みなさんはスポーツの種類をあげてくださいと言われたらなんのスポーツが思い浮かんできますでしょうか。, サッカーでしょうか、バスケットボールでしょうか、テニスでしょうか、それとも野球でしょうか。, このうち、野球は世界的に見ると意外とマイナーなスポーツですが、日本ではとても人気がありますよね。, プロ野球のファンも多いと思いますし、春や夏に開催される甲子園を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。, ところで、野球の花形ポジションといえばピッチャーですが、ピッチャーが投げる球にはさまざまな種類がありますよね。, 例えば、ストレート、フォーク、カーブ、スライダー、チェンジアップなど、あげていけばきりがありません。, そこで、今回は「カーブ」と「スライダー」の違いについて解説していきたいと思います。, 一方、「スライダー」はストレートに近い軌道から打者に近い場所で急に曲がっていく変化球です。, 具体的には山なりの軌道から打者の手前で急激に減速し、落ちながらリリースした手の反対方向に曲がっていきます。, そして、ストレートとの球速の差が大きく、緩急をつける意味で使われることが多いでしょう。, ちなみに、この球で打者を空振りさせるのは比較的難しいですが、縦の変化が大きいならば可能です。, そして、ただカーブを投げるというだけなら簡単であり、腕をひねって投げればたいていの人が投げることができます。, しかし、打者を翻弄したり、肘に負担をかけないように投げたりするのは難しく、多くの経験が必要になります。, ここからはカーブの握りかたとリリース、それから種類について解説していきたいと思います。, カーブは基本的には中指を人差し指と揃えて縫い目にそってかけ、対角の縫い目からボールの下がわの間あたりを親指で支えて握ります。, そして、深く握ると回転がかかりにくくなっていしまいます。そのため、親指から人差し指のラインとボールとの間に隙間ができるように浅めに握ります。, ちなみに、カーブは肘や手首を外側にひねって投げるイメージがありますが、これは間違いで、実際にはひねったりしません。, カーブのボールの軌道のイメージに重ねるように腕をしならせ、縫い目にかかっている中指でボールをなでるようにして投げるといい球を投げることができます。, ちなみに、このように投げることでボールが中指や人差し指を軸に転がるように手から離れていきます。これが一般的に言う、「抜く」という感覚です。, スローカーブとは球速が遅いカーブのことです。その球速はとても遅く、ストレートとの球速の差が 50km/h になる場合もあるようです。, そして、リリースした手の反対方向に曲がっていくので変化の方向はカーブと似ていますが、球速がストレートに近めです。, 投手が左利きで打者も左利きの場合や投手が右利きで打者も右利きの場合はバットから逃げるように変化していくので空振りを取れる変化球です。, そして、一般的なスライダーはほぼ真横に変化していきますが、中にはナナメ下向きに変化するスライダーもあれば真下に変化するスライダーもあります。, スライダーはストレートの握りから人差し指と中指をボールの外側にずらしてそろえて握ります。, そして、中指は全体が縫い目にかかる位置になっていて人差し指は縫い目にかかりません。, そして、手首はやや外側に向けてチョップをするように振り、縫い目にかかっている中指に特に力を入れてリリースします。, ちなみに、手首を外側に向けすぎると中指でボールを押し出せなくなってボールが抜けてしまい、カーブのような球になってしまいます。, 空振りと取るというよりは、バットの芯を外させてゴロにしたりフライを上げさせたりするために投げられます。, 「カーブ」と「スライダー」にはこのように明確な違いがあるとはいえ、実際には見わけるのが難しい場合もあり、プロでも見間違えてしまうことがあります。, ただ、少しでもどの球種を投げているのかわかれば、野球を観戦するのがより楽しくなることでしょう。, 打者を翻弄したり、肘に負担をかけないように投げたりするのは難しく、多くの経験が必要になります。, 一般的なスライダーはほぼ真横に変化していきますが、中にはナナメ下向きに変化するスライダーもあれば真下に変化するスライダーもあります。, [出典:http://haruceo.hatenablog.com/entry/2018/04/15/124332]. そんなカットボールについて、今回はどのような特徴があるかといった事から、握り方を右・左の両方写真入りで解説します。