全額ではなくても、返金されるのか? ③ 新入社員歓迎会 私は、昨年転職してきたのですが、会社から入社時に提示された   応じてくれるかどうかの文書取り交わし等をする必要は 3.「互助会費」の使途は1従業員に対し、公開されないものなのか?

においては、賃金の一部を控除して支払うことができる」 質問者ひとりで脱退というよりも、全体で会の意義を考えてもらって、多くの人が親睦会はいらないということになるように働きかけてはどうですか。, 昨年12月末に退社しました。その会社は毎年1月に慰安旅行があり毎月2000円の積み立て(親睦会費として)を自動引き落としで引かれていました。退社前の11月末日に慰安旅行の日程が決まりました。最初は1月の土日の設定でしたので、新しい会社に入社しても問題ないと思っていましたが、突然日程が木金の平日になりました。やはり出席は無理だと思い、予め返事をしてと言われた日にちまでに無理とつたえました。しかし、行けるように考えて、どうしても無理なら返金できるか考えると言われました。再度退社後にきいたところ、個人の理由で(新しい会社で働く)参加できないので、こちらは関係ないから無理とのことでした。親睦費用(長寿会)については、引き落としはあるという簡単な説明はありましたが、書面にて規約をもらっていたわけではないので、規約に同意するかどうかという書もなく強制でした。丁度丸1年の会費がたまっていましたので、規約をもらっていないし返金がないことは知らないと言うと、でも3年前の入社の時には伝えたと言い張られました。規約には返金できないと書いてあるらしく、(規約は係長がつくった)今までも返金した例はないからと言い、退社前はなるべく返金できるようにと言っていたのに、退社後はやっぱり無理となったのは、個人の判断ではないか。それに対しては、規約にそって個人で判断したと言います。また、私の同期で今年初めて、会社でどうしても一人だけ仕事をあたえ、参加できなくなってしまったんですが、規約とはべつに詳細な会社の理由ということで、その人は全額返金されます。また参加したひとには会費の余りをわずかでも返金するようです。(不参加者にはない) 新入社員・中途採用者は、入社月分より会費を徴収する。, 職位により月次会費を会員より徴収する。 私は、昨年転職してきたのですが、会社から入社時に提示された 参考になると思います。, 会社には親睦会と言って、全社員の毎月の給与から数千円を天引する形でお金を集め、社員同士の親睦を深めるというものがあります。  なお、親睦会費の引き落としに関して、「給料からの控除」について、書面での労使協定がない場合には、給料から引くことは、労働基準法第24条に違反することになります。, 皆さんこんにちは。 知る人ぞ知る鹿児島県喜入町にある名所・香梅ヶ渕(こべがぶち)。 しかし、規約が改正され、会社側は一切、お金を出さない完全な社員の会費だけでの運営と代わりました。(会社側が今までに出した金額のストックはまだあり、そこからも徐々に使っていきます) 組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合 しかしながら、実際には、毎月1000円が差し引かれております。 援助をする場合がありますが、運営は社員が独自に行い...続きを読む, 現在規約に賛同する会員企業を集めた任意団体を事務局として運営しています。当初の目的をほぼ達成したこと、役員をお願いした方々への当初の説明で次の3月末までというお約束をしていることもあり、次の3月末で解散したいと考えています。本来、解散決議をする最後の総会までに全ての取引(支払い・入金)を完了させておくものだと思いますが、どうしても納期(調査報告)が4月になってしまう外注費があります。株式会社の場合は、解散、清算というステップで閉鎖することができますが、任意団体の場合もこのような形がとれれば上記の問題がクリアできると思うのですが、これは可能でしょうか?また、この場合、3月末をもって役員は退任し、”清算人”に当る人を指名して、”清算”期間中に未収・未払をきれいにする(恐らくその最終報告は各会員にする必要があると思いますが)という形でもよいのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。, 任意団体ですから、

