ちなみにストレインスクリューはハンマーの力を調整できるもんなんで、いじくったらあとから微調整が必要になるんでこれも注意。まぁ締めすぎて生ガス噴いてしょんぼりするのも、それはそれでよし。, かっこええ。

ペガサスシステムは、実銃から構造をおもいきって変えた分、シリンダーが金属製になっていてかなりいい質感。ひんやりとしたさわり心地がたまらない。また、シリンダー内部にガスタンクを内臓した為、ほとんどのガスリボルバーがグリップ内部にガスタンクを内臓している中、実銃用のグリップを装着できるという強みもある。, カートレスな機構なもんで、けっこうゲーム向きに使えるようにも思えるが、実射してみたところ初弾の弾着がずれる傾向が見られた。ガス圧の影響のようだが、他のブローバックモデルのハンドガンよりは若干命中精度は落ちる。ただ、リボルバーのガスガンとしては相当に高性能なので、可変ホップアップ機構とあわせてうまいこと調整すれば、インドア戦なんかで普通に使えるかもしれない。 あと、一応書いておくけど、サイドプレート外す時にはメインスプリングにテンション与えてるストレインスクリューを緩めてからの方が簡単にはずせるんで、力づくで外そうとして壊したりしないように! タナカワークス ペガサスガスリボルバー S&W M29 カウンターボアード 8inch Ver.3 スチールフィニッシュ トラビスモデル 26,800円(税込) 602743 世界最強のマグナムリボルバーである「s&w m500」!タナカワークスからリアルな作動を再現するペガサスリボルバーとして販売されています。タナカワークスの「s&w m500」について、メカニズム、魅力、弱点の対処法を含めて、実銃の話と一緒にご案内します。

COLT、スミス&ウェッソン、スタームルガーなどの知名度の高いメーカー・モデルを意欲的に製品化し、バレル長・素材・表面仕上げの違いで数多くのバリエーションを生み出している。, スミス&ウェッソンの商標使用権を得ている。また、精密な寸法・部品精度、金属部品を多用することによる重量の増加、実銃に限りなく近い内部構造などにより、スミス&ウェッソン製品のリアルさでは他社の追随を許さない。スミス&ウェッソン社製の実銃用グリップを無加工で装着できる。, 前述のペガサスシステムとは、カート式と比べ2倍以上の装弾数と連発時の初速の安定さを誇る。, 概要で述べている通り、「ガスの圧力でスライドが後退する」ブローバックガスガンを実現した最初のメーカーである。グロック17系、SIG SAUER P220/P226系、H&K USPやモデルガンのラインアップには無いブローニングハイパワー、ルガーP08等がある。現行モデルではウエスタンアームズのマグナブローバックの旧型を使用している。しかし、構造、部品精度などの問題からガス漏れをおこしやすい傾向があり、技術的上級者向きであった。現在ではガス漏れしにくいRタイプマガジンやVタイプマガジンを採用している。, 2008年にカシオペアシステムなる独特な機構のガスリボルバーを開発・販売したところ、これが警察によって「実銃」として認定され、同社が捜索、社長が逮捕されるという事件が発生した。, これは同社が開発した"ペガサスシステム"(シリンダー内にガスタンク・放出バルブを内蔵)を発展・改良したものである。カシオペアタイプはカートリッジの中に、ガスタンク・放出バルブを内蔵した発射機構をもったものであり、 こないだの日曜日。休みを利用して東京に遊びに来てたBaymanの人が「KSCのMP9買いてぇ!」って話してたもんで、Wataの人と三人で秋葉原のホビーショップ行った時のこと。なんと、以前一目ぼれしたにもかかわらず若干予算オーバーで見送った、タナカのS&W M65 .357 FBIスペシャルが特売で売られてたわけだ。当然、即買い。この湧き上がる衝動は誰にも止められねぇぜ!! この辺、同じく「メカニズムの再現」にこだわり、「リボルバーの革命」とうたわれた、今はもう無き伝説のメーカー「コクサイ」を彷彿させる。また、同じ部分に弾を仕込んでいるんだから、余計なガスルートをたどらずに、ガスはダイレクトにBB弾にそのエネルギーを伝える。十分なパワーの恩恵を受けたBB弾のパワー。これってスライド固定式ガスガンと同じではないだろうか!? むかぁし、東京マルイから出ていた安いモデルガンシリーズでリボルバーをくみ上げた記憶を頼りに、ちぃと調整かけてみた。過去の記憶では、サイドプレートをとめてる三本のねじの、トリガー上のシリンダーストップ近くのねじを締めすぎると動かなくなったりしたんだが・・・・ タナカ ペガサス kフレーム ガスガンの調整 7~8年前だろうかタナカのガスガンの作動良さ・・・いや完璧に再現されたS&Wのフォルムとメカニズムそして精度の高い注型技術に衝撃を受けて買いまくったこ … ちなみに俺、中学校のころとかは近代的なポリマー製の銃とかがデザインとかも好きだったんだけど、この歳になってガバメントやら各社のリボルバーやら、なんかこう古めのデザインに心ときめくようになってきた。特にガバメントあたりだと、いまどきの装弾数が多いダブルカラムのカスタムモデルとかより、圧倒的に昔のミリガバがすき。特にミリガバのハンマーの形。あれがたまらん。もはやフェチ。競技用モデルなんかに見られる、直角に切り落とした角材みたいなハンマーと比べて、あの指をかける部分の幅広のカーブにほれる。・・・若干話がそれたが、今回M65を入手したっちゅうのも、そんな曲線美の延長線上ってことを言いたかった。うん。, [,left,w320]

