これらの移籍は、新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕が遅れている中で決定されたもの。彼らはレースでのマシンパフォーマンスを確認することなく、移籍の判断を下さなければならなかった。 「シミュレーターやその他諸々のことをやってきた。チームと仕事をするのは本当に良かったよ。確かに、ほろ苦いこともあったけどね」 しかしながら、レッドブル・ホンダは前戦オーストリアgpで優勝。一方のルノーは2台揃って入賞を逃した。 移籍を後悔しているかどうかについて尋ねられたリカルドは、次のように語った。 「いや、正直なところ、後悔はないよ。  そのルノーは2020年シーズンが始まると、特に第7戦ベルギーGP以降からは顕著な改善を示しており、リカルドは第10戦ロシアGPまで上位でのフィニッシュを連発。コンストラクターズランキングでもマクラーレンからわずか7ポイント差の4番手につけている。

r . レッドブル時代に7勝を挙げたダニエル・リカルドは今季、同チームを離れルノーへと移籍した。ただ彼は第9戦終了時点でドライバーズランキング10位に甘んじており、ルノーはカスタマーチームのマクラーレンからも遅れをとりはじめているのが現状だ。, リカルドは、今季のレッドブルがパワーユニットをルノーからホンダにスイッチしたことにも疑念を抱いていた。しかしながら、レッドブル・ホンダは前戦オーストリアGPで優勝。一方のルノーは2台揃って入賞を逃した。, 「いや、正直なところ、後悔はないよ。レッドブルは昨年この時点で3勝していたんだ。今年はまだ1勝だ」, 「僕が現時点で昨年より後退しているのは間違いないけど、それは予想できたことだし、もしレッドブルに残っていればタイトル獲得が求められただろう」, 「確かに彼らは先週、勝利を手にした。ただ、タイトルには程遠い。嫌味を言っているんじゃなくて、それが現実なんだ」, 「だから(レッドブルは)僕がこれまで達成してきた以上のものを成し遂げるとは思わない。そういう点で後悔はない」, なお、リカルドは今季9戦中3度の入賞を果たしており、最高位はカナダGPの6位となっている。, ルノーが掲げる今季の目標は、中団グループの争いから脱却すること、3強に次ぐ4番目のチームとしての地位を確たるものにすることである。しかし、今季は中団争いがより一層激しさを増しており、勢力図はレース毎に変動することが多い。, 「ただ、ちょっとした成果が出た時は非常に充実感があるし、モントリオールでのレースもそのひとつだ。あの結果ひとつで、それまでのレースを価値あるものにしたんだ。少し苦戦していて、アップダウンが激しかったからね」, そんなリカルドだが、フェルスタッペンがオーストリアで挙げた勝利を喜んでいるといい、同時に彼とルクレールが繰り広げたエキサイティングなバトルにも満足しているようだ。, 「フランスGPの後、世間からは厳しい目にさらされていたから、こういう良いレースがあったことはこのスポーツにとって素晴らしいことだ」, 「僕は前回のレースでの(フェルスタッペンたちの)バトルに満足しているし、今後もそれ以上のものを願っている」, 「できれば僕だって12位争いはしたくない。だって楽しくないんだ! 前方のバトルに近付けることを願うよ」, ホンダと組むレッドブルが、良くなると確信できなかった……リカルド、移籍の理由を説明, MotoGPバレンシア予選:好調の中上貴晶、3連続でフロントロウ! PPはモルビデリ, 予選4番手のアルボン、大事故が起きずに安堵「TVで見てたら楽しめたんだろうけど……」, アルファロメオ、2台予選トップ10。雨のFP3での走り込みは「有益だった」とライコネン, ストロールPPは”幸運”だけが原因じゃない。レーシングポイント代表「良い判断だった」, タイトル王手のハミルトン、予選6位と大苦戦も「キャリアの中でも楽しい予選のひとつ」, F1 Imola: onboard with Marc Gene in the F2007, Sergio Pérez en el simulador vuelta en Portimao. 25 9月. new! 「僕が来年ここにい続けられないことはチームも知っている。だけど最後の日まで熱い戦いをしたいと思っているんだ」, 絶好調だったのに……レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、土壇場でポールポジション逃して「動揺した」|F1トルコGP, 【気になる一言】ポールを逃し落胆のフェルスタッペン「こんなに動揺して、この席に座るのは今年初めて」, ハミルトン6番手「これ以上速く走るのは無理だった。なぜかライバルより苦労している」メルセデス【F1第14戦予選】, 豊田章男トヨタ社長、タイトル獲得は「次のクルマへの“良いタスキ”になった」(コメント全文)/WECバーレーン, アルファロメオ、予選で2台Q3進出。雨のFP3での走り込みは「有益だった」とキミ・ライコネン|F1トルコGP, 「24年もかかってごめんね」元SMAP森且行が3つに分かれた5人を再び“1つ”にした日, “イチローの弟子”だった元首位打者も? 今オフNPB入りありそうな「大物」は誰か〈dot.〉, オートレーサー森且行(46)「SMAP卒業から25年目の日本一」オートレース業界の本当の評価は?, 悲運のマロニー弟、無効試合に怒りの涙 異例の検証20分超も「頭突きなんかじゃない」, Copyright © 2020 motorsport.com 無断転載を禁じます。, ■外国人記者が見る、ホンダF1”活動終了”「ホンダF1は、永遠に終了なのかもしれない」, ■ベッテル、同じマシンを使ったF1ドライバーの”ガチンコ対決”に「僕は大賛成だ!」, ■レッドブル、“規則”により再来年からルノーPU使用?「供給の準備はできている」とルノー. トップイベント; f1; f1.  しかしリカルドは、今季のルノーのマシンがどれほど優れているかが分かっていても、来季のマクラーレン移籍の判断を悔いることはないと語った。 イベントは終了しました. The total of partial reporoduction of text,photographs and illustrations is not permitted in any form. 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 2020年シーズンをもってフェラーリがセバスチャン・ベッテルとの契約を終えることに端を発した移籍ゲームは、カルロス・サインツJr.(現マクラーレン)のフェラーリ加入、そしてダニエル・リカルド(現ルノー)のマクラーレン移籍という結果につながった。 「それが来年、ルノーがライバルとしてマクラーレンにさらにプレッシャーをかけることになるなら、みんなにとって良いことだと思う。だから後悔はしていない」

