日本にはかなりの数のタクシーがある。 シレーヌの懇願でゼノンの手により召喚された増援の一体で肩から二本の角が生えた人面犀のような姿の重量級デーモン。原作同様にシレーヌを愛する戦士で瀕死のシレーヌに対しデビルマンを打ち倒す勝利の感激を捧げたいと自分との合体を持ちかける。OVAの世界観だけあって彼とシレーヌの会話は名シーンと言ってもおかしくない。 『デビルマン』は、永井豪により1972年から1973年にかけて製作された日本の漫画作品、およびこれと同時期に制作・放送されたTVアニメ。, 変身ヒーローもの企画として、永井豪が自作品『魔王ダンテ』(「ぼくらマガジン」連載)をベースに「悪魔をヒーローとした作品」として基本設定を行い、漫画版は永井豪が執筆し、『週刊少年マガジン』の1972年25号(6月11日号)から1973年27号(6月24日号)にかけて全53話で連載された。同時期に、NETテレビではテレビアニメ版で脚本担当の辻真先がオリジナルストーリーを構成した。, 両作には「漫画作品のアニメ化」もしくは「アニメ作品の漫画化」といった関係ではなく、永井自身が指摘しているような「同一の基本設定を使用して描かれた2つの作品」という関係に近い[* 1]。漫画版のテーマは「ホラー」であり[1]、古典的なホラーからモダンホラーまで、様々な要素が見られる。また連載当時、購読者層がTVよりも高く大学生までだったこと、永井自身の描きたいテーマを深めたいという希望を編集部と同意したことなどから、連載を経るごとに黙示録的な大河要素のある構成へと変遷していった。これに対し、アニメ版はTV視聴者を対象に漫画より幅広い年齢層の視聴者に向けて、原則一話完結のヒーローものの体裁を取っている。, 197X年。不動明は居候先の牧村家の娘・美樹と仲良く学校に通う大人しい少年であったが、ある日、親友の飛鳥了から、他の生物との合体能力を持った地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が200万年の眠りから目覚めて復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることと、デーモンの研究をしていた了の父が、デーモンと合体して心を支配される前に自殺したことを知らされ、デーモンと合体し、その超能力を取り入れてデーモンと戦う話を持ちかけられる。しかし、これを得るには、理性を捨て本能のみで動いている時に憑依させ、かつ、デーモンの意思を正義の心で抑え込まなければならなかった。デーモンに襲われた恐怖で理性を失った明は、デーモンの一人であるアモンに憑依され、悪魔の体と人間の心を併せ持つデビルマンとなることに成功する。, デーモンたちは、デビルマンとなった明を倒すため次々と刺客を送ってくるが、明はそれらを倒していく。やがてデーモンは人類すべてに宣戦布告し、総攻撃を仕掛けてくる。デーモンによる無差別合体という自爆攻撃に人類がパニック状態となる中、明は了の制止を振り払い、単身でデーモンとの戦いに赴くものの、力尽き倒れる。とどめを刺されようとした時、デーモンの神である大魔神サタンの「デビルマンを殺すな」という意思がデーモンたちに伝えられ、明は解放される。, 一人の力では戦えないと悟った明は、無差別合体で死なずにデビルマン化した者たちを集めて、デビルマン軍団を組織しようと考える。しかし「悪魔の正体は現代生活に不満を持つ人間である」と高名な科学者が発表したため、悪魔狩りの名の下、罪のない人々が政府により殺戮されていく事態となる。一方、自分の恐れた通りに事が進みすぎることに違和感を持った了は、事の発端を再確認するために自宅に戻るが、そこで了の父がデーモンの研究などしていなかったことと、飛鳥了なる少年はすでに交通事故で死んでいたことを知る。衝撃の事実に混乱している中、家に侵入してきたデーモンの一人のサイコジェニーに「お迎えに参りました」と告げられる。, 数日後、デーモンがもう襲ってこないことに気づきかけていた人間の恐怖心を煽るため、了はテレビで、明がデーモンと合体した瞬間の映像を公開して「無数の悪魔が人間になりすましているので、殺せ」と人々を扇動する。正体がばれて牧村の家を出ざるを得なくなった明は、裏切った了を問い詰めるが、了は「明とデーモンを合体させたのは、人類を守らせるためでなく、次のデーモンの時代で共に生きたかったためだ」と答え、明は了が大魔神サタンであることを悟る。