とはいえ、便宜上、姿を表す際には吸血鬼・ズェピアとしての姿をとる。このときの姿は、金髪で長身のイケメン紳士であり、ドラキュラ伯爵のような大きなマントを羽織っている。普段から眼は閉じているらしく、視覚情報をどう得ているかは定かではない。 実際、別次元では「養父と義娘」という関係となっており、人間的な相性は決して悪くないらしい。 (起訴状の朗読方法の特例) 第二十四条 秘匿決定があったときは、刑事訴訟法 第二百九十一条第一項 の起訴状の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものとする。 この場合においては、検察官は、被告人に起訴状を示さなければならない。 第二十八条  秘匿決定があったときは、刑事訴訟法第三百五条第一項又は第二項の規定による証拠書類の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものとする。… 全文, 語句: 一項, 事項, 営業秘密, 情報, 方法, 明らか, 明らかに, 書類, 朗読, 朗読方法, 構成, 決定, 特例, 特定, 秘匿決定, 秘密, 第一項, 第二十八条, 第二項, 行う, 規定, 訴訟, 証拠, 証拠書類 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (公判前整理手続等における決定) 2  刑事訴訟法第二百九十五条第四項及び第五項の規定は、前項の規定による命令を受けた検察官又は弁護士である弁護人がこれに従わなかった場合について準用する。… 全文, 語句: 不利益, 事項, 利益, 制限, 前項, 十五, 及び, 受け, 受けた, 同様, 命令, 営業秘密, 場合, 実質的, 弁護人, 弁護士, 情報, 構成, 求め, 求める, 決定, 準用, 特定, 犯罪, 生ずる, 生ずるおそれ, 秘匿決定, 秘密, 第五項, 第四項, 行為, 被告人, 裁判, 規定, 訴訟, 証明, 重大, 関係, 防御, 除き, 陳述 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (公判期日外の証人尋問等)  第一作でのラスボスにして、怪奇現象の根源。 二  第二十六条第一項の規定により尋問又は被告人の供述を求める手続を公判期日外においてする旨を定めること。… 全文, 語句: 一項, 事項, 及び, 取り, 取り消す, 定め, 定める, 手続, 掲げる, 期日, 求め, 求める, 決定, 秘匿決定, 秘匿決定若, 第一項, 第二十九条, 第二十六条, 若しく, 行う, 被告人, 規定 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (証拠開示の際の営業秘密の秘匿要請) リーズバイフェ・ストリンドヴァリ 数代後の子孫であり、自身と同じアトラス院の学長に至る才能を秘めた錬金術師。 しかし真ルートでは、赦すことは出来ずとも自身のかつての理想に対し、相応の理解を示している。  特異なパターンとしては、白レンのように『自身の内にある未使用の部分』が顕現するパターンや、リーズバイフェの復活のように記憶の中にある故人を一時的に蘇らせることもある。 「現代の文明の力では実現不可能なもの」は5つと言わず、それこそ幾つもある。 5つの魔法には該当しないが、その奇跡を指して「魔法の域」と言わしめる現象は他にも存在する。, 『Fate/complete material Ⅲ』に記されている「魔法級の効果」は以下。, 以上はあくまで『Fate/complete material Ⅲ』で記されたものというだけで、この他にも「魔法の域」や「魔法一歩手前」などの表現で言い表されるものは存在する。 ワラキアの夜がイラスト付きでわかる! ワラキアの夜とは、type-moon及び渡辺製作所製作の対戦型格闘ゲーム『melty blood』に登場するキャラクターである。 「では、虚言の夜を始めよう・・・」 プロフィール |^身長|180cm| |^体重|67kg| |^3サイズ|不明| |^声優|増谷康紀| 概要 対戦型格闘ゲーム …  それは「自分の計算を覆せるだけの人類の“可能性”」に他ならなかった。, 一定の周期と条件のもとに、一個の共同空間(村や町)に蔓延する恐怖や噂を操作し、それらが特定のルールを持つまでに成長させ、それを増幅させることで噂を現実に呼び出す能力。

例えば、第二魔法の一部再現である「燕返し」と「ゼルレッチの宝箱」が該当するのであれば、同じく第二魔法を限定的に行使する魔術礼装「カレイドステッキ」と「宝石剣」、そして第三魔法を一時的に再現する「天のドレス」をここに挙げてもよいだろう。 聖堂教会の異端審問官であり、シオンと共に自身を滅ぼしに現れた聖盾の「聖女」。  彼が狂った最大の要因は、その大き過ぎた人類愛そのものとも言える。  優秀な牽制能力を持つが、しっかりとマントにも喰らい判定が存在するため、相手からの牽制にも引っかかりやすい。いわゆる判定の大きいデカキャラであるためコンボや固めも抜けづらく、鴨音中段などのキャラ限定の連携も決められやすい。

