拳銃は兄の形見であるコルト・ローマンを使用。射撃の才能はあるが、獠が香に人を殺させない様に狙っても絶対に命中しないように細工していたため、本人は自分には射撃の才能が無いと思い込んでいた(後に照準を直した銃を改めて獠から渡されている)。但し、この状態でも標的には直接当たらなくとも、周辺の物品を破壊して間接的にターゲットにダメージを与えた。 劇場版「新宿PRIVATEEYES」でもプロのファッションデザイナーから容姿とスタイルを評価され、ピンチヒッターのモデルとしてウエディングドレスを着ている。, 兄の槇村秀幸とは血の繋がりはなく、彼女は義理の妹である。本名は久石香。実の両親は生後間もなく離婚しており、刑事であった秀幸の父が追跡中に事故死した犯人・久石純一の娘。当時赤ん坊だった香は、槇村家に養女として引き取られ、秀幸の妹として育った。 その腕は一流で、銀狐を追い詰め、ミックと対決した時にも奮闘した。依頼人の女性がアパートに泊まる時は、家の中にトラップを大量に設置して依頼人を獠の魔の手から保護する。 ハンマーを振るうところから乱暴なイメージを抱かれがちだが、人当たり自体は決して悪くなく、普段は気さくで人懐っこい。ハンマー攻撃も専ら獠かミックに対してのみ。本質的には優しく、住む世界の裏表に関わらず誰に対しても分け隔てなく接する思いやりを持つ。獠とはライバル関係にある海坊主やそのパートナーである美樹とも仲が良い。野上冴子・麗香姉妹とは友人として好意的に接しているが、冴子は獠に色目を使って利用することが多く、麗香は獠に気があるため、警戒してもいる。 そのとたん眩暈がして香はぽすんとベットに座りこんだ 「熱のせいで体力落ちてんだ、今日は寝とけ」 そう言いながら相変わらずノックもせずに香の部屋の入ってきた男は ベットのかたわらにもってきたトレイを置き香の顔を覗きこんだ 「僚?」 問いかける香に返事をせず僚はぎしりベット� 当初は戦闘スキルが皆無で、危機意識が乏しく獠に守られることに依存していた。しかし、銀狐が再登場するエピソードで、獠にパートナーを辞めるように突き放された際に、「プロ」としての意識に目覚める。海坊主から彼の師であるマイケル・ガーラント直伝のトラップを教わり、免許皆伝を与えられた。

その人としての温かさは獠を皮切りに、依頼人、マリィーやミックなど裏の世界の人間にも多大な影響を与えることになる。同時に物怖じしない度胸と行動力も併せ持つ。 本来は起こりえない事であるが、心臓が移植された香瑩の中に意識として生き続けている。移植により死んで苦しみから逃れようとしていた香瑩の心に変化が起き、組織を脱走して獠の元へ行くことになる。また暗殺者の香瑩が普通の人間として生きることに彼女の心臓も影響を与えるようになった。 @. 5 of the novel series "Picnic". リョウは香を守りきれるのか・・・ 「狙われた香!! 実母は既に他界しているが、後に母に引き取られていた2歳上の実姉・立木さゆりが登場する。さゆりと香は両親が離婚する直前、共に母親から揃いの指輪を買ってもらっている。獠のパートナーとなってからしばらくした経った頃にさゆりが依頼人として香の前に現れ、紆余曲折の末に彼女が実の姉だと知るに至る。 !」<原作 第5話> .

5 of the novel series "Picnic". そのほぼ全てが獠に対するお仕置き用だが幼い頃から自作して愛用し、これでいじめっ子を撃退していた(毎回どこからハンマーを取り出しているのかは不明で、明らかに物理法則を無視した取り出し方をすることもある)。このため、幼い頃は「爆走ハンマー女」と呼ばれていたらしい。

It includes tags such as "CITYHUNTER", "冴羽獠" and more. 根がお人好しであるため、詰めが甘いところもあるが、ポテンシャル自体は高いようで、テロ組織にそれを利用されたこともある。「さらばハードボイルド・シティー」(アニメオリジナル回)では、テロリスト集団「ブラック・アーミー」の現場指揮官に選ばれる。そして催眠術で“セイラ”だと思い込まされ、ブラック・アーミーのボスに操られる形で獠達と対決した。