リボルバーファン必携、タナカワークスのペガサスシステム 公開日 : 2018年9月13日 最終更新日 : 2020年6月21日 タナカ 、 コクサイ 世の中オートマテックがメインである。 前述のペガサスシステムとは、カート式と比べ2倍以上の装弾数と連発時の初速の安定さを誇る。 ブローバックガスガン. モデルガンの試作・製造・販売で知られる六研の六人部登氏との関係が古く、近年氏が没するまで製品試作の多くを依頼していた。初期のガスオペレーションモデル、ペガサスシステム、ガス式ボルトアクションライフル、カシオペアシステムも氏の試作による。, オートマチックハンドガンでは、グロック17系、SIG SAUER P220/P226系、そしてH&K USPを発売している。外観や内部構造のリアリティと発火性能を高次元で両立させているが、発売初期の頃は銃身の耐久性に難があり一度も発火させていなくてもヒビが入ることすらあった。発火を楽しみたいファンの中には、予備の銃身をあらかじめ何本か注文して破損に備えるユーザーもいたが、現在は材質や設計の見直しをされており以前よりは耐久性を向上させているものの、グロック17など一部モデルでは未だ解決されていない脆弱な部分もあり、ユーザーが独自に強度の向上を施している例も多く見られる。, リボルバーではペガサスシステムのガスガン製品をベースにモデルガンとして転用開発した製品を発売している。現在までにS&W Kフレーム(M19, M66など)、Nフレーム(M29, M1917など)、コルトIフレーム(パイソン)、コルトDフレーム(ディティクティブなど)を発売している。これらの製品が登場した背景にはペガサスシステムがシリンダー以外の部品構成が実銃に近いモデルガン然としたリアルなものであったため、転用開発とする事でガスガンに比べ販売数が少ないモデルガンでも開発コストを抑えられるメリットがあった事が大きい。, 長物では1980年代に中田商店名義で発売した九九式短小銃を始め、旧日本軍の小銃(三八式、二式など)、機関銃(百式など)を発売し、現在でも少数ながら生産を続けている。また、不定期にCMCから金型を引き継いだ製品(M1カービン、モーゼル98Kなど)も発売する事がある。, 画期的な機構であるペガサスシステムの成功により、商業的に困難といわれていたリボルバー型製品の新規開発を続々と行った。 ブログを報告する, 回転するのは外側のみで、内側の内臓マガジンとガスタンクは回転しない。ちなみに内部のユニットと直結している為、エキスト. 設計者は実弾を発射する機能や高圧炭酸ガス充填による高発射速度化性能(場合により違法)を持たせないため、, といった対策を行った上で日本遊戯銃協同組合 (ASGK) に対し、新規カテゴリとしての検討を依頼した。, しかしASGKでは、過去にも日本で問題となった密造薬莢に対する懸念が払拭できず、バルブ開放の打撃力を可能な限り弱めて欲しいといった提案は行ったものの、認可は見送られた[3]。そのためタナカは提案を取り入れた上で、業界団体の未認可の状態でカシオペアシステムを搭載したガスガンを発売した。, 製品を入手した科学捜査研究所は、この機構でも発射できるよう極めて特殊な構造である銃弾を試作し、カシオペアシステムを搭載したガスガンでの発射ができることを確認[4]。実銃と同等の殺傷能力(厚さ4ミリのベニア板を6枚貫通ができる程)を有しているとして組織犯罪対策五課が銃刀法違反容疑で同社を家宅捜索し、在庫分(約810丁)を押収した。当該製品の販売は中止となり、既に出荷されていた約1000丁も回収に追い込まれた[5]。カシオペアシリーズの所持は銃刀法違反となるので、警察でも所有者に対して提出を呼びかけている[3]。, この事態にタナカ側は大幅に反発。社長はマスコミの取材に対して「(常識的に考えて、実弾を発射できるほどの耐久性を有していない)プラスチックの銃が実銃であるというのはおかしい」「お客さんに夢を与える玩具を作っただけ」「業界団体の認証を受けていないが、他社でも認証を受けずに発売している例があり、認証を受けていないことを以って咎め立てされるのはおかしい」「(このエアガンで発射できるような、常識でありえない機構の)実弾を作る方が悪い」「玩具以外のものを作った覚えは無い」との趣旨の発言を行った[6][7]。, しかし、12月2日に同社社長は警視庁組織犯罪対策五課によって当社が業界団体により自主検査を受けないままエアガンの販売を行ったのは悪質と判断され、銃刀法違反(拳銃所持)の疑いにより逮捕された[8]。なお、改造を受けていないエアガンが拳銃と認定され、製造業者が逮捕されるケースは今回が初めてである。2008年12月22日、東京地検は同社社長を釈放したと発表した[9]。, なお、同社代表者が、業界団体であるASGKの理事長を務めていた時期に自主規制値の上限の引き上げ改定が行われており、自社製品を優遇する措置だったのではないかとの疑念が持たれている。, 具体的には、前方から押すと内蔵の撃発機構が作動するという構造を有するカートリッジ(このカートリッジ単体そのものが銃であるともいえる)を製作し、これに22口径の, 山形新聞 エアガン、危険性認識し製造か 「実弾を作る方が悪い」2008年12月2日, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=タナカワークス&oldid=71586906, ガスバルブの動作は銃口側から力を加えることによって行う。さらに力の伝達効率を複数の部品を介させることによって弱める.

