1993年に誕生し、27年間にわたってアーセナルのアイコンとして活躍した“ガナザウルス”。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による財政難を受けたことと、ファン・サポーターがスタジアムに訪れられない事態を受け、“中の人”であるジェリー・クィ氏を解雇していた。 30秒で天国から地獄へ…!試合終了間際、決死の攻撃参加から劇的ゴールを決めたGKを悲劇が襲う!

日韓戦のメキシコ代表がメンバーを発表《国際親善試合》. そんな野球の中でも高校野球は、プロ野球などとは違った特別な感情を抱かせる「何か」を持っているのではないでしょうか。その「何か」の中には、それ... 年々国際大会において成績を上げ続け、ワールド・ベースボール・クラシックには4大会連続出場となるヨーロッパ最強の野球王国、オランダ。

◆ダビド・ビジャMLS時代の輝かしいプレー集!
なお、この声明自体にはビジャを名指しするなどの言及はなかったものの、『ESPN』はビジャが不適切な方法でスタッフに触り、不快感を与えていると調査の結果わかったとの情報を得たようだ。 ここではそんな甲子園... 80年以上を誇る日本プロ野球史の中でも歴史に残る、その時代における強打、猛打の打線。その中でも愛称をつけて語り継がれているものをここではご紹介します。 3日、ポルティモネンセの日本代表mf中島翔哉(24)がカタールのアル・ドゥハイルへ完全移籍したことが発表された。移籍金は3500ユーロ(約43億7000万円)と報道されており、この額は過去の日本人選手の移籍金史上最高額とみられる。 二刀流・大谷翔平選手やイチロー選手等、これまで数々の日本人選手がMLBで活躍をしてきましたが、一体彼らの年俸はいくら位なのでしょうか。, メジャーリーグというと、その高額年俸がよくニュースでも取り上げられますが、今回は、その中でも「歴代日本人メジャーリーガー年俸ランキング」をご紹介します。, イチロー選手や松井秀喜選手、平成の怪物こと松坂大輔選手、マー君こと田中将大投手など国民的スターが多く登場します!, 野茂選手は95年に近鉄からドジャースに移籍して、メジャーリーグでのプレーを始めました。, メジャーで初めてプレーしたドジャースでは3年半プレーして、3年連続で二桁勝利をあげました。, そのあとはニューヨーク・メッツ、ミルウォーキー・ブルワーズ、デトロイト・タイガース、ボストン・レッドソックスを渡り歩き、2002年に再びメジャーデビューを果たしたドジャースに戻ってきます。, ドジャース復帰後の2002年から2年連続で防御率3点台、16勝をマークし、2004年にキャリア最高年俸である900万ドル(約9億円)の契約を所属していたドジャースと結びました。, 上原選手は高校卒業後、1999何から巨人で10年間プレーし、2009年34歳の時にボルチモア・オリオールズでメジャーに挑戦します。, メジャー移籍後はオリオールズで2年半、テキサス・レンジャーズで1年半プレーし、防御率1〜2点台を記録し、2013年強豪ボストン・レッドソックスに移籍することになります。, レッドソックス移籍当時すでに38歳でしたが、衰えを感じさせない投球でシーズン73試合登板21セーブ13ホールド防御率1.09とレッドソックスの守護神としてチームを支え、2013年シーズン、チームのリーグ優勝・ワールドシリーズ制覇に大きく貢献しました。, その後の2年間も防御率2点台25セーブをマークするなどの活躍を続け、2015年からの契約で自身最高の年俸900万ドル(約9億円)で契約を更新しました。2016年には中継ぎとしても働き、リーグ優勝に貢献しています。, 2017年にシカゴ・カブスに移籍、2018年に古巣巨人でプロ野球復帰を果たし、2019年5月に引退を表明しました。, 松坂選手は1999年に西武ライオンズに入団、8年間プロ野球でプレーした後、メジャーリーグに挑戦し、ボストン・レッドソックスに移籍しました。, レッドソックス時代には先発の一角として働き、2008年には18勝3敗防御率2.90の成績を残し、チームのリーグ2位に貢献しました。ボストン・レッドソックス時代には同じ日本人選手である岡島投手や田澤純一投手とともにプレーしました。, 福留選手は1999年に中日ドラゴンズに入団し、9年間日本プロ野球でプレーし、2008年からシカゴ・カブスに移籍し、渡米しました。, 中日時代に毎年打率3割前後を記録し。30本塁打も達成することがあるなど、アベレージ・長打力の両方を兼ね備えた優秀さが買われ、シカゴカブスが2008年から総額4800万ドルの4年契約をしました。