「社会人としてのビジネスマナーの基本をもう一度見直したい」と思っている人に向けた本シリーズ記事、今回のテーマは「敬語」です。間違えやすい敬語の実例50選として、ビジネスシーンで注意しなければいけない言葉や表現の間違った使用例をまとめてみました。 "借りる"をへりくだって伝えられる敬語、拝借。ビジネスシーンで使われる敬語ですが、実は使っちゃいけない二重敬語が存在します。今回は、拝借の意味/読み方から言い換えできる類語、使い方、丁寧な例文、注意点まで徹底解説。借用との違いも確認して完全にマスターしましょう!, Smartlog[スマートログ]は“Enjoy Men’s Life”をコンセプトとする男性向けメディアです。「自分磨きを楽しみ、同性も異性も惹きつけながら、誰よりも自由に、自信を持って生きる。」そんな人生を歩む男性を世の中に増やすことが、私たちの願いです。, パーティーなど大勢の人が集まるような環境で、「お手を拝借〜」という使い方もされます, 丁寧に目上の方、先輩、上司に対して、協力してもらったり、なにか借りる時に感謝の気持ちを伝えられます, 「拝借」の類語、「お貸し願う」は、モノなどを借りる時に使える敬語表現で、意味としては拝借との違いはありません, どうしても貸して欲しい、相手に貸さないという選択肢を与えない時などに使うと良いでしょう, 借りる相手に対して返す意思がある時にも使えますし、どちらかというと口語よりもメールで使われることが多い表現です, 自分ではもう解決策がなく万策尽きた時や、自社、知り合いのつてなどでは人手が足りない時などにも使えます, 「拝借」が多く使われるタイミングとしては、智慧を借りるタイミング、なにかモノ(場所)を借りるシーンが多く、ビジネスの場では欠かせない敬語表現です, 「拝借させていただく。」や「拝借いたします。」は、二重敬語と呼ばれ、基本的には使用してはいけない表現です, 現代では使っても問題のない敬語表現として定着しつつあり、特段問題はないですが、言葉の使い方、歴史的な部分まで学んでおくと、一歩進んだビジネス敬語をマスターできます, 同じ借りるというニュアンスの表現であっても、口語と文語の違いは慣れていないと難しい, 「承服とはどういう意味?」という基礎から正しい使い方、例文、言い換えできる類語まで徹底解説します。, 頂くの意味から正しい使い方、丁寧な例文、戴くとの違い、言い換えできる類語、尊敬語まで解説。ビジネス敬語のマスターしましょう。, 「お手すきの意味とは?」から正しい使い方、目上に使える例文、言い換えできる類語まで解説。ビジネス敬語を巧みに使えるサラリーマンに。, 「感謝申し上げます」を使った丁寧な例文集。上司や先輩など目上の人に丁寧にお礼を伝えよう!, 韓流モテ服図鑑vol.1 身長が高く見える、買って損なしの超優秀ダッドスニーカー7傑, Can you spare me few minutes?(少し顔を貸してくれますか?), I'd like to ask you for your help.(お力添えをいただきたいのですが。), I know your busy, but please help me.(お忙しいと思いますが、お力添えいただけますか?). ただし、英語の場合はより表現が正確です。車やペンを借りる場合は、借りて車で出かけたりペンで何かを書くことが前提です。, モノを借りる場合の英語表現では、このように「use」を使う場面が多く、「borrow」「lend」などの文字通りの「借りる」を示す単語はあまり使われません。, なお、実際の意味は「アドバイスをもらえませんか?」「少し時間をいただけますか?」という意味ですので、英語表現になると以下の表現が適しています。, また、お祝い事などで皆で拍子を打つことがありますが、その際に使われる「お手を拝借」という言い回しは、「お手を拝借させてください」という依頼の意味になります。 様々な言葉が一日のうちに何度も交わされる中で、正しい敬語を使えているかどうか、再確認する社会人が増えてきているように感じます。 ビジネスマナーとして言葉遣いは鉄則であり、間違った言葉遣いは自分の社会人としての評価も下げてしまう可能性がありますよね。 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。「借りる」にもこれらの用法がありますので、まずはこれを覚えることが基本となります。 使用する際には、どちらを主語に置くかが大切で、その上で尊敬語・謙譲語・丁寧語を選択します。実際のビジネスの場面では、口語では丁寧語が使われることが多く、文章上は尊敬語、謙譲語が多くなる傾向が見られますので、状況に応じて使い分けるようにしてください。 特殊な使い方が … In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript.