投げ方やイチオシのカットボールの使い手もご紹介します!, プロ野球の中継を見ていると、ストレートやカーブ、ツーシームなどと並んでチェンジアップを投げるピッチャーが多いなと感じませんか? そして、カーブの握りかたやリリースの仕方、変化の方向などはさまざまです。 カーブの種類. カーブは、ストレートと並んで野球の主な球種の一つとしてあげられます。 プロの選手でも、変化球はカーブだけで大活躍したピッチャーもいるほどです。 今回は、カーブの握り方を右・左の両方で写真入りで、カーブの投げ方、効果的な使い方といった事も解説しますね。 プロ野球のファンも多いと思いますし、春や夏に開催される甲子園を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。 ... スローカーブ. ツーシームの握り方を右・左の両方を写真入りで解説して、私イチオシのツーシームの使い手もご紹介します。. 野球でピッチャーが投げるスローカーブとは、 ストレートよりも球速が40km前後遅いカーブ のことを言い、プロ野球では100km台の球速です。 ボールをリリースした利き腕とは逆の方向へ、山なりの軌道で曲がりながら落ちていくのが特徴で、ピッチャーの投げる変化球の中では、かなり遅い … 星野 伸之(ほしの のぶゆき、 1966年 1月31日 - )は、北海道 旭川市出身の元プロ野球選手(投手)。 野球解説者、野球評論家、野球指導者。. 日本プロ野球(以下npb)では最もポピュラーな変化球だったが、スプリット、カット・ファスト・ボール、ツーシームなど高速系変化球の流行もあり、1980年代半ば以降、カーブを投げる投手は減少傾向にある 。 種類 スローカーブ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は、野球のカーブについての特集でしたが、いかがだったでしょうか?握り方については左右3枚ずつの写真でご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?握りや投げ方は一例ですので、色々と試してみてくださいね。, 最近のプロ野球のピッチャーは、カーブを投げる事が少なくなったようですが、少ないので逆に武器になっているようです。, プロ野球を観戦する時は、カーブをどの位の割合で投げるピッチャーなのか、といった事に注目するのも面白いかもしれませんね。, ご紹介する内容は、筆者の思いや推測が含まれています。そして様々な投げ方や握り方がある中での一つをご紹介しています。正確さを保証している訳ではありませんので、御理解の上お読みください。, カーブやシュートと並び、スライダーは昔から投げられている変化球です。 当ブログでも、11種類のボールの握り方を右・左とも写真入りで解説してきました... ツーシームは日本においては読売ジャイアンツに在籍した、桑田真澄選手が日本人で最初にツーシームを投げたとされています。 野球のピッチャーは、ストレートやカーブといった多くの球種でバッターにと対戦していきます。その種類は10以上にも及んでいます。 プロ野球選手としては非常に細身な体型で、最速130km/h ... 真っ向勝負のスローカーブ(2003 年、新潮社〈新潮新書〉ISBN 4-106100-16-9) 脚注 注釈. 今回は野球のシンカーについての特集です。握り方を右・左の両方を写真入りで解説します。そして投げ方のコツや効果的な使い方、イチオシのシンカーの使い手もご紹介します。, 野球で最近よく投げられているボールの一つがカットボールですね。よく聞きますが、どのようなボールかよく理解できていない人も少なくないと思います。 カーブ系の変化球は主に 3 つです。それぞれについて見ていきましょう。 スローカーブ. 今回は、スライダーについての特集です。スライダーの握り方を右・左ともに写真入りでご紹介し、投げ方のコツも解説します。 今回はツーシームはどのようなボールなのか、そしてツーシームとフォーシームの違いを解説します。 北海道出身の人物一覧; 阪神タイガースの選手一覧; オリックス・バファローズの選手一覧; 外部リンク. こんにちは、みっつです。 <オープン戦:ソフトバンク4-3中日> 12日 ヤフオクドーム 中日川上憲伸投手(38)がオープン戦2度目の登板で、4回4安打1失点だった。 日本プロ野球(以下npb)では最もポピュラーな変化球だったが、スプリット、カット・ファスト・ボール、ツーシームなど高速系変化球の流行もあり、1980年代半ば以降、カーブを投げる投手は減少傾向にある 。 