以上の年俸はその時のものです。, メジャーリーグ移籍後は打率2割台中盤、ホームランも二桁を記録するのがやっとな成績で、当時期待されていたよりかは結果が残せませんでした。, 2013年に日本球界に復帰し、阪神タイガースで現在も主力としてプレーを続けています。, 松井選手は1993年に巨人でプロ野球デビューを果たし、2003年からニューヨーク・ヤンキースに移籍し、メジャーリーグに挑戦しました。, ヤンキース移籍後すぐに活躍し、3年連続で160試合出場を果たし、打率3割前後ホームラン20本以上をマークするなどの好成績を残しました。また、メジャー移籍1年目の2003年にはチームのリーグ優勝とワールドシリーズ決勝進出に貢献しました。その成績が認められ、2006年の契約から年俸1300万ドルとなりました。, 第5位にランクインしたのは元シアトル・マリナーズ所属で今年から巨人に移籍することになった岩隈久志投手です。, 岩隈投手は2001年に近鉄に入団してプロキャリアをスタート、2008年に21勝をマークするなど11年間プロ野球でプレーした後に2012年にシアトル・マリナーズに移籍しました。, メジャー移籍後5年間はほぼ毎年30試合登板をしたり、二桁勝利をマークするなどの活躍をしましたが、怪我や年齢の影響でパフォーマンスが落ちてきたことから今シーズンでメジャーから日本球界復帰することに決まりました。, 岩隈投手はメジャーリーグで活躍する他の選手とチームメイトであったことが多い選手です。, 東北楽天ゴールデンイーグルス時代、2007年〜11年は現在ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大投手とも同僚でした。, また、マリナーズ移籍後も2012年シーズン途中まではあのイチロー選手ともチームメイトでした。, 黒田投手は1997年に広島東洋カープに入団、11年間のプロ野球生活を経て2008年からドジャースでメジャーリーグ生活をスタートさせました。, ドジャースで4年間、ヤンキースで3年間プレーした黒田投手は通算7年間で防御率3点台より悪かった年はなく、メジャー移籍後最初の2年間以外は二桁勝利を達成しました。, 日本球界に復帰することになる2015年以降もメジャリーグでプレーすることを続けられたであろうと多くの人は予想していました。, メジャーリーグで少しでも長くプレーすることは野球選手として大変名誉なことで、金銭的にも高いサラリーをもらえます。, しかし、古巣の広島東洋カープに恩返しをして引退したいという黒田選手の考えから、2015年から古巣広島東洋カープで日本球界復帰することが決まりました。この黒田投手の「男気」溢れる粋な判断はカープファンだけでなく多くの野球ファンから支持されています。, ベテランで実力も衰えていない黒田投手は広島復帰後も心身ともにチームを支え、2016年には広島のリーグ優勝に大きく貢献しました。, イチロー選手は1992年にオリックスに入団、9年間プロ野球でプレーし、打率3割中盤〜後半をマークするなど驚異的な数字を残しました。, 3年総額1400ドル、年俸460〜70万ドル(約5億円)でシアトル・マリナーズと契約し、2001年からメジャーリーグでのプレーがスタートします。, メジャー1年目からイチロー選手の活躍は目覚ましく、メジャー1年目から10年連続で年間200本安打を記録しました。200本安打を記録した10年間はゴールデングラブ賞を受賞し、毎年30盗塁をマーク、10年間で423盗塁しています。驚異的な成績ですね。, 2012年シーズン途中から2014年シーズンまでヤンキース、2015年シーズンからマイアミ・マーインズに3年間所属した後、昨年2018年から古巣シアトル・マリナーズに復帰しています。, ダルビッシュ選手は2005年に北海道日本ハムファイターズに入団してプロ入りすると、日ハムのエースとして活躍、2012年にテキサス・レンジャーズに6年総額6000万ドルの契約で入団しました。, レンジャーズでは2017年シーズン途中までプレーし、トレードされて2017年途中からドジャースでプレー、2017年シーズンオフにFA権を行使してシカゴ・カブスと6年総額1億2600万ドルで契約しました。ランクインした年俸はこの時の契約のものです。, メジャー1年目の年俸1000万ドル(約10億円)も凄いですが、現在はその約2倍の2100万ドル(約21億円)となっているのも驚きですね。, 田中将大投手は2007年に東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、プロ入り1年目から楽天のエースとして活躍しました。