ベートーベンの生涯 交響曲第四番 婚約者 Julho 26, 2020 東京靴 流通センター 返品 ナイキ スニーカー 23cm キッズ 2020/07/07総閲覧数: 5773139ソナー・メンバーズ・クラ … 「ジャジャジャジャーン」で有名な音楽家・ベートーベンは、難聴だったと言われています。, ですが、難聴だったハズのベートーベンがなぜか作曲できる事から、「ベートーベンの難聴は嘘なのでは?」と言った声があります。.

オランダ系のベートーベンは名前にvanとあるが貴族ではありません。Beethoven(ベートホーフェン)ですが、Beetは砂糖大根、Hovenは農園主の意味のようです。平民の子でした。しかし彼は自分の楽才に対してゲーテが驚くほどのプライドを持ち、貴族階級はもちろんあのヨゼフ・ハイドンですら歯牙にかけなかったことをうかがわせるエピソードを残しています。, ベートーベンは1804年から1806年にかけて、ジョセフィーヌ・フォン・ブルンスヴィック(右)という女性と恋仲にありました。貴族でありダイム伯爵夫人となった彼女は月光ソナタを初めて弾いた人であり、1812年に生まれた最後の娘ミンナの父親はベートーヴェンだと言われている人でもあります。, ベートーベンは生涯独身でした。しかし親密な女性はたくさんいました。ピアノが弾けて売れっ子作曲家で収入もある男ざかりですから女性にもてなかったという方がむしろ不思議です。そうではなく階級コンプレックスがあったため周りにいる女性ではなく貴族の令嬢や夫人に惹かれ、結局身分や育ちの違いで破局になるというパターンが多かったのではないでしょうか。一般にある気難しくて孤独でダサいイメージは、後世が聴覚疾患と同じく彼を運命の逆境と闘う悲劇のヒーローに仕立てるのに都合が良かったものと思います。「楽聖」に私生児がいるなど言語道断ということです。, そのジョセフィーヌといい仲だったころ、そして、交響曲第3番エロイカを書き終えて、その精神の延長線上でそれをさらに純化した第5番を構想していたそのころ、それを一時中断して一気に書いたのが第4番です。, モーツァルトの場合、私生活上の出来事、恋愛や肉親の死のようなものが音楽に反映していることを聴きとるのは実はとても困難です。しかしベートーベンになると、ジョセフィーヌのお姉さんテレーゼ(左)にピアノソナタ24番をあげているし、月光ソナタはそのいとこのジュリエッタ・グイチャルディ(右)にあげている。贈られた女性たちが何らかのインスピレーションを彼に与えていて、本当にそれがそうかはともかく、僕たちがそれを聴きとったという気分になることぐらいはできる。ベートーベンの音楽の方がずっとロマン派に接近しているわけです。それが彼の死の2年後に書かれたショパンのコンチェルトあたりになると誰の耳にも女性への恋情と聞きとれる第2楽章を持つようになってきます。ベルリオーズでは妖怪になりますし、さらにワーグナーに至って恋情どころかエロスそのものまで反映されるわけです。かように見ると、女性の存在が音楽史を進化させていますね。大作曲家はみんな男だからそうなのか、だから大作曲家はみんな男なのか?, この4番の交響曲も「巨人に挟まれたギリシャの乙女」とシューマンが例えていますが、ジョセフィーヌ由来のものかどうかはともかく何か女性的なものを聴きとろうという姿勢が伝統的にあるように思います。どうも腑に落ちません。特に第2楽章です。いくらカルロス・クライバーが「テレーゼ、テレーゼ・・・と弾いてくれ」とオーケストラに力説しても、そもそもそういう性質の音楽には聞こえません。それなら2番の第2楽章のほうがずっといい。ピアノ版で聴くとよくわかるのですがこの楽章のバスの弾むような付点音符による単細胞なリズムはどう弾いたところで愛を語れるようなものではなく、僕はむしろ冗談音楽かメトロノームを連想します。交響曲第8番には緩徐楽章がないのですが、もし入れるならそこしかないんじゃないかとすら思う。和声的にも何も起こらず、僕の偏見と思っていただいて結構ですがこの楽章と7番の第3楽章は全9曲の中で霊感を欠くものと思っています。, この曲が女性的でもなければ恋人に思いを吐露するものでもないと僕が考えている理由はたくさんあります。第1楽章はアダージョの暗くてものものしい序奏がついていて古典派の世界に退行しています。シ♭のユニゾンに対して内声部が奏でるソ♭・ミ♭・ファ・レ♭は音名こそ違いますが5番の冒頭タタタターンの3度下降音型であって、直後に現れる輝かしい変ロ長調の主題があたかもその5番の世界とのひとときの別離を宣言するようです。