, 悪魔特捜隊による拷問で牧村夫妻は惨殺され、美樹も暴徒と化した町の住人たちに惨殺される。最後の希望だった美樹も奪われて人間に失望した明は、デビルマン軍団を率い、地上の覇権を賭け、サタン率いるデーモン軍団との決戦を決意する。サタンもまた、明との決戦は避けられないことを分かっていた。サタンは自らの記憶を消し、人間になりきることによって人間の弱点をつかみ、デーモンたちに作戦立案の材料を与えていたのだった。ただ一つの誤算は両性具有のサタンが明を愛した結果、デーモンの敵となるデビルマンが誕生してしまったことだった。, 20年ののち、人類は滅亡し、デビルマン軍団とデーモン軍団との最終決戦・アーマゲドンが始まる。, やがて戦いは終わり、半身を失った明にサタンは語る。かつて地球を支配していたデーモンは創造主たる神に滅ぼされようとしたが、それに反発したサタンがデーモン側について戦って勝ち、次の神との戦いのために永い眠りについたこと。目覚めたときに人類が地球を荒らしていたので許せず、「それを滅ぼそう」と決めたこと。しかしそれは、神が行おうとした愚行と同じことでしかなかったことだと。話を終えたサタンは明に謝罪するが、明はすでに息を引き取っていた。明を喪ったサタンが静かに涙を流していたそのとき、「天使の軍団」がそこに迫っていた。, 作中で名前が登場しなかった人物は、『永井豪ワールド 悪魔事典』(1991年、バンダイ)に準拠する。, 『豪華愛蔵版 デビルマン』全5巻(1987年9月 - 12月、講談社)については「愛蔵版」と表記する。, 最終回についても全てを描ききれた訳でなく、『激マン! そんな新宿にある「新宿駅」は1日平均360万人が利用するとして、ギネスブックで世界一と認定さ... 大人気マンガ「NARYTO(ナルト)」がついに最終回を迎えた。

シレーヌCV榊原良子 カイムと共にゼノンの手で召喚された増援。 ?|関暁夫の都市伝説, 年末のディズニーランドが大混雑はウソ! 『デビルマン ova collection』 2003年 3月28日発売。バンダイビジュアル 『デビルマン ova collection』(blu-ray) 2012年 12月21日発売。バンダイビジュアル; テレビアニメ版とは違い、永井の漫画の展開に比較的忠実なovaが講談社を中心として製作、発売された。 第二巻「妖鳥シレーヌ編」(1990年) 完結編も自分の満足いく作品にしたかったこだわり様は世に出た二作を見ても明らかで彼がそれだけデビルマンに情熱を注いでいたのだろう。 「誕生編」では名前のみだったがシレーヌ編で登場。基本的にヘタレでシレーヌが牧村家を襲った際は恐怖のあまりに自室に引き篭もってしまった。ほとんど出番なし。声のせいでもあるがやっていることがマサオ君。 アニメデビルマンを知っているだろうか。元々は1970年代の作品で、永井豪氏が描いた漫画である。そんなデビルマン。実は、ある衝撃的なグロい回が子供を絶叫させたと問題になったことがあるのだ。 話の内容が分かりにくいかな... ディズニーランドに数多く存在する「アトラクション」 明に絡んできた不良のリーダーで連れの二人からは「政兄」と呼ばれている。原作ではプロレス野球部所属の不良のリーダーで登場もシレーヌ戦の後だが本作では設定およびデザイン変更されて早く登場している。後述の連れである万次郎の暴行に屈しない明に対して「強い」と敬意を払う一方で「そのやり方だと命がいくつあっても足りない」と忠告して去る。 ?|マンガ都市伝説, 地球温暖化の原因が二酸化炭素というのは嘘で近々氷河期がやってくる! 1~15分 16~30 分 31~60分 61~90 ... 原作のデビルマンをアニメで見たいという人はお金払ってでも見てみよう、きっと満足するから。 いなりずし. 第一巻「誕生編」(1987年)