2013年シーズンには28試合登板24勝無敗と驚異的な成績を残しました。, 2014年1月ニューヨーク・ヤンキースと7年総額1億5500万ドルの契約をしました。メジャー未経験の選手がメジャー挑戦時にこれほど巨額で長い期間に及ぶ大型契約を結ぶのは非常に稀なことです。それほど田中将大選手の日本での活躍が評価されたのでしょう。, メジャー移籍後も1年目から活躍をしていて、毎年二桁勝利を達成しています。優秀な成績を残し続け、メジャー移籍時の契約があと2年できれることから、2年後にはさらに高額な年俸が提示されるのではないかと期待されます!, メジャーリーグでも高額年俸を受け取っているほどの選手達なので、知っている選手ばかりだったのではないでしょうか?, 日本人メジャーリーガーで高額年俸トップ10のうち7人が投手と、日本人は野手よりもピッチャーの方が活躍できる傾向があるようです。, 最近では歴代トップの年俸を受け取る田中将大投手やまだ若く将来有望な二刀流の大谷翔平選手などの活躍が続いています。, 残念ながら大谷選手は、メジャーリーグのルール上マイナー契約という扱いになり、現在の年俸は歴代選手と比べると低くなってしまいます。しかし、その活躍ぶりから今後の大幅年俸アップが期待されています。, また、お金のカタチでは、人気野球選手の年俸情報を多数発信しています。気になる選手がいればぜひチェックしてみてください!. この二つの花形職業に就く男女は、これまでに多くのゴールイン(結婚)を迎えてきたことでもよく知られていますし話... 2月1日はプロ野球のキャンプインの日。いわば、プロ野球界にとっては元日のようなもので、この日が1年のスタートともいえる特別な日です。

日本の国技ともいえる歴史と人気を誇っているプロ野球。その人気はまさに国民的スポーツと呼んでも差し支えないでしょう。, 1980年代までは全く別世界といってもいい存在だった両国のプロ野球ですが、現在では毎年のように海を渡ってアメリカメジャーリーグに挑戦する日本人プロ野球選手の話題で盛り上がっている事からわかるように、日米の選手の行き来も昔に比べれば随分と道が開かれたという印象ですよね。, そんな日本からアメリカメジャーリーグへの挑戦への手段として注目されているのが、「ポスティングシステム」なのです。, 2015年の前田健太、2013年の田中将大を始めとして、ダルビッシュ有や松坂大輔、イチローなどの名選手たちが過去にこのポスティングシステムでメジャーリーグへの移籍を果たしました。, 日本ではスポーツニュースなどでよく聞くこの「ポスティングシステム」という言葉ですが、案外その詳細は知られていないのが実態ともいえます。ここでは、日本プロ野球界からメジャーリーズベースボールへ移籍する際のポスティングシステムについて説明していきたいと思います。, 日本プロ野球球団所属の選手がメジャーリーグに挑戦するためには大きく分けて2つの方法があります。以下がその2つの方法です。, ポスティングシステムを説明する前にまずはこのうちのフリーエージェント制について簡単に説明しておきましょう。上記2つの違いはハッキリと知っておかなければいけないのです。, フリーエージェント制度(FA制度)というのは、日本プロ野球12球団に所属している選手がフリーの選手となり、自由に好きな球団へと移籍できる制度の事です。, もちろんフリーエージェント選手(FA選手)となって自由移籍できるようになるには条件があります。その条件をクリアする一流の選手のみに与えられる権利、それがフリーエージェント制なのです。, とまあ、表に纏めると上図のようになるのですが、この記事では日本プロ野球界からメジャーへの移籍という事なので、図の中の「海外移籍のFA権」という枠内が対象となります。つまり、累計9年間経過でFA権取得という事ですね。, 1年間上限145日間の1軍選手登録を9年間、累計1305日間の1軍選手登録という条件をクリアした選手はフリーエージェント選手となり、日本以外の海外リーグの球団とも自由に交渉することが出来、移籍も自由に出来るという事です。何の制約も受けずに大手を振ってメジャーにもいけるというわけですね。, ポスティングシステムとFA制度との違いを明確にするために、まずは日本におけるFA制度を簡単に説明しました。ここからは本題のポスティングシステムについて説明します。, 日本でよくいわれるポスティングシステムとは、一般的には「FA(フリーエージェント)の権利を有さない日本プロ野球球団に所属する選手がメジャーリーグ球団へ移籍するため」のシステムです。