ソフトバンク 4年連続日本S進出 イベントは終了しました. ウエットの難コンディションでレーシングポイント躍進。ストロールが初ポール獲得【順位結果】2020年F1第14戦トルコGP予選, F1エミリア ロマーニャGP、ハミルトンが優勝、メルセデスのコンストラクターズタイトル確定【モータースポーツ】, 14年ぶりのイモラでボッタスがポール獲得。フェルスタッペン3番手【順位結果】2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP予選, F1ポルトガルGP、ハミルトンがポールtoウインの完勝で史上最多勝利記録達成、フェルスタッペンは3位【モータースポーツ】, ハミルトンがF1最多勝記録の92勝目を達成。フェルスタッペンは3位【順位結果】2020年F1第12戦ポルトガルGP決勝, F1ポルトガルGP予選速報:ハミルトンがPP。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは3番手, 初開催のアルガルベでハミルトンがポール獲得。フェルスタッペン3番手【順位結果】2020年F1第12戦ポルトガルGP予選, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 「チームは僕のことを何もシャットアウトしたりしなかった」 IOCバッハ会長来日 首相と会談へ リカルドの表彰台は2年半ぶり、ルノーは、思い出すのが難しいくらい久しぶり(2010年カナダgp以来)のポーディアムだった。 F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2020年10月13日 リカルドの後悔! 09 10月. 「僕らが前進できていることを嬉しく思っているし、自分がその一部だと感じているんだ。それは僕にとっても重要なことで、ドライバーとして成長していると感じられているんだ」 new! 2019年ホンダF1ニュース F1 f1jp ホンダ リカルド ルノー レッドブル 関連のニュース アロンソ、マクラーレン・ホンダ加入の選択に後悔はなし。  そう語ったリカルド。ルノーはリカルドの移籍が決定した後も、それがチームの仕事に影響を与えないようにしており、技術的な話し合いもオープンに続けてきた。こうしたチームの姿勢は2020年シーズンの表彰台獲得を目指すリカルドにとって歓迎すべきものだという。

ダニエル・リカルドはレッドブル・ホンダが未だタイトルに程遠いことを理由に、ルノーへ移籍したことを後悔していないと語った。 f1. new!

香妻陣一朗 逆転でツアー初優勝  実際にルノー代表のシリル・アビテブールは当時、リカルドが一度も2020年型マシンを走らせずに移籍判断を下したことにガッカリしたとコメントしていた。

「当然、今僕のいるルノーのことを貶すわけじゃないけど、僕はそれ(移籍)を後悔していない」と、リカルドは言う。 new! 今だから話せるレッドブルからルノー電撃移籍の背景。リカルド「ホンダが失敗した場合を考えた」レッドブル・レーシングを離脱したダニエル・リカルドは、チームとの契約延長を検討するなかで、ホンダのパフォーマンスに懸念を持ったことを認めた。 ダニエル・リカルドのF1情報。ダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)のコメント、インタビューなど、リカルドに関する様々なニュースを配信。 女子ゴルフ 古江が今季2勝目 「チームの進歩を目にして嬉しいかって? 間違いなくそうだよ」 ロシアgp. レッドブルがホンダとパートナーシップを締結するタイミングでチームを去ったダニエル・リカルド(ルノー)は、レッドブルからルノーへと移籍したことに後悔しているかどうかについて度々疑問を投げかけられてきた。 Copyright ©SAN-EI Co.,Ltd.All Rights Reserved. 【動画】2020年F1第10戦ロシアGP決勝ハイライト リカルド、レッドブル・ホンダのポールポジションに悔しさなし?「彼らのダウンフォースには脱帽!」, ■ホンダと組むレッドブルが、良くなると確信できなかった……リカルド、移籍の理由を説明. アイフェルgp.

