dfa、ペイロード30kgの世界最大クラスドローン「griff 135」 … 野外はdji製品等の既製品ドローンフライト場や本格野外fpv 5インチドローンのレース場を建設準備中。 ※fpv等で5.6~5.8ghz帯の電波送信を扱うときは電波法により無線免許+ドローン用の開局が必要です。 ※当倶楽部では業務用ドローン(測量・農業等)は対象外です。 blogs. 3層不織布マスク【一箱300円(税別)】【1カートン50箱から販売開始】白色 一箱50枚入りを即納にて販売... VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「白上フブキ」「戌神ころね」「Gawr Gura(がう... 提携食品工場募集!飲食業界のDXサービスを展開する「シコメル」が事業拡大により提携工場の募集を開始... プロサウナー11名が厳選した “今行くべきサウナ”ランキング「SAUNACHELIN 2020」を発表.

会社名:株式会社NTTドコモ 代表者:代表取締役社長 永田 勝美(ながた かつみ)                スマートライフ事業 drone sports株式会社のプレスリリース(2020年3月23日 15時01分)日本最大級の屋内ドローンレース![SUPER DRONE CHAMPIONSHIP]を開催 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio,Inc(以下:S... 続きを読む, DFA、ペイロード30kgの世界最大クラスドローン「GRIFF 135」国内発売開始, 日本最大級屋内ドローンレース 「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」3月31日開催, Apple、iPhone12発表プレゼンでドローンが宙に舞う。ドローンレーサ機でも安定映像の理由, DRL、トーナメントをオンライン開催。併せてDrone Racing League SimulatorもXBOXで発売, ドローンレースチーム「RAIDEN RACING」にドイツ人若手ドローンレーサー2選手新加入, Red Cat、Rotor Riotを買収し売り上げ倍増。ドローンレース業界に明るい光, F1レースの未来は、空飛ぶF1レースなのか?Airspeederが描く未来のレース, 「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」高校生バトルとなった決勝を制し、鈴木匠選手が優勝!, ドローンレース日本最速決定戦「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」放送日程が一部決定, マイクロドローンを駆使したクールジャパンPRムービー「ドローン×忍者〜大樹寺〜」公開, Drone Champions AG、ドローンレースもいよいよ有人ドローンで競う時代へ!?. フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。, DRONE SPORTS株式会社(以下、DRONE SPORTS)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社NTTぷらら(以下、NTTぷらら)は、2020年3月31日(火)に、新たなスポーツ視聴体験を提供するドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」(以下、本大会)を共同で開催します。, ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。, 企業・事業主ユーザーとして登録すると、プレスリリースの配信・掲載をおこなうことができます, メディアユーザーとして登録すると、記者会見や担当者の連絡先などメディア関係者限定の情報を閲覧できます, フォロワーとして登録すると、フォローした企業のプレスリリースを受信することができます, フォローした企業がプレスリリースを配信すると、あなたにお知らせメールが届きます。また、あなたのアカウント画面には、フォローした企業のプレスリリースがタイムライン表示されます。フォローするには、Facebookアカウントを使用してログインする必要があります。, https://research.impress.co.jp/topics/list/drone/552, 中国・万里の長城戦が明日開幕!世界同時生配信!RAIDEN RACINGが参戦するドローンレースリーグ「Drone Champions League」第5,6節が8月22,23日eSPORTSで開催。, 新バーチャルドローンレース「Drone Champions League」第3,4節目となるアメリカ・プロップタウン戦、今週末開幕!日本チームRAIDEN RACING出場選手と大会日程のお知らせ, ドローンEスポーツチームへの展開が加速!ドローンレースチーム『RAIDEN RACING』にチーム初となるドイツ人若手ドローンレーサー2選手が新加入!.

