第6問. また、よく使う敬語や、間違い敬語も合わせてチェックしてみて!。 【目次】 先輩・店長との会話での敬語. 例文 ・本日は授業を見学さ せていただきます 。 ・先生、先日は本を貸してくださりありがとうございました。 「その後いかがでしょうか」という言葉は、ビジネスシーンで頻繁に使われます。進捗状況の確認や返信の催促などを優しく表現できるため、メールの他に口頭でも使用さ... 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。 上司:どのくらいで持ってこられる? ○○:10分後には出来上がりますので、ご確認していただけますか?, 上記の例文のおかしな部分1つ目は「もうすぐで出来上がるかと思います」で、正しくは「もうすぐ出来上がります」です。そしてもう1つが「ご確認していただけますか」で、「ご確認お願いします」が正しい敬語です。, 日本語には1つの事柄に対しても様々な言い方があり、それぞれに適切な使用場面があります。それはもちろん敬語も例外ではなく、「ご確認ください」にも言い換え表現が存在します。, 言い換え表現を知っておくことで、丁寧さが足りないのではないかと詰め込んだ結果「ご確認してください」という間違った日本語を使うことになったり、逆に敬語を削り過ぎて礼を欠くことになったりといった、不自然な敬語を使う可能性が低くなります。働く社会人として、正しい日本語を使うことは信用を得るための第一歩です。, 「ご確認ください」の類義語として「ご一読」「ご査収」「お目通し」「ご高覧」の4つがあります。いずれも、相手に何かを確認してほしい時に使いますが、微妙に確認する対象や見る厳しさが違います。, 「ご一読」は、相手に資料をザッと見ておいてほしいときに使う言葉です。「一読」は文字通りひととおり読むことを指し、一般的には「ご一読ください」「ご一読願います」「ご一読いただきますよう、お願いいたします」のように用います。審査をしたり、細かくチェックしなければならないものに対しては適しません。あくまでも、大まかに確認する際に使います。, 「ご査収」は書類や金品の確認に用いる言葉です。「ご一読」は文字通り文章をアバウトに確認してもらう際に使いますが、「ご査収」は書類以外の物品を確認する際にも使え、細かく目を通して欲しい時に用います。「ご査収ください」と使われることがほとんどです。, 「お目通し」は、目上の方が書類や物品を全体的に確認することに使います。「ご査収」は目下の方に使えますが「お目通し」は目上の方にしか使えません。通常「お目通しお願い申し上げます」「お目通しいただけますでしょうか」と使います。, 「ご高覧」は「見てもらう」を丁寧にした言葉で、「ご覧になる」よりも丁寧な表現です。目上の方やクライアントに対して書類や物品を見てほしいときに使います。「ご高覧ください」「ご高覧いただければ幸いです」「ご高覧いただきありがとうございます」と使うのが普通です。, 敬語における陥りやすい間違いといえば「二重敬語」です。古典であれば相手が天皇に限り二重敬語でも問題ありませんが、天皇を相手に話すシーンはなかなかないシチュエーションですし、何より現在は平安時代でもありません。「ご確認してください」は二重敬語ともいえない変な日本語でしたが、二重敬語自体は意外と世の中に溢れています。, ありがちな二重敬語といえば、例えば言うの尊敬語「おっしゃる」と尊敬の助動詞「~られる」が一緒に使われている「おっしゃられた」や、尊敬表現の接頭語「ご」と尊敬の助動詞「~られる」が用いられている「ご覧になられますか」など、一見すると問題なさそうな誤用が多いです。, 上に挙げた二重敬語の例文は、それぞれ正しくは「おっしゃった」と「ご覧になりますか」です。また、役職名に敬称を付けるのも二重敬語の1種ですので、くれぐれも「社長様」や「部長殿」と使わないようにしましょう。, 「確認してください」だけでなく、ビジネスにおいてふさわしいとは言えない敬語が横行しています。ビジネスの場においてTPOを弁えた言葉遣いをすることは、取引相手や上司から「しっかりした人」「信用のおける人」という評価に繋がります。