?謎の多いナミの都市伝説を全てまとめてみた, ネタバレ注意※名探偵コナンの黒幕「灰原哀」のソースが明らかに!?俳優佐藤健もゾッコン! 完結篇「アーマゲドン編」(ハルマゲドン編)も企画され、OVAとしては破格の1億2千万円の予算まで用意されたが、監督がその予算に納得せず、実現に至らなかった[23]。番外編として同一スタッフによる『CBキャラ 永井豪ワールド(ちびきゃら ながいごう わーるど)』「オレは悪魔だ デビルマン!」なども製作されている。2003年になってバンダイビジュアルより誕生編・妖鳥死麗濡編がセットとなった「OVA COLLECTION」(DVD)が発売されている。 2012年には、誕生編・妖鳥死麗濡編がセットとともに、音声特典として音響劇「デビルマン・アーマゲドン編」 (1998年10月に発売されたCD「デビルマン伝説」に収録。デビルマン軍団とサタン率いるデーモン軍団の最終決戦を描く。)が収録されたBlu-rayが発売されている。, 物語は序盤から人間が悪魔狩りを行うシーンから始まり、飛鳥による不動=デビルマンを公表したことで、牧村家に暴徒が押し寄せ美樹とタレちゃんが惨殺されてしまう。セーロスを筆頭としたデーモン軍と、明、ミーコ、ユミ(オリジナルキャラクター)等のデビルマン軍団による闘いの中、明の中にいるアモンが目覚め、圧倒的な強さからセーロス等を蹴散らす。サタン(飛鳥)と再会したアモンだったが、まだ不動明の意志が死んでいないことで、不動明の精神の中、アモンとデビルマンが対決する。, ゲームソフトならびケースに"namcot"と表記されているパソコン、ゲーム機種のみ。関連会社は、ナムコットから発売されたゲーム作品の開発に携わったゲーム会社を表記。ナンバリングされて発売された作品には、ゲームタイトルの前に二桁の数字を表記。, ただし「愛が成就した明と了を、天使が祝福にきたのですね」という、永井の全く意図しない内容のファンレターが送られてきたこともあったという。, 学園で蜘蛛のデーモンとして明に挑戦するシーンがあったが悪魔ラズパに変更、サタンの意志を部下に伝えるシーンで登場していたが、その後の加筆にともなうページ削除によって姿を消されている。, 2016年10月29日現在、東映アニメーションのHPでは「美樹」ではなく「ミキ」。, 読売テレビでは「制作:NET・東映」の部分をブルーバックで「制作:東映」に差し替えていた。一方毎日放送(ネットチェンジ前後とも)や朝日放送(ネットチェンジ後)ではそのまま表示していた。, 『福島民報』1974年7月1日 - 1974年8月25日付朝刊、テレビ欄。最終回は8月26日放送であるが、26日は新聞休刊日。, 1976年11月16日、読売新聞大阪本社朝刊 テレビ欄。この時点では平日8:00 - 8:30に放送, https://www.shogakukan.co.jp/books/77803315, “湯浅政明監督の手で『デビルマン』がアニメ化! ova デビルマン; ova デビルマン .

ツイート; お気に入り に登録; この番組を リクエスト; 放送スケジュール 「誕生編」 2012年12月30日(日) 9:30~10:30 2013年1月1日(火) 28:30~29:30 「妖鳥死麗濡編」 2013年1月1日(火) 11:00~12:00 2013年1月3日(木) 29:00~30:00. ちなみにそのあと高笑いしてる人間の集団デビルマンが皆殺しにして血だまりのなかで泣きながら雄叫びあげてた, それはova 『DEVILMAN crybaby』(デビルマン クライベイビー、以下「crybaby」)は日本の漫画家永井豪の漫画「デビルマン」を原作に制作されたアニメーション作品。永井の画業50周年を記念して制作され、2018年1月5日(JST)よりNetflixリミテッドシリーズとして全世界でストリーミング配信されている[1]。本作は作中の舞台を2010年代に置き換えキャラクターもアレンジされているが、基本は漫画版の展開に寄せて描かれており、一部設定は旧OVA版に準じている。漫画版「デビルマン」の筋書きを明確に踏襲し最後まで描いたアニメーションは本作が初である。リリースに際したキャッチコピーは「本当の悪魔を、まだ誰も知らない」「殺せ、本能のままに」。, 時は現代、世界で頻発する猟奇殺人、超人的な頭脳や運動能力に目覚めた人々、悪魔崇拝のを模した闇のパーティー、不穏な噂が囁かれる日本。高校生の不動明は海外を飛び回る両親の代わりに幼馴染の牧村美樹の家へ居候し、穏やかな日々を送っていたが、ある日、明の前へ親友の飛鳥了が現れる。明の同い年にして大学教授を務める了は、近年世界で発生する異常が「悪魔」の仕業であると告白する。