上弦の月や下弦の月という言葉は耳にしたことがある方も多いと思いますが、どちらが上弦で、どちらが下弦なのか忘れがちになります。, 上弦の月や下弦の月は名前のニュアンスからもわかると思いますが、月の満ち欠けが大きく関係しており、スピリチュアルな観点でも上弦の月と下弦の月で運気が変わるとも考えられています。, 上弦の月や下弦の月について最初に簡単にご紹介するとこの2つとも先程にも触れたように月の満ち欠けが大きく関係しています。, 特に上弦の月、下弦の月は半月でもあり、見分けがつきにくいのですが、月の出や月の入りなどを把握する必要性があります。, 上弦の月の向きと下弦の月の向きは混合してしまうことが多いのですが、上弦の月は上の写真のように右側が見えているような状態で、左側が隠れている状態というとわかりやすいです。, この向きについては正中のときは最も分かりやすいのですが、上弦の月は昼間に出て、夕方に正中し、深夜に沈むような流れになります。, こちらは意味や由来と大きく関係しているのですが、文学的な書物を読む際に登場することが多いので、ご参考いただけたらと思います。, 上弦の月は旧暦の太陰暦が関係しているのですが、上旬・中旬・下旬が大きく関係しています。, 上弦の月は意味でもご紹介しましたが、1ヶ月のうちの上旬に現れ、旧暦の7~8日に現れると言われています。, また、月の満ち欠けの姿を弓の「弦」の形に似ていることからこのような上弦の月と呼ぶようになったとされています。, そのため、上弦の月をわかりやすく見ようと考える場合は昼間から夕方にかけて見るのがおすすめです。, この点からはややスピリチュアルな話になっていくのですが、上弦の月や下弦の月など月の姿によって縁起の良さがかわるとされています。, 上弦の月の縁起についてご紹介すると、上弦の月は縁起はあまり関係ないとされています。, 上弦の月、満月、下弦の月へと月の満ち欠けが進むのですが、上弦の月よりも十三夜の月の方が縁起が良いとされています。, 上弦の月はスピリチュアルな観点でご紹介すると、物事を行うのにおすすめの時期とされています。, 判断力が冴えやすい時期としても考えられ、目標を明確にすることによって困難に立ち向かう力がつくとされています。, 体調も良くなることが多いのですが、エネルギーをより多く吸収しようとする時期でもあるので、暴飲暴食などをしてしまうと太ってしまう場合や体調を逆に崩してしまう原因にもなるので注意しましょう。, というのも、先ほども挙げたように、上弦の月はエネルギーが増していく時期でもあります。, そのため、願い事をするよりも、考えを何かに書き出して、実際に行動していくことが大切とされています。, 上弦の月についてたくさんご紹介しましたが、上弦の月はできれば行動力を意識して生活するのがおすすめです。, パワーに満ち溢れていく時期でもあるので、ここのパワーを無駄にしてしまうと、成功する生活は遠のいてしまいます。, そのため、できればアクティブな過ごし方がおすすめなので、普段しないことに挑戦してみるのもおすすめと言えます。, 上弦の月はエネルギーが満ちるのですが、運気を吸収するため体調も良くなる時期と考えられています。, ただし、上弦の月は決断するタイミングでもあるのですが、この決断を少し渋って考え込んでしまうと逆効果になるとされています。, そのため、複雑に考えすぎず、自分で切り開いていくことをイメージして生活するのが好ましいです。, こちらは上弦の月についてご紹介したことからもわかると思いますが、上弦の月は恋愛パワーが高くなっている時期でもあります。, 下弦の月も文芸作品などで登場してくることが多いので、ぜひご参考いただけたらと思います。, 下弦の月は上弦の月と反対と考えれば覚えやすいのですが、左半分側が明るい状態のことを指します。, こちらは上弦の月からも分かりやすいと思いますが、「下弦の月」と書いて「かげんのつき」と読みます。, また西の空に沈む際に、月を弓に見立てて、弦が下向きに見えることからこの下弦の月という名前がついたとされています。, そのため、綺麗な状態で見ようと考えると深夜から明け方にかけて見るのが好ましいです。, 上弦の月ではそこまで縁起が良いことは少ないことをご紹介しましたが、下弦の月はどちらかと言うと縁起が良いと考えられています。, 十三夜の月が1番縁起が良いとされているのですが、十三夜の月の次に縁起が良いとされています。