シティーハンターでは獠が銃に細工をしていたため、正確な射撃が出来なかったが、こちらでは本当に射撃の才能が無かったという設定である。

ハンマーには大抵文字が書かれており、何も描かれていないパターンの方が少ない。このほか連載1周年記念プラチナハンマーや100ギガトンハンマー、アニバーサリーとして話数が描かれているものなど多数のバリエーションが存在する。香以外にもレギュラーキャラクターの女性や依頼人が持っており、これで迫ってきた獠を撃退している。

しかし、物語が進むにつれて自分を「オレ」と呼ぶこともなくなり、言葉遣いも女性らしくなるなど相応に女性らしく成長していき、同性から憧れられていたことを知る高校時代の同級生・北原絵梨子から非常に驚かれていた。 パートナー:冴羽獠  / 義兄: 槇村秀幸  /  養女:香瑩 義理の父:海原神  /  友人:美樹 

師匠である海坊主の影響なのか、重火器を好んで使い、戦闘スタイルはド派手で豪快そのもの。バズーカ砲や重機関砲の乱射、手榴弾乱れ投げに至っては致命傷に成らないダメージで気絶させる器量はあり、周囲は銃撃痕と爆発痕だらけの焦土と化すが、獠や海坊主も「プラマイゼロ」の評価を述べている。

今回は、香初登場の回。 リョウと香の出会いを描いたエピソードです。 「美女蒸発! 【原作後編(恋人編)】冴羽さんがビスチェ+香がスク水着る話です。冴羽さんがビスチェ着ますので、苦手な方はご注意下さい。 リョウ香も参照 獠とは高校時代に一度会ったことがある(その日が3月26日であり、後にこの日を獠の誕生日と決める)。 最初はスイーパーの獠を訝しんでいたが、ある事件を経て彼の人間性を気に入り、兄の相棒として認めた。 It includes tags such as "CITYHUNTER", "冴羽獠" and more.

至近距離からのリボルバー式拳銃への護身法も獠から教えられ、運動神経は悪くなく、素手でも素早い身のこなしで敵を倒した。依頼をこなし場数を踏むうちに度胸もついて戦闘スキルも高くなっている。中盤では刃物を持った素人程度ならあしらえるようになり、終盤では獠なしで重火器や手榴弾を駆使して南ガルシアの諜報員を撃破した。

事故死する直前に獠にプロポーズされており、本作でのふたりの関係は最初から実質的に内縁の夫婦。自分の心臓を受け継いだ香瑩を娘と思っており、獠と共に香瑩の義親となる。 このエピソードはアニメと原作で若干話の流れが変わります。

獠ほど博学ではないが、代わりに流行や最新の時事・芸能的な要素に詳しく、彼に説明することもある。, 基本的に男勝りかつ勝気であり、いわゆるラムちゃんと双璧を成す暴力ヒロインのはしり。獠の「もっこり」には、後述のハンマーや道具などで「天誅」を下すのが「シティーハンター」のお約束になっている。 生年月日は1965年(アニメ版では1967年)3月31日。身長168㎝、B87-W59-H86。年齢は本編初登場時では19歳だったが、最終的には27歳になっている。 危険な世界に身を置く妹を心配したさゆりに彼女の赴任先であるアメリカへ連れて行かれそうになるが、最終的にさゆりは香の意思を尊重し、元のままという形で収まっている。それ以降、さゆりは登場していない。 普段は獠に惚れているが、実は中性的な美男子タイプに弱く、そうした相手の前では顔を赤らめてしまう。 苦しげな声をあげる香も嗜虐心を煽られ、なかなかいい、などと、 愛撫を深くしながら、僚は腐った事を考えていた。 「やだ、もうや・・」 「もうちょいがんばれ」 涙目で訴えてくる香の頬をぺろりと舐め、 僚は更に抗議しようと開かれた唇を早々に塞いだ。 「んっ」 退けそるように背を� ただし、あくまでギャグ要素であり、さしものハンマーも銃の攻撃には敵わない模様。, 最初はド素人だったが、パートナーとして過ごすうちに様々な技術を身につけている。