, また、ビジネスにおいて考えや信念が曖昧な方は敬遠されます。考えが不明瞭な方は、他の点においても漠然としか考えていなかったり理解していなかったりするものです。もちろん、それは言葉においても同様で、敬語の使い方があやふやだったために相手に失礼を働く可能性がないとは限りません。正しい日本語や敬語を使って話し合いを持ったりや文書を作成したりして、円満な関係づくりに努めましょう。. ③ 課長、今日はお疲れ様 . 確認してくださいという敬語は日本語としては間違いではありませんが、ビジネスにはふさわしくありません。ビジネスの場に合う「確認してください」の表現、ご査収やご一読といった言い換えなど、「確認してください」の敬語表現についてまとめました。 次の敬語の使い方のうち、正しいものはどれでしょうか? ① 課長、今日はお疲れ様でした. あなたは、ビジネスメールでも頻出の「確認しました」の敬語・類語表現を知っていますか?この記事では、その具体的な使い方と英語表現、「確認させていただきました」「承知しました」「了承しました」などの表現、~いたしましたで終わる敬語表現などにつお伝えしていきます。 第5問.

自分がバイトを先に帰るとき; シフトを交代してほしいとき; 店長や先輩から仕事を頼まれたとき; バイト当日の休みを伝えるとき; 目上の人への相づち:うん; 目上の人への相づち:な� 敬語が正しく使えなければビジネスパーソンとしての信用は得られません。ビジネスにおける敬語の重要性、尊敬語・謙譲語・丁寧語といった敬語の基本ルール、敬語の言葉遣い一覧、ビジネスシーンでよく使う敬語の使い方と注意点を説明します。 Copyright (c) 退職Assist All Rights Reserved. 解説:〜させていただく 意味 話し手がこれからすることを丁寧に言う表現。 接続 v (使役動詞のテ形) + いただく 日本語能力試験(jlpt)のレベル n3. chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, あなたは、ビジネスメールでも頻出の「確認しました」の敬語・類語表現を知っていますか?この記事では、その具体的な使い方と英語表現、「確認させていただきました」「承知しました」「了承しました」などの表現、~いたしましたで終わる敬語表現などにつお伝えしていきます。, 確認しましたの敬語の1つ目は、「確認いたしました」です。この言葉の後半部分の「いたしました」は「しました」を丁寧な表現にした敬語表現です。具体的な使い方としては、「お送り頂いた件については確認いたしました。」などの形で使用します。, 「確認しました」という言葉よりもぐっと丁寧さが増す使い方ですので、ビジネスでも特に目上の人や取引先の人に対して使用すると効果的であると言えるでしょう。, 確認しましたの敬語の2つ目は、「確認させていただきました」です。これは、1つ目のと同じく「確認しました」を敬語表現として丁寧に表したものですが、こちらは自分がへりくだることで相手に敬意を示す謙譲語の形となっています。, 具体的な使い方としては、「来月の打ち合わせのスケジュールについては先日、確認させていただきました。」などの形で使用することが可能です。, 確認しましたの類語の1つ目は、「承知しました」です。「承知する」とは、「何かを承る、引き受ける」という意味のある表現ですが、例えば相手からもらった確認が必要な事項や提案についてこれを「確認しました」の類語として使用することが可能です。, 具体的には、「来月の会議の日程希望については承知しました。」などの形で使用することができます。この例の場合、その後に続けてそれを承知した上でこちらから何を提案できるのかなどについて言及する文章を続けると良いでしょう。, 確認しましたの類語の2つ目は、「了承しました」です。「了承する」とは、「相手の意見・状況などを理解すること、それを受け入れること」と定義されています。これは、何かを確認した上でそれを受け入れているという姿勢を表す類語表現となります。, 具体的な例としては、「明日のミーティングの時間変更については、了承しました。」