これは運命動機が支配している熱情ソナタがエロイカ・5番の精神系列に属しているのに対して、清明なハ長調で神殿のようにそびえる風情のワルトシュタインソナタの領域に4番を置いてみようとベートーベンが意識したかもしれないと思えます。音階が上下するメカニックな書法は似ていますし、ソナタ第1楽章の再現部の前など「4番そのもの」です。, 4番のその部分、それは「輝かしい変ロ長調の主題」を序奏の暗闇から導き出す部分で、これをひときわ輝かしくしているのが前の小節の4拍目にぎゅっと押しこめられた5つ、4つ、3つ、または2つの前打音のような音階です。ミファソラシ→ド、ファソラシ→ド、ソラシ→ド、ラシ→ド、のどれでもいいのですが、頂点のドに一気に登りつめるはじけるような高揚感、こういう部分に喜びが突き上げるようなハレの衝動を感じないでしょうか。この花火のように鮮烈な効果のある書法はベルリオーズを経てストラヴィンスキーの春の祭典にまでそのまま伝わっています。音の数を5,4,3,2とだんだん減らして速度と緊張感を高めていくベートーベンの書法はまさしく画期的なのですが、この直情的な喜びの爆発は非常に男性的なものではないかと考えます。ジョセフィーヌが何かを彼に与えていたとしたら、僕はこれだと信じています。, さらに加えますと、彼は爆発しかけた感情をそのまま世にさらすほど単細胞の人間ではなく、彼の芸術の秩序、脈絡の中で4番目の交響曲がどうあるべきか考えたでしょう。大まかに言いますと彼にとってピアノソナタは自分自身と親しい知人などのインナーサークル用、カルテットは音楽通の貴族を中心としたアウターサークル用、交響曲は名も知らぬ大衆への名刺代わりという位置づけにありました。フランス革命が生んだこの大衆という相手こそ彼の楽譜の売上げを伸ばすキークライアントであり、交響曲は音楽をよく知らない新規顧客にもすぐわかるように易しく書いていると思います。エロイカのパンチ2発ではなくモーツァルト風の序奏を付け、ワルトシュタインのあの神秘的な、まるで霧の中からうっすらとバッハの平均律が聞こえてくるような壮麗な終楽章ではなく、覚えやすく単純に興奮をもたらす無窮動風の主題にするなどです。そしてそれはハ長調ジュピターへの挑戦から始まり、短調交響曲へ挑もうという脈絡の中では、第39番に相当する位置づけを用意するという意味でも意にかなった選択だったのではないでしょうか。, 僕は93年5月にフランクフルトのアルテ・オーパーでこのコンビによるブラームスの交響曲第3番を聴き、心より感動しました。この3番はブラームスがヘルミネ・シュピースという若い歌手との老いらくの恋によって生み出したという、これも女性がきっかけになった曲です。しかも彼女が住んでいたのはフランクフルトからほどないヴィースバーデンという訳で、この演奏会はその意味でも心に残るものとなりました。ドイツでの3年間の滞在中、片っぱしからコンサートを聴きましたがこの3番のギーレンほど「ドイツ音楽」というものの神髄を味わわせてくれた指揮者はありません。何回もきいたこの曲が、初めてドイツ語にきこえたといったら近いでしょうか。オケの音も、あらゆる意味で、もうブラームスを聴くならほかのオケはいらないと思ったほど。第3楽章の弦の高貴でふくよかな美しさといったらなく、鳴りやまぬ拍手にこたえて非常に珍しいことにアンコールがあってそれがこの楽章でした。オケにそう伝えてすっとタクトをあげたギーレンに何のてらいもなく、それが安手のサービス精神ではなくて、演奏していた彼ら自身があまりの素晴らしさにもう一度味わいたいからやっているのだと納得するのにそう時間はかかりませんでした。イタリア人やフランス人が自国の音楽をやるのにこういうことがあるのかどうか、そこに住んだことのない僕にはわかりませんが、ドイツ人をこの時ほどうらやましいと思ったことはありません。, このCDはその直後に買ったもので、素晴らしい演奏、録音はアルテ・オーパーのあの日の音そのものであります(バーデン・バーデンのハンス・ロスバウド・スタジオ)。, 僕にとってベートーベンの4番は彼が何をしたかったのか良くわからない曲であり、48種ある音源は誰のを聴いても特に面白くはありません。スコアを読んで眼から見た情報で僕がイメージしているこの曲に最も近いのがギーレン盤ということです。冒頭の第2ホルンをちゃんと鳴らしているのは知る限りこれだけであり、第2楽章の付点音符の伴奏音型を陳腐に陥らぬだけ意味深く彫琢しているのもこれだけです。