 人類の未来が恒久であると信じたかった理想家は、あらゆる計算を以って人類崩壊のシナリオを食い止めんと抗った。

死ぬことのない自分に対し天敵といえる異能を有しており、その力の前に敗れた。   「採点してあげよう……リテイク!やり直したまえ!」  「ワラキアの夜」という名は仮称であり、最初に彼という『現象』を目撃した地名に由来している。(現在のルーマニア・トランシルバニア地方にあたる『ワラキア公国』。ドラキュラ伯爵の故郷) 自身の後継者の、ある未来での成れの果て。 魔術では再現できない直死の魔眼も、結果だけでいえばいずれ来る「死」をその場で発現させているだけである。, 人類が未熟な時代には数多くの魔法があったが、それらは文明の発達にともなって、殆どが魔術へと格下げされた。 ちなみにゲーム中の長台詞(例としてラストアーク中の「鼠よ廻せ!秒針を逆しまに誕生を逆しまに世界を逆しまに!廻セ廻セ廻セ廻セ廻セ廻セェェェ!!」)は全てNGなしだったとか。増谷さんパねぇ。, シオン・エルトナム・アトラシア 遠野志貴 現代においてなお魔術協会が魔法と認定している大儀礼は5つで、使い手は4人とも5人ともいわれている。その内容はたとえ協会の魔術師であろうと末端の人物や、そもそも協会に属してさえいない部外者には知らされていない。中でも第三魔法は協会でも秘密にされていた禁忌中の禁忌。, 魔法は根源の渦に直接つながるものである。故に、根源の渦に到達すれば魔法を得られるし、逆に魔法を開発できれば根源の渦に到達することができる。そのため、「根源の渦への到達」と「魔法」はしばしば混同・同一視されている。とはいえ、魔術師たちの本来の目的は「根源の渦への到達」であり、厳密には魔法はそのための手段として得たもの(第二、第三、第四魔法)と、到達を達成したことで結果的に得たもの(第一、第五魔法)とに二分できる。 白レンの生みの親であり、『~Re:Act』での黒幕。  第一作ではラスボスだけあって、投げから10割という鬼畜コンボを繰り出す強烈な性能を持っていた。二作目以降は疑似タタリで呼び出された影響を反映し、ダウナー調整され、中~上位程度にとどまっている。以下はニ作目以降の調整を踏まえた対人戦における性能について言及する。 また『Fate/complete material Ⅲ』の出版より後に登場した、『魔法使いの夜』の人狼ルゥ=ベオウルフもまた、千年クラスの幻獣である。  そのため、『タタリ』空間の中では個人の恐怖を象徴する存在が具現化されたり、逆に実現困難な願望が一時的に叶ったりする。前者の産物が暴走アルクェイド・七夜志貴・紅赤朱秋葉・ネロ・カオス・軋間紅摩であり、後者はメカヒスイ(琥珀の被造物。タタリの影響で『可能性』が増幅されて誕生)・有間都古(八極拳の体得)など。

使徒としての「子」であり、彼女の親友を捕食したことから不俱戴天の仇と看做されている。 ある組織の思惑から、ある人物によって生み出された第二のタタリ。 さらに言えば、同じ髪が赤くなる気丈な令嬢もそれとなく気に入っているらしく、どうも気の強い美人に目がないらしい。  シオンを半吸血鬼にした張本人であり、立場上ではシオンの『死徒の親』(師匠・養父のようなもの)という関係にある。同時にシオンの盟友であるリーズバイフェを葬ったことから、シオンにとっては許しがたい仇敵となっている。 蒼崎青子 吸血鬼 死徒二十七祖 白レン それぞれに自我が強く、三咲町を自分なりに蹂躙していく。  ――――だが、そもそも最悪のシナリオの原因は、自分が救いたい人類側にこそ存在すると気がついたとき、彼の憤怒と絶望と悲嘆は如何許りだっただろうか。 第二十四条  秘匿決定があったときは、刑事訴訟法第二百九十一条第一項の起訴状の朗読は、営業秘密構成情報特定事項を明らかにしない方法でこれを行うものとする。この場合においては、検察官は、被告人に起訴状を示さなければならない。… 全文, 語句: 一条, 一項, 事項, 十一, 十四, 営業秘密, 場合, 情報, 方法, 明らか, 明らかに, 朗読, 朗読方法, 構成, 決定, 特例, 特定, 秘匿決定, 秘密, 第一項, 第二十四条, 行う, 被告人, 訴訟 区分: 不正競争防止法 (法不), 全区分, 第六章【刑事訴訟手続の特例】, (尋問等の制限)

 その応用、規模、威力ともに強大であり、便宜上は「固有結界」に分類されるが、実際の特性はもはやその範疇にとどまっておらず、同カテゴリーから除外されることも。  そもそも自身が『現象』であるため、後述の「タタリ」の影響によりどこかの邪神様のごとくいくつもの姿と形を持ち合わせている。  共同空間内の噂が具体的、かつ共通点が多いほど悪性情報と呼ばれる発生条件は成長し、そのポテンシャルは無尽蔵に増幅されていく。逆に、噂が多すぎたり具体性が薄かったりすると大した脅威にはなりえない。  元々はズェピア・エルトナム・オベローンという錬金術師であり、世界三大学院の一角であるアトラス院の学長に就任したほどの逸材。しかし、研究の果てに『世界は終わる』という【答え】を知ってしまい、死にゆく世界を救うべく八方手を尽くすもすべて失敗に終わる。それでもあきらめきれず、吸血鬼となって自身を強化し、第六法と呼ばれる奇跡に戦いを挑むも敗北。その結果、肉体や精神が霧散し、あらかじめ用意していた『タタリ』の式により現象へと変貌を遂げる。 一  秘匿決定若しくは呼称等の決定又はこれらの決定を取り消す決定をすること。