ちょっと経営が苦手・・・ サイバー攻撃を受けたホンダ、長引くシステム復旧作業[新聞ウォッチ] V2Xの市場規模、2028年には128億5900万米ドルへ グローバルインフォメーション

ホンダ海外工場停止、4地域サイバー攻撃で障害(読売・26面) 上場171社、9.7兆円調達、コロナ対応、トヨタが最大1.2兆円(朝日・6面) 電子回路の設計から始まり、組込系ソフト、業務系ソフトの開発にまで、長年にわたり幅広くIT職人をやっています。現在はサイバーセキュリティの技術を専門に研究開発、コンサルティングおよびトレーニング講師をしています。. ホンダの被害. 現役エンジニアのIT企業経営者です。 ホンダの完成車工場がサイバー攻撃により、操業を一時停止していたことが明らかになった。原因は5月中旬に世界に一斉にばらまかれたコンピュータウイルス。なぜ発生から1カ月経ったタイミングで感染が明らかになったのか。 ホンダにとってみれば、多大な被害であり、重大な問題です。 サイバー攻撃事件は、犯人が捕まるものではありません。その被害を賠償してくれるものもありません。風評被害などもあり経営上、大きな弊害になったりします。 自動車メーカーのホンダは6月8日、外部からのサイバー攻撃によって社内ネットワークに混乱が生じたことを明らかにした。同社の米国法人の公式ツイッターは、カスタマーサービスや金融サービスにも障害が発生したと述べている。ツイッター上でmilkrea 気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………, 臨海副都心と都心を結ぶ架け橋のレインボーブリッジと、都庁のライトアップが、赤色から虹色に切り替わった。東京都は新型コロナウイルスの感染拡大の警戒を呼び掛ける「東京アラート」を解除したもので、休業要請の緩和行程を示したロードマップも「ステップ3」に移行した。もちろん、感染者が減少傾向にあるとはいえ、油断は禁物だが、都内の飲食店などはコロナ前の“通常”に戻りつつある。, その通常に戻るのかどうかが気になるのは、外部からのサイバー攻撃を受けたホンダである。昨日の一部の報道では「社内ネットワークシステムが10日未明に復旧した」とも伝えられたが、現状はそんなに甘くもないようだ。, 関係者の話では、サイバー攻撃の被害があったのは6月5日のことだったという。週末のことでもあって後手に回ったのか、社員にパソコンを起動させないように危機対応の連絡をしたのは週明けの8日午前。この間にサイバー攻撃を受けたサーバーから社内の広範囲にウィルスがばらまかれた可能性もある。, また、感染したパソコンはそのままでは使用不能となり、すべてのパソコンを「初期化」して使用可能の状態に回復させるという。すでにその作業に取り組んでいるとみられるが、復旧するまでには1週間程度の時間がかかるそうだ。, しかも、初期化することは使い始めの状態に戻すという苦渋の選択とみられる。これまで蓄積されたデータがすべて消去されることにもなるだけに、復旧後の業務に支障をきたす恐れもある。来週6月19日には定時株主総会も予定されているが、今回、ホンダをターゲットにしたサイバー攻撃は想像を絶する大きな痛手となるだろう。, ●つながる車市場拡大へ、ネット活用、渋滞や事故回避、世界販売35年に3倍予測 (読売・10面), 枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太選手&子どもたちとの家族写真公開 晴れ着姿で「七五三ならぬ、一五三」, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります, 新しいFacebookアプリで友達とのコミュニケーションを快適に楽しんで頂けます。. ここ最近の大きなニュースになっているホンダが受けたサーバー攻撃、まだ先週のサイバー攻撃ニュースですがセキュリティ関係者の間では、仮設ゲームの最中です。, サイバー攻撃事件のニュースが流れると同時に、サイバーセキュリティの関係者の「仮説ゲーム」が始まります。特にセキュリティエンジニアにとってみれば、この仮説はありがたいものです。この様々な仮説からセキュリティ技術を学んだり、発想力を高めたりもします。被害者にとってみれば、失礼きわまりない話で申し訳なくも思います。このセキュリティ関係者の言動が世の中のメディアから沢山の誤ったニュースが流れることになります。サイバー事件のニュースは、事件発生から1週間、とにかくあらゆる種類の仮説があたかも事実のようにニュースに流れます。そして、1か月後、3か月後、半年後の分析調査の結果を見ると全く違った結果になったりします。, 私も職業柄すぐに仮説を想いうかべてしまいますが、自分の頭の中だけで留め、あらゆる防御策を考えるようにしています。, ホンダにとってみれば、多大な被害であり、重大な問題です。サイバー攻撃事件は、犯人が捕まるものではありません。その被害を賠償してくれるものもありません。風評被害などもあり経営上、大きな弊害になったりします。, ホンダは世界的な企業であり、サイバー攻撃は常時受けているはずです。、何年か前にもそれなりの規模のサイバー攻撃を受けています。今回の攻撃は、攻撃者からホンダの国内外の重要施設を時間をかけて、ボディブローのような小さい攻撃から今回の攻撃の準備がなされ、最終的に各施設を同時期に一斉攻撃をしたケースです。, 今回のニュースでは、いくつかのマルウェアが使われたというニュースがあります。