, FAの権利を取得してフリーエージェントになってしまえば、どの球団にも属さないフリーの立場で好きに球団を選んで移籍出来るようになるのですが、このポスティングシステムはFAになる前にメジャー挑戦したい選手のための制度(現時点では圧倒的にメジャー移籍への用途となっている)なのです。, ポスティングシステムの概要は以下の通りです(日本の球団からメジャー球団へ移籍するという前提での説明), まず、ポスティングで移籍希望の日本人選手の所属する日本球団がメジャーリーグにその旨を通告します。その際、その日本球団はポスティング移籍するための譲渡金(移籍金)の金額を設定します。上限は2000万ドル(110円/$換算で約22億円)となっています。ポスティング移籍がまとまったメジャーリーグの球団はこの譲渡金を、選手が所属していた日本球団へと支払うのです。その支払いが行われると、日本球団はその選手の保有権を手放すこととなり、選手は自由契約選手として公示されることとなり、海外へ移籍するのに支障がなくなるというわけです。, 譲渡金を日本球団に支払って、そのポスティング移籍希望選手と契約したいという球団と選手とは期限内(通告から30日以内)に自由に交渉することが出来ます。複数球団が獲得を名乗り出た場合は全ての球団と交渉することが出来、選手が契約球団を選ぶことが出来るのです。, もちろん、この制度は日本人選手がポスティングでのメジャー移籍を訴えたとしても、所属している日本球団が首を縦に振らなければ実現しません。選手が希望して球団が認めてくれた場合のみ、ポスティングシステムは発動して移籍することが出来るのです。さらにいえば、ポスティングシステムが球団から認められても、お金(譲渡金)を払って契約してくれるメジャーチームがなければ、これまた移籍はできません。, というわけで、フリーエージェント移籍とポスティングシステムの一番の大きな違い、それは日本球団の許可がいるかいらないかという点なのです。, ここまでポスティングシステムの説明を聞いてきた方たちの中には、球団が何故あえてポスティングを許可するのか不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。, 貴重な戦力を、FA取得する前に何故海外の球団に手渡してしまうのか??という疑問です。, フリーエージェントでメジャーなどの海外の球団へ移籍された場合、出て行かれた球団には一銭のお金も入りません。一人の有力選手を失うだけというのが現状です(国内移籍なら選手やお金が入りますが)。, 例えば、海外FA権をあと1年でほぼ間違いなく獲得する選手がいたとしましょう。その選手はメジャー志向が強く、海外FA権を取得すればほぼ間違いなく海外移籍(MLB移籍)という状態です。残留の可能性はほぼ0%に近いという状況です。, そうなれば、球団によってはFAになって選手をむざむざ失うよりは、選手を失うのが1年早くなったとしても、ポスティングで譲渡金を貰った方がいいという考え方をする球団も当然出てきます。, メジャー移籍を希望する選手は当然ながら1年でも早くメジャーへ移籍したい。球団はフリーエージェントになってタダで出ていかれるくらいなら金銭を貰った方がいいと考える。, とはいえ、12球団の中には選手がどれだけ希望したとしてもポスティングシステムを認めない球団も何球団かはあります。「海外移籍したければフリーエージェントとして行きなさい」というスタンスの球団です。こういう考え方ももちろん当然ありですよね。, というわけで、ポスティングで移籍できるかどうかは、どの球団に属しているかというのもかなり重要な要素になっているというのが現状なのです。, 一部メディアやネットなどでは、2017年のオフには日本ハムの二刀流、大谷翔平選手のポスティング移籍が確実であるという声が根強くありますよね。, 実際に日本ハムは過去2011年に当時のエースだったダルビッシュ有投手のポスティング移籍を認めた実績があります。, もちろん今年どのような成績を大谷選手が残すのかという事や、大谷選手のケガ等、不確定要素もあるでしょうが、今年の移籍とはならなくても遅かれ早かれ大谷選手がメジャー移籍するのは間違いないでしょう。何せ入団前からメジャー志向の強さは人一倍だった選手ですしね。, というわけで、今年のオフはポスティング移籍がまた脚光を浴びそうなこととなりそうです。日本プロ野球界からしてみれば当然大きな損失なのですが、プロ野球ファンからしてみれば、大谷の二刀流がメジャーで通用するのか??見てみたい気持ちも大きいですよね。本当に心中複雑な制度です(苦笑)。, ちなみに、過去のポスティングシステムでの入札金額の多かった日本人選手については以下の記事で.

