ドーム型の最新テント&定番テントを10に厳選!トレンドをおさえて間違いないテントを手に入れよう!コールマンやスノーピークの定番ドーム型... 今年も”続”トンネル型ブーム!?定番から新作まで、抑えておくべき10のブランドを総チェック!. 色の選択の悩みはありませんでした。他の方の回答にあるように、テント内が フライの色に(薄っすら)染まります。メーカー曰く、エアライズの基本色が オレンジとなっているのは、トレックライズと違って、4シーズン対応なので

いろんな種類があり、どれを選んでいいのかわかりにくい、登山用のテント。プロガイドが登山用のテントの選び方とおすすめ登山テントを紹介します。テントを持って、大自然で泊まってみ … !」 私が購入したタープテントは、実は2つあります。 私がイベント出店に慣れてから購入したり、 最初から周りの出店者を見て研究する余裕があれば、 特に川沿いのキャンプが大好き。

!」 私が購入したタープテントは、実は2つあります。 私がイベント出店に慣れてから購入したり、 最初から周りの出店者を見て研究する余裕があれば、 「色使いでおしゃれキャンプを楽しむシリーズ」も第3弾を迎えました。これまで①まずはテーマカラーを考えてみましょう、②自分好みのスタイルを考えてみましょうのタイトルにてまずは「自分自身のテーマカラーを決めること」「自分好みのスタイルを確立すること」をお伝えしてきまし … テントを決める前にチェック!自分に合ったテント選びのポイントを最近のトレンドを紹介しながら解説。買ってから後悔しないようにテントを「買わない」という選択も。 作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 テント選びに失敗した私が思う「イベント出店用タープテントは絶対にこの色! 2020年度版!初心者向けテントの選び方【不動の人気5選】 2020/07/07 更新 テントは、キャンプを代表するグッズです。今回は、ファミリーテント選びに必要なポイントとおすすめテントを徹底比較!何に気をつけて選べばいいの?

