TBS金曜ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地をめぐる。 ←ロケ地めぐり福島編 へもどる ↑ロケ地めぐり トップへ 第1話へつづく→ 世界の中心で、愛をさけぶ ロケ地めぐり-四国編 . ò‚ª‚ ‚èA˜I“V•—˜C‚©‚ç‚͈ÁŽ¡`‚ªŒ©“n‚¹‚Ü‚µ‚½B, £—‚“úA‚ ‚¶‚³‚¢‚Ì‹u‚¶‚á‚È‚­‚ĉ®“‡‚©‚çA‘Ί݂ɈÁŽ¡’¬‚ðŒ©‰º‚낵‚āB‚±‚Ì‚ ‚½‚èA‚Ü‚³‚ÉŒ¹•½‡í‚Å—L–¼‚ȏŠ‚È‚Ì‚Å‚µ‚½B, £ÅŒã‚É‚¨‚Ü‚¯A‰ªŽR‚ɂāBŠÖ“Œ‚Å‚ÍŒ©‚ç‚ê‚È‚¢A‰wƒ|ƒXƒ^[B‚Æ‚¢‚¤‚±‚ƂŁAŽŸ‰ñ‚Í‚à‚Á‚Æ‚æ‚­‰f‰æ‚ðŒ©‚Ä‚©‚çA–K‚ê‚邱‚Æ‚É‚µ‚Ü‚µ‚傤‚©B. 映画を象徴するスポットであり、観光地としても有名ですが、アボリジニの人々にとって大変神聖な場所なので、撮影には厳しい規制があります。 「セカチュー」のロケ地として全国的にその名を知られるようになってから、撮影スポットを訪れる人が絶えず、「純愛の聖地」とも言われています。

こちらには「あじみなと番所」という和食店も併設されていて、うどんを中心に地元の海産物を味わうことも出来ます。 改めて自分の過去と向き合うことになった彼が選んだ道とは?原作、ドラマとは少し違い、大人になってからの朔太郎の姿と過去の思い出が行き来するストーリー展開になっています。, ロケの中心となったのは、香川県高松市の中心部から車で3~40分ほどの場所にある庵治町(あじちょう)。 映画に登場したのは、レトロで懐かしい雰囲気の車両でしたが、2015年にデザインが一新され、現在走る電車は鮮やかなオレンジ色をしています。 昭和の面影を残すノスタルジックな町並みもまた、映画の見所のひとつなっていました。 庵治町の北側の瀬戸内海に浮かぶ小島で、無人島のため島に渡る定期船はありませんが、夏期など期間限定で、島巡りの船が出ることもあるので、興味がある方は地元のウェブサイトなどを小まめに見ておくとよいでしょう。 長澤まさみさんの今にも消え入りそうな姿と、森山未来さんの真に迫る演技に涙した人も多かったと思います。

オーストラリア旅行に行くことを決めたサクとアキが、重じぃの写真館へパスポート用の写真を撮りに行く時乗ったのは、愛媛県松山市内を走っている伊予鉄道の路面電車。 ある日、突然姿を消した婚約者の律子が、自分の故郷である高松にいることを知り、後を追うことになった朔太郎。 木造の趣きある建物はもともと船番所だったもので、すでに築150年を超えるとか。 港に面したこのお寺は、「専修院」という禅道場。 秋にはお祭りが開催される地元でも有数の大きな神社です。, この映画が大ヒットとなった大きな要因の一つと言えるのが、高校生時代の朔太郎(サク)を演じた森山未來さんと、亜紀(アキ)を演じた長澤まさみさんの二人のフレッシュな演技です。 写真撮影にもピッタリですね。 お茶や食事を楽しめるカフェも併設し、観光客にとってはとても有り難い施設です。, バイク通学しているサクをアキ見つけたシーンのロケ地がこちら「桜八幡神社」。 後ろからギュッとサクにしがみつく姿がかわいらしかったですね。

こちらの堤防は、他にも、映画冒頭でサクが思い切り走って転んでしまうシーンなど、印象的な場面で登場していました。 主人公の青年・松本朔太郎は、結婚を間近に控えながらも、若くして病気で亡くなった高校時代の恋人・廣瀬亜紀への想いを抱えたまま生きています。 同じ車両を見られないのは残念ですが、伊予鉄には蒸気機関車を復刻させた「坊ちゃん列車」もあるので、松山に行った際には探してみてください。, アキが入院していた病院として撮影に使われたのは、松山市内にある愛媛県庁の建物。 サクとアキが乗っていたブランコに揺られてカップルで語り合えば、映画の中に入り込んだ気分になれそうです。 四国最北部の瀬戸内海沿いに位置し、海に浮かぶ島々とすぐ後ろに迫る山々が作り出す風景がとても美しい風光明媚な町です。