粋な計らいにニンマリ. メジャー移籍を希望する選手は当然ながら1年でも早くメジャーへ移籍したい。球団はフリーエージェントになってタダで出ていかれるくらいなら金銭を貰った方がいいと考える。 選手と球団、どちらの利害も一致するからこそ成り立つシステムともいえます。

フジ月9ドラマ主演回数ランキング 歴代人気俳優&女優が懐かし80年代から最新作まで, 俳優・坂上忍の代表作「中卒東大一直線もう高校はいらない」未DVD化の幻の名作ドラマ, 2015NHK大河ドラマ“花燃ゆ”終了 歴代最低視聴率を記録したOP神曲の幕末長州藩大河の反省会.

3月7日に幕を開ける野球の世界一を決める国際大会、4年に1度のワールド・ベースボール・クラシック(通称:WBC)。 © Copyright 2020 お金のカタチ.

多くの女性が憧れる花形職業の一つ、女子アナ。そしてこれまた多くの男性諸君の少年時代からの憧れの職業の一つであるプロ野球選手。 そんな中、イギリス『デイリー・メール』は事件の1カ月前にギグス氏の弟ロドリ氏に話を伺っていた。ロドリ氏はいわゆるギグスの“被害者”で、自身の妻であるナターシャさんと8年にも及んで浮気をされていた。当時ギグス氏にステイシーさんという正妻がいたにもかかわらずだ。 2012年のメジャー移籍以降、2016年までの5年間で63勝37敗という素晴らしい成績を残している日本人メジャー投手、岩隈久志投手が堂々の第4位にランクインです。

野球シーズンとなると毎日のようにメディアを賑わせているダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)や田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)、イチロー(マイアミ・マーリンズ)、前田健太(ロスアンゼルス・ドジャース)ら、日本人メジャーリーガーたち。, その多くは日本プロ野球界でスーパースターとなり、アメリカへと渡った名選手たちです。, FA、ポスティング、アマチュアFAなど、メジャーへと渡った経緯は各選手それぞれですが、ここではポスティング移籍を果たした選手で移籍金(入札金)評価の高かった選手をご紹介したいと思います。, この中で述べてある通り、現行でのポスティングシステムの譲渡金(移籍金)は2000万ドルという上限が定められてしまっています。よって、現行制度となってからポスティング移籍した前田健太(LAドジャース)と田中将大(NYヤンキース)に関しては、上限の2000万ドルで移籍していきました。, しかし現行制度となる前の2012年以前に移籍した選手たちに関しては、上限が設けられていない青天井での各メジャー球団の入札によって獲得球団(交渉球団)が決定されていたのです。, というわけで、ここではポスティングシステム旧制度である入札によって移籍した選手たちの移籍金(入札金)に注目してランキング形式で発表してみたいと思います。, あのイチローがまさかの5位なんです。ジョージ・シスラーの持っていた、誰にも破られないと信じられていたメジャーリーグの年間最多安打記録を84年ぶりに塗り替えた、メジャー在籍わずか16年で3000本安打を達成した、あのイチローが、です。, とはいっても仕方がない部分もあります。イチローは打者としては初のポスティング移籍の選手でしたし、何よりもイチロー以前の日本人打者でメジャーで成功した選手がいなかったからです。日本人バッターの力が懐疑的に思われていた時代であり、いくら日本で天才バッターと呼ばれたイチローであろうとも、必然的に評価も高くはならなかったのです。, この後のイチローの殿堂入り確実といわれているほどのレジェンド級の活躍を考えれば、シアトル・マリナーズが入札金として支払った1312万5000ドルは安すぎといってもいい金額でしょう。まさにお買い得ってやつです。と同時に、日本の天才の能力をメジャー球団の中で最も高く評価したマリナーズの選手を見抜く眼力の凄さも特筆ものでしょう。, 2012年のメジャー移籍以降、2016年までの5年間で63勝37敗という素晴らしい成績を残している日本人メジャー投手、岩隈久志投手が堂々の第4位にランクインです。, しかしこの岩隈投手の場合、ランクインしている他の選手とは少し異質なポスティングシステムの経緯があります。, 既に「ん?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。タイトルでは2010年となっていますが、メジャー移籍は2012年となっています。そうです、ポスティング年とメジャー移籍年が合わないのです。普通はポスティング年の次の年がメジャーデビューですよね。