様々な言葉が一日のうちに何度も交わされる中で、正しい敬語を使えているかどうか、再確認する社会人が増えてきているように感じます。, ビジネスマナーとして言葉遣いは鉄則であり、間違った言葉遣いは自分の社会人としての評価も下げてしまう可能性がありますよね。, ビジネスマナーの本は書店でも多く販売されており、一冊は持っておきたいアイテムです。 「拝借」とは「はいしゃく」と読み、借りることを意味する敬語表現です。必要な物を借りる時に借用する意味でつかったり、相手に時間をとらせてしまう時などにも使えます。, また、パーティーなど大勢の人が集まるような環境で、「お手を拝借〜」という使い方もされます。相手の意見を聞きたい時などにも便利な表現で、智慧を借りるというニュアンスでも使われます。, さらに、目上の方、先輩に対して使える便利な敬語表現です。モノ、時間、意見などを相手に求める時、借してもらう時に、へりくだった丁寧な表現として是非覚えたい言葉です。, 拝借の類語、「お借りする」は、力、智慧、モノを借りる時に使う敬語表現です。意味合い的には「拝借」と差異はありませんが、拝借するよりもソフトな印象な表現のため、口語表現やビジネスメールに向いています。, 「◯◯さんのお力をお借りすることになりますが、よろしくお願いいたします。」などのように使うと良いでしょう。, 少し一文が長くなるものの、丁寧に目上の方、先輩、上司に対して、協力してもらったり、なにか借りる時に感謝の気持ちを伝えられます。, 「拝借」の類語に、「お貸しいただく」という敬語表現がありますが、ビジネスでの口頭、メール等では少し変化させて使用します。, 「◯◯様のお知恵をお貸しいただきたく〜」や「お力をお貸しいただく、何卒よろしくお願い致します。」などのように用います。相手に対して丁寧にお願いする気持ちを込めた表現と考えると良いでしょう。, 拝借よりも、一文を長くする使い方をすることでより相手への感謝を伝えやすい敬語表現です。, 「拝借」の類語、「お貸し願う」は、モノなどを借りる時に使える敬語表現で、意味としては拝借との違いはありません。, 「◯◯をお貸し願いたく〜」という形で用いることで、目上の方にも失礼なく、ビジネス上の取引相手等にも安心して使える丁寧な表現。, ただ、少し堅い印象の表現でもありますので、使い方としては、どうしても貸して欲しい、相手に貸さないという選択肢を与えない時などに使うと良いでしょう。年齢的にも少し高齢の方が使う表現という印象もあります。, 「拝借」の類語には「借用」という言葉も挙げられます。拝借も借用も、ものや人を借りるという意味で使えるのですが、借用書という言葉があるように、必ず返す前提で借りるというニュアンスがあります。, 借りる相手に対して返す意思がある時にも使えますし、どちらかというと口語よりもメールで使われることが多い表現です。ちなみに借用は敬語表現ではないため、上司や目上の先輩には使えません。, 一見似たようなニュアンスの言葉であっても、使えないシーンもありますので、失礼のない表現にならないよう気をつけて言葉を使い分けましょう。, 「拝借」は、モノや人の智慧、助けを借りる時に便利な敬語表現です。目の前の相手、ビジネスメールのやり取りをしている相手に対して、お願いする時に使えます。, なにか必要なものがあって一時的に借してもらうとか、アドバイスを求める時に、失礼のない形でお願いする使い方に向いている表現ですので、ぜひ覚えましょう。, 自分ではもう解決策がなく万策尽きた時や、自社、知り合いのつてなどでは人手が足りない時などにも使えます。, 頼み事をする際のメール、口頭で使うことで、相手に対してへりくだった表現としてお願いができますので、ビジネス敬語の一つとして身に付けたいですね。, 「拝借」が多く使われるタイミングとしては、智慧を借りるタイミング、なにかモノ(場所)を借りるシーンが多く、ビジネスの場では欠かせない敬語表現です。, 借してくれた相手に対して、拝借させていただくことへのお礼や、借してもらったことへのお礼を丁寧に伝える表現なため、上司や先輩にも使用できます。, 例文にもあるように、相手に対する感謝をしっかりと伝えるために、「拝借」はとても大切な表現ですので、しっかりと例文を身に付けてください。, 使い方は少し難しいですが、しっかりマスターしてスマートな言葉遣いを心がけましょう。, 【「例文」で使われている敬語】 It appears that you have disabled your Javascript.