種類 スローカーブ そして実際に試合で役立つスライダーの効果的な使い方や、プロ野球で私がイチオシのスライダーのピッチャーもご紹介します。, 野球のピッチャーが投げるボールで、右ピッチャーが投げると右バッターの内角をズバリと突き、左バッターへは外角へ逃げていくような曲りをします。 そしてチェンジアップの右・左の握り方や投げ方、プロ野球でイチオシのチェンジアップの使い手をご紹介していきます。. 相手バッターを惑わすように大きく曲がるカーブは、ストレートと並んで野球の主な球種の一つとしてあげられます。プロにまで上りつめた選手でも、変化球はカーブだけで大活躍したピッチャーもいるほどです。, 今回は、カーブの握り方を右・左の両方で写真入りでご紹介します。そしてカーブの投げ方、効果的な使い方といった事も解説しますね。, 日本のプロ野球で、私がイチオシであると思うカーブの使い手もご紹介しますので、楽しみにしてください!, カーブの握り方は、人差し指と中指の第1関節を、縫い目にしっかりと掛けるのが基本です。ただし、プロ野球選手の中には、人差し指と中指のどちらか一方だけを縫い目に掛ける選手もいます。, 親指の位置は人差し指の対角線とし、ストレートよりも人差し指と親指の間隔を広げるように握るのがポイントです。この時、親指もしっかりと縫い目に掛けて、人差し指と中指の3点で強くボールをグリップいたします。, カーブの投げ方は、手首を深く曲げて、ボールを人差し指と親指の間から抜くように投げるのがポイントです。, ボールの右半分を重点的に握ることで、右投手ならば強い右スピンが掛ります。さらにボールには重力も加わることから、少し斜め下方向に変化をするようになります。, カーブは投げ方がわかりやすく、習得しやすいことから、少年野球で真っ先に取り入れられる変化球といえます。少し握り方を変えるだけでも、カーブの変化の仕方も変わります。しかし、投げ方を誤ると、ヒジや肩に大きな負担が掛ってしまいます。, よくある間違いとしては、大きなスピンを掛けようとするあまりに、手首をひねり過ぎることです。ボールをリリースする際に、手首をひねり過ぎて親指を上に向かせないことです。, カーブの正しい投げ方は、ボールをリリースした後、ストレートを同じように手のひらが外側を向いているのが正解です。, かつては、日本の野球で最もポピュラーな変化球のカーブでしたが、最近では、投げる投手が若干少なくなっています。, カーブは大きな弧を描いて曲がるところが特徴です。ストレートボールと緩急の差をつけて、バッターのタイミングを外すのに効果的であることから、配球に組み込みやすい変化球です。, また、カーブといっても、大きく縦に落ちたり、横に曲がったり、又はスローカーブと呼ばれるものまで千差万別です。手元で小さく曲がるカーブは、打者のバットの芯を外して凡打を狙います。, 一方で、緩急をつけて打者のタイミングを外すように、大きく曲がるカーブは、打者の空振りを誘い出します。しかし、「カーブは良く打球が飛ぶ」と言われています。中途半端な変化のカーブや、単調な変化のみのカーブの多投は危険です。, そこで、「速くて小さく曲がるカーブ」と、「緩急を付け大きく曲がるカーブ」の両方を習得すると、効果的な配球が組み立てられるようになります。, カーブを武器に大成をした投手と言えば、埼玉西武ライオンズなど複数の球団で活躍をした、工藤公康選手です。, 当時の名古屋電気高校(現、愛工大名電高校)から、注目の左腕投手として埼玉西武ライオンズに入団した、工藤選手の持ち球は、「ドロップカーブ」と呼ばれるものでした。, これは左腕投手独特の縦に割れるカーブから、ドロップカーブと名付けられました。この、ドロップカーブを武器に、工藤投手は通算224勝、最優秀防御率4回、最多奪三振2回のすばらしい記録を残しています。, 工藤投手は小柄な体格ながらダイナミックな投球フォームで、スリークォーターから大きく縦に割れるカーブが特徴でした。, 工藤投手はカーブを投げる際、「ボールの握り方にこだわるのではなく、ヒジと手首の使い方次第で、独特の変化を生み出せる」と、発言をしています。, 工藤投手は埼玉西武ライオンズから福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツ、そして、横浜ベイスターズ、さらに古巣の埼玉西武ライオンズと、球団を4回も移籍しています。, その工藤投手は、現役時代に14回の優勝、11度の日本一に輝き、ついた愛称は「優勝請負人」です。.