, これは、ポスティングで最高入札額を提示したアスレチックスと岩隈投手の間での入団交渉がまとまらなかった事が原因です。結局アスレチックスとの交渉が破談となった岩隈久志投手は楽天ゴールデンイーグルスと再契約、翌年には海外FA権を取得して、シアトル・マリナーズへと入団したというわけです。, アスレチックスと岩隈投手との間では、年俸や複数年契約の年数で折り合わなかったといわれていますが、今頃アスレチックスは後悔している事でしょう。条件面で惜しまず獲得していれば、毎年二けた勝てる安定感抜群のローテーションピッチャーが手に入ったのですから・・, 阪神タイガースのエース左腕として18年ぶりの優勝に貢献するなど、5年連続の二桁勝利を挙げ、最多勝利や最優秀防御率、奪三振王など多くのタイトルも手にしたうえで球団に直訴して得たポスティングシステムでの名門ヤンキースへの移籍。大きな期待を背負っての名門入団でしたが、挙げた勝利は初年度のわずか2勝のみという結果に終わった井川慶投手が第3位です。, 5年間の渡米でしたが、メジャーで投げたのは最初の2年間のみ。わずか16試合で2勝4敗という成績に終わりました。あのニューヨーク・ポスト紙の「過去10年のニューヨークのプロスポーツ選手ワースト10」という企画では堂々の1位に選ばれてしまうという屈辱も味わいました。, 日本での成績が額面通りにアメリカでは比例しないという、ある意味格好のモデルとなってしまった感もあります。アメリカに行った時にはすでにピークを過ぎていたという説もありますが、今となっては本当のところどうだったのかわかりません。, ただ・・阪神時代は凄い投手だったのは間違いありません。あの井川が全く通用しないんだ・・とある意味ショックだったのをはっきり覚えていますね。, 「平成の怪物」との異名を取った、日本の至宝ともいえるエースピッチャーの満を持してのメジャー挑戦はポスティングシステムでの移籍となりました。日本での無双ぶりや国際大会での活躍などを見ても、このポスティング入札金額は妥当といってもいいでしょう。それほどまでにメジャーからの評価も高かったという事です。, 5111万1111ドル11セントという、同じく2006年にポスティング移籍した阪神の井川慶投手の約2倍近くという破格の入札金額に恥じないように、松坂大輔はいきなり1年目の2007年に15勝を記録、続く2年目の2008年には18勝3敗という驚異の成績を残しました。, しかし2009年からは不調に陥り、故障などもあってメジャーでの通算は8年間で56勝でした。しかし故障を発症して不調に陥るまでのレッドソックスでの活躍は日本の怪物の名に恥じぬものでした。日本の怪物はアメリカでも怪物だったという事を証明したピッチングでしたね。, ポスティングシステムでの日本人選手の移籍の中で、最高額で入札されたのが、当時北海道日本ハムファイターズのエースピッチャーであった、このダルビッシュ有投手です。, 日本での活躍ぶりは説明するまでもないでしょう。2005年に高卒ルーキーでいきなり5勝を挙げると、後はメジャー移籍するまですべて2桁勝利。最優秀防御率を2度、最多奪三振を3度受賞する大活躍ぶり。中でも奪三振の多さは群を抜いていました。, そしてその傾向はメジャーへ行っても変わりません。メジャー2年目にはシーズン277三振で堂々の奪三振王を獲得。メジャー初タイトルとなりました。, メジャーでは2016年までの4年間で46勝を挙げ、奪三振は812を数えています。怪我さえなければ、最もサイ・ヤング賞に近い投手という声も多いダルビッシュ。間違いなくこれからのメジャーにおける日本人投手の記録を作っていってくれることでしょう。, うーん、名選手たちの勢ぞろいですね。あ、この中で9位タイの中島裕之選手の場合はヤンキースとケイ役合意に至らずに西武に残留し、1年後に海外フリーエージェントの権利を取得してFAでアメリカへと渡りました。, こう見てみると、やはり目立つのは野手に対する評価の低さでしょうか。投手が高額なので余計に目立ちますね。まあイチロー選手と松井秀喜選手以外は大成功例とはいえない上に、金額通りの活躍が出来ずに退団という野手も多かったですからね。これからこの評価を覆せるような日本人野手の出現を期待したいですね。, ちなみに、松井秀喜選手や上原浩治投手、黒田博樹投手や佐々木主浩投手などといった選手はみなフリーエージェントで移籍した選手です。圧倒的に数的にはFA移籍の選手が多いですね。, これからも日本人選手のポスティングでの移籍は増えていくことでしょう。楽しみですが、入札金額の多さが話題にならなくなってしまったのはちょっと寂しいといえば寂しいですかね(苦笑)。.