ショートヘアで長身であること、言動や服装が男っぽく化粧も全くしないことなどから、男やオナベに間違われることも多く、本人もかなり嫌がっていた。高校時代以前は、そのボーイッシュな容姿や性格からタカラジェンヌ的な意味で同性から憧れを抱かれており、ラブレターやバレンタインチョコレートを沢山もらっていた。 ‚¸[‚Á‚ÆŠÅ•a‚ð‚µ‚Ä‚­‚ê‚Ä‚¢‚½‚¾‚낤‚ɁA”æ‚ê‚àŒ©‚¹‚¸‚É“®‚«‰ñ‚鍁‚ðŒ©‚ÄƒŠƒ‡ƒE‚Í‚½‚¾A”÷Î‚Þ‚¾‚¯‚¾‚Á‚½B

師匠:海坊主  /  お得意様:野上冴子 / 実姉:立木さゆり / ご近所さん:ミック・エンジェル・名取かずえ / 幼馴染み:御国真司 親友:北原絵梨子, 神谷薫:別作品のヒロイン。そのお転婆な性格と、主人公の過酷な過去と正体を知ってもなお傍で支えようとする姿勢が共通している。但し香の方が料理上手である。.

‚é‚Å‚à–³‚­A 本名は久石香(ひさいし かおり)。 獠からは普段は女扱いされていないが(詳しくは後述)、依頼人に負けないほどスタイルが良い美人で、化粧をしてカツラをつけると、多数の男にナンパされるほど。 原作程度 sign - - 香のことが大好きでしょうがない、限界MAXのリョウのお話。 excessive love - - リョウが男性からの依頼を断った、そこから妄想したお話。ヤキモチ妬きのリョウちゃんが見られます。 遠国から来たキューピッド 全4話> ・・・ 1. 一人称は基本的に「アタシ」だが、高校時代は一人称が「オレ」で、登場初期も一人称が「オレ」になることがあり、男のような口調で喋ることが多かった。 ※赤い髪の伝説〜7〜前世編は、少し大人の表現が入ります。苦手な方は飛ばして下さいね(^^;), 槇村家が眠れぬ夜を過ごしている頃、リョウの助はそっと屋敷を抜け出し、槇村邸にひっそり忍び込んでいた。, 幼い頃より、お互いに行き来しているので簡単にはいる事ができる。リョウの助は、香の部屋の障子に手をかけ、わずかの音もたてず、ゆっくりと障子を開けていった。, 森の中はフクロウの声や、鹿やタヌキの獣の気配しかしない。それでも、今夜は満月で、煌々と輝く月は木漏れ日のように森を照らす。, 兄ミックの助の話では、明日にも香は大奥へ入る準備の為に、使者につれて行かれるという。それは、リョウの助にとって、とうてい耐え難く、絶対に阻止せねばならない。, ほどなくリョウの助は神社につくが、香の姿は無い。しかし、閉じられた社務所の中から押し殺すような鳴き声が聞こえてきた。, 娘らしい鶯色の小袖を着た香は、その社務所で一人声を殺して泣いていた。槇村邸で涙すれば、兄の秀幸の助が、この縁談を無いものにしようと、無理をするのが目に見えている。, これから生まれてくる赤子や、兄と冴子の夫婦の幸せを思うと、香は自分が大奥に行くしかないのだと決意せざるを得ない。だから、こっそりと今だけ、最後の涙のつもりと、ここにきて泣いているのである。, リョウの助は、社務所の扉を開けると、中に入ってきた。そして、何も言わず香に近づくと、座り込んで動けないままの香りを包むように抱きしめる。, 震える手をリョウの助の背に回す。香は、このように男子と体を合わせるのは初めてで。その圧倒的な逞しい肉体と熱に、背中に回した手に力が籠る。, 『なあ、香。俺は冴羽家の次男坊で、いつか、ここをでていかなきゃならない。そして、おまえも槇村家から嫁がねばならない。』, 『・・・冴羽家はちったあ領土も広がったが、俺が分家するほどの土地は無い。俺は、武士の道を捨てて、商人になるつもりだ。』