システムはタナカと同じペガサスだし、分解図を見た限りではコルトsaaと同じメニューでいけると思ったが、いざやってみるとなかなか大変だった。 まずは預かった状態での初速と命中精度を測定。 夏場を想定し、ドライヤーでガスタンクを温め、弾速測定。

ちなみに写真は、左からマルシンのM60チーフスペシャル、タナカのM65FBIスペシャル、マルシンのM10ミリタリー&ポリス。マルシンのリボルバーは共に6mmBB弾使用のけっこう古いモデル。ぶっちゃけゴムパッキンがヨレヨレでBB弾がポロポロこぼれるもんで、まともに撃つことはできない。あくまでチャカチャカいじり用。 写真の「1」のねじを落ちない程度にゆるく止めて、「2」のねじを若干弱め、「3」のねじをしっかりと締めることで快調に動くようになった。ねじ締めをしながら、サイドプレートをドライバーのグリップでコツコツたたきながらの微調整が必要。怖い怖い。根本的な解決にはなってないと思うけど、買ったばっかりのやつをバラして内部の部品削ったりする度胸はないもんで、とりあえずこのままにしとくことに。タニコバ然り、タナカも東京マルイのエアガンと同じ感覚で買うと痛い目にあいそうですな。 しかしこのペガサスシステム、手持ちのマルシン製と比べると、トリガーのスムーズさがすばらしい。ダブルアクションでも最初から最後まで、ひっかかることなくトリガーを引ききることができる。これには正直感動した。