ドローンの産業への活用は加速しており、2024年の国内市場規模は5,073億円に達すると予測されています※1。その流れのなか、ドローンを操作して一定のコースを飛行しその速さを競うドローンレースは、欧米やアジアを中心に、新しいスポーツの一つとして近年人気が上昇しています。DRONE SPORTS、ドコモ、NTTぷららは、本大会の開催を通じて、競技者の裾野拡大やファンの増大を図り、関連する企業と共に産業の活性化に貢献していきたいと考えています。 時速150kmを超える高速で空を飛ぶドローン!その機体をいかに速く、そして正確に操れるかを競う世界最速のスカイ・スポーツがドローンレースです。最近はドバイに華やかな電飾で彩られた豪華な特設コースが設置され、賞金総額100万ドル(記事制作時のレートで約1億1200万)のレースが開催されるなど、世界中で大注目されている近未来の高速レース。, 小型カメラからの映像をゴーグルで受信する機能「FPV」が用いられ、通常では味わえない時速150kmの世界をまるで操縦席に乗っているかのような感覚で体験できます。, 今回の記事では、初心者でもドローンの製作、設定、飛ばし方、手続きといったドローンレーサーになるまでの手順をゼロから丁寧に教えてくれるオンライン講座をご紹介します。「ドローンレースに興味はあるけど何から始めればいいのか解らない…」「レース機でしか撮れない映像を撮ってみたい!」そんな方、必見の講座がこちらです!, 未経験者・ビギナーの方まで幅広いニーズに対応したドローン講座を展開している『プロペラ ラボ』。近年、急上昇するドローンの需要。産業用パイロットの需要は2020年には14万人が必要になると言われています。, 農業、インフラ整備、物流産業、救命、警備など、今後は更に多方面での活躍が見込まれているドローン。そんな社会の需要が高まるドローンを始めるうえで必要となってくる重要な知識を契約期間中、オンライン上で空いた時間に何度でも受講できるのがこちらのスクールです。, 一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)副理事の横田淳氏が直々に講師としてドローンレースのゼロからの始め方を徹底解説。横田氏はJDRAの副理事を務めながら自らもドローンレーサーとして国内外の大会に参加し、華やかな戦績を残しています。, 実は横田氏も、ドローンレースを始める前はラジコンを操縦したこともなければゲーム、電子作業や工作といった類が全く得意ではなかったそう。そんな自身の経験を元にユーザーの目線に立った、丁寧で詳細な解説をしてくれます。, オンライン講座なので時間や場所を問わず自分の好きな時間に受講が可能。視聴期間内(ドローンレース講座の場合は1年間)であればWebで簡単に自分の聞き直したい章を繰り返し何度でも映像を再生する事ができます。, 1講座5分〜と短めに設定されており、集中力を絶やさず最後まで見る事ができる長さである事もポイント。社会人・学生の方で「なかなか自分の時間を取れない…」という方も通勤や通学などのスキマ時間で簡単に受講することができます。, ドローンレース大会にも様々なクラスがあり市販の機体でそのまま出場できる場合もありますが、本格的なレースとなればパーツを組み合わせて自作した機体で参加する必要があります。, 初心者がドローンを自作するには、まだまだ高いハードルがあります。インターネットは情報で溢れていて、その中から取捨選択をし、今の時点で自分が選ぶべきパーツや設定方法などを1つ1つ調べ上げるには多くの時間とエネルギーを要するのが現状でした。, しかしこの講座では、現役レーサーである横田氏が自らの経験を元に教えてくれるオススメの選ぶべきパーツや、必要なシステムのセッティングの手順など初心者が特に躓きやすい場所を徹底的に解説。他にも飛ばし方を教えてくれる仲間や飛ばす場所の紹介、ドローンレースに必要なテクニックなど、実際にドローンレースを始める上で欠かす事のできない実践的な情報まで全てを丁寧に説明してくれます。, 信頼できる情報のみを短い時間にまとめて教えてくれるのでとても効率的。間違えたパーツを購入してしまい新たに買い直し、ネットで調べていたら貴重なお休みの1日が終わってしまっていた、そんなリスクを未然に防げます。, 元々ラジコンを操作したことも無ければ電子工作が苦手だったという横田氏だからこそできる、初心者の「解らない」に寄り添った説明で疑問点を次々と丁寧に解消。「始めるにあたり、なかなか詳細情報までたどり着かなかった」という方もこれを受講すればドローンレースに関する基本的な情報を全て網羅する事ができます。, 近年、世界中で大注目されているドローンレースですが2020年には世界規模の大会が日本で予定されております。, 今から始めれば2020年に確実に間に合う!冒頭でご紹介した2016年ドバイで開催されたドローンレースでは1億円の賞金が掛けられ、優勝を手にしたのは欧州の15歳の少年でした。2年後の日本大会をきっかけにドローンレースの大会で世界中を飛び回ったり、莫大な賞金獲得も夢じゃないかもしれません。, そして何よりもレースで得られる時速150kmの爽快感は格別!身の危険を感じる事なく高速レースを体感できるのはドローンレースだからこそできる、大きな魅力の一つです。また、レースに必要な資格や操縦スキルを身につければ高度な空撮や産業用操作も可能になります。, 更に盛り上がりを見せるドローン市場。その中でも注目度の高いドローンレースに関する情報をオンラインで学ぶ事ができる『プロペラ ラボ』。ドローンレースを始めるための一歩に欠かせない知識を、ぜひこの講座で効率的に得てみてはいかがでしょうか。