RALPH LAUREN, hiromichi “お客様の思いが詰まったご愛用の靴を、より永く履いていただく”ためのお手伝いとして、リペアの受付業務をしています。, 全国から送られるリペアご依頼のほとんどを担当しているファクトリーですが、驚くことにリペア専門のファクトリーではありません。というのも新品のリーガルも横で製造されています。つまり、真新しいリーガルが製造される既製品と同じラインで、リペアを行っているわけです。 ●底の張り替え(オールソール/左右両足):合成ゴム底の場合は13,900~20,500円+税 程度。革底の場合は16,100~25,450円+税 程度。(底の種類で変わります), ※底の張り替えは中底替えを含む価格となります。(EBサイズは1,200円+税が加算されます) 中底替えが不要の場合は、表示価格から4,000円+税 差し引かれます。(EBサイズは4,500円+税が差し引かれます), 詳細は、修理をご希望の靴をリーガル製品取り扱いの販売店にお持ちいただき、ご相談ください。, 【ご注意】 現在、全国のリーガルシューズ、百貨店、靴専門店などから年間約8万足のリペアを承っています。受付センターでは、製造部門や営業、店舗で販売経験のある知識豊富なベテランスタッフが、リペアの受付からファクトリーへの送り出し、また仕上がった靴の店舗への発送業務などを担当しております。 ※底の張り替えは中底替えを含む価格となります。中底替えが不要の場合は、表示価格から4,000円+税 差し引かれます。詳細は、修理をご希望の靴をリーガル製品取り扱いの販売店にお持ちいただき、ご相談ください。【ご注意】 リーガルブランドが得意とするグッドイヤーウエルト式製法を中心に、その利点を最大限に活かすべく、1974年以来、リペア(修理)にも積極的に取り組んでいます。今では、年間約8万足ものリペアを手掛けています。 もちろん中底の損傷程度によっては交換が不要の場合もあります。しかし、古い底をはがしてみなければ、細革や中底の傷み具合が分かりません。「底取り替え」の修理に出される時は、「中底替え」も行われるものと考えて修理金額を予定しておくと安心です。, できる限り純正部品を使い、リーガルの工場にて一足一足をお客様のために修理いたします。 })(); ダンディになりたい!と頑張っていますが、ダイエット、育毛と課題は山積みです(^_^;)まぁ気楽に一歩一歩前進できればいいかな。.

(2)革を良い状態に保ち、艶を出すタイプ 店舗検索はこちら新規ウィンドウが開きます, 百貨店等、REGAL商品を取り扱っているお店でも修理を受け付けています。 ヒール交換で約1ヵ月間、底の張り替え(オールソール)は1~2ヵ月間を頂戴しております。 【ご注意】 修理期間は標準的な期間を表記しております。状況により長くかかる場合があります。 リーガルリペ …

私ども靴業界では“箱”ではなく“函”と記します。漢字としては“箱”の方が一般的ですが、2つの漢字の違いは、一説によると大きめでフタが無いのが“箱”、手紙など大事なモノを入れておくのが“函”。 靴の歴史をさかのぼると、昔は既成靴など無く、靴と言えばあつらえるしかありませんでした。その為、一足で給料の数ヵ月分という時期が歴史的に長くありました。今でも投函などに“函”という字を使いますが、そんな名残りなのかもしれません。, リペア最後の工程が検品です。検品では靴の内部に手を入れて触診、また懐中電灯を照らし異物が靴の奥にないか、左右のバランス、仕上げ等に関して目視でチェックをします。 リペアは、ある意味、新品の靴を作る以上に難しい技術を要します。「リーガル」を大切に履いてくださる方々のご期待に応えるべく、熟練職人の手作業による入念なリペアを行っています。 お母さんといっしょに靴屋さんに行って買った靴、初めて自分のお金で買ったあの靴、プレゼントでもらった大事なあの靴。あの時、あの場所で履いた靴。皆さんもきっと靴に関する “大事な”そして“温かい”、もしかして“ちょっとほろ苦い”想いがあるのではないでしょうか? 靴の購入時の疑問や、購入後のお手入れなど、お客様からのよくある質問をご紹介します。, デザインも重要ですが、用途や利用シーンに合わせた靴選びが何より大切です。ビジネス用か?週末のお出かけ用か?歩く時間は長いか?短いか?さらに路面の状態や 天候、使用頻度等によっても靴の選び方は変わってきます。, 靴のサイズはJIS(日本産業規格)によって足長、足囲、足幅の寸法の組み合わせで表示するように決められています。ただし、靴のメーカーやデザインによって同じサイズ表示でも靴の「足入れ(足のフィット感)」に違いがあります。サイズ表示はあくまで一つの目安とし、実際に両足に履いて足に合ったサイズの靴を選ぶことをおすすめします。また、足に合ったサイズがわからないときは、足合わせの専門家(リーガルシューズでは「モデレーター」、一般の靴店やデパートでは「シューフィッター」)に相談することをおすすめします。, <足の長さ>つま先に歩くためのゆとり(「捨て寸」と呼びます)を持たせてください。つま先のゆとりは1~1.5cm程度が目安となります。, <靴の幅>足の親指と小指のつけ根位置(ボールジョイント部)の幅が靴幅に合っていることが大切です。, <つま先> 新品の際に使った同じ木型を用い、甲の革を木型に沿って引っ張り、ひと釘ひと釘ずつ甲の革と中底を木型に仮り止めします。写真のように、そのひと釘ずつの繊細さが必要とされます。リペアのかなめとなるのが、この木型への甲の革の釣り込み工程なのです。, リペアはヒールやソールの交換ばかりではありません。ステッチ切れやモカのほつれ、サイドのゴムの交換等もファクトリーに隣接する別棟の製甲所でリペアをしています。 var gcse = document.createElement('script'); 2年くらい履いているリーガルシューズのヒールがそこそこ減ってきたのでヒール交換にリーガルショップへ行ってきました。靴底ですが、ヒールの一部以外はまだまだ大丈夫です。ヒールの部分がそろそろ2段目に来ています。2段目に行った 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'). MACKINTOSH リーガルブランドが得意とするグッドイヤーウエルト式製法を中心に、その利点を最大限に活かすべく、1974年以来、リペア(修理)にも積極的に取り組んでいます。今では、年間約8万足ものリペアを手掛けています | regal corporation 「八方ミシン」という360度の方向に針を動かして縫うことが出来る特殊なミシンで、直線・曲線ともガイドも使わず、感覚を頼りに縫っていきます。