, そこまで聞いてようやく香は、リョウの助の肩に押し当てていた顔を上げた。その眼は泣き腫らし、夜目にも痛々しい。, 『ああ。大阪で剣術仲間の実家が大きな庄屋をしている。まずはそこに世話になりながら、商売をするつもりで最近は根回ししていたが・・・。』, リョウの助は、実は前々より冴羽家から独立する事を考えていた。リョウの助は、逞しい長身に、二枚目の容貌、さらには優れた剣術家であり、娘しか生まれない武家より婿入りの話が山のように来ていた。中には冴羽家を超す名家からも来ているが、そんな話に乗る気は更々ない。, 女物の鮮やかな反物と、かんざしなどの小物、そして甘味処が一つの屋根に入る小売りの店。これなら、母娘、娘同士と来店しては長く店にとどまって買い物してくれるだろうし、将来的には問屋もしたいと思っているのである。, 『大阪は、徳川の影響が強い。勿論、大阪で一旗揚げる計画に変わりはないが、ほとぼりが冷めるまで、二人で京都に行こう。』, 香は目を見開く。先ほどまで、絶望しかなかったが、今は愛しいリョウの助が自分を抱き抱え、夢を語ってくれる。, 『京都へいっても、徳川の影響は強いだろう。でも、帝の膝元なら、なんとかなるかもしれん。京都にかつて父が命を助けた、西九条家という帝側近の公家がある。そこの一人娘、沙羅は俺もなんどか会った事があるんだ。まだ、沙羅殿は幼いが、西九条家を実際に仕切っているのは彼女だ。きっと、力になってくれる。』, 香は、リョウの助のそんな申し出が、信じられないほど嬉しい。思わず、リョウの助の背に回していた手を強め自分の体をリョウの助に押し当てた。, すると、リョウの助は、右手を香の頬に添え、少し熱い吐息を吐く。香は、そんなリョウの助を見つめ、その吐息を受け止める。, まだ幼さすら残る二人だが、抱きしめあった体は互いの体温を交換し、体の軸が締め付けられるような喜びに侵されていく。, 二人はお互いの唾液を吸い取るように、深く深く口づけし、やがてお互いに着ていた物を脱ぎ去った。実は、夜這いの名人と思われていたリョウの助だが、実際に肌と肌を交わす事はこれが初めてで・・・, リョウの助の荒い息と、香の痛みと歓びから溢れる嬌声が社務所を満たしていく。脱いだ着物の上で、若い二人は必死で交わった。, 香はリョウの助に気づかれぬよう、こっそり白い粉の包みを脱いだ着物のたもとから手繰り寄せ、舌で一舐めする。, 香は両腕で、リョウの助の頭を抱きしめながら、リョウの助を床に寝かせるように横たわると、彼女はリョウの助の口に、自らの舌を深く差し入れて口づけした。, リョウの助は、香の深い口づけを受けながら、薬のような苦味を感じた。が、それ以上に香が深く差し入れた舌と唾液は甘く、この行為を止められない。. なお、エンジェル・ハートにおいても100tハンマーは健在で、彼女の自室クローゼット内に一本備え付けられており、娘になった香瑩に受け継がれた。, シティーハンター / エンジェル・ハート 武器:100tハンマー ™ê‚­‚È‚èAƒŠƒ‡ƒE‚̖ڂ̐F‚ª•Ï‚í‚Á‚½B CH/リョウ香 (現在のメインジャンルです) 基本原作終了後、恋人同士になった甘い2人を描いています。 香贔屓のカプ好きです。CHではBL苦手です。 お転婆娘と顔無しの男/茜ちゃん贔屓な幸若×茜 銀魂/銀新好きの新八総受け好きです。新八が愛されていれば幸せです。… ショートヘアの髪(アニメや映画では茶色か赤茶色に描かれている)に長身が特徴。 【原作後編(恋人編)】冴羽さんがビスチェ+香がスク水着る話です。冴羽さんがビスチェ着ますので、苦手な方はご注意下さい。

