そのなかでも清水千浪選手のプロフィールをwiki風にまとも、清水千浪選手が褐色細胞腫発症からの車椅子バスケとの出会いをご紹介します。, 2021東京パラリンピックでメダルを目指す財満いずみという、ひと際小柄な車椅子バスケの人気選手がいます。

オリンピックマークは、オリンピックのシンボルとなるマークです。日本では五輪マークとも呼ばれているオリンピックマーク。5つの異なる色で描かれる5色の輪には、どのような意味があるのでしょうか?また、色の順番や位置は決まっているのでしょうか?この記事では、オリンピックマークに関するさまざまな疑問について解説していきます。, オリンピックのシンボルであるオリンピックマーク(五輪マーク)は、5つの輪が重なり合って構成されています。, そのオリンピックマークの輪が5つである理由は、「世界にある5つの大陸を意味している」からだといわれています。, 社会の授業で習ったことがあると思いますが、世界五大陸とは「ヨーロッパ大陸」、「アメリカ大陸」、「アフリカ大陸」、「アジア大陸」、「オセアニア大陸」の5つのこと。, つまり、オリンピックマークは、世界を構成する5つの大陸が重なり合っている大会、世界中で連帯し繋がっている大会であるということを表しています。, このオリンピックマークは、5つの輪が真横に繋がっているのではなく、上に3つ、下に2つという配置になっています。, 5つの輪が重なり合うかたちとなっているのは、オリンピックが「世界が団結した大会」であることを表しています。, それぞれの大陸に色が割り当てられているという説もあるようですが、IOCによると「どの大陸がどの色ということは無い」とのことです。, どの大陸をどの色に、と決めると、差別的な意味があるかのように(アフリカ大陸を黒色=黒人というように)捉えられる可能性があるため、どの大陸がどの色とは決めないでいるのでしょう。, オリンピックマークに使われている色がどうして青・黄・黒・緑・赤の5色なのかについては, そして、スポーツの5大鉄則は「水分・体力・技術・情熱・栄養」であり、それぞれを色に当てはめると, 「下地の色である白に青・黄・黒・緑・赤の計6色で、世界の国旗のほとんどを描くことができる」, オリンピックマークの5つの輪が五大陸を表しているのですから、この説が一番しっくりきますね。, オリンピックでおなじみのオリンピックマークですが、近代オリンピックの第1回大会から使われていたわけではありません。, オリンピックマークが発表されたのは、1914年のIOC設立20周年記念式典でのこと。, 実際にオリンピックに用いられたのは、1920年にベルギーで開催されたアントワープ大会からです。, オリンピックマークをデザインしたのは、ピエール・ド・フレディ(フランス語: Pierre de Frédy, baron de Coubertin)。, 「ピエール・ド・クーベルタン男爵」と呼ばれているこの男性は、フランスの教育者であり、古代オリンピックを復興させるために国際オリンピック委員会 (IOC) を設立した近代オリンピックの創立者の1人です。, ちなみに、1936年に開催されたベルリンオリンピックで開会宣言をした人物として知られています。, ピエール・ド・クーベルタン男爵は、古代オリンピックの開催地の1つであるデルフォイを訪れた際に目にした五輪の紋章から着想を得て、オリンピックマークのデザインを思いついたとしています。, 祭壇にあった紋章は休戦協定を結んだ際に刻まれた紋章であったことから、平和への発展を願ったオリンピックのマークに用いたともいわれています。, また、ピエール・ド・クーベルタン男爵がオリンピックマークをデザインしたのは、オリンピックマークが発表された1914年の2年前にあたる1912年とされていますが、五輪の図柄は1906年から一部で試用されていたという説も。, 「重なり合った輪を使う」というデザインについても、ピエール・ド・クーベルタン男爵がデルフォイで目にした祭に刻んであった五輪の紋章からヒントを得たのではなく、彼が1890年にUSFSA(フランス・スポーツ協会連合)の会長に就任した際に採用した、白地に青と赤の2つの輪をつなげたUSFSAのロゴマークをヒントにしたという説もあります。, ちなみに、オリンピックマークが1920年のアントワープ大会から使われたのは、このアントワープ大会が、ヨーロッパを戦火に包んだ第1次世界大戦の直後に開催されたオリンピックであることが関係しています。, 世界規模の戦争が終結してすぐのオリンピックで、「世界の5大陸の友愛と親交を象徴し、世界の頭文字であるWを形取った」オリンピックマークが使われたのは、「平和の祭典」であるオンピックを開くことができた喜びを戦争で傷ついた人々と分ち合うためだったともいわれています。, さらに、再び戦争が起こらないよう、世界中の人々が互いに繋がり合おうという願いもこめられていたとされています。, オリンピックの大会マークは、開催国がデザインできるとされていますが、オリンピックマークに使う五輪の色やマークを開催国が変えることはできません。