古代の先住民を研究するフィキラ教授に同行しアマゾンの奥地へ入った了は、旅中にフィキラが悪魔に憑依されるのを目撃したという。フィキラの研究する先住民とは悪魔のことで、有史以前より他の生物と合体することでその力を手に入れ進化してきた。そして現代、人間社会に紛れ人類を脅かそうと暗躍しているのだ。悪魔の証拠を掴むべく、明と了は悪魔が人間へ憑依する現場であるサバト、ドラッグパーティーへ潜入する。明はそこで強力な力を宿した悪魔アモンに憑依されかかる。しかし死の恐怖による理性崩壊、そして明の元来の強い意志が原因で心までは乗っ取られず、悪魔の力を宿しながら人の心を保った「デビルマン」へ変身した。, 悪魔の力を活用すべく、明は了と共に悪魔殲滅に動き出す。昼間は人間として過ごし、夜は悪魔を倒して回り、その映像を悪魔存在の証拠として記録する。美樹につきまとうカメラマンの長崎へ憑依するゲルマー、明の両親を殺した悪魔ジンメン、明に憑依しかかり消滅したアモンを呼び覚まそうとするシレーヌ、次々に現れる悪魔の刺客を撃退するうち、明は悪魔由来の破壊衝動に悩まされる。やがて悪魔との戦いに喜びを見出すまでになるが、それでも人間の心を繋ぎ止めようと懸命に努めた。, やがて、了は悪魔を人類へ公にする作戦を企てる。高校陸上のスター選手である幸田燃寛が悪魔であると突き止めた了は、彼が出演する陸上競技イベント会場にて、薬物を用いて彼の正体を暴こうとしたのだった。作戦は了の思惑通り進み、全世界が悪魔による凄惨な虐殺を目撃した。犠牲を厭わない了の作戦に後ろ向きだった明は、幸田が悪魔ではなく、自身と同じ人の心を宿したデビルマンであると察知し、彼を匿うのだった。, 幸田の事件を経て世間の雰囲気は険悪化する。隣人が悪魔かもしれないという疑心暗鬼から民間人が殺される事件が多発し、ついには市民による悪魔狩り集団が台頭し、犠牲者の数は跳ね上がる。悪魔たちは人類が自滅する様子を静観していた。悲惨な事態を冷静に受け止め犠牲者を軽視する了に対して、明は世界中に潜伏するデビルマンを集め、悪魔に対抗する軍団の結成に動き出す。そんな中、美樹の母親亜樹子と弟の太郎が突如として失踪する。了が調べた位置情報を頼りに、明と牧村の父親ノエルは2人を発見するが、僅かに間に合わず、デビルマンと化した太郎が衝動に負けて亜樹子を捕食していたのだった。悪魔狩りの銃撃を受けて太郎、ノエルも蜂の巣にされてしまう。3人を埋葬した明は、その直後、悪魔の首領格である大魔王ゼノンの襲撃を受け敗北してしまう。しかし、ゼノンの上に位置する悪魔たちの救世主大魔神サタンの意志により見逃された。, 一方世界では人間の潰し合いが激化し、遂に国家間の核戦争が勃発する。自身の推測通りに事態が進むのを静観していた了は、ふとその順調さに、何者かの意志を感じ取る。自身の過去を省みた了は、フィキラと共に訪れたアマゾンへ舞い戻る。すると埋めたはずのフィキラの遺体はなく、フィキラ自体架空の存在であることが発覚する。戦慄する了の前へ、突如悪魔の集団が現れる。人間の心や記憶を操作できる悪魔サイコジェニーによって記憶の封印を解かれた了は、自身が悪魔の頂点に立つ大魔王サタンであったのを思い出す。サタンは世界の創造主の配下であったが、創造主である神へ戦いを挑み、敗走の末へ地球へ降り立った。太古の地球では悪魔が生き残りを懸けた戦いを繰り広げていた。悪魔の生物性を気に入ったサタンは彼らに味方する堕天使となった。しかし地球へやってきた神々の総攻撃によって、サタンを始めとする悪魔たちは殲滅された。魂だけで実態を持たず宇宙を漂流した悪魔たちは、人類が繁栄しだしたのと同時に復活を遂げたのだった。人間の少年飛鳥了として復活したサタンは人類殲滅の作戦を無意識のうちに進めたが、深い愛情に満ちた明と出逢い、彼だけはデビルマンにすることで人類滅亡も生かそうとしたのだった。, 日本へ戻った了は日本政府の放送を介して「悪魔の正体は、世間へ不満を持つ人間である。悪魔を倒すためには悪魔になる前に殺すしかない」といったデマを流布する。さらに、明は人間に化けた悪魔のひとりであると事実を捏造する。全人類から敵視される明だったが、彼の他人のために涙を流す心優しさが残っていることを見た美樹だけは彼を信頼を得る。牧村家を離れた明は争いを止めない人類の前へ立ち争いの無意味さを訴える。