大戦シリーズ最高峰のアーケードゲーム「三国志大戦」の公式サイト。大型バージョンアップし、更に、対戦が熱くなる!初心者向けのモードも充実!最新のお知らせやプレイのコツなど攻略情報はこちら。 戦略ノ章をクリアするごとに戦績に応じてカード数枚&DS専用カード1枚をゲットできる。, このゲームでは人間のような動きは非常に難しいらしく、代表的な動きは以上のようなものである。復活即進軍である為、対人の感覚としてはワラワラデッキを相手にした時のような感じと思えばわかりやすい。, そもそも士気差という概念が有効なのは、どちらも8コスト・城ゲージも同じ、つまり「双方に与えられた落城までの時間がまったく同じ」という同条件の場合である。コスト差や部隊差が大きく隔離し、更には城ゲージにも差が生まれる練武や戦略の章においては、士気差は余り気にしなくても良い。それは極端な話、士気差が12あっても(自分が12で相手が0だとする)、コスト5.5の戦力でコスト13.5の軍団には、英傑号令や八卦・機略2度掛けでも、まずどうにもならないという事実からも分かる。, また、城ゲージが無い状態で攻められる事も多い為、大きな計略を使う前に負ける事も多い。道中入手できるカードもある程度は決まってはいるが、勢力なども二色三色当たり前の事も多い。時間と最大士気の都合上、士気3~4で部隊格差をひっくり返す計略が重要なのである。, コスト不足、士気上限などの制約が多い為、対人戦では使用頻度の低いカードが意外に役立つ事が多い。, 超絶強化と違い、妨害計略での武力低下はそこまで大きくない上に、全般的に士気が重い(士気6の計略が多い)。移動力低下は、コストが対等な対人戦では非常に有用であるが、コスト格差の大きい状況ではあまり役に立たない。Rホウ統(連環の計)、R賈ク(離間の計)や号令がイマイチ使い勝手が悪いのは気のせいではないのである。ただし、群雄R賈クのように、出場時間を遅らせる計略(後述)や、UC董白の退路遮断は(状況に拠るが)有用である。, 呂布の他に壁となる武将はそこまで多くはないが、先人の報告が多く、特記するべきは以下の武将たち。, ダメージ計略なら、落雷よりは水計や火計が良いだろう。できれば他の魏軍武将も巻き込みたい。, 撤退した後の復活は兵力が100%になるタイミングで出てくる。復活して兵力が100%になった順番に出撃する。, ある程度兵力が減ると引き返す。毒など兵力が減る計略を受けても引き返す。攻城守備ローテーション時で引き返して戻ってくる場合も、兵力100%になるまで出てこない。, 舞姫と大流星などは、どういう状態であろうが優先して潰しにかかる。弓は100%舞姫にロックオン。, 計略は単体強化(含む超絶強化)や低士気計略を優先して使う傾向にある。号令系や士気6以上の計略の使用頻度は低い。, 味方が戦場にいる時...基本的にはこちらに攻撃してくる。一部隊だけ攻城にくる可能性が高い。歩兵と攻城兵が特に狙われやすい。, 味方が戦場におらず、城に生存している時...一部隊だけが攻城してきて、弓兵以外は戦場をうろうろする。この時、味方を左端から出したら右にいる部隊が攻城してくる。また、歩兵はなぜか全員城に張り付いてくる。黄巾軍の歩兵軍団にたまにやられる。, 敵騎兵...こっちに向かってくる。味方攻城時に敵部隊が余っている時のみ、効果的な連突をしてくる。基本的に迎撃は取れるので、倒すのは楽。, 敵槍兵...こっちに向かってくる。味方攻城時に敵部隊が余っている時のみ、効果的な槍撃をしてくる。オーラ騎馬で近づくとほぼ確実に迎撃を取られる。倒すより戦場を振り回した方がいいかも。, 敵弓兵...こっちに向かってきつつ、範囲に入ると射撃する。近づくと逃げる。柵の後ろで待機して攻めてこない奴もいる。, 敵の初期配置は決まっている。特に戦略の章は8か9か所しかない。伏兵や許緒などの位置を知っておくと非常に楽になる。