, それは、オリンピックマークの五輪の色や位置がオリンピック憲章で定められているためです。, オリンピック憲章とは、IOCが定めたオリンピズムの根本原則や規則、付属細則を成文化したもの。, オリンピックは、このオリンピック憲章を基準に運用されるものであり、開会式や閉会式で所持してよい物や並び方などの細かいことまで、オリンピック憲章で定められています。, と定められていて、オリンピックマークの五輪に使う色や、色を配置する輪の位置を変えることはできません。, ただし、このオリンピック憲章は1925年にプラハで開かれた国際オリンピック委員会 IOCの会議で制定されて以後、幾度かの改訂や増補が行われています。, オリンピック憲章はどのような歴史があり、どのようなことが書かれているか興味があるという方は、JOCのサイトから過去のオリンピック憲章を見てみるといいでしょう。, 日本では、「オリンピック」のことを「五輪」、「オリンピックマーク」のことを「五輪マーク」と呼んだりしますが、この「五輪」はオリンピックマークにデザインされている輪が5つであることに由来しています。, オリンピックを五輪と呼んだ最初の人は、元読売新聞社の記者でありJOCの委員をつとめてこともある川本信正氏です。, 日本がオリンピックに参加したのは、1912年のストックホルム大会からですが、日本でオリンピックのことを五輪と言うようになったのは、1936年のベルリン大会の後から。, ベルリン大会後、オリンピック関連の記事が増えた際に、「オリンピック」の6文字を略すことができないか、と、当時、読売新聞の運動部記者であった川本氏に紙面編集の担当者が相談してきたことがきっかけとされています。, 川本氏は、オリンピックマークの5つの輪と剣豪宮本武蔵の著「五輪書」から考案した「五輪」という日本語表記を考案。, 「五輪」以外に、「国際運動」や「国際運競」、「万国運動大会」といった表記も検討されたものの、担当者が「五輪」を気に入り、1936年8月6日の紙面で使ったそうです。, 読売新聞だけでなくほかの新聞社も、五輪という日本語表記を使うようになったことで「オリンピック=五輪」が定着したとされています。, オリンピックマークでは、青・黄・黒・緑・赤の5色を使うことがほとんどですが、過去には単色のオリンピックマークが使われた大会もあります。, このオリンピック憲章で定められているのは、オリンピックマークは、青・黄・黒・緑・赤の5色か、すべて単色である、ということ。, モントリオール大会・モスクワ大会・ロンドン大会などの大会で、単色のオリンピックマークが使われました。, 2020年の東京オリンピック開催まで1年をきった今、オリンピックマークを目にすることも多くなりました。, 今まで何となく見ていたオリンピックマークの色や位置には、さまざまな意味や説話があったことが理解できたと思います。, オリンピックマークについての規定を含め、さまざまな規定が記載されているオリンピック憲章。, JOCのサイトから見ることができるので、、東京オリンピックまでに一度見てみても面白いでしょう。, (TOP 写真提供 = DMITRII SIMAKOV / Shutterstock.com), 【雑学】オリンピックの五輪マークは一体何を表しているかわかりますか?(俺の雑学ネタ帳), HALF TIMEマガジンの編集部です。スポーツ業界の第一線で活躍する方のインタビュー記事や、スポーツビジネスに関する情報をお届けします。, 「旗の中央には5色のオリンピック・シンボル(マーク)が描かれ、クーベルタンが紹介した旗のデザインと大きさでなければならない」. 採用作品 組市松紋(くみいちまつもん) 歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。 形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。 なかでも活躍を期待されているのが小田島理恵さん、そこでプロフィールをwiki風に紹介し、 車椅子バスケは、障害者が車椅子に乗りバスケットボールを行うものですが、そのスピード感や多彩な車椅子の操作テクニックなど、障害者スポーツの中でも人気のあるスポーツです。 車椅子の歴史を世界から見るとどの時代に作られたのでしょうか。 車椅子の市場規模や日本での進化と未来の展望について紹介します。, パラリンピックの公式スポーツである車椅子バスケは、障害者が行うスポーツの中でも、花形スポーツとして人気があります。

日本でも男女ともに、2021年度開催予定の東京パラリンピックでのメダル獲得を期待されています。