瀬戸内の穏やかで美しいロケ地を巡れば、愛する人と絆も再確認でき、きっと心に残る旅になるでしょう。, 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番から最新スポットまで, 今回ご紹介するのは、「セカチュー」の呼び名でもおなじみの、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地。 切なくも美しい恋愛の舞台となったのは、香川県高松市の港町。印象に残る数々のシーンの舞台を訪ねてみましょう。. ちなみに、二人が一夜を過ごしたホテルの廃墟は丸亀市本島にあったそうですが、今では取り壊されてしまいました。, ほとんどのロケが香川県で行われた映画「セカチュー」ですが、いくつか別の撮影地も存在します。 写真館の建物はオープンセットとして造られたものでしたが、一度取り壊された後復元され、現在は「純愛の聖地庵治・観光交流館」として利用されています。

伊豆のイルミネーション特集。ぐらんぱる公園をはじめ、伊豆のイルミネーションスポットを一挙にご紹介!イルミネーション施した滑り台アトラク... 西伊豆のおすすめ観光スポット12選。夕陽が美しいことで有名な西伊豆。堂ヶ島や黄金崎など、西伊豆には絶景を臨める景勝地が沢山あります。個... 西伊豆は、国内でも夕日がきれいに見える場所として有名で、日本一の夕日を宣言もしたスポットです。堂ヶ島や黄金崎をはじめ、西伊豆独特の奇岩... 伊豆半島ジオパークとは一体何なのでしょうか?今回はジオパークに関する豆知識をわかりやすく解説。さらに伊豆半島ジオパークの中で、特に見ど... IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。, アクセス:伊豆急行『蓮台寺駅』下車、東海バス「松崎行き」で約40分、『伏倉橋』下車から徒歩50分, アクセス:伊豆急行『下田駅』より東海バス「松崎・堂ヶ島」行きに乗車し約50分、「松崎」バスターミナル下車、徒歩約3分, 『下田駅』から東海バス「松崎行き」または「堂ヶ島行きバサラ峠経由」に乗車(約50分)、『松崎』下車。, 最後になぜ桜餅の写真が……? 実は、松崎町は「桜葉漬け(塩漬け)」の生産量が日本一! そのため松崎町では「桜餅」ではなく「桜葉餅」と呼んでいます。. 神社自体も「セカチュー」以降縁結びの神として名が広まり、恋愛成就の祈願に訪れる人が増えたそうです。 今回ご紹介するのは、「セカチュー」の呼び名でもおなじみの、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地。 切なくも美しい恋愛の舞台となったのは、香川県高松市の港町。印象に残る数々のシーンの舞台を訪ねてみましょう。 「世界の中心で、愛… 海岸沿いの道に面した神社の石段を登っていくと上が開けていて、庵治の町から瀬戸内海までを一望することができます。 「桜八幡神社」は港から少し奥まった場所にありますが、歩いて15分ほどの距離なので、散歩がてら行ってみるとよいでしょう。

元々は道場を訪れる人だけに食事を提供していたのが、「セカチュー」をきっかけに広く一般客にも開放するようになったとのことで、タイミングが良ければ、道主からロケの裏話を聞くこともできるそうですよ。, サクとアキ(亜紀)の良き話し相手であった重蔵(重じぃ)の営む「雨平写真館」は、映画の中に何度も登場し、 二人にとって大変思い入れの深い場所でした。 伊豆には沢山の海水浴場がありますが、今回は水質ランク「AA」のビーチを中心にご紹介。各海水浴場の特徴や、アクセス、プライベートビーチ感... 松崎町の景勝地として有名な石部の棚田。東日本では珍しい石積みの棚田で、目の前には青々しい駿河湾と、天気が良ければ富士山の姿を拝められます。, そんな石部は、石火とも呼ばれ、昔は火を燃やして海上交通の目印にするなど、火と密接な関わりのある地区でした。そんな古の慣習を現代風に復活させたのが、イルミネーションです。, 日没とともに自動で点灯し、街灯のない暗闇の中からポツポツとゆらめく光が浮かび上がります。懐中電灯があると◎。. 玄関ロビーまでは予約なしでも入ることができますが、内部を見学したい場合は、電話またはウェブからの予約が必要です。