ペガサスシステムって何ぞや? [,left,w320]さて、このタナカのペガサスシステム。マルシンとかのリボルバーと違って、薬きょうに一発ずつBB弾を込めるのではなく、ガスタンクと共にシリンダー内部に内臓されたマガジンに5発BB弾を蓄えて、シリンダーが回転する*1たびに一発づつ装てんされる。

他社用の木製部品の製造から業界に関わり、東京CMC社の廃業時に同社の金属製モデルガンを受け継ぐ形で本格的なトイガン製造販売を開始した。モデルガンの様なリアルな構造や形状の再現が特徴。, 他社がモデルアップしない独特のモデルや機構を製品化する傾向が強く、革新的なガスリボルバーシステム「ペガサス」で確固たる地位を築いた。, エアソフトガンの黎明期に、ブローバックガスガンを実現した最初のメーカーである[1]。ブローバックシステムの主流がアフターシュートからプレシュートに移行した後は、ウエスタンアームズとの提携でマグナブローバックが主流になった。しかし現在ではペガサスシステム搭載のリボルバー、ボルトアクションライフルが主流になりつつある。, かつてはハイパワー傾向が強く、長物の主力であるガスボルトアクションライフルシリーズなど無改造状態でも、0.2gの6mmBB弾の初速が100m/sを軽く超えてしまうという事態が発生していた[2]。しかし、この問題は2006年の銃刀法改正により解決されている。, 古くは田中木工として、実銃・モデルガン用の木製ストックの製造を手がけていた事が知られている。その為、木製部品を使用した製品や、純正の木製グリップが用意されている事が多い。 | さて、簡単に解説。世界の警察機関でスタンダードに使用されている「S&W M10」。通称ミリタリー&ポリスなんて名前がついてるくらい警察や軍で使用されてきた歴史ある名銃なわけだが、近年だんだんと38スペシャル弾のパワー不足が叫ばれるようになってきた。それに伴い、アメリカの警察機関からの依頼をうけて、S&W社がM10ベースに357マグナム弾を使用できるように改良したのが「M13 FBIスペシャル」というわけだ。S&Wには次元大輔愛用の有名な「M19」って357マグナム弾を使用する有名な銃があるわけだけど、リアサイトのでかいM19は私服警官が使うのには服に引っかかったりして邪魔になったりするんで、リアサイトの出っ張ってないM10ベースのM13はまさにベストな銃だった、っていうことらしい。・・・まぁ、これ以上はWikiとか調べたほうが詳しく載ってるんで、そっち参照。 [,w320] あと、あくまで個人的な感想なんだけど、このM65のようなフレーム一体型のサイトが非常にたまらない。ピッと腕を伸ばして目標に銃を向けるとピタリとあっている。しかし、気づけば手元にあるS&Wのリボルバー、みんなこのタイプのリアサイトだな。あくまで好みの問題か・・・, というわけで、すっかりお気に入りになったM65。チャキチャキいじくって遊んでたわけなんだが、突然シリンダーがロックしてトリガーが引けなくなった。背中にたれる冷たい汗。原因は、トリガーと連動しているシリンダーストップがあがったままになってしまったこと。 世の中オートマテックがメインである。トイガン界も、実銃の世界も同様。しかし、少ない装弾数だからこそ、魂をかけられるリボルバーは不滅。, 当然、コクサイの名を挙げる方もおられるだろうが、残年ながら2018年に業務を停止している(さらばコクサイ。次元の愛銃よ永遠に)。, そんな中で、「ペガサスシステム」を引っ提げて登場したタナカは、文字通り革命だった。, 「リボルバー」だったら「カート式」の常識を覆す、「ケースレス」としてリボルバーを再検討。シリンダーにガスとBB弾を込めるという設計は、これまでにまったく見たものがないものだった。, 考えてみれば、シリンダーはもろに容積を食う「ガスタンク」の配置にぴったり。これまでのリボルバーのように、グリップなどと言う細いところに無理に収めることはない。おかげで、フレームに入るメカニズムは、実銃のメカニズムを比較的忠実にコピーができ、加えて、実銃のグリップさえ搭載可能。.