, <人気記事リスト> もくじ1 完全ワイヤレスイヤホンは想像以上に快適2 完全ワイヤレスイヤホンを選ぶときのポイント5つ2.1 接続安定性機能が高いものを選ぶ2.2 音質で選ぶ2.3 つけ心地で選ぶ2.4 ノイズキャンセリ […], 今なにかと話題のドローンを使って「空撮動画にチャレンジしてみたい!」という方も少なくないと思いますが、まず、最初にしなければならないのはどのドローンを買うかという選択です。せっかくですから、良い機体が欲しいですが、上を見 […], 「ドローンが欲しいけれど、1機に10万円も20万円も払うのは高すぎる!」という方におすすめなのがトイドローン。1万円台の手頃が価格で買える機体もあり、個性的が機体も多いため「最初に買う趣味の1台」や「練習用サブ機」として […], もくじ1 はじめに2 アマチュア無線4級とは3 アマチュア無線4級の取得方法4 国家試験の受け方5 アマチュア無線4級 持ち物6 アマチュア無線4級の出題傾向7 アマチュア無線4級の勉強方法8 編集後記 はじめに ドロー […], <最新記事> もくじ1 初めてドローンを購入する際に見るべきポイント3つ1.1 操作性1.2 カメラ性能1.3 重量2 おすすめのDJIドローン5選を紹介2.1 1. 【タイムセール開催!】特別価格の1枚あたり約23円!第3波対策に!即日完売した国際基準の高品質不織布... 「にじさんじ秋満喫ボイス2020」「にじさんじ冬支度ボイス」11月20日(金)18時より同時販売決定!. DRONE SPORTS株式会社(以下、DRONE SPORTS)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社NTTぷらら(以下、NTTぷらら)は、2020年3月31日(火)に、新たなスポーツ視聴体験を提供するドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」(以下、本大会)を共同で開催します。, ドローンの産業への活用は加速しており、2024年の国内市場規模は5,073億円に達すると予測されています※1。その流れのなか、ドローンを操作して一定のコースを飛行しその速さを競うドローンレースは、欧米やアジアを中心に、新しいスポーツの一つとして近年人気が上昇しています。DRONE SPORTS、 ドコモ、NTTぷららは、本大会の開催を通じて、競技者の裾野拡大やファンの増大を図り、関連する企業と共に産業の活性化に貢献していきたいと考えています。, 本大会は、トップクラスの選手が集い、スピードとテクニックを競う日本最大級※2の屋内ドローンレースです。最先端デジタルアートを用いてリアル(現実)とバーチャル(仮想)の二つの異なる世界を融合した  「無限」の世界観を演出し、老若男女幅広い層の方々にお楽しみいただける、新たなスポーツ視聴体験を生み出していきます。また、国内のドローンレースでは珍しい大型レーシングドローンを用いた屋内レースとすることで、ドローンレースの持つスピードやスリルを放送・配信映像において最大限お楽しみいただけます。, なお、本大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で実施し、「AbemaTV」で生放送、   「AbemaTV」「GAORA Sports」「ひかりTV」「dTVチャンネルⓇ」でアーカイブ放送・配信します。選手や運営スタッフの安全につきましても、事前の検温やマスク着用、アルコール消毒液の設置、換気の実施  など、徹底した対策を講じてまいります。, DRONE SPORTS、ドコモ、NTTぷららは、今回のレースを通じてスポーツ観戦・エンターテイメント 鑑賞体験の高度化に向けた知見を得るとともに、将来的なドローンへの5G活用についても検討を進め、 スポーツ・エンターテイメント分野におけるさらなる価値創造に努めてまいります。, ■大会公式サイト: https://www.hikaritv.net/sp/dronerace, ※1 インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2019」による(https://research.impress.co.jp/topics/list/drone/552) ※2 屋内でのドローンレースの会場面積および放送媒体数において。2020年3月23日現在、 DRONE SPORTS、ドコモ、 NTTぷらら調べ。, コンテンツ概要 ■配信コンテンツ名 「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」, ■会場 幕張メッセ ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での実施とさせていただきます。 現地での観戦は受付しておりませんので、放送、配信にてお楽しみください。, <AbemaTV> 【生配信】2020年3月31日(火) 午後4時~午後8時 【アーカイブ配信】 日程が決まり次第、大会公式サイトでお知らせします。, <dTVチャンネル> 【ディレイ放送】前編と後編に分け、放送いたします。 前編:2020年4月16日(木) 午後7時~午後9時 後編:2020年4月18日(土) 午前8時~午前10時 【アーカイブ配信】 上記放送後に開始いたします。, 【ディレイ放送】前編と後編に分け、放送いたします。 前編:2020年4月21日(火) 午後7時30分 後編:2020年4月28日(火) 午後7時30分~午後9時30分  【アーカイブ配信】 2020年4月21日(火)からひかりTV VODで配信いたします。, ■レース概要 <演出> 年齢、性別を超えて誰もがヒーローになれる「無限」の可能性と、自分の限界にチャレンジし、それを飛び越える、という意味を込め、本大会のテーマとして「LIMITLESS FLIGHT(リミットレス・フライト)」を  掲げています。