, 上弦の月では物事に対して行動するのが好ましいとご紹介しましたが、下弦の月は実際にその考えた物事をしっかりと本質を捉えて行動するのが好ましいとされています。, 物事をリセットするのにいい時期ですが、怪しくい話も寄って来やすいので、注意しましょう。, ただし、このお願い事もできれば物事の本質をしっかりと把握して願い事をするのが好ましいです。, 下弦の月から新月にかけて行動すると吉とされていますので、ぜひ願い事がある場合は慎重に物事に対して考えるようにしましょう。, 上弦の月は行動を行うのがおすすめとご紹介しましたが、下弦の月は一旦物事などをリセットして慎重に捉え計画を立てていくのが好ましいとされています。, 下弦の月はできれば新月にかけて良くなっていくので、慎重に行動して運気を蓄えていくのがおすすめです。, 上弦の月や満月のときで行動した結果が実る時でもあるのですが、悪いことをすれば当然返ってくるので、すべての行動の結果が現れやすい時期でもあります。, 下弦の月はどちらかと言うと恋愛パワーはややおさまっていると考えたほうが好ましいです。, しかし、新月に近づくほど運気が良くなるので、新月に向けてこれから行動起こすために計画を立てていくのもおすすめです。, 月日の流れを指す言葉としても使われることが多いので、ぜひご参考いただけたらと思います。. 確認してみてください, 「自分が生まれた時の月相はなんだろう?」という人は、こちらのページをチェックじゃ!調べ方を詳しく紹介しておるぞ, 星読みテラスは、星読み初心者がホロスコープの読み方をわかりやすく学べるサイトです。「占星術を勉強するのは初めて」「ネイタルチャート(一重円)が読めるようになりたい」という方に向けて、役立つ記事を公開中!サイト監修は占い師歴約25年のかげした真由子先生。. シロモノじゃ!ほかにはないわかりやすさじゃぞい!, もし届いていないときは迷惑メールフォルダに Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 月相占い(ルネーション占星術)で自分の性質がわかる . (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. すべて投げ出したくなるような日もあるかもしれません。, しかし、立ち止まったり自信を失ったりしても、再び歩き出せる強さを秘めているのがサードクォーター生まれの人です。, 諦めそうになった時こそ、自分の軸となる部分にある使命感を信じて、諦めることなく進み続けてください。, さらにサードクォーターの人は8つある月相の中でももっとも仕事運が強いことが特徴です。, たとえ、若い頃に数々の苦労や挫折を経験したとしても、その経験はあなたを一回り大きく成長させてきたはず。, 次に同じようなことが起こったとしても、今までの経験を応用することで楽に乗り越えられるようになっていることでしょう。, 若い頃に辛抱強く修行を積むことが、晩年に役職ある仕事についたり、組織のリーダーとして大勢の人を取りまとめたり、その道のプロとして大成し、結果社会に貢献することにつながるでしょう。, 自分よりも経験が豊富な年上の人、社会的地位のある人とつながったり、自分の才能を知ってもらう機会を作ったりすることも、人生の可能性を開く鍵となります。, \星よみ協会の無料講座開催中♪/ 地球から月を見ることはできません。, ニュームーンの人は月が支配する無意識の領域のほうが大きく、本能的、直感的に行動する人が多いでしょう。, 周りからどう思われるかといったことを気にせずに、自分の感じたままに生きる強さや純粋さを持つニュームーンタイプの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, クレセントムーン(三日月)は闇が支配していた新月から少し時間が経過し、月の一部に太陽の光が当たっている状態。, つまり月が支配していた無意識の領域に、少しずつ太陽が象徴する意識が芽生え始めたタイミングです。, まだまだ細くか弱い月の光に「これでいいのだろうか」と心もとない気持ちを持ちつつも、あなたの中に生まれる「こうしたい!」という衝動を抑えられずにいます。, 生き生きとした生命力に溢れ、自分の才能に無限の可能性を感じているクレセントムーンタイプの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, あなたが生まれたとき、光と闇のコントラストによって美しく輝く半月が昇っていました。