ベートーベンの音符がこれほど「知性的」に鳴っている例は聴いたことがなく、20世紀以降の音楽家のうちで最も高度な部類のグループに属する耳と理性が選び取った音に接しているという喜びは、僕が何のために音楽を聴いているかの明快な解答とさえいって過言ではありません。余談ですがギーレンは昔に来日してN響を振って以来もう2度と日本に行く気はないそうです。日本には音楽がわかる者などほとんどいない、オケや音楽関係者とはぜんぜん話がかみあわないと言ったそうで、持ちかけられたのはオンナの話ばかりだったそうです。真偽は不明ですがそうだとすれば悲しいばかりです。しかし冷静に見れば、日本は大好きだと持ち上げる実はお金が大好きな外人演奏家が多い中でこの本音の剛直さは彼のスコアの読み方そのものであり、こういう人だからこのベートーベンができているのだと確信します。これが災いしたせいか本当にわかる者がいなかったせいかどうか、わが国の音楽評論家がこのインターコード録音のベートーベン全集をほめたためしがなく、わが国でセールスが不調だったせいかどうか、この会社は潰れてしまいこの最高に素晴らしい全集は廃盤で手に入らない!という理不尽な憂き目にあっています。再録盤がヘンスラーからCDとDVDで出ましたが、もはやあの脂の乗りきったブラームス3番の音ではありません。どこかのレーベルがこの、僕が何回聴いてもいいと思っているこの全集を出してくれること、ついでに言えばインターコード盤に併録されていたギーレンの自作曲(不協和音まで美しい!)も一緒に出してくれることを心から願ってやみません。, 手に入らないCDだけでは無責任ですので、初めて4番を聴かれる方のために現在入手可能なものも番外として挙げておきます。, 3つともタイプは違いますが録音も満足でき、どれから入られても後悔することはない秀演と思います。, 1943年6月27,30日のライブ。大学1年の8月にこれのLPを買い、不幸なことにこれで4番を初体験することになった。フルトヴェングラーなる何やら神懸った指揮者への怖いもの見たさもあったが、実はそれよりも廉価盤であったことが大きな購入動機だった。カネがなかったのだ。当時4番はたしか正規盤がなくメロディアのこれが希少とされたがいかんせん貧弱極まる音であり、ざーざーいう雑音の中から聞こえてくる冒頭の四谷怪談でもはじまりそうなおどろおどろしい響きにはびっくりした。その後カラッとしたラテン的なトスカニーニの信者になろうという僕だ。緩徐楽章や第3楽章トリオUn poco meno Allegro のハエがとまりそうな遅さには絶句するばかりで、何の根拠をもってこういうことになるのか奇怪というしかなく、4番が嫌いになりかけた。今もってこれがいいと思ったことは一度もなく、4番は幸いトスカニーニによって好きになったがフルトヴェングラーは嫌いになった。, ブーレーズの春の祭典(CBS、69年)が師匠レイボヴィッツの録音と酷似していることは指摘した。師に習ったわけではなくアナリーゼの流儀の帰結としてそうなったことは、両者ともストラヴィンスキーの自演盤に解釈のルーツがあることでわかる。レイボヴィッツ盤のライナーノートによると『「世界で一番演奏回数の多いベートーヴェンの第五の出だしのところで、ここのところの小節が一度も正確に演奏されたことがないということに気がついたことがあるかい? それからここのところと…ここのところ」そして48時間後には彼はベートーヴェンの交響曲の中で一般に行なわれている約六百ほどの誤りをみつけ出していた』。楽譜を記号として解釈するのは誤りだろうが、明確な論拠もなく指揮者が解釈を加える恣意を僕は好まない。4番の実像は本稿を書いて4年弱を経た今も明確でないが、このようなものだったかもしれないと考えるに至ってはいる。第4楽章をこのテンポで吹けるファゴット奏者がたくさんいるとは思えないが。, 東さんの「スコアを緻密に分析されたアプローチ」とは異なり、私の場合は単なる音楽好きの感覚、感触に過ぎませんが、この4番が「ギリシャ乙女」ではない、という点で、一致しました。番外編で挙げられた中で、バーンスタインの演奏は聴いたことがありますが、「ギリシャ乙女ではない」、つまり、この4番の本来あるべきイメージに合う良い演奏と思います。花崎洋, 第4交響曲とワルトシュタインソナタの第1楽章との関連、たいへん興味深く、拝読いたしました。