暴力に支配された人々の攻撃を無抵抗に受け入れる明の姿に、やがて人々は誤ちに気づき、デビルマンへの信頼を示した。一方、美樹は自身のSNSを通じて明がデビルマンであり、他人を慈しむ心を失っていないのだと発信する。寄せられるコメントは心ないものばかりだったが、やがて「自身もデビルマンだ」という反応がぽつぽつ現れた。悪魔の襲撃を退け、明は美樹の元へ帰還する。しかし明が牧村家へたどり着いたとき、美樹は暴徒によって痛めつけられた挙げ句惨殺されていた。悪魔の如き人間を目の当たりにした明は憎悪と共に吐き出した業火によって暴徒を焼き尽くした。, 長い争いの果て人類は激減し、世界は荒廃する。完全復活を遂げたサタンは、かつて自身が戦いを挑み敗北した神との戦いに備え、生き残った人類へ最後の戦いを仕掛ける。そこへ明が率いるデビルマンの軍団が襲来し、3つの勢力による混沌とした戦いが起こる。サタンを一騎打ちで追い込む明だったが、最後は強烈な熱光線によって下半身を失う瀕死の傷を追う。戦争の果てに人類は滅び、明とサタンだけが生き残った。やがて明も力尽き、サタンだけが生き残った。人類として過ごす内に明を愛していたサタンは、明の死を嘆いた。, 「crybaby」の制作にあたり監督を務める湯浅政明は「原作に沿った内容」を意識したと語っている。「デビルマン」はこれまでアニメ、実写の媒体で度々映像化されてきたが、原作漫画の内容を忠実に映像化したものはなかった。「デビルマン」は暴力や性的な表現が非常に色濃く、その点を改変しなければ地上波放送などでのリリースは難しいものがあった。それらの表現の有無が物語の成立に影響すると考えた湯浅は、リリースがNetflixでのストリーミングサービスのみであるのに着目し、表現の規制を行わず原作を再現できると考えたという。ただし、原作の舞台が1970年代だったのに対して「crybaby」は制作当時の2010年代へ置き換えられている。それに当たって登場人物、特に不動明、牧村美樹、ミーコらが陸上部へ在籍しているというアレンジが試みられた。これは日常的に運動している人間と、悪魔との運動能力の格差を色濃くするためである。キャラクターデザインは湯浅が監督した「夜明け告げるルーのうた」で原画に携わったアニメーターの倉島亜由美によって書き起こされた。原作との時代背景の差違に伴い、原作の劇画調なタッチは撤廃され、キャラクター個々の髪型や服装なども現代風にアレンジがなされた。, 主人公の不動明を演じる内山昂輝は飛鳥了のオーディションを受けていたが、制作者サイドから明の役のオファーが出された。内山はかつて湯浅が監督した「ピンポン THE ANIMATION」にて主人公のひとりである月本誠役で出演していた。内山について湯浅は「努力を表に出さず簡単にこなせるように見せる、好きな役者である。そこで彼が苦労している様子を見てみたい」と半ば悪戯心から、内山のイメージとはやや異なる明の役のオファーを出したという。実際、製作中に内山は湯浅に対して少しだけ弱音をこぼしていた。, 主人公のひとりである飛鳥了を演じる村瀬歩は役のオーディションの段階で制作者サイドによって見いだされていた。村瀬について湯浅は「了の捉えどころのないようで何か含みのあるキャラクター性をオーディション段階ですでに体現していた」と語っている[4]。, ヒロインの牧村美樹を演じる潘めぐみは幼少期に家にあった「デビルマン」の漫画を内容を理解できないまま読み、絵の迫力や恐怖がずっと印象付いていたと語っている。美樹役のオーディションを受けた際には、美樹のボーイッシュな性格にマッチする演技の答えを見出だせぬまま終了し、正式なオファーを受けた際には再び役に挑戦できると意欲的な意識を持った[5]。, 終盤で登場した悪魔の首領格である悪魔王ゼノンはロックバンド女王蜂のフロントマンであるアヴちゃんが演じている。3つの首を持つゼノンに対して、アヴちゃんは音楽シーンでも発揮している男声と女声の使い分けによって演技しており、これについて湯浅は「非常に面白いキャラクターになった」と評している[6]。, 「crybaby」の時代背景は、原作漫画が1970年代を舞台としているのに対して、2010年代の現代へ変更されている。そのため原作で主人公らを取り巻く政、ドス六、など古風でステレオタイプな不良学生の代替としてストリートでラップバトルに興ずる5人の学生が導入された。