, ファーストクォーター(上弦の月)は、月の表す無意識と、太陽の表す意識が同じだけあなたの中に同居している状態です。, もしかしたら、心の揺れ動きが激しくて、自分の気持ちを持て余し気味の人もいるかもしれません。, さっきまで自信にあふれ颯爽と行動しようとしていたのに、ふとしたことがきっかけで急に自信がしぼんでしまい、何もできなくなってしまったとか。, 自分には無理かもしれない、と思って尻込みしていたことも、少しやってみたら急に力が湧き出てきて、あっという間にやり遂げてしまったとか。, そういった自分のうちにある葛藤を乗り越え、確実に自分の力で物事を成し遂げていく底力を持っているファーストクォータータイプの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, 満月まであと一歩というその不完全さが生み出す絶妙な美しさに人々は古来より魅了され、十五夜と同様に月見をする風習があります。, ギバウスムーンでは、月が表す無意識の領域より太陽が表す意識の方が大きくなっています。, 現状に満足せず、自分の可能性を常に追求しつづけ、より高い理想に向かおうとするギバウスムーンタイプの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, 人は誰しも、夜空に満月が昇っていると思わず見上げ、その美しさにしばらくのあいだ目を奪われるでしょう。, フルムーンの人も同じように、人から注目され褒め称えられたいという願いを持っています。, 無意識の領域も意図的にはっきりと見ようとしているため、フルムーンの人は自分自身を客観的にとらえようとします。, 自分が目指す理想を実現するためにしっかりと努力もしますし、決して幸運や偶然にすがるようなことはしないでしょう。, 天性の華やかさ、人の目を惹きつけるオーラを持つフルムーンタイプの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, そんな満月という完成を迎えるまでのワクワクした、ある種の緊張感も感じさせる時期は通り過ぎ、満たされきったあとのゆったりとした感覚に溢れているのがディセミネイティングムーンの人です。, 一度全てを光に照らされ意識的に目覚めたあとなので「自分」に対する執着が薄くなってきています。, むしろ、それまでに自分が得てきた経験や知恵といったものを人々へ分け与えたいと願っています。, 自分が持っているものを躊躇なく人々へ与え、深い愛情と優しさに満ちたディセミネイティングムーンタインの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, 満月をすぎ、じわじわと欠けていくサードクォーターは、これから闇へと向かっていく段階!, 光と闇がちょうど半分ずつになっているサードクォーターは、ファーストクォーターとは同じように自分の中に二面性を抱えています。, ただ、一度満月という自身が満ちきった経験をしているので、自分が何をやるべきかをしっかりと把握していることでしょう。, たとえ「自分には無理なんじゃないか」、という無力感に襲われたとしても、自分がやらなければならないという使命感がどこからともなく湧いてきて、社会のために何かをやり遂げる人です。, 確かな経験と人々からの信頼を持ち、世の中のために立ち上がるサードクォータータイプの人はこちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, あなたが生まれたとき、間も無く消えてしまいそうな、うっすらとした細い月が浮かんでいました。, 今にも姿を消してしまいそうな、そんな儚さをたたえたバルサミックムーンは神秘的な雰囲気を持っています。, 太陽の表す意識の領域はほとんど残っておらず、無意識の世界に沈み込もうとしています。, バルサミックムーンの人は、自分がこうしたいという欲求も手放し、大きな流れの中に身を委ね生きていこうとするでしょう。, 幼ないころから大人びた雰囲気を持ち、個人的な欲望に溺れることもなく、自分の知恵を人々のために役立たせていこうとするバルサミックムーンタイプの人は、こちらの記事で詳しくお伝えしていきます。, \星よみ協会の無料講座開催中♪/