愛媛県のホームページを見ると、撮影が行われたのは、本館2階「玄関ロビー」などとなっています。 IZU HACK > 観光スポット > 松崎町をぶらり散歩!訪れたい観光スポット・見所まとめ, 松崎町は西伊豆に位置する海沿いの町。『世界の中心で、愛を叫ぶ』のロケ地としても有名ですよね。ザ・観光という要素は少ないですが、どこか懐かしく感じる日本らしい風景に胸を打たれます。今回はそんな松崎町の観光スポットや見どころをご紹介します。, そんな松崎町を象徴するのが、蔵の壁などでよく見られる黒と白の幾何学模様「なまこ壁」の建造物。現在190棟余り残っており、昔ながらの風情ある景観を保ち続けています。, ほかにも豊富な湯量が自慢の「温泉」、東日本では珍しい石積みの美しい棚田「石部の棚田」など、自然と歴史を楽しめるスポットがたくさんあります。, <電車> 東海道新幹線『三島駅』から伊豆箱根鉄道に乗り換え、『修善寺駅』下車。東海バスで約100分。 伊豆急行『下田駅』から東海バスで約50分。, <船> 清水港からフェリーで土肥港へ、約65分。土肥港からバス約40分 ※フェリーの時刻表はこちら, 松崎町出身の漆喰の名人、入江長八(いりえちょうはち)の※鏝絵(こてえ)作品が展示されています。漆喰とコテを使って仕立てられた独特な絵は、他の美術館にはあまり見られないものです。, 作品の鑑賞だけでなく、漆喰鏝絵制作体験など、子供も大人も楽しめるコーナーが充実しています。思い出つくりにぜひ! ※鏝絵(こてえ)……漆喰を用いて作られたレリーフ。, 先ほどご紹介した長八美術館の隣にある「伊那下神社」。創建は平安時代とされていますが、正確な年代は不詳のようすです。, 境内には、「親子イチョウ」を呼ばれる3本の大木があり、沖に出た船乗りたちが目印していたという言い伝えがあるほど。, そんなイチョウの木も見どころですが、実はこの神社に「奇妙な彫刻がある」という噂が……。, 境内には、写真のような生き物や精霊をモチーフにした木造の彫刻作品が点在しています。※看板にある「神明水」は伊那下神社の湧き水のことで、飲めば長生きするという。, この木造彫刻たちは、宮司さんが朽ちて倒れた大木から神像を彫りだしたのが始まりだそう。訪れた人の心を和やかにしてくれる、ユニークな彫刻作品も必見です。, 外観は「なまこ壁」を利用した社寺風建築ですが、バルコニーを取り入れるなど洋風の要素も入れており 、明治らしい和洋折衷のデザインが特徴的です。, 見所はなんといっても2階・西側にある「鶴の間」。白と黒のシンプルな外観からは想像できない、真っ青な空に羽ばたく138羽の鶴を見ることができます。, 描いたのは、先ほどご紹介した名工・入江長八。かつては客室や、作法や裁縫の授業で利用されたそうです。, 松崎町の南側にそびえる牛原山(標高は236m)。ドラマ版『世界の中心で、愛を叫ぶ』を見た方には印象深い場所かもしれません。牛原山展望台は、夜景の絶景スポットとしても人気で、展望台からは海と松崎町を一望できるほか、堂ヶ島の奇石や富士山が望めるようです。, 景色が広くみえるのは展望台ですが、写真の紫陽花は見えません。紫陽花と景色は、展望台のすぐ近くにある東屋付近から楽しめます(紫陽花シーズンは6月)。, こちらもドラマ版『世界の中心で、愛を叫ぶ』のロケ地である松崎港。第1話にてヒロインが主人公に告白したシーン、病気で倒れてしまったシーンなど、物語が動き出す重要な場面で登場しました。, また、松崎港は釣り人にも人気の場所。トイレや食堂、夏は海水浴場など施設が充実しているので、ファミリーフィッシングにおすすめです。, 海岸沿いを歩いていくと、陸続きになってる小島が見えていきます。松崎町のパワースポットとして人気の「弁天島」です。島を1周する遊歩道を、恋人同士で歩けば幸せになれると言われています。, また島の頂上には、厳島神社があります。女性の神様が祀られており、縁結びや子宝祈願などのご利益があるそう。ちなみに神社までの参道は99段の階段があるので、頑張ってください!, 松崎町は、訪れる季節によってさまざまな表情をみせてくれます。今回は季節によって風景が変わる3つのスポットをご紹介します。, 春に訪れていただきたいのが、那賀川堤の桜。約6㎞にわたって続く桜並木の近くに、田んぼを使った花畑が現れます!, 色とりどりの花畑と、鮮やかなピンク色の桜とのコラボレーションが絶景すぎると話題になっています。, 開花期間中は夜桜が楽しめるようライトアップが行われ、昼夜でまったく違った風景を楽しめますよ(ライトアップは900m区間のみ)。. 「先生にチクるのか」と心配するサクの予想に反し、バイクの後ろにまたがり、二人乗りして出かけるよう催促するアキ。 映画の中では「夢島」と呼ばれていましたが、実際は「稲城島(いなげじま)」という名の島です。 世界の中心で愛をさけぶファンサイト: 11 夜桜: 伊豆松崎町公式HP『世界の中心で、愛をさけぶ』 12 夏到来、初夏の松崎: 伊豆ロケ画廊: 13 桜の松崎&伊豆半島: フィルムコミッション伊豆 ブログ: 14 あじさいの松崎: 日々、デジカメ散策 サクがいた赤い欄干の「宮の下橋」といい、橋のたもとの商店といい、日本の田舎らしい風景で、どこか懐かしさを感じます。 建物前面はガラス張りになっているので、外の荒れた天候もダイレクトに伝わってきて、悲しみやどうしようもない怒りを演出していました。 伊豆といえば東伊豆の河津桜が有名ですが、西伊豆の松崎町にある那賀川堤の桜並木も見逃せない名所。近くに農閑期の田んぼをつかった花畑もあり... 伊豆の桜と言えば、東伊豆エリアにある「河津桜まつり」が全国的にも有名ですよね。他にも、都内では見られない絶景の桜スポットが、伊豆にはた... 先ほどご紹介した弁天島がある松崎海水浴場。入り江にあるので、波も穏やか。しかも遠浅なので、ファミリーに人気の海水浴場です。, シャワーやトイレなど最低限の施設は揃っているほか、駐車場も100台ほど止めれる広さ。しかもすべて無料で利用できるのが嬉しいですよね!, 海の家もあるのでランチは持参しなくても済みそう。海水浴シーズンはライフセイバーも常住しているので安心です!またすぐ近くには、ご紹介した「伊豆の長八美術館」などがあるので、観光も一緒に楽しめそうです。. 映画「世界の中心で、愛をさけぶ」は、2004年5月に公開された、片山恭一さん原作の青春恋愛小説を実写化した作品。 米蔵を改装したギャラリースペースでは常設の「セカチュー」展の他、名産の庵治石関連のイベントなども開催されていて庵治観光の拠点となっています。 現在高松空港からは、東京と那覇への国内線と、台湾・韓国などへの近距離国際線が就航しています。, アキが「世界の中心」と思える場所だと語り、訪れることを願っていたのがオーストラリアの「ウルル」。 松崎町は西伊豆に位置する海沿いの町。『世界の中心で、愛を叫ぶ』のロケ地としても有名ですよね。ザ・観光という要素は少ないですが、どこか懐かしく感じる日本らしい風景に胸を打たれます。今回はそんな松崎町の観光スポットや見どころをご紹介します。 夏には盛大な船祭りが行われる由緒ある神社ですので、ブランコにのるだけでなく、ぜひ参拝も忘れずにしておきましょう。, サクとアキが一泊旅行に出かけた無人島も気になる場所のひとつ。