オリンピックのシンボルであるオリンピックマーク(五輪マーク)は、5つの輪が重なり合って構成されています。 そのオリンピックマークの輪が5つである理由は、「世界にある5つの大陸を意味している」からだといわれています。 社会の授業で習ったことがあると思いますが、世界五大陸とは「ヨーロッパ大陸」、「アメリカ大陸」、「アフリカ大陸」、「アジア大陸」、「オセアニア大陸」の5つのこと。 つまり、オリンピックマ… パラリンピックのパラとは?パラリンピックの車椅子競技と種目, パラリンピックのパラの言葉の由来は「paraplegia(パラプレジア:脊髄損傷による下半身麻痺)」がきっかけとなっています。, パラリンピックのパラの由来は「paraplegia(パラプレジア:脊髄損傷による下半身麻痺)」と「Olympic(オリンピック:総合競技大会)」を合わせて造った言葉です。, まず「パラ」が語源になったパラプレジアですが、起源となったのは、1948年にイギリスのストーク・マンデビル病院で行われたアーチェリー大会とされています。, アーチェリー大会の参加人数は、ストーク・マンデビル病院の入院患者男女合わせて16名で、ローマオリンピック(1948年)の開催日に合わせて行ったのです。, ストーク・マンデビル病院のリハビリテーション科にいた、神経学者ルートヴィヒ・グットマンが、後にパラリンピックの生みの親となります。, ストーク・マンデビル病院では、戦争により脊髄損傷などで下半身を負傷して車椅子生活になった患者や、四肢の切断者などにリハビリを目的としてスポーツをすることを提唱していました。, これもドイツ出身のユダヤ系神経学者ルートヴィヒ・グットマンが手術よりもスポーツをと提唱したことによるものです。, そして、ストーク・マンデビル病院で行われていた車椅子患者を含むアーチェリー大会は、ストーク・マンデビル競技大会と名付けられ同病院の入院患者が選手となり毎年開催されるようになります。, 1952年には、オランダなども他の国も参加するようになり、第1回国際ストーク・マンデビル競技大会と成長。, その後1960年のロンドンオリンピックの時に同じくロンドン大会で、この車椅子スポーツ競技大会を行うことが決定したのです。, でもその頃は、この大会の名称は、パラプレジアとオリンピックを掛けて「パラプレジックオリンピック」と呼んでいたり、開催地や参加者の特徴から愛称などで呼ばれていたそうです。, それが1964年の東京オリンピックの時に、もっと短く読みやすい「パラリンピック」という名称が考案されますが、これも定着したわけではありません。, 1976年のトロント大会では、脊髄損傷者に加え視覚障がい者と切断の選手が出場したことから、「Olympiad for the Physically Disabled」や、「Torontolympiad(トロントリンピアード)」などの名称が使用された。, 当初のストーク・マンデビル競技大会(世界車いす・切断者競技大会)の参加対象者の半身不随者や切断者から、視覚障害者なども含めた身体障害者のトップアスリートが参加することになったためです。, パラリンピックのマークの由来は、1988年のソウル大会で初めて使用されたのですが、そのときはオリンピック五輪と同じ5色の青・黒・赤・黄・緑のオリンピックカラーでデザインが違うだけでした。, 1994年になると、オリンピックのマークの色と区別するために、緑・赤・青の3色に変更し、5色から3色に減りました。, デザインは雲形から2004年には「スリー・アギトス」と呼ばれる3本のラインになり、「私は動く」という意味を持つラテン語。, 3色を人間の最も大切な構成要素「赤(心:スピリット)・青(肉体:ボディ)・緑(魂:マインド)」で表しています。, 2004年には、色は同じですがデザインが変更になり、3本のラインが丸く描かれたことでパラリンピックムーブメントが全世界に渡っている意味として現在に至っています。, 名称は1964年の東京オリンピックの時に考案されたのですが、その後オリンピックと同じ都市で大会を行うことは一時中止になりました。, また本来は下半身麻痺の選手の大会でしたが、他にも視覚障害者や切断の選手も出場したため、パラリンピックという名称は使われなくなりました。, 当時はもう下半身麻痺の選手だけでなく、他に障害のある選手も多く参加して競技数も増えていました。, それらを総合的に考え、「パラ」というギリシャ語は英語においてパラレル(平行・並列)の語源になっていることに由来します。, そのパラとオリンピックを掛けてパラリンピックは、パラプレジア(下半身麻痺者)のパラのオリンピックというよりも・・・, そして時代も遡り、過去のローマ大会を第1回とすることで、その後の大会も第〇回パラリンピックと表示・表記することになりました。, そのパラリンピックの歴史についてはこちらにまとめています。

車椅子は、病気や事故、身体の障害などによって、歩行が困難な人が利用する福祉用具の一つです。 2020 - 全著作権所有. パラリンピックには多くの障害者の方々がアスリートとして参加していますが、なぜパラリンピックという名前なのかその語源を紹介します。 車椅子利用者の視点からの「車いす情報」を発信しています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 「Olympiad for the Physically Disabled」は、日本語に訳すと, 車椅子の歴史は日本ではどのようにはじまったのでしょうか。