そのうち4人は実際にラッパーとして活躍するタレントによって声が当てられている。ラップの内容はキャストとして出演するKEN THE 390が監修を務めている。, Crunchyrollアニメアワード2019において、本作が最優秀作品賞、湯浅政明が最優秀監督賞を受賞した[7]。, 「crybaby」に対しては映像関係者、批評家から多数のコメントが寄せられている。原作者である永井豪は「crybaby」の完成版を観賞し、デビルマンの抱えるシュルレアリスム的な展開を抽象的なイメージを用いつつ映像化した湯浅の手腕を評価し、「面白かった」と肯定的にコメントしている[8]。映画監督の園子温はナタリーのインタビューにおいて「crybaby」を原作の筋書きを踏襲しつつ、絵柄や独自の展開など様々な切り口を織り交ぜており、いい意味で意表を突かれたと肯定的に評価した[9]。文藝春秋の小石輝は原作漫画の本質が「変身ヒーローを極限まで突き詰めたもの」であり「crybaby」はその点を掘り下げる意識化ができておらず映像化として失敗であると批判した[10]。, “湯浅政明監督の手で『デビルマン』がアニメ化! 記憶違いでは?, As much as I love new features, I can only fully enjoy them when previous features on the site have been fixed.I suggest, and I think a speak for many when I say, It's best if you fix the glhlbies/proctems you have in extisting features (such as the inbox and channel editing) before you release new content. 迫力のある音楽と共に繰り広げられるボイスドラマは十分聞く価値あり。, 尾切れトンボとなってしまった本作ではあるが決して売り上げが悪かったために打ち切りになったというわけではない。 2012/10/09 11:33. 牧村美樹 ゲルマーCV立木文彦 赤いサイバトロン…多分関係ないと思われる・・・・・多分。 ?強すぎる技の数々が話題に・・・|ワンピース都市伝説, やりすぎコージー都市伝説2012冬、関「徳川埋蔵金の在りかを知っていた唯一の人物」, ドラえもんの「ジャイ子」だけ本名(名前)が明かされていない驚愕の理由とは! 後の永井氏が加筆した新装版などにも本作の設定が一部取り入られたり、後のデビルマン作品にも影響を与えている。 ?|やりすぎコージー都市伝説, ネタバレ注意!!ワンピースのサボの設定がどう考えてもおかしい!

俺もデビルマンは詳しくないがそのシーンはグロアニメシーン集みたいなのでみたことあるよ 増援で召喚されたデーモンたち ?|ネタバレ考察と都市伝説, 夢の中に出てくる謎の男「This Man」の恐ろしい正体とは! 了が黒ミサのために連れてきたチンピラたち。原作同様に一部のメンバーがデーモンと合体し、デビルマンとなった明に惨殺され、合体しなかったものもその戦闘に巻き込まれて全員死亡している。 タレちゃんCV一龍斎貞友

スーパーロボット大戦DD…厳密には漫画版の参戦だが主人公の不動明のCVが本作と同じ。, 1987年から1990年にかけて展開されたデビルマン初のOVA。こちらはかつてのテレビアニメ版とは違い永井豪が描いた漫画版を原作としている。, 本作を除いてデビルマンの肌は大抵青で統一されているが再販版の表紙の一部は褐色を採用している。, デビルマンの時にある胸部から背部にかけての傷のような模様は明に戻る際には大抵消えるが本作では明の時でも浮かび上がっている(逆に漫画版では初期にそれらしきものが見えたがシレーヌ戦では消えており、デビルマン時にも浮かび上がってこない)。, デザインが大分違うが実はキャラクターデザインはテレビアニメ版も担当した小松原一男氏が担当している。, 本作は「アーマゲドン編」が製作されなかったため、ミーコ含める他のデビルマンの姿を見ることができなかったが尺の都合を考えるととてもだがOVA一本で収まる内容ではないため省略されて彼女たちも登場しなかった可能性がある。.