Powered by PHP 7.4.10. オークのみでは大きな国家というものは作らず、部族単位で力によって支配された集団を作るが、冥王の意志に隷属しているため、その下では統制された大集団を作る。ただしその中でも小規模な内紛は日常茶飯事のようである。, 洞窟を自分達で拡張した地下都市や、他種族から奪った砦などに住む。ドワーフの住居を奪うこともある。掘削の技能は高く、洞窟に彼らなりの改良を施す。, 星々の時代、目覚めたエルフの存在を察知したメルコール(モルゴス)が、ウトゥムノの地下牢深くで生み出した種族だと言われている。 HTML convert time: 0.411 sec. 狼とは利害が一致した場合は協力して行動することがある。, モリアのオーク、アイゼンガルドのオーク、モルドールのオークはそれぞれ異なるコンセプトの元に、姿が異なるようデザインされている。 2015 All Rights Reserved. ゲーム、コーヒー、料理、ネット上で稼ぐ方法、アウトドア、レザークラフトに興味があります。, どうも。 メロディオブメモリー進めてます。 2時間が限界。疲れるし、飽きる。 で …, どうも。 昨日発売されたキングダムハーツメロディオブメモリー、買いました。 正直 …, どうも。 ボダランプリシーのトロコン目指し中です。 現在は2周目「ロボット軍団を …, どうも。 メインでやってるのはボーダーランズプリシークエルですが、オクトラもちょ …, どうも。 今回もボーダーランズプリシークエルの攻略記事です。 今週はキングダムハ …. 公開順に観ることをおすすめします。ホビットの冒険シリーズは、ロード・オブ・ザ・リング3部作の後に観た方がわかりやすいです。 [1作目]ロード・オブ・ザ・リング HTML convert time: 0.492 sec. トールキンの『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』『ホビットの冒険(ホビット)』関連の単語を網羅したwiki。本サイトはネタバレを含みますので予めご了承ください。 Counter: 15024, 大のロードオブザリングファンの私が個人的な考えを元に強さランキングベスト100というものを書いていこうと思います。以下、このランキングを作る上での条件を記載します。 KASABUTA-ENDLESS , モルドールより送り込まれたオーク達は、廃墟となっていたモリアを占拠し、また霧ふり山脈の山道沿いにいくつも拠点を設けて、ロヴァニオンとエリアドールの通行を妨げた。それらの拠点は2793年から97年にかけてのドワーフとの戦争によってほとんどが滅ぼされた。さらに2941年の五軍の合戦によって、北方に残っていたオークの大部分も殲滅される。 『The Lord of the Rings A Reader's Companion』ではミナス・モルグルの副司令官、またはモルグル王とも呼ばれる魔王の副官と推測している。, 『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』において、ペレンノール野の合戦でモルドール軍の陣頭指揮を執るオークとして登場。左半身が不自由で、顔の左側も醜く変形している。, スペシャル・エクステンデッド・エディションではエオウィンと戦っているが、魔王と戦って負傷したエオウィンに止めを刺そうとしていたところを、アラゴルンとギムリに殺された。, カルグル(ナズグールよりも低級の幽鬼)となっている。 暗黒語はサウロンがオークをはじめとした配下らの共通語となるように考案したものだが、結局は成功せず、語彙などがオーク語に取り込まれるに留まった。ただしバラド=ドゥーアのオークには崩れた暗黒語を話せる者もいた。, エルフを憎み、極度に恐れる。他の種族の全て(あるいは自分の種族も)を憎み、蔑んでいる。主人である冥王も憎んでいるが、その力に抗うことができないため、恐れながら付き従う。アイゼンガルドのオークはサルマンに従属している。

today: 4, プレイヤーがオスギリアスに置かれていたグロンドに破壊工作を仕掛けようとする際に邂逅することになる。その口から語られる正体は、冒険者にとって非常に因縁のある名前モルディリスだった。. today: 12, 『ロード・オブ・ザ・リング』を見ていて主人公フロドにムカついた方々へ。指輪の持つ力とフロドが果たした役目について、もう一度考えてみませんか? 普通の生物と同じように繁殖して数を増やすことができる。寿命の有無は不明瞭だが、暴力的な生涯のために全うすることは滅多にない。 ロード・オブ・ザ・リング・シリーズを見る順番と公開順. 『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』BD/DVDセットが発売中。オンデマンド配信も実施中。, モルグルの副官と呼ばれる者。ペレンノール野の合戦において、モルドール側の総大将である魔王が滅ぼされた後、彼に代わってオスギリアスに待機させていた東夷やハラドリムからなる後続部隊を戦場に投入した。 オークの存在がエルフ達に初めて知られたのは星々の時代も末期になってからで、主人が帰還する気配に呼応するように中つ国の東方に出没して自由の民を恐れさせた。太陽の第一紀にモルゴスが中つ国に帰還してからは、アングバンドに君臨するモルゴスの主要な手勢としてベレリアンドのエルフの諸侯や人間(エダイン)の諸族と戦った。怒りの戦いでは、ヴァリノールの軍勢にほとんどが滅ぼされたが、少数が遁れて生き残った。 『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』において、ペレンノール野の合戦でモルドール軍の陣頭指揮を執るオークとして登場。左半身が不自由で、顔の左側も醜く変形している。

オーク特有の武器として弓なりに湾曲した三日月刀と黒い羽根の矢が挙げられる。オークの刃や矢には毒が塗られている場合が多い。強行軍に役立つ強壮酒や、効能の素早い傷薬など彼らなりに優れた技術も持つが、それらは不快であったり傷跡が残ったりと忌まわしいものである。 第二紀以降は、モルゴスの跡を継いだサウロンに支配され、その下で再び数を増やしたが、サウロンが最後の同盟に敗北すると小さな集団ごとにばらばらになる。だが第三紀にサウロンが蘇ると、再び彼の意志の下で働くようになった。 J.R.R.トールキン教授による、小説『指輪物語』(映画『ロード・オブ・ザ・リング』)、『ホビットの冒険』(映画『ホビット』)などの舞台である世界、“中つ国”などに関連した人名・地名などの用語等を集めたWiki形式辞典です。 モリアでのマザルブルの間のように、知能が低いトロルをオークが利用しているようすも描かれている。, 原作ではゴブリンの呼称が使われていたが、映画ではグンダバド出身のオークとしてアゾグとその配下などがオークの名で登場。ゴブリン町のゴブリンとは、デザインなどでも差別化が図られている。 PukiWiki 1.5.3 © 2001-2020 PukiWiki Development Team.