https://t.co/HD5FVCy3zj jリーグ・京都サンガf.c.のオフィシャルサイトです。最新のニュースリリース、選手や試合日程・結果、チケット、グッズ、ファンクラブ、アカデミー、ホームタウン、スポンサーなどの情報をご覧いただけ … 欠場選手情報. 【第34節vs水戸】 [得点者]ピーターウタカ 京都サンガ. 5試合負けなしで迎える京都サンガf.c.戦。 負けてはいないもののここ2試合は無得点での引き分けと、イマイチ波に乗れていない感があります。 今日こそは得点を奪… 負けてはいないもののここ2試合は無得点での引き分けと、イマイチ波に乗れていない感があります。, 水曜日に遠征したアルウィンでの松本山雅FC戦は冬の寒さがありましたが、このグリスタでの京都サンガF.C.戦は夏のような暑さも。, 京都とのアウェイ戦では、明本選手、柳選手が得点を奪っての2得点でしたが、堅守が綻びを見せて3失点敗戦。, この試合で敗戦となった京都サンガF.C.との差は僅かに勝点1と、完全に射程圏内です。, あれだけ躍進を続け、そのままJ1昇格を果たすのかとJ2をざわつかせいたギラヴァンツ北九州は気づけば6位の勝点4差です。, 第32節 vs 京都サンガF.C.(グリスタ)<その1> | すーさんの栃木SC応援日記, ここまで2連勝と波に乗り上位を伺う京都としては、下手にスタメンを代えることに抵抗があったのかもしれません。, 前線にはウタカ選手がいますし、後線にはバイス選手が控え、中盤の顔ぶれからしてもJ2にいるチームなのかと疑いたくなるようなチームです。, そんな京都を無得点に抑える栃木の守備は素晴らしく、この6試合負けなしという間に喫した失点は僅かに1点のみ。, この京都戦も無失点でしたので、素晴らしいかな4試合連続の無失点試合を達成させてくれました。, GK川田選手の好セーブも相まって、京都の強力な攻撃を零封できたのは、本当に凄いことだと思います。, 決定機はないものの攻め込む回数は多く、そこそこ京都の守備を慌てさせていたと思います。, それでも、飲水タイムを境に流れが京都に傾き、徐々にゴールに迫られる展開へとなってしまいます。, 京都の攻めは、ここ数試合で対峙したチームとは異なり、ロングボールで裏を取る攻撃が主体ではなく、細かいパスを繋ぎながら左右に大きく展開する形でした。, 右サイドからの攻撃は溝渕選手が立ちはだかり、クロスを入れさせない素晴らしい守備を見せてくれます。, なかなかパスの出しどころに困る京都は、最終ラインでボールを回しながら打開策を探る感じで、ボールを保持しながらも苦しい様子だったと思います。, 前線の中央でボールを待つウタカ選手に強烈な縦パスが入ったときにはヒヤリとさせられましたが、守備は慌てることなく冷静にクリアしてくれました。, 前半を無失点で切り抜けたことで、何となく、負けるような気がしなかったのはブログ主だけでしょうか。, 後半は、攻守が激しく入れ替わる面白い展開になりますが、GK川田選手の活躍が光ることに。, それだけ失点を覚悟した場面があったということになりますが、BIGセーブで京都に得点を許しません。, DF柳選手がスライディングでクリアを狙うもボールは京都に出てしまい、黒木恭選手に独走を許してしまった場面など、完全に失点を覚悟しました。, 終了間際の後半44分にあったバイス選手のヘディングシュートなどは、完全に決められたと思ったほど。, この試合のMOMは後述する得点を決めた明本選手が選出されましたが、ブログ主的には川田選手でした。, そこから、実に11試合振りの得点となりましたが、またしても京都戦ってことになりました。, 反応したのは途中出場の榊選手。この榊選手、良い味を出してくれた素晴らしいパスを供給するのです。, それを受けた明本選手がフェイントを入れて相手選手を交わすと、利き足ではない右でゴール左へ冷静に流し込んでくれました。, DFバイス選手を前線に上げて得点を奪いに来ると、栃木は引いて守ることを選択し、どこにそれだけ失った時間があったのかと主審に問いたくなるアディショナル5分を切り抜けて、見事に勝利を奪ってくれたのです。. new!