などの形で使用することができます。相手の提案や状況を受け入れる際に使用しましょう。, 確認しましたの類語の3つ目は、「了解しました」です。「了解する」とは「何かの事情や状況をはっきり理解するさま」と定義されています。このことから、確認しましたと表現した際よりも自分の理解度の高さを示唆できる類語表現となります。, 具体的な使い方としては、「先日頂いた案件の詳細については了解しました。」などの形で使用することができます。より丁寧な表現に応用したい場合は、「了解いたしました」と表現することもできます。, 確認しましたの類語の4つ目は、「目を通しました」です。「目を通す」とは何か資料などの確認事項をざっと読むことを表します。具体的な使い方としては、「先日頂いたメールについては内容に目を通しました。」などの形で使用します。, この表現を使って全体的にざっと目を通したと相手に伝えたい場合は、「先日頂いたメールにつていは一通り目を通しました。」という形に応用することもできます。, 確認しましたの類語の5つ目は、「拝見しました」です。これは、「見る、読む」という言葉の謙譲語であり敬語の「拝見する」という言葉を使用した類語表現です。具体的には、「先週の会議の議事録内容を拝見しました。」などの形で使用します。, この類語表現は、丁寧な敬語表現となりますので、特に年上や目上の人に対して使う表現として覚えておきましょう。ビジネスメール本文内でも頻出の表現です。, ビジネスメールで「確認しました」を伝える敬語の使い方例文の1つ目は、「拝受いたしました」です。「拝受する」とは「受け取る」という言葉の謙譲語です。「いたしました」は「しました」という意味を表します。, 具体的な使い方としては、「今月、貴社からのお手紙を拝受いたしました。」などの形で使用できます。「拝受いたしました」と表現することで、「こちらで受け取り、確認しました」ということを丁寧な敬語表現として伝えることができます。, ビジネスメールで「確認しました」を伝える敬語の使い方例文の2つ目は、「拝見させていただきました」です。類語表現内でも出てきた通り、「拝見する」とは「見る、読む」という意味を表す謙譲語です。, この言葉に「いたしました」を加えることで「確認しました」という意味で敬語として相手に伝えることができます。具体的には、「先月の営業成績についてのレポートを拝見させていただきました。」などの形で使用します。, ビジネスメールで「確認しました」を伝える敬語の使い方例文の3つ目は、「目を通させて頂きました」です。これは、類語表現の中でも出てきた「目を通しました」をより丁寧に謙譲語として表現したものです。, 具体的には、「先日~様からお送り頂いた資料には目を通させて頂きました。」などの形で使用できます。この表現もかなり丁寧な表現ですが、ビジネスメール内でも頻繁に使われる表現のうちの一つと言えるでしょう。, ビジネスメールで「確認しました」を伝える敬語の使い方例文の4つ目は、「点検いたしました」です。「点検する」とは「どこか不具合などがないかをくまなく確認する」という意味の言葉です。, したがって、この表現を使用するとただ目でざっと確認するというよりはじっくり時間をかけて確認するという意味で伝わります。具体的には、「数日前に頂いたデータを点検させて頂きました。」などの形で使用します。, ビジネスメールで「確認しました」を伝える敬語の使い方例文の5つ目は、「承知いたしました」です。これは、メールだけでなくお店など接客業の現場でも良く耳にする表現でしょう。, 具体的な使い方としては、「お問い合わせ頂いた件の詳細については承知いたしました。」などの形で使用できます。この表現も「~いたしました」という敬語を用いることで相手への敬意を表しています。, 以上までで、「確認しました」の意味や敬語の形、類語表現などについてお伝えしてきました。下記関連記事内では、「お忙しいとは存じますが」というフレーズを使った例文を豊富にご紹介しています。参加確認メールの具体的な使い方や英語表現のまとめもありますよ。当記事と合わせてぜひチェックしてみてください。.