, ダメージ計略全般(三色以上では士気7計略が使えず、また溜まる前に落城する事も多い), 移動可能になった「陥陣営」は城ゲージが減ったままの都市に攻め込まれた時の防衛に真価を発揮する。また城攻撃力も上がるので、騎兵とは思えない城ダメージを与えられるのは爽快。, 防御時においては自城ゲージが削られた状態で戦闘が始まるこの戦略の章では、攻撃のみならず防御にも使える非常に万能な武将である。その際の陥陣営による武力上昇は、半端な武将は簡単に蹴散らせる。使用士気も3と非常にリーズナブル。誰を入れるか迷ったらとりあえず入れておくと良い。伏兵と荀イクさえなんとかすれば、高順一人で10コスト超の敵を落とせるだろう。, 意外にも長槍は万能。DSでは槍激も出しやすく、ザコ兵ばかりならコレだけで一気に殲滅可能。普段は止まる突撃騎兵もあっさり刺せる。, DSでは操作の都合上、実質的に戦闘で縦横無尽に使える騎兵は1部隊程度となるが、その中でも一人用モードではラグが存在せず、COMは馬マウントに対して非常に弱い(攻城妨害を優先するので迎撃を食らう可能性が非常に低い)おかげで、神速戦法持ち騎兵は一人いると制圧力が大幅に上がる。, 弓兵を召喚できるため、頭数の足りなさを補い弓兵マウントも取りやすいのが魅力。自分がマウントしながら援護兵で攻城したり、その逆も可能。回復陣など、うまく扱えば援護兵が死なないで済む上、援兵で乱戦させ横弓など攻守に役立つ。序盤の戦略の章では彼+奥義で落城させる事も可能。, バグで御馴染み乱れ撃ち。攻城中の後方支援や守備にも使える上、士気が4と使いやすい。多色になるが、麋夫人+遠弓or回復陣との相性はかなり良い。, ご存知士気2の高速衝車。開幕乙から連環とのコンボまで、一瞬の隙で落城まで持っていける優良コモン。, 強い事は強いのだが、コストが重い。どちらかというと、8コスト揃っている状態で強さを発揮する号令タイプであり、彼一人で何とかなるという事はあまり無い。, 前者2人はどちらも攻めの時には低い士気で武力を上げられるのが魅力。無論高順との相性も最良。, 攻城力が上がる特攻戦法持ち達。敵城の落城が重要になる戦略において、ひとつでも入れておくと攻略しやすくなる。, 攻める分には申し分ないが、CPUの特性上、舞姫を全力で倒しに来るため、高コスト軍団相手には使いづらく、特に自城を大きく削られている守備時には何も出来無い事も多い。初心者にはあまりお勧めできない。コスト1、柵持ち、必要士気4は評価できる。, 防戦用。「暗殺の毒」がかかった敵部隊は例え自身が強化計略を使っていたとしても「帰城すること」を最優先に行動するので時間稼ぎになる。なお、「天啓の幻」や「漢の意地」の効果中にかけたとしても帰城する。また、この「帰城する」行為は「現在の兵力・場所から帰城を始めたときに毒の効果で撤退しない」時のみ行うようだ。, 火計と落雷は、水計と違い方向が自由に変えられる為に使いやすい。コスト・兵種がバラバラなので、他の面子次第で柔軟な選択を。, 機略などの号令は、DSの仕様上複数の騎兵などを広く展開することが出来ず、号令の利点である強化して散開→各個撃破がやりにくい。号令で有用なのは、八卦の単体強化と、士気が非常に重いが部隊格差を覆せる桃園がやや有用であるが、コストなど足並みが揃う事が条件である。侵攻用と言える。, 部隊格差が激しい為、あまり妨害が有効な場面は少ないが、その中でもR賈ク(群雄)は、弱体化に加え復活時間延長、必要士気5と妨害系の中では特に使いやすい。, 部隊格差を解決する計略に超絶強化があるが、SR呂布はコストが重い上、士気が無く伏兵のいる可能性のある開幕時の劣勢を覆す力は低い為に、意外に使い辛いカードである。, 槍兵の超絶強化は守備時には役立つが、移動速度の関係から殲滅力が乏しいのが難点。ただ、士気が軽いので防戦には有用。, 自陣張りも、MAXまでためられればその後は安心して守れるが、真の強さは敵陣張りである。属性を揃えれば開幕で打ってもそれなりの時間続くので、攻める際にも使いやすい。