セレッソ大阪、5年間の歴代フォーメーション。j2時代にフォルランが退団、劇的すぎるルヴァン杯&天皇杯制覇 ... 前年に加入したディエゴ・フォルランは、京都サンガ戦でハットトリックをマークするなど、16試合で10ゴールを挙げて貫録を見せていた。 Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっている。今回、フットボールチャンネルでは、セレッソ大阪の過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。————————————————-, セレッソ大阪は2014年シーズン、2度の監督交代も報われずに17位でJ2に降格した。オフには前年にレギュラー定着を果たした杉本健勇と南野拓実が抜けた一方で、橋本英郎、茂庭輝幸、中澤聡太、玉田圭司らベテランを獲得。新監督にパウロ・アウトゥオリを据えて、チームの再建を図った。, 開幕から6戦無敗の好スタートを切ったが、22チームが3つの昇格枠を争う昇格争いはし烈を極める。14試合目で早くも5つ目の敗北を喫したC大阪は、J1昇格プレーオフ圏外の8位に転落している。, 2度の衝撃がシーズン途中のチームを襲った。まずは6月、ディエゴ・フォルランの退団が決まった。前年に加入したディエゴ・フォルランは、京都サンガ戦でハットトリックをマークするなど、16試合で10ゴールを挙げて貫録を見せていた。しかし、6月1日の北海道コンサドーレ札幌戦を最後に出場はなく、そのまま契約満了となった。, 6億円ともいわれるフォルランの高額年俸は、クラブの経営体力を圧迫していたようだった。14年7月にバーゼルに移籍した柿谷曜一朗の代役として獲得したカカウも同様で、夏に契約満了でフォルランと同じようにチームを去っている。, 両FWが抜けたチームだが、6月から9月の20試合をわずか2敗で切り抜けて3位に浮上。しかし、プレーオフを間近に控える11月に再び衝撃が走る。最終節を前に3敗2分と苦しんだクラブは大きな決断を下した。アウトゥオリが監督退任となり、大熊清強化部長が後任に就いた。, 勝ち点67は優勝した大宮アルディージャと17ポイント差、自動昇格を決めた2位ジュビロ磐田とも15ポイント差で、シーズンを4位で終えた。J1昇格プレーオフは準決勝、決勝ともに引き分け。引き分けはリーグ戦上位チームが勝ち抜くレギュレーションだったため、5位・愛媛FCを下して決勝に駒を進めたが、3位・アビスパ福岡に屈した。, シーズンを通じて勝ちきれない試合が多く、フォルランが抜けた6月以降は得点力不足が響いた。プレーオフを含めて引き分けの数は44試合中14試合と、およそ1/3を占める結果となった。, 2年目のJ2を戦う16年シーズン、大熊清監督は留任となった。ウノゼロ(1-0)で開幕から4連勝をマークし、8戦無敗という最高のスタートで首位に立った。しかし、その後は首位を走る札幌の後塵を拝し、札幌に引き分けた22節には、松本山雅に抜かれて自動昇格圏から滑り落ちた。, 夏にはハノーファーから半年で山口が復帰。ソウザのダブルボランチは、J2では反則級の実力を見せた。川崎フロンターレで定位置を確保できずに1年で復帰した杉本は、ともにチームトップとなる14得点7アシストで攻撃陣を牽引。FC東京から加入した松田陸も開幕から右サイドバックのレギュラーに定着し、3バックへと移行した終盤も右ウイングバックとしてリーグ戦全試合に先発を果たした。, 終盤まで2位の松本山雅を追従したが、37節で4位に転落。初めてJ2を戦う清水エスパルスが3位、終盤戦の4戦未勝利が響いたC大阪は4位でシーズンを終えた。, 京都とのプレーオフ準決勝を引き分けで切り抜けたC大阪は、決勝でファジアーノ岡山と激突。雨が降りしきる中行われた試合は、後半にCKのこぼれ球をこのシーズン加わった清原翔平が押し込んで先制。相手のパワープレーを凌いだC大阪は3年ぶりのJ1復帰を決めた。, 【シーズン成績】明治安田生命J1リーグ:3位YBCルヴァンカップ:優勝天皇杯:優勝, 3年ぶりにJ1を舞台に戦うC大阪は、現役時代に選手として3シーズンプレーしたユン・ジョンファンを監督に招聘。初勝利までは4試合を要したが、指揮官が要求する強度の高いサッカーは徐々に結果へと結びついていった。6月4日のアルビレックス新潟戦で4連勝を達成して2位に浮上。引き分けを挟んで再び4連勝をマークし、鹿島アントラーズを抜いて首位に躍り出た。, 新加入のマテイ・ヨニッチはセンターバックとして全試合に先発出場して最終ラインを統率。2月にセビージャからの復帰が決まった清武弘嗣は度重なる怪我に苦しんだが、トップ下に山村和也を起用する策が的中した。リードして試合終盤を迎えると、山村が最終ラインに加わって4-2-3-1から3-4-2-1へと布陣を変更。山村の存在はチームに戦略の幅をもたらした。, 粘り強い戦いは、カップ戦の躍進の原動力となった。ルヴァンカップは無敗でグループステージを突破すると、プレーオフステージでは札幌を、準々決勝では浦和レッズ戦を破ってベスト4に進出。大阪ダービーとなったガンバ大阪との準決勝は、第1戦が2-2のドロー。