シューベルトは、身長が160センチにも満たず「ビヤ樽」とアダ名されるような人だった。 内気な性格だったが、彼の才能はウィーンの音楽好きの間で常に話題となり、「シューベルティアード」という彼だけの作品を演ずるコンサートも催されたほどだった。 オーストリアの作曲家.

フランツ・ペーター・シューベルト (Franz Peter Schubert)(1797-1828) 学習期 小学校の校長先生をしていたモラヴィア出身のフランツ・テオドール(1763-1830)と、シュレージェン出身のエリザベス・フィッツ(1756-1812)が結婚して、大量の子供を産み落とした結果生き残った5人の子供の1人が、ヴィーン …

1852 41才: ベルリオーズの“チェッリーニ”シューマン“マンフレッド”演奏。 “ソナタロ短調” ルイ・ナポレオン即位、第二帝政: 1853 42才: ウィーンにおいてビューローが“アテネの廃虚による幻想曲”演奏。ブラームス来訪。 “ハンガリー狂詩曲集”

1797年1月31日~1828年11月19日.

シューベルトもそんな生涯を送りました。 そして、どうやらゲーテもそのようですが・・・ ゲーテについては、 ↓ ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ - Wikipedia フランツ・ペーター・シューベルト.

| ブログを報告する, 前回までの記事 vmari-arekore.hatenablog.com vmari-arekore.h…, 前回の記事 vmari-arekore.hatenablog.com 今回はシューベルト….

一度は読み終えたのですが、もう2週間延長して、文体にも慣れたこともあり、2度目はさらにかみしめながら読み進めてます。, 有名音楽家であるシューベルト、こんなにも短い人生のうちに、たくさんの名曲を残しています。, 『歌曲の王』 と言われるほど、素晴らしい歌曲、とりわけドイツ歌曲をたくさん残しました。, 父は妻や子供たちの心の幸せよりも、自分自身のことが、自分に寄せられる声望、昇進のことが気になった。 愛情を惜しんだ彼は、愛情を受けることも少なかった。, 父は、より良い教職の仕事を求めて転職を繰り返しますが、それは家族のためでもあったように、私には思えるのですが・・・, フランツは、5歳から父による教育を受け初め、6歳からヴァイオリンとピアノを学び、リヒテンタール教会の聖歌隊に入り、7歳には神童ぶりを発揮していた。, 父はアマチュア音楽家で、チェロを、2人の兄フェルディナントとイグナーツはヴァイオリン、フランツがヴィオラを担当して弦楽四重奏を演奏した。, Schubert - Fantasia in F minor (Kissin, Levine), 14歳・・・彼は五線紙を買うことができないほど困窮していた。友人たちが、そっと五線紙の束を用意したり、劇場に連れて行ってくれたりした。, たまに家に帰ると父は彼が作曲を続けることを快く思わず、というより教職を目指すように、思い通りにならない息子に激昂し手を挙げた。, 15歳・・・家からはもう援助というより、自尊心を傷つけられるお金しかもらっていなかった。, 変声期をむかえたシューベルトを含む4人の合唱団員の少年たちは、給費生としてコンヴィㇰトにとどまることを許された。, サリエリは、モーツァルトにとってはいい人とはいえなかったけれども、シューベルトにとっては誰よりも熱心に指導してくれた素晴らしい恩師のようです。, 16歳・・・1813年4月、父が20歳年下のアンナと結婚し、シューベルトは一目で気に入った。アンナもシューベルトを気に入ってくれた。, vmariさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog シューベルトの作品の中でひときわ重要な位置をしめているのは,全作品数の半数以上におよぶドイツ歌曲(リート)です。 彼は,それぞれの作品に美しい 旋律 ( せんりつ ) と創造性に富んだ 伴奏 ( ばんそう ) をあたえることによって,このジャンルを芸術の域にまで高めました。