがあげられる。このことが外部の人間にとってコーランが読みにくいと思われる一因でもある。また、伝統的に翻訳を拒否し、かたくなに「アラビア語のコーラン」に固執するムスリム(イスラム教徒)の態度もそこに起因する。, コーランは、サジュウ体とよばれる脚韻を踏んだ散文詩である。メッカ時代初期では、そのうえ誓言が多用され、文体は当時のシャーマンの語り口を思わせる。一種の神憑(かみがか)り状態のなかで短く吐き出されることばはイメージに富み、想像力を刺激して異様な雰囲気を醸し出し、迫りくる終末とその恐怖、おどろおどろしい不可視の世界の不気味さをよく表現している。このような簡潔で引き締まった文体は徐々に弛緩(しかん)していき、メッカ後期になると内容的にも過去の事件や物語が多くなる。さらにメディナ期になると、イスラム共同体(ウンマ)が確立した現実状況を反映して無味な法的規範が多くなり、文体も冗長(じょうちょう)になる。, コーランは黙読するよりも、朗々と声を出して読誦するものである。そこにコーランの魅力の一つがある。専門のコーラン読み(カーリ、ムクリ)の完璧(かんぺき)な朗誦(ろうしょう)は聞く者を恍惚(こうこつ)とさせる。宗教音楽もイコンも認めないイスラムでは、このアラビア語のコーラン読誦がもつ人間業(わざ)を超えた詩的韻律美と音楽的朗誦美は宗教芸術の域にまで高められた。こうしてコーランは礼拝のときだけではなく、日常生活のあらゆる機会に読誦され、伝統的教育では児童はまずコーランの暗誦をさせられたのである。またイスラム世界では、アラビア文字の曲線美を生かした書道が早くから発達し、モスクの壁面などの空間にコーランの章句が装飾に用いられてきた。, コーランが現在のような定本の形をとるようになったのは預言者ムハンマドの死後のことである。伝承によれば、コーランの結集(けつじゅう)は二度行われたという。1回目は初代カリフ、アブー・バクル(573―634)のときで、相次ぐ戦争でコーランの記憶者が多数戦死したため、コーランの消失を恐れて結集が行われたという。2回目は3代目カリフ、ウスマーン(?―656)のときで、コーラン本文の違いが戦士たちの間に対立を生んだことから、定本確定のために改めて結集が行われ、異本が焼却されたという。これらの伝承にはそれぞれ批判が加えられているが、このようにして今日に伝わるウスマーン本が成立した。しかし、当時においては、アラビア文字の表記法がきわめて不完全であったことから、同じテクストに対してさまざまな読み方が現れた。その間、母音符号その他の符号が種々考案され、10世紀初めから徐々に統一に向かい、7学派の読み方が公認された。そのなかの一つが1924年にエジプト政府が刊行したテクストの定本として用いられ、それ以降は、その読み方が今日のイスラム世界で広く用いられている。, コーランは神の永遠なることばと考えられている。イスラムでもっとも基本的なことは「神への服従」(イスラームislām)であるが、それは具体的にはコーランのことばに従うことである。こうしてコーランは、日常生活の全分野にわたる人間の正邪善悪に関する判断の究極的基準として、ムスリムの思考や行動を規制する。, コーランの内容は三つに大別される。第一が信条。それには神観念、天地創造、アダムとイブの創造と楽園追放、人類の歴史と神の導き、人間の不服従と神罰、終末、死者の復活と審判、天国と地獄、などについての啓示がある。第二が倫理。これは次の法的規範とともに、神に服従するその具体的形式を明らかにしたものである。たとえば、孤児や貧者や旅人を助け、親を敬い、善行を勧め、不正を匡(ただ)すことなど。そのほか、礼儀作法やエチケットの類もこのなかに入る。第三が法的規範。これは二つに分けられ、一つは人間が直接神に負う義務を述べた儀礼的規範。たとえば、浄(きよ)め、礼拝、喜捨(きしゃ)、断食(だんじき)、巡礼。他の一つは人間が相互に負う法的義務規範で、婚姻・離婚、扶養、相続、売買、刑罰などが含まれる。これらの限られた規範を核とし、それを預言者の伝承(ハディース)などによって補足・拡大することによって、のちにムスリムの全生活を規制するイスラム法(シャリーア)が成立する。, ヨーロッパでは、コーラン・テクストの刊行およびラテン語その他の言語への翻訳は16世紀中ごろから始まった。しかし、真の意味でのコーラン研究が始まるのは19世紀になってからである。まず、フリューゲルG.