なにはともあれ、これに合うホルスターなんかも手に入れたい、そんな今日この頃。やっぱリボルバーは漢のロマンだ!!, *1:回転するのは外側のみで、内側の内臓マガジンとガスタンクは回転しない。ちなみに内部のユニットと直結している為、エキストラクターロッドも回転しない。, noza1911さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog さて、このタナカのペガサスシステム。マルシンとかのリボルバーと違って、薬きょうに一発ずつBB弾を込めるのではなく、ガスタンクと共にシリンダー内部に内臓されたマガジンに5発BB弾を蓄えて、シリンダーが回転する*1たびに一発づつ装てんされる。内部の5発とあらかじめシリンダーに6発つめることで、装弾数は11発。その為、薬きょうは完全にダミーになっており、取り外しはできない。

さて。いきなりなんだが、実は俺様S&Wって会社、あまり興味というか、思い入れがない。まぁ銃器の有名メーカーってことでメジャーなのはわかるんだけど、なんというか型番と形が頭で結びつかないことが多いわけで。まぁ、少なくとも44マグナムの「M29」くらいは知ってるし、そのステンレスモデルが「M629」ってことくらいは知ってる。ステンレスモデルは型番の頭に「6」がつくっていう規則。ただ、全てがM29の場合ほど簡単じゃなく、チーフスペシャルの「M36」のステンレスモデルが「M60」ってことくらいは知ってるが、それ以上になるともう訳がわからなくなってしまう。辛うじてリボルバーなら少しだけならわかるけど、オートになるともう・・・壊滅的。

[,w320]

概要で述べている通り、「ガスの圧力でスライドが後退する」ブローバックガスガンを実現した最初のメーカーである。 銃口側から撃鉄の(非常に弱い)力を加えることによって発射する機構であった。 リアルな構造なフレーム内メカニズム。そして、明らかにこれまでのカート式リボルバーとのパワーの違い。ヒット商品となるのは、目に見えて明らかだった。, かつてモデルガン時代、MGCがリリースした名銃。ハンマーレスかつ、グリップセフティという独特なスタイル。, いかにも「携帯用リボルバー」の薫り高いデザインが人気を呼び、長年再びリリースを切望されていたこの銃。何せ、カスタムでハンドメイドな一品さえ作り出した猛者もいるほど、人気が高い。, 同じく、タナカのハンマーシュラウド付きチーフスペシャルカスタム「ボディガード」と並び、チーフスペシャルのカスタムバリエーションはフルハウスになった。, そして、基本の「ピースメーカー」から、「M29」まで、きっちりと押さえているのは当然。, その上、マニアックなリボルバーまでリリースしている。例えば、スターム・ルガー社の「何発撃っても壊れない」ルガー・レッドホーク。しかも、44マグナム弾をしのぐ威力、「世界最強」のアモの一つ、「454カスール」バージョンまで展開。, また、最近のS&Wの流行、「八連発の357マグナム」S&W M327PCなんかもある。, M327PC、各種アクセサリーを搭載できる、銃身下にさえ供えられたレイルが、いかにも新時代タクティカルリボルバーにふさわしい。, S&W系は、ちゃんとカスタムモデルさえそろえているのが、かゆいところに手が届く、と言うのを地でいっており、カスタム派も満足。もちろん、「世界最強」のS&W・M500もちゃんとおさえている。「なんに使うの?」的、「ハンド」ガンというよりかは、「ハンディキャノン」の迫力を十分に味わってほしい。, コルト・リボルバーも、定番のパイソンはもちろん、レトロファンには懐かしい「ディテクティブ」まで取り揃えているのが心強い。, と言うわけで、「コクサイの再来」となりつつあるタナカのリボルバー群。質のいいニューモデルを、次々とリリースしていく様は「リボルバー界の東京マルイ」と言ってもいいかもしれない。, 「シリンダーからカートが出せないモデルなんて、クリープを入れないコーヒーみたいだ。」と食わず嫌いの方も、ぜひ手に取ってほしい。, リボルバーらしい「引き金を引いたら弾が出る」安心感。そしてそのパワフルな作動に、きっと満足する。それに、カートの出し入れがちゃんとできる「モデルガン」もリリースしているところが、嬉しい。こだわりの方は、ガスガン・モデルガン双方手に入れてほしい。, タナカしかリリースしてないモデルもあるので、リボルバーファンには今後も目が離せないメーカーだ。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 良い実写化ってのは、こういうこと。『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』.