操作枚数に限界があるこのゲームにおいて、高武力部隊でのマウントとの相性が非常に良い。陣は狭いが、DSの仕様のおかげでアーケード版より実は広い。, 部隊格差をひっくり返す事が出来る奥義で、強い事は強いのだが、範囲の狭さと陣を張る場所を間違えると意味が無い事に注意。, 攻め側での七星祈祷は優秀。落城が必要なので兵力回復は強く、上限突破なので無駄にもなりにくい。, 防戦の際も増援系計略なのでムダにはなりにくいが、あまりに隔離した部隊差にはどうしようもないので留意しておく事。, 陣略目当てであれば、溜まる時間がかなり遅い関係上、知勇陣持ちを使ったほうがいいかもしれない。, 部隊格差を物ともしない戦略の章向きの軍師なのだが、逆に言うと、「長槍以外のデッキには向いてない」軍師でもある。, 槍の代わりに弓を並べるのがR呂蒙で、これまた操作の関係からDSならではの軍師。ただし、長槍ほど強くはなく、相手武将を止める能力は長槍に劣る為、意外に脆い。, 相手のコストが高く、自分達は少ない人数・コストで戦う場面も多いこのモードでは、押しつぶされた後に再起を使っても間に合わなかったり、また押しつぶされたりすることもしばしば。, 舞姫が舞う場所の前あたりに極炎を配置し舞う。敵城も削れて(゚д゚)ウマー突っ込んでくる連中はお供で排除。, 極炎の代わりに回復陣や遠弓陣でも良い。回復陣の場合は、護衛の槍と、殲滅用の弓を多めに。. 三国志大戦Mの序盤の効率的な進め方を掲載。序盤のUR武将の集め方や、各コンテンツの解放要素、毎日やるべきことなども紹介。三国志大戦Mの序盤を攻略する際の参考にどうぞ。.

戦略の章で最も注意しなければならない武将筆頭である。 三国志大戦に慣れていない初心者を蹂躙する武将の一人。 武力10+/知力1とピーキーな能力で、対人戦などでは対策も多いが、 通常のプレーと違い、落城が目的である戦略の章では長期戦が必須な上、 魏にかなりネタっぽいですが、勢力問わずに武力を下げて征圧を上げる武将が来たんでこれもコンボ用にちょっと気になりますね。, >七歩之才さん 象が遅くなって戦処女の速度制限も緩くなりましたね。青2個以上のSR趙氏貞が救済された… 6-1・イベントr劉備を入れてスタート劉璋撤退前にr劉備uc法正c孟達を同じ領地に置くsr関羽を使い黄忠と戦闘uc張飛を使い馬超と戦闘uc張飛を使い厳顔と戦闘簡 ... | 三国志大戦・天の攻略「簡易版・戦略の章攻略6」を説明しているページです。 流石の大型verUPなので幾らでも見るところが有りますねー。, いつも参考にしてます、ありがとうございます 戦略の章で最も注意しなければならない武将筆頭である。 三国志大戦に慣れていない初心者を蹂躙する武将の一人。 武力10+/知力1とピーキーな能力で、対人戦などでは対策も多いが、 通常のプレーと違い、落城が目的である戦略の章では長期戦が必須な上、 法具装は作る時の宝玉量も安くないから付け直しもしたくないし、事前にどんなものか知っておきたいですよね。 」と呼称します。, ・フレンド機能:フレンド同士でのカード共有・動画共有・戦績の閲覧, ・.NETプレミアムボーナス:プレイ状況や.NETのログイン状況に応じて褒賞獲得, ・昇格記念動画:特定の階級での昇格時、自動的に「戦いの記録」を保存. 新袁紹ですが、士気バックは8が上限のようです 新しく追加される様々な要素はこちらをチェック! 5枚か4枚編成かで四苦八苦してます, >くまじさん © SEGA © HK HERO ENTERTAINMENT CO., LIMITED. 三国志大戦のデッキ作りのルールは2つ。「8コスト以内であること」「同名武将がいないこと」の2点だけです。 あとは自由自在に自分の武将カードを組み合わせてデッキを作りましょう。 ここではほんの一例ですがデッキの組み方をご紹介します。 šã«é˜²æŸµã‚’配置する, 自軍の城内での兵力回復速度が上がる. 新規カードで始める場合、最初に「三国志」の由来である三か国の勢力から好きな勢力を選び、その勢力のカードを3枚入手する事になります。また、ここで選んだ勢力が、プレイモード「初心の章」での報酬排出カードの勢力にもなります。 特にその二つは効果量もわかりにくくてちょっと法具に付け難いところがありますし。, お初です。Ver2.00Cでも蜀軍の大攻勢は実はまだ他より短いのはご存知ですか?