特に、スタックスネット、EKANSと言ったキーワードが出ています。簡単にそれぞれのキーワードを簡単に説明します。, 今回狙われたホンダの各工場には生産制御システムがあります。一般的に生産制御システムは、企業オフィスとは違ってパソコンがインターネットに繋がれているものではありません。パソコンは、生産ロボットや各種機械につながって制御するものです。なのでインターネットから攻撃者はそのシステムの侵入するわけではありません。, そこで今回名前のあがった「Stuxnet(スタークスネット)」というマルウェアがあります。, これは、2010年ころに、イランの核燃料施設が攻撃されたときに使われたとされるワーム系のマルウェアです。ウラン濃縮遠心分離機の制御を乗っ取り、機器を破壊したとされています。この「Stuxnet(スタークスネット)」は、USBメモリやリムーバブル機器からパソコンに侵入するのが特徴です。感染してしまうと、ワームですので自己繁殖能力があるので、ネットワークを通して他の機器やコンピュータに感染拡大していきます。このマルウェアは、世界的にも有名な制御機器メーカー「シーメンス」の機器やシステムへの攻撃を得意としております。イランの核燃料施設では、このシーメンスの制御システムや各種機器が導入されており、正にこの施設を攻撃するために作られたマルウェアのようなものです。, これはノルウェーのアルミメーカー工場が攻撃された際に使われたランサムウェアです。生産制御システムに侵入し、稼働中のプロセスを停止させたり、データを暗号化し、システムを停止させます。そして、身代金を要求し、要求に応じれば、システムを正常に戻すという手口です。この種のランサムウェアでは「MegaCortex」というものもありますが、攻撃機能が似ていることから、同じハッカー集団が作ったのではとも言われています。それから「EKANS(Snake)」や「別名:Snake」という表現がされているニュースもあります。これは、EKANSとSnakeは非常に似ているので、SnakeからEKANSが作られたのではという説があるそうです。, 今回、ホンダのサイバー攻撃に使われたマルウェアは「mnon.exe」であろうと言われています。このマルウェアは、VirusTotalに6月8日あたりに複数上げられたそうです。, VirusTotalとは、怪しいファイルをアップロードし、マルウェアを検出したり、マルウェアの情報公開するサイトです。, このプログラム「mnon.exe」を逆アセンブルすると「mds.honda.com」というワードがオンコードされていたそうです。これを見る限り、確かにホンダを狙うマルウェアであると思われます。, 【 ホワイトハッカー 】 初代H-2ロケットの開発からサイバーセキュリティまで 気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………, ホンダの在宅勤務中の社員などのパソコンが突然シャットダウンして、メールなどが送れなくなったのは、社内ネットワークシステムが外部からサイバー攻撃を受けたことが原因だったという。, ホンダも「コンピューターウイルスによるサイバー攻撃が原因」と断定。きょうの各紙も「ホンダにサイバー攻撃」などと報じている。社内のネットワークで障害が発生した影響で、米国やトルコ、インドなどの計11工場の生産が停止。このうち4工場の再開時期は未定としているほか、自動運転技術といった機密情報などの流出は確認されていないという。, きょうの各紙の報道には温度差も見られるが、朝日は経済面と社会面に書き分けるなど、詳しく取り上げており、気になるのはサイバー攻撃を仕掛けた“犯人像”である。, 朝日の解説記事によれば、ホンダは詳細を明らかにしていないものの、取材で確認した被害の状況から、パソコンのデータをハッカーが暗号化し、解除のための金額を要求する「ランサムウェア(身代金ウイルス)」が全社的に広かった可能性があると伝えている。, 一般的に犯行に及ぶケースは、事前に何らかの恨みや妬みを持つ者がほとんどである。ホンダでは英国のEU離脱に先駆けて英国工場の閉鎖を発表したほか、国内では4月から本田技術研究所を軸に大胆な組織再編に踏み切るなど痛みを伴う改革に取り組んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大などの影響で業績が低迷しているところに、全社的にパソコンのウイルス感染が追い打ちをかける始末で、株主総会を控え、間もなく就任6年目を迎える八郷隆弘社長にとっては、泣き面に蜂である。, なお、一部の報道では「10日から通常の勤務に戻る予定」と報じているが、きょうの午前8時半時点では、関係者によると、修正ソフトを入れ替えたものの、復旧されず、一部の管理職を除いて社員には引き続き「有給休暇」を推奨しているという。, 枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太選手&子どもたちとの家族写真公開 晴れ着姿で「七五三ならぬ、一五三」, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります, 新しいFacebookアプリで友達とのコミュニケーションを快適に楽しんで頂けます。. つながる工場、サイバー攻撃7倍 IoTでリスク高まる ホンダ9工場一時停止 2020/6/11 2:00 (2020/6/11 5:38更新) 情報元 日本経済新聞 電子版