本大会では、テーマに合わせて最新のデジタルアートを駆使し、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の二つの異なる世界を融合した「無限」の世界観を演出し、新たなスポーツ視聴体験を生み出します。, <機体> 全選手が同一仕様の機体を用いるレースとして、DRONE SPORTSが開発するレーシングドローンを採用。一般的なレーシングドローンに比べ、1.7倍の機体サイズで高輝度LEDを備えることで、    ドローンの識別性を向上し、質の高い視聴体験を実現します。, ■各社の主な役割  <DRONE SPORTS> 競技運営、ドローン機体開発など  <ドコモ> コンテンツ企画、マーケティングおよび技術支援など  <NTTぷらら> コンテンツ運営、映像制作・放送統括、協賛社窓口など, 日本最大級の屋内ドローンレース!「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」を開催, https://research.impress.co.jp/topics/list/drone/552, EDAC、長野県小谷村にてリアルタイム情報配信システムと赤外線カメラを搭載したドローンを用いた、有害鳥獣の調査を実施します。, NUWA Robotics Inc. が日本上陸、NUWAロボティクスJAPAN株式会社を設立、代理店、開発会社との連携を開始, 表紙&巻頭インタビューはロボットクリエーター・高橋智隆さん。ビジネス情報誌「躍進企業応援マガジン COMPANYTANK(カンパニータンク)」11月号本日発売!, あらゆる企業の惣菜工場に。盛り付け作業のロボット化を低価格で実現。令和2年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業「ロボットフレンドリーな環境構築支援事業」に採択。, アマナビとPwCコンサルティングが、企業のドローンを利用した業務コンサルティングおよび運用ソリューションの提供で協業, ユカイ工学株式会社、経済産業省が推進する「J-Startup企業」に選出されたと発表, 【ロボットの動く音を収録!】有名企業が“ASMR”に特化した音を奏でるブランデッドオーディオレーベル『SOUNDS GOOD』へ、第一弾参画企業としてユカイ工学が参加!, 【世界で戦える企業とは?】グローバルベンチャー「テラドローン株式会社」の海外戦略をテーマにしたセミナーが開催, 物流ロボティクスの(株)ギークプラス、 2020年7月よりロボットシェアリングサービスを提供, 産業用ロボットの世界市場動向:2019年は停滞するも長期的にはプラス成長の見通し(Interact Analysis発行レポートより), GA-ASI、遠隔操縦無人機の提供を通じ、カリフォルニア空軍州兵の消防活動をサポート, コミュニケーションロボットのトップ10!ランキング発表〜GOOD COMMUNICATION ROBOT AWARD〜, 【SkyLink Japan】固定翼ドローン・ドイツ製『Wingcopter』取扱開始!広範囲のインフラ点検や測量などに最適なドローンソリューションを提供!.

iPhone12の販売が開始された。先日アップル発表された新機種iPh... 続きを読む, ドローンレースを展開するDRL(The Drone Racing League)は、コロナ禍なども鑑み、2020 DRL Allianz World Championshipをシュ... 続きを読む, DRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」は、「Drone Champions League」(以下:DCL)第... 続きを読む, Skydioのドローン「Skydio 2」 DRONE SPORTS株式会社は、2020年3月31日に幕張メッセで開催された、「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」の放送日程の一部を公開した。同社は共同主催及び、競技運営、ドローン機体開発などを担当している。, 同大会は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から無観客で実施され、予定していた「Ameba TV」での生中継も、選手・出演者、スタッフの方々の安全面を考慮し中止としていた。 それに伴い、「GAORA Sports」「dTVチャンネル」「ひかりTV」での放送及び配信も見合わせていたが、関係各社の協力もあり放送及び配信日時が決定したという。, 同大会は国内トップクラスの8選手が集い、スピードとテクニックを競う日本最大級の屋内ドローンレース。ドローンレースが持つ、競技の魅力の最大化に加え、最先端デジタルアートを用いてリアル(現実)とバーチャル(仮想)の二つの異なる世界を融合した「無限」の世界観を演出し、幅広い層が楽しめる新たなスポーツ視聴体験を生み出している。, 全選手が同一仕様のレーシングドローン(以下:機体)を使用した国内初のワンメイクレースとして、一般的な機体に比べ1.7倍の機体サイズ、かつ、高輝度LEDを備えることで、機体の識別性を向上。また、2機同時飛行で行う1on1方式を採用し、選手カラーと機体カラーを統一することで、より直感的に分かりやすい視聴や観戦体験のアップデートに取り組んだという。, 株式会社ドローンエンタテインメントは、新型コロナウイルスの影響で今年はオンライン開催される世田谷学園の学園祭「獅子児祭」にて、FPVドローン企画を支援する。