!ブティックは闇への誘い」<ch 第4話> 「闇からの狙撃者!

w‚ ‚¢‚‚àˆêl‚̏—EEEE‚¾‚æ‚ȁBx また芯が強く、犯罪者の娘である上に血が繋がった家族とも生き別れになり、唯一の家族だった義兄も殺される暗い過去を持つものの、真っ直ぐに生きている。兄を失った悲しみや辛さを感じさせず、気丈に振る舞う。獠からどれだけ突き放されようとも、彼について思い悩みながらも傍に居られるよう努め、過酷な過去を知った際にも、彼のために誕生日を決めて毎年祝うと決めた。その強さや健気さはマリィーからも認められており、ミックからは本気で惚れられていた。

またかなり男勝りだった前作に比べ、こちらでは母性的で慈愛深い性格になっている。

この回では正確な射撃、トラップの能力など彼女の素での実力が垣間見られる。また戦闘スタイルも豪快ではなく、敵の力量を冷静に見極め、油断をつくものとなっていた。最終的には獠の説得により、正気に戻った。

家事全般や依頼のチェック、依頼人との交渉、調査、お金の管理など、いい加減な獠をアシストするしっかり者。しかし、(数ヶ月単位で閑古鳥が鳴くほど)依頼が滅多に来ないことに加え、獠の依頼の選り好みやツケでの飲み歩き、度々アパートや車が破壊されることなどが原因で、常に金欠に悩まされている。依頼がない時には、冴羽商事を宣伝するビラ配りをすることも。

但し香自身は非常に兄想いであり、血の繋がりこそないものの、彼のことを心底大切に思っている。獠のパートナーになったのも、兄の死への悲しみから逃れるため。また兄(本当は香の実母)の形見の指輪を大切にしている。, リョウ香も参照 槇村家では香が養女であることは本人に伏せられており、香が20歳の誕生日を迎えたら秀幸が真実を話すはずだった。秀幸は知らなかったが、香は高校生の時点で自分が養女であることには気づいており、獠にそのことを話している。

父・久石純一は妻(香の母親)と離婚した後、殺人犯となって刑事であった槇村の父親に追われる中で事故死しており、残された自身を不憫に思った槇村の父に娘として引き取られ、その息子である槇村が義理の兄となっている。後に実父と離婚した実母に引き取られた実姉・立木さゆりが登場する(後述)。 リョウの亡き親友で相棒だった槇村秀行の妹、 それがリョウの最愛のパートナーとなる槇村香です。 .

w‚³[AH‚ׂĂˁB@‘Ì—Í•t‚¯‚È‚¢‚ƁAŽ¡‚镨‚àŽ¡‚ñ‚È‚¢‚Í‚æIx

リョウ「いいさ…。撃てよ。お前がもとに戻らないなら、生きていてもしょうがない」 と香にキスします。 "【シティーハンター】 リョウ×香短編集4 【あほコメディ】" is episode no. 香の言葉はリョウの耳に届かず、今が現実と知るなり夢の内容を思い出していた。 熱のせいで魘された訳じゃないのは分かっていた。 そう、香に男が居ると分かった途端、自分を抑えられないほどの怒りを … 原作程度 sign - - 香のことが大好きでしょうがない、限界MAXのリョウのお話。 excessive love - - リョウが男性からの依頼を断った、そこから妄想したお話。ヤキモチ妬きのリョウちゃんが見られます。 遠国から来たキューピッド 全4話> ・・・ 1. 香が記憶喪失&洗脳されてリョウの命を狙うお話。 第50話の物語後半、記憶が戻りきらず抱き寄せた香に銃口を突きつけられたリョウが. 仕事柄、動きやすい服装をするように獠から言われており、普段はロングスカートを身につけず、ミニスカートやパンツスタイルで行動している。 生前にドナー登録をしていたため、彼女の心臓は死後に移植用として摘出されていたが、その心臓が正道会に強奪され、グラス・ハート(香瑩)に移植されたことから物語が始まる。 またギャグシーンではあるが、獠への怒りなどでとてつもない怪力を発揮し、天誅を下すことも度々。

‚»‚±‚֍‚ªì‚肽‚Ä‚Ì‚¨ŠŸ‚ðŽ‚Á‚Ä“ü‚Á‚Ä‚«‚½B 獠とは互いに意地っ張りであることに加え、獠自身が不器用であること(獠の過去や立場を考えれば仕方のない面もあるが)、香が恋愛面では非常に鈍感であることなどから、関係がなかなか進展しなかったが、作中では様々な出来事や困難を乗り越え、終盤ではようやく気持ちが互いに通じ合う。, 獠の「もっこり」に対しては主に鉄槌「100tハンマー」や刺鉄球付き鎖鎌「こんぺいとうシリーズ」(1〜6号まである)を愛用し、天誅を下している。他にも煩悩退散棒(寺の鐘をつく棒のようなもの)を使ったり、獠を布団でぐるぐる巻きにしてアパートの屋上から吊るしたりすることもある。 獠とは高校時代に一度会ったことがある(その日が3月26日であり、後にこの日を獠の誕生日と決める)。最初はスイーパーの獠を訝しんでいたが、ある事件を経て彼の人間性を気に入り、兄の相棒として認めた。香の男言葉は彼女が獠の言葉遣いを真似したことが始まり。 主人公・冴羽獠の現パートナーでヒロイン。彼の前の相棒であり親友だった槇村秀幸の義妹。