アウトドアライターが選ぶコットンテント12選をご紹介します。最近注目されているのが、夏は涼しく冬は暖かいコットンテント。機能性だけでなく、自然の中に、いかにも快適そうな白地のコットンテントが立つ様は、思わず見とれてしまうものがあります。 「色使いでおしゃれキャンプを楽しむシリーズ」も第3弾を迎えました。これまで①まずはテーマカラーを考えてみましょう、②自分好みのスタイルを考えてみましょうのタイトルにてまずは「自分自身のテーマカラーを決めること」「自分好みのスタイルを確立すること」をお伝えしてきました。今回は、「テーマカラーは、テント・タープで決まるので慎重に選びましょう」をお伝えしたいと思います。, みなさん、キャンプの必需品といえば何を思い浮かべますか?キャンプに必要なギアはいろいろありますが、やはり「テント」と答える方が多いと思います。なぜならば寝たり、雨風を防いだりとキャンプにはなくてはならない必需品です。では、テントを選択する際、何を基準にされていますでしょうか?使用する人数、撥水性などの機能、空間スペース、リビングと一体となっているなどのスタイルなど、多くの要素があると思います。一方、キャンプ道具で「テント」は高額なギアです。それだけにいろいろと情報収集して選択したいギアですね。, 「テント」の選択基準は、いろいろありますが、「色の重要性」についてお伝えしたいと思います。なぜならば「テント・タープ」は「テーマカラー」を決定づける重要なギアだからです。ご自身のサイトや他の方々のサイトを眺めた時、最初に入る「色」は「テント・タープの色」です。ということは、「テント・タープ」の選択は「テーマカラー」の選択でもあり、たいへん重要であると思います。, これまで「テント」の選択についてお伝えしてきましたが、高額な買い物だけに、一度購入すると買い替えは困難となります。これまでお伝えしてきた「色の統一感のあるサイト」「相性の良い色の組み合わせサイト」「構成色を取り入れた色の組み合わせサイト」を作り上げるうえで、「テント」は慎重に選びたいですね。, 今回、ご紹介するのは、私自身がテーマカラーとして「かっこいい」と感じている代表的な色のテントをご紹介したいと思います, 何といっても「かっこいい」の代名詞といえる「サンドカラ―」。どのようなギアとも色の相性がよく、サイト全体の統一感を出しやすいカラーです。, 就寝人数が6人のティピ―タイプのベルテントです。ポリコットン素材のサンドカラ―テントが雰囲気のあるテントです。タープと組み合わせると非常にかっこいいテントですね。, 私自身も愛用しているサーカスTCは、人気のティピ―タイプ、ポリコットンのTC素材をしている人気モデルです。3人程度でも十分使用できる広さがありながら、29,800円(税別)というコストパフォーマンスの高さは秀逸ですね。単独でも使いやすいですし、タープと組み合わせても良いですね。, テンマクデザインのソロテント「PANDA」シリーズにもTC素材(ポリエステル×コットンの混紡生地)が加わりました。従来の「PANDA」シリーズは、赤色に代表されるように女性に人気がありました。TCシリーズのサンドカラーが追加されたことで、男性にも人気が出そうです。購入はこちら:tent-Mark DESIGNS パンダ TC, 特に女性に人気のモンゴルのゲオのような形状のアスガルド。白のコットン素材の幕にはやはり白色のタープが似合います。アスガルドには、6人用の12.6、6~8人用の19.6のシリーズがあります。また、テーマカラーという観点では、白色をテーマカラーとして、木製などの自然素材のものにするとすっきりとしたサイトが出来上がりますね。, 国産のティピーテントを手がけてきたキャンパルジャパンから待望のポリコットン素材(TC素材)が2017年に発売されました。また、ホワイトを基調としながらブラウンで構成された色合いなので、「構成色を取り入れた色の組み合わせサイト」の観点からブラウンとの相性も非常に良いテントといえますね。, ピルツと同様に人気のシェルターのツインピルツにポリコットンのT/Cバージョンが登場しました。別売りのインナーテントを装着することでテントとしての使用も可能です。テント、タープなど用途の幅も広く便利ですね。, 一見、アウトドアと不釣り合いと思いがちな「ブラック」がスタイリッシュでかっこいいカラーとして注目をされ始めています。それに伴い、ブラックなギアと併せた「黒サイト」はフィールドでの存在感抜群です。これからも黒サイトが増えてきそうですね。, 一時期、キャンパルジャパンの前身のオガワキャンパルが黒ピルツを発売してましたが、しばらくして廃盤となりましたが、Ogawa & CanadianEastがあらたに「モノトーンキャンピング」を提唱して発売された黒ピルツシリーズです。このピルツ9デラックスブラックは4人用テントとして使用でき、黒色の存在感とシルエットの美しいテントですね。, 2ルームタイプのトンネル型テントがポップで使いやすいテントとして人気のカマボコテントにブラックが加わりました。従来のベージュカラ―よりも遮光性が高く夏場などには涼しく過ごせるテントです。, 私のテーマカラーでもあるカラーです。女性に人気のカラーだと思いますが、フィールドでは何といっても存在感抜群ですので、男女を問わずテーマカラーとして赤色コーディネートをすると統一感のあるサイト作りができます。, 赤の代名詞ともいえるヒルバーグ、そのスタイリッシュなシルエットと山岳テントとしての機能を備えたテントを幅広く作り出しています。その中でも私が使いたいのは、この最多リスです。4人用のテントで前室スペースも十分備えたテントです。, テンマクデザインが、こいしゆうかさんとのコラボにより発売したソロテントです。ポップなカラーからソロキャンプはもちろんフェスキャンでも人気のモデルです。その他にもイエロー、オレンジ、ブルーなどをテーマカラーとしておしゃれにキャンプを楽しんでいる方々を見かけますね。, サイトの色使いの中で、テントやタープはサイトの色に大きな影響を与えますので、テーマカラーを考えるうえで、テントは慎重に選択されることをお勧めします。次回は、もう一つのサイトの色に大きく影響を与える「タープ」についてご紹介したいと思います。それでは皆さんのアウトドアライフが、さらに豊かなものとなることを願っております。, 子供たちにアウトドアを体験させてあげたいと思い2008年に始めたキャンプ。インスタグラム「 https://www.instagram.com/toriaezu_beerplease/ 」、ブログ「 http://beerplease.naturum.ne.jp/ 」にてキャンプ、自作ギアの記録を綴っています。みなさんとともにアウトドアを楽しんでいきたいと思います。, 「きっとそとが好きになる」をコンセプトに、今話題のアウトドア情報をお届けするサービス。アウトドアの楽しみ方や、キャンプやピクニックを楽しめるスポット、アウトドアグッズの使い方や特長を紹介しています。.