概要 リザルト. ダニエル・リカルドは、ホンダと共にチャンピオンシップ奪還に燃えるレッドブルを離れ、ルノーF1チームに新転地を求める事となったが、この決断に満足感を示しており、一切後悔していない。, 「後悔は微塵もない」とリカルド。RACERのインタビューの中で移籍の決断を振り返った。「選択肢はほとんどなかったしね。2年前にメルセデスと契約できるチャンスがあったけど、今回はそうじゃなかった。悔やむことは何もないし僕はハッピーさ」, マーク・ウェバーの引退に伴いトロロッソからレッドブルへと昇格したオージーは、初年度に3勝を上げて4度のF1ワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルを下し印象的なチームデビューを果たしたものの、その後4年間に渡って勝ち星を4つしか付け加える事が出来なかった。, 昨年は第3戦中国GPを制し第6戦でモナコウィナーに輝いたものの、マシンの信頼性不足を原因とする幾多ものトラブルに見舞われ、全21戦中8回ものリタイヤを強いられた。現代F1としてはDNF率38%は驚異的に悪い数値と言える。, 「2015年に比べれば、去年は確かにストレスが溜まるシーズンだったけど、自分のアプローチに関しては満足してる。過去を振り返って、”あの時こうしていればこんな事にならなかったのに”とか、”もっと頑張ってればもっと良い結果だったはずなのに”なんて、僕は言ったりしない」, リカルドは「チャンピオンシップを戦える事」をチーム選定の条件に上げ、移籍と残留のオプションを評価。天秤にかけ自問自答を繰り返し、最終的に、ジュニア時代から支援を受けキャリアの大部分を過ごしたレッドブル・レーシングを離れて、新しい職場で人生の再スタートを切る決断を下した。, レッドブルはV8時代を圧倒した僚友ルノーとの蜜月関係を終わらせ、日本の大手エンジンメーカーとパートナーシップを締結。2019シーズンは「レッドブル・ホンダ」として選手権争い返り咲きに強い意欲を示しているが、レッドブルが”チャンス”と捉えた提携を、リカルドは”リスク”として受け止めた。, 「(残留したとして)もしもホンダが失敗したら、またフラストレーションを抱えた一年を過ごす事になってしまう」, その一方でリカルドは、ホンダが躍進を示してマックス・フェルスタッペンと共に成功を収めたとしても真正面から受け入れるとも述べており、レッドブルを離れた真の理由がホンダとは無関係だと強調する。, 「決定打になったのは”変化”だ。僕には変化が必要だったんだ。だからどういう結果になったとしても受け入れる心構えは出来てる。僕はこの決断が正しいって信じてる」, F1好きなら絶対買いのシーズン最高作!グランプリ前にこれで実際のサーキットを走っておくのが常識。, ダニエル・リカルド、移籍の決断にホンダとの提携は無関係と主張「今見ている景色を変えたかった」.

? 琴奨菊が引退会見 目に涙も ダニエル・リカルドは、ホンダと共にチャンピオンシップ奪還に燃えるレッドブルを離れ、ルノーf1チームに新転地を求める事となったが、この決断に満足感を示しており、一切後悔していない。 レッドブル・レーシングを離脱したダニエル・リカルドは、チームとの契約延長を検討するなかで、ホンダのパフォーマンスに懸念を持ったことを認めた。一方で、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンが2019年に大きな成功を収める可能性は十分あり、そうなった場合自分はそれを受け入れなければならないとも述べている。. 概要 リザルト.

エ女王杯 ラッキーライラックV2 アロンソ、マクラーレン・ホンダ加入の選択に後悔はなし。「誰もが期待するプロジェクトだった」, リカルド、ルノーの前にマクラーレンと交渉と明かす。「魅力的なチームだが、復活に時間がかかると判断」, ナンバー2に甘んじる気はないレッドブル・ホンダのガスリー「僕にとって大きな挑戦になる」, 「ホンダの成功はF1全体にとって重要なこと」と元F1ドライバー。タイトル争い活性化の鍵を握る存在, 元F1ドライバー「ルノーは“トップドライバー”のリカルドを迎える用意が整っていない」.

f1. f1. new! 【関連記事】 外国人記者が見る、ホンダf1”活動終了”「ホンダf1は、永遠に終了なのかもしれない」 上位フィニッシュ連続にリカルド自信。 「この進歩が不運だとは思っていないよ。僕は先頭でレースをしたいと思っているし、F1では毎回のレースがとても重要なんだ。だからチャンスを得るたびにそうしているし、速ければ速いほど良いんだ」 new! r .

©2020motorsport.com Japan, F1第20戦ブラジルGPの予選が行われると、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。フェルスタッペンはQ1からQ3まで全てトップタイムをマーク。ライバルたちはその直線スピードの速さに驚きを見せた。, 【エリザベス女王杯】ラッキーライラックが完勝でG1・4勝目&史上4頭目の女王杯連覇達成.