二人が夕暮れの空の下、堤防に腰掛けて語り合うシーンも初々しくて新鮮でした。 「ウルル」はオーストラリアのウルル=カタ・ジュタ国立公園にある巨大な一枚岩のことで、以前は「エアーズロック」の名で知られていましたが、現在はこの地を聖地とみなすアボリジニの人たちの呼び名「ウルル」が正式な名称です。 そういった背景もあり、灰を撒くシーンは、近隣のアリススプリングスで撮影が行われています。, いかがでしたか?懐かしいと思った方も、実はまだ観ていないという方も、ぜひこれを機会に作品に触れてみてください。 水色のドームが印象的な本館は、昭和4年に建てられたもので、歴史と風格を感じさせる近代洋風建築の建物です。

ロケ地は庵治漁港付近に集中してあるので、まずはここを目指して出かけましょう。, 映画冒頭でサク(朔太郎)は校長先生の葬儀が行われている寺院に駆け込んでいきます。

「セカチュー」ロケ地巡りでは絶対に外せないスポットですね!海の中に突き出るように伸びているので、見晴らしが良い上に、釣りのポイントとしても人気です。, こちらもロケ地巡りでは欠かせない皇子神社の「ブランコ」。

映画で出てきた伊予鉄の「県庁前」電停で下車するとすぐ目の前です。, 物語のクライマックスといえる空港でのシーン、二人がオーストラリアに向けて旅立とうとしたのが「高松空港」です。

大人になった朔太郎と律子が重じぃの写真館を出た後再開したのもこの空港でした。 島の姿自体は庵治から見ることができます。 見学希望の方は事前に確認してから出かけましょう。