私は「熱情ソナタで凝縮し尽くしたので、逆方向の解放に向かったのだろう」などと、極めて単純に発想しており、恥ずかしくなります。この4番、感覚的に何も考えないで聴くと大いに楽しめますが、分析的に考えますと、良く分からないことが沢山、出て来ますね。東さんがご指摘の第2楽章の付点リズムも、確かに、極めて「奇異」であります。, 僕も単なる音楽好きですが分解マニアという別な趣味で楽譜が見たいだけです。耳で分解できない難しい曲ほど欲が出ます。ちなみに数学の難問好きでした。いろんな性格の人を惹きつけるクラシック音楽の魅力はとても多面的で、いろんな角度から語ってみるこの企画はいいですね。, なるほどですね。分解マニアなんですね。私は正反対のタイプで、下手に分解してしまうと収拾がつかなくなって面倒臭いと感じますし、数学の試験では難問があると初めから解答を避けていました。この企画、始めてみますと予想以上に面白いですね。, SMCはこれからの人達を応援します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Sponsored Link ここではベートーベンの生涯での婚約者一覧と、交響曲第四番の女性の名前は誰かについてもご紹介します。. 松下 寛 モーツァルト Ob、Cl、Hr、Fgと管弦楽のための協奏交響曲 変ホ長調、K.297b, 2020/11/10 ホークス、CSの相手はロッテとなる, 2020/11/02 メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調作品56「スコットランド」, この曲が女性的でもなければ恋人に思いを吐露するものでもないと僕が考えている理由はたくさんあります。, 続きを読む:モーツァルト Ob、Cl、Hr、Fgと管弦楽のための協奏交響曲 変ホ長調、K.297b. 記事が参考になったという方は FBなどで「いいね!」もお願いします^^! ホークス、首位を守れるか?, 2020/09/29 世界のうまいもの(その13)《ラーメンと町中華》, 2020/10/23 「女性に興味がなかったのか、それとも女性に相手にされなかったのでは?」 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ベートーベンが作曲できた事から、「ベートーベンは難聴だったと言うのは嘘?」なのでしょうか?, 難聴にも「伝音性難聴」と「感音性難聴」の2種類があり、ベートーベンの難聴は「伝音性難聴」と言われています。, Malleus:ツチ骨、Incus:キヌタ骨、Stapes:アブミ骨

交響曲第8番には緩徐楽章がないのですが、もし入れるならそこしかないんじゃないかとすら思う。 和声的にも何も起こらず、僕の偏見と思っていただいて結構ですがこの楽章と7番の第3楽章は全9曲の中で霊感を欠くものと思っています。 東 賢太郎 引用元:https://ja.wikipedia.org, 人の中耳にはツチ骨・キヌタ骨・あぶみ骨があり、ベートーベンは中耳のこの「あぶみ骨」が硬化した為、耳硬化症の一つである「伝音性難聴」になってしまったのです。, 正常な状態のあぶみ骨なら、外からの音を振動させるくらいの柔らかさがあるので上手く音を振動させて伝える事ができますが、硬化してしまうと外からの音を上手く振動させる事ができません。, 以前はこの感音性難聴の原因は「聴神経の異常」、と言われていましたが、現在では聴神経ではなく、内耳に原因があると言われています。, 同じ難聴でもこの感音性難聴の方が重症で治りにくいですが、ベートーベンの難聴である伝音性難聴は現在では、薬や手術で治る場合が多いそうです。, と言う事は、ベートーベンがもし今の時代に生きていれば難聴に苦しめられる事もなかったのかもしれませんね。, ベートーベンの難聴は、外からの音が聞こえない伝音性難聴なのに作曲できた理由は何でしょうか?, それは、指揮棒を口にくわえてピアノに触れさせる事で、そこから伝わって来る音を骨を通じて聞く事で作曲していたそうです。, ベートーベンは外からの音が聞こえないので、この骨伝導と言う方法を使って作曲していたんですね。, もしベートーベンが伝音性難聴ではなく、感音性難聴だったなら、この骨伝導でも音を聞く事ができなかったでしょう。, 実は人は音を聞く時、鼓膜からの振動と、骨から伝わる骨伝導と言う二つの方法で聞いています。, 普段自分の声と思っていた声が実は、相手には録音した声で伝わっていたなんて何だか違和感がありますね。.