>3.「互助会費」の使途は1従業員に対し、公開されないものなのか? >1、3、4に関しては、特に「これ」と言うルールが全国的には無く、 前回はDCMの軽トラック無料レンタルの記事で「DCM」... なんと雑記ブログ『ヒコトピ!』は、前々回の『新潟で筋トレするには…』の記事で200記事を突破! ・一般社員…… 1000円, 結構高い会費のように見えるけれど、後述のイベントや社員旅行に出席すれば、楽に元を取れます(時間は返ってこないけれど…)。, なので、忘年会にいくらかかったかとか、銀行受取利息はいくらかとか確認でき、「あいつらが約3億2000万円分の金品を受け取っていた!」なんて関電の原発マネーみたいな糞みたいな話はない。, ケチ臭いことをいうと、飲み会の費用を親睦委員がカード払いしたらクレジットポイントめっちゃ貯まるよね?, これは業務上横領に該当するのか気になるところだけど、幹事さんも大変だからまぁ許してあげよう(^^), ① 社員旅行   全額ではなくても、返金されるのか? 内容としては内のような小さな会社の社員一同と個人経営の取引先などの人も含め簡単なつくりの互助会で良いと言われましたが、必要なのは慶弔の時に互助会から出費するぐらいとしか説明されませんでした。 各会社ごとにルールがあるのでしょうかね? 高齢者医療制度の改革で、制度を支えるための負担金が大幅に増え、 私の備忘録的な意味合いで、エラーの解決策を記事に... 「就職活動でやっと内定もらえたけど、選考方法が面接1回の会社は大丈夫だろうか…?」 互助会ヘは任意加入となりますので、互助会への加入書類が何かある筈です。

互助会の規約を確認してください。 1.「互助会費」は1従業員として、在籍時には、 先ず要点を書きます。

  無かったのか? 上司は社長の息子です。経理は社長の奥さんがやっています。 >1.「互助会費」は1従業員として、在籍時には、 させる始末です。 予定の合わない者もたくさんいます。 ちなみに以前勤めていた会社の互助会の規約では、いかなる場合も返金は認めないというものでしたね。 いるのですが入社当時は冠婚、葬祭に使うという名目でしたがここ 全体主義とはいえ、下の社員的には退会の方法を発見し実行できれば、その全体主義のプラスに働くのが僕の職場の現状です。, 度々申し訳ありません…。 そもそも、会社は、社員の交流がなく、忘年会も出席率が悪いです。 収支報告がなされます。 だから貴方たちの給与は、額面よりも千円ずつ割引しているのが実態ということ