四枚バックが限界だと編成も悩ましいですねこれは。, 検証お疲れ様です 「三国志大戦」初の大型メジャーバージョンアップVer.2.0.0が2018年8月7日に稼働!! 6-1・イベントr劉備を入れてスタート劉璋撤退前にr劉備uc法正c孟達を同じ領地に置くsr関羽を使い黄忠と戦闘uc張飛を使い馬超と戦闘uc張飛を使い厳顔と戦闘簡 ... | 三国志大戦・天の攻略「簡易版・戦略の章攻略6」を説明しているページです。 三国志大戦Mは、神将訪問(レアガチャ)の「神将降臨」を累計10回引いた際に、1度だけUR武将が確定出現する。ゲームを進めれば入手できる「杜康酒」や「金貨」でガチャを引けるので、早めにUR武将を手に入れよう。, 初回チャージの特典で入手できるUR武将「呂姫」は、イラストも美麗ながら高い戦闘能力を誇る。最低課金額の120円から入手可能であり、序盤における攻略が格段に楽になるので、一度だけでもチャージして入手しておこう。, ログイン3日目に、「七日祭典」の特典で、UR武将を入手できる「君主宝箱」を獲得可能。使用するとUR武将の劉備・曹操・孫堅・袁紹から1体を選んで加入させられる。, 「七日祭典」は、ゲームスタート日を含めて7日間限定のミッションイベントだ。1日経過ごとに複数のミッションが追加され、達成すると大量の銅貨や育成道具を入手できる。さらに、3日目にはUR武将も獲得可能だ。, また「七日祭典」の項目は多数のコンテンツに触れるので、目標達成ごとにゲームへの理解も深まる。三国志大戦Mのシステムを習熟しつつ、報酬を得ながらスピーディーに攻略するのがオススメだ。, フレンドの招待コードを入力すると「兵糧袋」と「銅貨」×10万を獲得できる。序盤の攻略に役立てよう。, ストーリーを進めると、SR武将の呂蒙・張遼が加入する。最初からいる小喬と合わせて、序盤では貴重な戦力となる。ストーリー3章中盤までは武将が育ってなくても攻略可能なので、早めに仲間に加えよう。, 三国志大戦Mでは、君主レベルを上げてストーリーを攻略するたびに、新たなコンテンツが解放される。強化要素も合わせて増えていくので、武将強化には欠かせない。, また、「七日祭典」の達成にも解放コンテンツは必須だ。ストーリー6章辺りから難易度が急激に上昇するので、解放したコンテンツで武将や装備の強化をしっかり行おう。, 最序盤ではストーリーの宝箱から経験券を回収できるので、UR武将中心に使用してレベルを上げよう。, また、君主レベル22に到達すると「経験訓練」が解放。1日3回の挑戦制限があるが、大量の経験券を獲得できるようになる。, ストーリー1章クリア後に、武将は「突破」が実行可能となる。突破した武将は回数に応じた+値が表記され、戦力が目に見えるほど大幅に向上する。, なお、各武将レベルを上げるほど突破上限回数も増加するが、+3までは突破丹のみの消費で行えるので、行き詰まったら積極的に行おう。, 武将レベル14に到達すると「日常任務」が解放される。いわゆるデイリーミッションであり、項目を達成するごとにスコアを獲得。一定値に到達すると報酬を得られる。, 特筆すべきはスコア100達成報酬の「精鋭の証」で、課金チャージでしか上昇しない「精鋭レベル」の経験値を獲得できる。精鋭レベルが高いほど様々な特権が得られるので、課金を抑えたいプレイヤーは欠かさずにこなそう。, Copyright (C) 2015 神ゲー攻略 All Right Reserved.

