あけっぴろげな性格で、女性にはもちろんモテモテです。, いつも涙ぐんでうじうじしているシーンはとても共感できます。 期待してしまうな。 真澄とレオンが心身ともにパートナーになって、踊る日々。 ネタバレになるんで。 … 【漫画♯23】新宿スワン、ネタバレ Vol.02 | 趣☆味☆時☆間 〜ワンピースフィギュアブログ〜 Amazonで有吉 京子のSWAN -白鳥- ドイツ編 第4巻。アマゾンならポイント還元本が多数。有吉 京子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またSWAN -白鳥- ドイツ編 第4巻もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『SWAN』(スワン)は、有吉京子の漫画。1976年から1981年まで『週刊マーガレット』に連載された。のち、続編が『Maia まいあ—SWAN act II』(2005年 - 2009年)、『SWAN モスクワ編』(2010年 - 2013年)、『SWAN ドイツ編』(2014年 - 2018年)として、平凡社の『SWAN MAGAZINE』にて連載された。また、姉妹編として『SWAN -白鳥の祈り-』が1982年から1983年にかけて『週刊マーガレット』に連載された。, ひょんな事から一流バレリーナを目指すチャンスを手にした少女・聖真澄のストーリーである。作中には実在のバレリーナや男性舞踊家、振付師が多く登場し、リアリティを高めている。, 2005年から2009年まで連載の『Maia まいあ-SWAN act II-』は、聖真澄の娘まいあを主人公とした続編である。一方、聖真澄とレオンのその後の物語として2010年から2013年まで『SWAN モスクワ編』、2014年から『SWAN ドイツ編』が描かれた。, 2018年6月15日発売の『SWAN MAGAZINE Vol.52』をもって完結。中断期間を含めておよそ42年の連載に幕を降ろした[1]。, 15歳の聖真澄はソビエトの舞踊家アレクセイ・セルゲイエフとマイヤ・プリセツカヤの日本公演を観るために北海道の旭川から上京したが、チケットは既に売り切れであった。どうしても公演を見たかった真澄は警備員の手を振り切って中に入り込む。そこでマイヤ・プリセツカヤのスワンに感動を受け、公演後、彼女の前でブラック・スワンの一部を舞う。セルゲイエフとプリセツカヤは彼女をつまみ出そうとする警備員を制して真澄に「どんな花束よりもすばらしいプレゼント」と礼を言う。そこで日本の新進ダンサーの草壁飛翔、京極小夜子とも知り合うことになる。2人は真澄に大きな可能性のあることに気付く。, 北海道に帰った真澄に東京からバレエ・コンテストへの出場の依頼が届く。これはヨーロッパのバレエ界と比べて貧弱なサポートしか得られず、才能のあるダンサーがつぶれていく可能性のほうが高い日本のバレエ界を憂えたバレエ協会の企画で、才能あるダンサーを数多く見つけ、国立バレエスクールを設立し、彼らをサポート、かつ政府にも出資させようというアイデアに基づいたものであった。, 真澄は京極小夜子と競うことになり予選落ちしてしまうが、真澄の才能を認めたセルゲイエフのバックアップでバレエスクールのメンバーに加えられた。, 数か月後、モスクワバレエから日本の才能あるダンサーを受け入れたいとの話があり、ここでも京極小夜子に敗れてしまい、真澄はロンドンのロイヤルアカデミーへの留学が決まった。モスクワへは草壁飛翔、京極小夜子が赴くが、ボリショイの天才少女と噂されるラリサ・マクシモーヴァと京極小夜子はレセプションで競うことになり、それが元でアキレス腱断裂の悲劇にみまわれる。再起が危ぶまれる小夜子に代わり、真澄がボリショイに招聘される候補となる。, 真澄とラリサはそれぞれの解釈で「白鳥の湖」の第2幕と第4幕のオデットとオディールで競う。教科書通りの完璧な解釈のラリサはマスコミ受けしたがオリジナルな真澄のオデットとオディールはボリショイ関係者を感嘆させる。その結果、真澄が第3の候補とオーディションの最終選考を受けることになる。第3の候補はラリサの従姉妹のリリアナであった。ラリサは真澄に出来るなら彼女の前に踊るようにアドバイスをする。リリアナの家に招待された真澄はボリショイの振付師である彼女の父親に、母親と以前恋愛関係にあったというセルジェ・ラブロフスキーについて尋ねたが、彼はあいまいな反応を示すのみで聞き出すことは出来なかった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=SWAN_(漫画)&oldid=71142881. こんばんわ。 『新宿スワン』のネタバラシ第二弾です。 映画『新宿スワン3』を楽しみにしている人は【戻る】でお願いします。 ネタバレになるんで。 … 【完結済】SWAN -白鳥- ドイツ編 1巻。無料本・試し読みあり!バレエ漫画の金字塔『SWAN―白鳥―』の続編、モスクワ編に続くドイツ編の最新作。巨匠ノイマイヤーの「オテロ」を巡って真澄とレオンの絆が試される中、ハンブルクに移った真澄の体調に異変が!