様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。, 東大法学部卒、ペンシルベニア大学経営学修士。31年のサラリーマン生活を経て2010年にソナー・アドバイザーズ(株)を設立。現在に至る。, 2020/11/15

ベートーベンの生涯での婚約者一覧! 交響曲第四番の女性の名前は誰か解説 ベートーベンは生涯独身だった為、 「女性に興味がなかったのか、それとも女性に相手にされなかったのでは? ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven 、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い 、1770年 12月16日頃 - 1827年 3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。 音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる 。 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 日々の中でちょっとした氣になる事を自分が調べた中で、解決できるように書いています。, 外からの音を耳の鼓膜を通じて上手く内耳に伝わらない病気の事で、耳硬化症(じこうかしょう)と言われる難聴の一つです。, 中耳にある「あぶみ骨」が硬化する事で、鼓膜からの振動を上手く伝える事ができない病気です。, ツチ骨・キヌタ骨・あぶみ骨がある中耳から先、つまり、内耳に異常がある難聴の事です。, ベートーベンは生涯独身だった為、 ベートーベン好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか? 中島 龍之

楽聖・ベートーベンは1770年、古都ボンで生を受けた。つまりことし、2020年は生誕250年のアニバーサリー・イヤーである。この1年のクラシック音楽業界は、町の公民館から国を代表する大ホールに至るまで、世界中がベートーベン一色に染まる予定であった―――。 ベートーベンは結構モテていて、婚約まで考えた女性がいます。 中島 龍之 ‚±‚¦‚È‚­‚È‚é‚Æ‚¢‚¤•s‰^‚É‚à‚©‚©‚í‚炸Ag‰^–½‚ªŒˆ‚Ü‚Á‚Ä‚é‚È‚ç‚»‚¤‚Ȃ邪‚æ‚¢A‚±‚Á‚¿‚͉^–½‚̏ã‚ðs‚­‚¾‚¯‚¾hi’®Šo‚ðŽ¸‚Á‚Ä‚à‚³‚ç‚ɍì‹È‚𑱂¯‚éj‚ƁA‹t‚ɉ^–½‚̏—_‚É“¬‘ˆéŒ¾‚ð’@‚«•t‚¯AŒŒÕ‚è‚ɏグ‚Ä‚µ‚Ü‚¤‹°‚é‚ׂ«¸_—́B•à‚­Šˆ‰ÎŽR‚̂悤‚ȃpƒƒtƒ‹‚³B‚ß‚¿‚á‚­‚¿‚áƒJƒbƒRƒCƒCI. 私にとっての東映フライヤーズ, 2020/10/08 ベートーヴェンは9曲の偉大な交響曲、7曲の協奏曲(5曲がピアノ協奏曲)、32曲のピアノ・ソナタ、17曲の弦楽四重奏曲、10曲のバイオリン・ソナタ、5曲のチェロ・ソナタ、2曲のミサ曲、オペラ「フィデリオ」、その他、138曲もの作品を生み出した巨人(タイタン)。

と思ってしまいますが、実はそうではありません。