元々は兄の秀幸と二人で暮らし、裏の世界とは全く関わりが無かったが、彼が麻薬組織ユニオン・テオーペ(アニメでは赤いペガサス)に謀殺された事を獠から告げられ、彼の新たなパートナーに自ら志願し、冴羽アパートに移り住む。

手先は器用で、裁縫が得意な模様。獠を模した等身大「リョウちゃん人形」(ストレス発散用)やキーホルダー用のマスコットを自作していた。絵心もあり、冴羽商事のビラのイラストも彼女が描いている。その反面、非常に機械音痴で、事務仕事は不得手。 ‚»‚¤A‰½‚©‚ðŠoŒå‚µ‚½‚©‚̂悤‚ɁB もはや僚の理性はそこにはなく、ただの雄としての本能が香を快楽の世界へと誘う 溢れる蜜の泉に指を差し入れ、内壁を擦り上げる 「ぁぁああ・・・ ん 」 香のナカは想像よりも狭く、指が一本しか入ってないのにぎゅうっと締め付ける このナカに自分の分身が入りきるか心配になるほど狭く 獠とコンピを組む中で彼とアイコンタクトなしでも彼の行動を予想可能になり、息の合ったコンビネーションを発揮できるようになるまで成長した。相手の力量にお世辞を言わない獠からも「シティーハンターというのはな、オレたちふたりのことを言うんだぜ!!」と認められるようになった。, 香瑩の事実上の義母として、獠同様に彼女の保護者になっている。ただし獠と結婚式の写真を撮る道中、車に轢かれそうになった子どもを庇って交通事故で亡くなり、第1話の時点で故人。

髪は物語が始まってからは髪をセミロングには至らない長さまで伸ばしていたが、海原戦の前には決意の表れとしてベリーショートにした。その後は髪が多少伸びている。 ※赤い髪の伝説〜7〜前世編は、少し大人の表現が入ります。苦手な方は飛ばして下さいね(^^;)槇村家が眠れぬ夜を過ごしている頃、リョウの助はそっと屋敷を抜け出し、槇村邸にひっそり忍び込んでいた。幼い頃より、お互いに行き来しているので簡単にはいる事ができる。 獠のパートナーになってからは彼が唯一「もっこりしない女」と公言されていた(実は相棒になる前に一度もっこりした事がある)が、パートナーとして過ごすうちに互いを信頼し、掛け替えのない関係を築くようになる。獠に惚れた依頼人もふたりの関係に入る余地なしと諦めて去っていくことが多い。香の影響で獠は人間らしい温かさを徐々に取り戻しており、アメリカ時代のパートナー達からは驚かれている。 槇村家の養女であることはシティーハンターの時と共通しているが(後に生き別れの実姉・立木早百合が登場する)、こちらでは獠のパートナーになる前に看護師をしていた。獠とも患者として出会い、名前のなかった獠に「冴羽獠」の名前を付ける。(多くの偽造パスポートや免許証の中のひとつにあった名義が『冴羽獠』) 獠と出会う以前は恋愛経験が皆無で、恋愛方面には初心で鈍感。男性から惚れられても、その好意に気づかない。しかし、嫉妬深いところがあり、依頼人などに嫉妬心を燃やすことも多々ある。このため、早とちりや嫉妬からハンマー攻撃をしてしまうことも。

"【シティーハンター】 リョウ×香短編集4 【あほコメディ】" is episode no. ¡‚Ì‹S’n‚Ì—Ç‚¢¶Šˆ‚ÉŠµ‚ê‰ß‚²‚µ‚Ä‚«‚Ä‚¢‚½‚Ì‚¾B

リョウと香の超じれったすぎる恋愛関係 亡き兄の遺志を継ぐ香. 愛の言葉はさようなら(前後編)」<ch2 第3・4話|原作 第117~121話> このエピソードは原作ありのストーリーで、ところどころ設定が変わりますが、話の流れはアニメもほぼ原作通りの展開です。 記事を読む.

敵側からは獠の数少ない弱点と思われる事も多く、敵に何度も捕まっている。縛られることもあるが、その対策としてカミソリを隠し持ち、拘束を自力で解いた事が一回だけある。また牢をハンマーで破ろうとした事も(最終的には隠し持っていた手榴弾で扉を見張りごと吹っ飛ばした)。