美しい筋肉やポーズのラインが丁寧に描かれており、ぐっと引き込まれます。, 作品を踊っているときや稽古をしているとき、ダンサーが感じている感情や空気感、緊張感などが細かく描写されており、迫力たっぷりに読むことができます。, それぞれのダンサーの技術や踊りに対するこだわりなども丁寧に描き分けられているのは本当に素晴らしいです。. 有吉 京子『swan -白鳥- ドイツ編 第3巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約25件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 】, 週間マーガレットで連載中(43年前)から見続けてきた作品で連載再開は興奮しました。数年かけて続編を読みすすみ、最終回は「よかったー」とさすがに感無量でした。ただ、最後の方の真澄とレオンの心理を細かく描きすぎていて心理学の教科書読んでるみたいで残念に思いました。「オテロ」というバレエも救われない内容であまり共感できなかった。マーガレット連載時のswanのほうが魅力的だったな。. ! 単なるバレエ漫画の枠を超えた、世界を股にかけた壮大な人間ドラマでもあります。 もう本自体は4巻まで発売されているみたいなので、こちらでも早く電子書籍化して頂きたいです。次巻、待ってます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 彼女はマイヤ・プリセツカヤの日本公演に感銘を受け、ひょんなことから、ソビエト人ダンサーであるアレクセイ・セルゲイエフや日本の若手有望株である草壁飛翔や京極小夜子と知り合いになります。, 詳しく書くと、世界的に有名なダンサー、マヤ・プリセツカヤとアレクセイ・セルゲイエフの白鳥の講演を観に行きますが、チケットは既に完売。 JavaScriptが無効の場合は一部ご利用いただけない機能がございますので、有効にすることをお勧めいたします。, 【電子書籍ストア】小学館 「ぴっかぴか小デジ!感謝祭」対象商品に使える30%OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<先着2,000名>コミック全商品に使える1000円OFFクーポン, 【電子書籍ストア】<実用 ・ビジネス書など150商品以上! 全て111円均一!>西東社 11月サプライズセール!, 性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。, 1976年に連載を開始した有吉京子のバレエ漫画『SWAN―白鳥―』。40年以上愛されてきた作品が本巻をもってついに完結! 人気NO.1のレオンの初恋を描く番外編、著者インタビューも収録。, hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。, 一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。, まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。, ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。, 引き込まれます。本当に凄い!

スワン〜ドイツ編〜 0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。 投稿者: や。 - この投稿者のレビュー一覧を見る. さてドイツ編は何巻になるやら。. この巻ではレオンのターン。年齢相応のレオンが珍しく新鮮。 『swan』(スワン)は、有吉京子の漫画。1976年から1981年まで『週刊マーガレット』に連載された。 のち、続編が『maia まいあ—swan act ii』(2005年 - 2009年)、『swan モスクワ編』(2010年 - 2013年)、『swan ドイツ編』(2014年 - 2018年)として、平凡社の『swan magazine』にて連載され …

早く続きがみたい! オテロみたいに人種の差も重要なファクターだと厳しいよね。, ノイマイヤーのオーディションに落ちたレオンがスランプに陥ります。 登場人物全てを紹介することはできませんが、いわゆる悪人が出てこないのもこの作品の良いところだと思います。, 全ての人にその人なりのバレエに対する情熱や筋の通ったやり方があり、たとえ真澄に共感できなくても誰かしらには共感出来るのではないでしょうか。, また、これは余談ですが、絵柄の変遷が作者である有吉京子さんの歴史を物語っているのも面白い点であると言えます。, 1976年から現在まで約40年に渡り描かれているというだけあって、作中の絵柄にはかなり変化があります。, それは作者の有吉さん自身の変化であると共に、日本の少女漫画界の変化でもあるのかもしれません。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。.

この大衆の中には、永遠のライバルであり、恩人であり友人でもある、京極小夜子もいました。, この事件がきっかけで、真澄は、東京にでて、新設されたバレエ学校に推薦で入学することができたのでした。, 国立のバレエ学校の生徒となり、草壁や小夜子らと共に厳しい練習に明け暮れるようになります。, ここから、本格的なスポ根ものともとれる、激しいバレエレッスンや、仲間たちとの競争が始まります。, 彼女は、家柄・容姿とも恵まれたエリート中のエリートですが、自身は決してそれにおごることなく、ストイックにバレエ道を追求しています。, 小夜子は優美な容姿と高度なテクニックをもったバレリーナであり、真澄は努力を積みかさねるものの、小夜子に競り負け続けます。, 彼に憧れる生徒もたくさんいますが、小夜子のパートナーとして暗黙の了解を得ている彼には、さすがに堂々とアプローチは出来ない、という存在です。, 彼は、飛翔の親友で、やはりすべてを兼ね備えたスーパースター的な存在。