アウェイに乗り込んだ第2戦は60分に1-1に追いつかれて敗退の危機に瀕したが、後半終了間際に水沼宏太のクロスを木本恭生が頭で合わせ、決勝への切符を掴んだ。, ともに初のルヴァン制覇を狙う川崎Fとの決勝は、開始1分に相手のミスから杉本健勇が先制点をゲット。その後は粘り強く相手の攻撃を凌ぎ、後半終了間際にカウンターからソウザが冷静にゴールを決めた。ルヴァンカップ優勝はクラブにとって初のタイトルとなった。, しかし、夏場に入ってリーグ戦の調子を落としたC大阪は、後半だけで3失点を喫した清水戦に敗れて首位陥落。鹿島、川崎Fとの上位陣にも敗れて5位まで順位を落としている。それでもラスト6試合を5勝1敗で乗り切ったC大阪はリーグ戦を3位でフィニッシュ。13年以来となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した。, 天皇杯でも順当に勝ち進み、リーグ戦終了後に行われた準決勝ではヴィッセル神戸を相手に延長戦を制し、クラブ史上4度目となる決勝に進出。横浜FMとの決勝は前半早々に先制される苦しい展開となったが、こぼれ球を拾った山村のゴールで試合を振り出しに戻すと、延長前半に山村のクロスを水沼がヘディングで合わせて逆転に成功。残り時間を守り切ったC大阪が大会初制覇を果たした。, 【シーズン成績】AFCチャンピオンズリーグ:グループステージ敗退明治安田生命J1リーグ:7位YBCルヴァンカップ:準々決勝敗退天皇杯:ラウンド16, ユン・ジョンファン監督2年目のシーズンは、リーグ優勝した川崎Fを倒したFUJI XEROX SUPER CUPから始まった。続くACLでも済州に勝利を収めたが、そこから公式戦7戦未勝利とつまずいた。それでもリーグ戦ではその後に4連勝、5月20日の広島戦に勝利したC大阪はロシアワールドカップによる中断期間を5戦無敗で迎え、首位を独走する広島を追う熾烈な2位争いに加わった。, 3月にはソウザが、4月には木本がともにハムストリングを負傷して離脱。日本代表でもプレーする山口蛍は9月の代表活動を辞退し、杉本も途中離脱となるなど、主力選手にとっては満身創痍のシーズンだった。, ACLでは2勝しかできずにグループステージで敗退。決勝トーナメントから参戦したルヴァンカップでは準々決勝で湘南ベルマーレに、天皇杯でもラウンド16でJ2のヴァンフォーレ甲府に敗れた。ワールドカップの中断が明けた7月から7戦未勝利で上位争いから後退すると、ラスト7試合も3勝4敗と勝ち点を積み上げられず、7位でシーズンを終えた。, 前シーズンの天皇杯決勝を1月1日に戦い、2月10日にシーズンが開幕。開幕からリーグ戦とACLが続き、ロシアワールドカップ開催によって例年以上に過密になった日程はC大阪を苦しめた。夏場は記録的な猛暑となり、年間を通じて負傷者が絶えず、指揮官は厳しいやり繰りを強いられたシーズンだった。, 11試合を数えた引き分けはリーグトップタイ、39得点は上位陣の中ではFC東京と並んで最も少ない数字だった。高木俊幸や田中亜土夢、オスマルをオフに獲得してシーズンに臨んだが、負傷者が相次ぐ中でリーグ7位という数字は悪くない。しかし、2年間チームを率いたユン・ジョンファン監督は契約満了によりシーズン終了とともにチームを去った。, 【シーズン成績】明治安田生命J1リーグ:5位YBCルヴァンカップ:プレーオフステージ敗退天皇杯:ラウンド16, 東京ヴェルディを2年間率いたミゲル・アンヘル・ロティーナが監督に就任。右腕のイバン・パランコもチームに加わった。17年の2冠獲得の原動力になった山口、山村、杉本がそれぞれ国内の他クラブへ籍を移し、大幅なメンバー変更を強いられるオフとなった。, 得点力不足に苦しんだ序盤は、開幕から9戦2勝とつまずいた。しかし、10節から4バックをメインシステムに移行すると、これを契機にチームは調子を上げた。直後に右ひざの大ケガを負った都倉賢は残りシーズンを全休したが、奥埜のFW起用が戦術的にはまったチームは徐々に順位を上げていった。, ルヴァンカップは首位でグループステージを通過したが、FC東京とのプレーオフステージで敗退。天皇杯でもサガン鳥栖に敗れ、前年に続いてラウンド16で姿を消している。, シーズン終盤は川崎Fや広島との4位争いにもつれ、最終的には勝ち点59の5位でフィニッシュ。クリーンシート(無失点)は15試合を数え、25失点はリーグ最少の数字だった。フルタイム出場を果たしたキム・ジンヒョンを中心に、ロティーナ監督就任1年目は鉄壁の守備陣を作り上げた。, 得点数を見ると、水沼宏太と奥埜の7ゴールがチームトップの数字だった。前述の通り都倉が不在で、左足を痛めてシーズン終盤を欠場したブルーノ・メンデスも6得点のみ。高木もケガに苦しみ、柿谷もわずか3得点に終わっている。前年に続いて2ケタ得点者は不在で、FW陣にとっては苦しんだシーズンだったと言えるだろう。, ガンバ大阪、5年間の歴代フォーメーション。際立つ近年の低迷ぶり、4季連続無冠で薄れる強者の姿, 清水エスパルス、5年間の歴代フォーメーション。クラブ史上初のJ2降格を経験。抜け出せない暗いトンネル, https://www.footballchannel.jp/2020/03/25/post368188/.