青3揃いのSR趙氏貞も問題なく運用できるようになりました。 蜀軍と呉軍、蜀軍と群雄で後打ち先切れし、どうも1秒ほど短いようです。, NITROさんの記事は知名度が高いので、何かの折に記載してくれたら認知度が上がりそうです。, >南さん 流石に情報量が多すぎてなんかとりとめのない感じになってしまいました。

征知の法具追加で、龍の怪力が下方された感じですかな。 三国志大戦・天 初心者用 3合目 ... 戦略の章はkoei版三國志のような陣取りウォーシミュレーションだが、領地争奪の戦闘が三国志大戦のものとなる。 編集についての注意 基本方針は、 書き加えるのはお気 … ありがとうございます、こちらでも確認しました。 大型アプデの初日は厳しいですw, >楊狐さん 征知の法具中なら連続で最大3回は怪力が使える感じですね。 三国志大戦mにおける序盤の攻略情報について掲載。効率的な進め方や各コンテンツの解放・要素なども紹介しています。三国志大戦mを攻略する際の参考としてご活用ください。

龍の怪力使っているので法具含めて瞬発力で勝負しようと思います, >Akkyさん ver1.2.0Cで同時に修正受けた神速攻勢も効果時間が戻っていたのでちょっとミスと言うか邪推してしまいますね。 今後は主将器速度だと青1個以上で刺さる…と。覚えておきます。, >221さん

初心の章をクリアしたらクリア報酬という名目で予約印刷にver1.0.0のカードが7枚も入り込んで来ました。 ワンポイント:予約削除できるのは登用・交換掲示板で登録保留したカードのみで、ねじ込まれるカードの順番は後ろにできても消せないぞ! 初心の章 2コストにして武力は6と号令持ちである点を加味しても低く、征圧力3と防柵・魅力の2特技でカバーする形のスペック。 将器は武力の低さをカバーする攻撃力上昇、守備に適した守城術、汎用性に優れる遠弓術といずれも有力。 次に何か書く際は蜀軍について触れてみようと思います。, また、桃園への参加には Twitter アカウントが必要となります。事前に Twitter アカウントの取得をお願い致します。. まだまだ足りないのでお気になさらず、

全然気づいてませんでしたが確かに蜀軍は1秒短くなってました。ver1.2.0Cで全部一緒になったのにまた戻したんですね。 三国志大戦・天情報まとめwiki @メニュー ... 戦略の章のクリア報酬になっているカードは、 その章をクリアしても初期ハイスコアの5000点を上回っていないと貰えないので注意。 DS専用カード/魏 ... 戦略の章6 … 三国志大戦mにおける、ストーリー第二十一章「分かれし道」についてまとめている記事となります。第二十一章に苦戦している方は是非参考にしてみてください。 1.35倍速以下の強化があまり無いので計略固定で覚えちゃっても良いかもしれないですね。, >新皇さん