http://www.roumu.com/kitei/fukuri/shinbokukai.pdf   無かったのか? 去年などは参加人数が少ないからと参加する社員の家族まで参加 ご存知の方がおれば、ぜひアドバイス頂きたい次第です。 先ず要点を書きます。・親睦会を退会したいが、事務の方に「社員は強制だから」ととりあってすらもらえない・入会、退会については親睦会規約に「退職時に翌日その資格を失う」とあるが、それ以外については一切書かれていない・上層部に 従業員30人ほどの会社で勤めています。 一人暮らしで1ヶ月当たりの光熱費はどのくらいかかるのか気になるところ。 ※辞める事についての社内での人間関係などのデメリットはとりあえずスルーでお願いします 互助会の代表者に確認してください。 賃金は通貨で、直接労働者にその全額を支払わなければならない かだと思われます。 その3つの理由とは… 書き方が悪かったようなのでもう一度書きますが、そもそも退会が規定されていないのです。 ピックアップ 困った時 社労士, 入社した会社の給与明細を見たら、「親睦会費」という名目で1000円が差し引かれていました。総務部に確認したところ、「当社で働く従業員であれば、親睦会に加入し、会費として毎月1000円を支払うことになっている」と言われました。親睦会は、社内旅行のイベント等を行うということですが、私は、そのようなイベントに興味がないので、親睦会に参加する気はなく、会費も支払いたくありません。, 私は、親睦会から脱退することができるでしょうか? 分かりやすく言うと下の社員は皆辞めたがっており、なんとかして辞める手段をそれぞれで模索中なのです。 15人という少人数だから問題にするのは難しいし、公的な機関に密告して問題化した場合に報復されたり会社が傾いて職場が無くなる事の覚悟も必要 天引きは、労働者の過半数を代表するものと書面による協定があれば、質問者 そして、親睦会費が給与から引き落とされないようにすることはできるのでしょうか?, 「親睦会(従業員会)」とは、社内の交流を深めるために、旅行やパーティーなどのイベントを行ったり、冠婚葬祭時に慶弔金を支給したりする、従業員の集まりをいいます。親睦会は、従業員が自主的に集まったものとなりますので、それに加入するかどうかは、従業員一人ひとりが決めることになります。会社は、親睦会の活動を後押しすることはできますが、従業員に親睦会への加入を強制することはできせん。, 親睦会がある会社では、通常は、親睦会の幹事が、入社した従業員に対して趣旨や活動内容を説明したうえで、加入希望者から申込書を提出してもらいます。, 今回のケースでは、質問者は、親睦会に関する説明を受けておらず、また、親睦会に加入するかどうかの意思確認も受けていないようですが、このような状態で親睦会に加入することは、本来はありえません。質問者は、親睦会の幹事に連絡して、「自分が親睦会への加入申し込みをしていないこと」および「自分が親睦会に加入している状態になっているのであれば、そこから脱退したいこと」を明確に伝えるべきです。, 親睦会から脱退したい旨を伝えると、幹事が「当社の親睦会は、全員参加を原則としているので、できる限り脱退はしないでほしい」等と説得してくるかもしれません。それに応じるかどうかは、質問者が決めることです。最終的には、質問者が「親睦会から脱退したい」と言えば、親睦会の幹事は、それを拒むことはできません。, 親睦会からの脱退が認められれば、親睦会費を支払わなくてもよいことになりますので、給与から親睦会費が天引きされることもなくなります。, 一方、親睦会には加入し続けるが、親睦会費については給与から引き落とされないようにしたい(例えば、現金で毎月支払うことにする)場合は、どうすればよいでしょうか。, 労働基準法第24条では、「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」と定められており、会社は、本人の承諾を得ないまま、何らかの費用を給与から差し引くこと(天引きすること)は、原則としてできません。しかし、同条の但し書きには、「法令に別段の定めがある場合」と「労使協定がある場合」については、使用者は、賃金の一部を控除して支払うことができると定められています。ここで「法令に別段の定めがある場合」とは、税金や社会保険料の手引きのことを指しています。また、「労使協定がある場合」とは、例えば、親睦会費の天引き等のことで、これについては、従業員代表と会社との間で協定を結べば、給与からの引き落としが認められています。, 親睦会費が給与から天引きされないようにしたい従業員は、会社に対して「労使協定を確認させてほしい」と頼んでみるとよいでしょう。労使協定を結んでいなかったり、または協定の中に「希望しない従業員については天引きを行わない」という条文があったりすれば、従業員は、会社に対して、親睦会費の天引きの中止を求めることができます。, 冒頭に述べた通り、親睦会は、従業員の自主的な集まりです。会社が親睦会の活動を後押ししたり、親睦会費の徴収が給与天引きで行なわれていたりするため、「親睦会は会社が運営しているもの」と思い込んでいる人もいますが、それは誤解です。親睦会は、あくまでも従業員が自主的に集まって、運営しているものなのです。, ですから、「親睦会から脱退したい」あるいは「親睦会費が給与から引き落とされないようにしたい」ということは、会社ではなく、親睦会に相談することが必要です。そして、親睦会の中で従業員同士が話し合って、脱退の可否や会費の支払い方法等を決めればよいのです。, 質問者の場合、親睦会の幹事に事情を話せば、よほどのことがない限り、親睦会からの脱退が認められ、親睦会費の天引きも止めることができるでしょう。質問者は、一度、親睦会の幹事に相談してみてください。, Fフロンティア株式会社代表取締役。社会保険労務士。1962年神奈川県生まれ。一橋大卒。大手電機メーカー、金融機関系コンサルティング会社、大手情報サービス会社を経て、独立。企業・公共団体の人事制度設計や事業計画の策定等のコンサルティング、人事労務専門誌などに寄稿も行っている。著書に「労政時報別冊 実践人事デ-タ活用術」(労務行政)。, イーアイデムは、アルバイト・パート・派遣・正社員転職のための求人情報を提供する、エリア型総合求人サイトです。 「労働条件通知書」(雇入通知書)には「互助会費」を デメリット云々に関しては、本当に問題ないのでスルーでお願いします。 ・上層部にかけあっても無駄みたいなので、第三機関などの力を可能であれば借りてやめたい。その場合どこに訴え出ればいいかを知りたい ・リーダー … 1500円 援助をする場合がありますが、運営は社員が独自に行います。 協議され、全会一致で決定致しました。 早速ですが、先日会社の会議の中で互助会たるものを立ち上げる様にと命令がくだされ、言葉の意味も知らないのにいきなり会長に任命され、会則を作る様にと言われて困っています。