「借りる」と言う言葉はビジネスでよく利用されますが、敬語が上手く出てこないという人も多いです。借りるという言葉はそれほど表現が多くないので、誤用に注意して基本を表現することが大切です。表現の意味や使い方を紹介しています。, ビジネスシーンにおいて敬語を適切に使えることはとても大事なことですが、その中でも使用頻度の高い言葉はしっかり用法を押さえておきたいものです。, ビジネスシーンでは頻繁に「借りる」という言葉が用いられますが、急ぎの際などはついつい普段の習慣から簡単に「貸してください」など簡単に言ってしまいがちです。また、無理矢理に言葉をひねり出そうとすると違和感のある表現にもなりやすい言葉です。, スマートに「借りる」を敬語で表現するには、基本的な表現をしっかり抑えることが大切です。逆に「借りる」については表現パターンも少ないので、例外的な使い方をすることは少ないものだと思っておいて良いでしょう。, 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。「借りる」にもこれらの用法がありますので、まずはこれを覚えることが基本となります。, 使用する際には、どちらを主語に置くかが大切で、その上で尊敬語・謙譲語・丁寧語を選択します。実際のビジネスの場面では、口語では丁寧語が使われることが多く、文章上は尊敬語、謙譲語が多くなる傾向が見られますので、状況に応じて使い分けるようにしてください。, 特殊な使い方が「借りる」には少ないので、上記をしっかり覚えて使い分けられれば90%以上の場面に対応することができます。, 相手が目上の人の場合、相手を立てるようにして敬意を示す用法です。そのため、主語は相手になることに気を付けてください。 Copyright © RAKUS Light Cloud Co., Ltd. All rights reserved. 相手をしっかり立てることができますね。, 丁寧語に関してはとても簡単です。 この記事では、言葉の意味や由来、使い方やどういったシチュエーションで出てくる言葉なのか?といった点をご紹介致します。 また、類義語も合わせて解説をし、どのような場面でも適した言葉を使えるようになります。

様々な言葉が一日のうちに何度も交わされる中で、正しい敬語を使えているかどうか、再確認する社会人が増えてきているように感じます。 ビジネスマナーとして言葉遣いは鉄則であり、間違った言葉遣いは自分の社会人としての評価も下げてしまう可能性がありますよね。 「借りる」の場合だと、「借りられる」「お借りになる」となります。, 相手が目上の人の場合、自分を低くすることで相手を高め、敬意を示す用法です。そのため、主語は自分になることに気を付けてください。 ビジネスシーンでは、上司や取引先への「お願いメール(依頼メール)」を送ることがしばしばあります。, そのような相手にお願いメールを送る場合、失礼な表現になっていないか、相手を不快な気持ちにさせないか不安になることも多いと思います。, 今回の記事では、「お願いメール」でよく使われるフレーズや実際のテンプレートをもとに、基本的なお願いメールの書き方をご紹介していきます。, 件名には用件、日付、自身の名前などを入れましょう。同じ会社内でのやりとりでは必要ありませんが、外部とのやりとりの場合は自社の名前を入れておいた方が親切です。, このように、件名の最初に【〜のお願い】【〜依頼】【至急〜について】という言葉があれば、お願いメールであることが一目でわかり、良く目立ちます。, お願いメールだからといって特別に気を使う必要はありません。重要なのは「丁寧な言葉」で「内容を簡潔に伝える」ことです。, 長々と遠回しな表現でお願いされるよりは、用件、目的、返信期限などが一目で分かった方が相手も反応しやすいでしょう。, 例えば、アポイントメント依頼のメールを送る場合、日時、場所、面会時間は必須の情報です。日時に関しては相手の予定も考え、いくつかの候補を提案することでメールのやり取りも少なくて済みます。急ぎの案件の場合は、返答期限も記載しましょう。, 必要な情報はお願いする要件によって異なるので、一概にまとめることはできませんが、二度手間にならないよう必要なものを洗い出すようにしましょう。, 次に、お願いメールの文面でよく使われている表現をいくつか紹介します。実際のビジネスシーンで頻繁に使われているものを集めたので是非参考にしてみてください。, 次に紹介するような表現はお願いメールにおいてNGなので、以下のように言い換えましょう。, また、催促のお願いメールを送る際も「締切厳守」など、高圧的に感じる言葉は極力使わないようにしましょう。, 催促のお願いメールを書く際には、「恐れ入りますが」や「お手数おかけしますが」といった配慮の言葉をクッションとして使うことで、失礼のないメールにすることが可能です。, 日程の調整や、書類送付のお願いメールなどは比較的簡単ですが、難しいのが取引先に意見をもらったり、提示された内容についてもう一度相談し直したい時のメールです。, 人間は心理的に自分の名前を呼ばれることで、無意識に相手に好感を抱き、ポジティブな返事をしやすい傾向にあるのです。, 〇〇の件ですが、弊社で請求書の到着が確認できておりませんので、 Copyright © 2015-2020 Smartlog. 「お借りになります」「お借りなりました」として使うとより丁寧です。, 「借りる」の尊敬語「お借りになる」「借りられる」のビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい例文。, 「借りる」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)のほかにもビジネスシーンでよく使う敬語をまとめておきます。これを機にマスターしておきましょう。, つづいて「借りる」の敬語変換(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使うときの注意点を解説します。, 「させていただく」は多用するとみっともないのですが「拝借させていただく」であればOKです。, なぜなら「借りる」という行為には相手の許しが必要だから。「拝借させてもらいますよ~」として相手の許しを得ようとしていると解釈できます。, こうすると、あなたが自分で自分のことを高めてしまっています。あなたが借りたいのであれば、, 丁寧語「です・ます」を謙譲語や尊敬語と組み合わせると、より丁寧な敬語フレーズになります。むしろビジネスシーンでは必ずといっていいほど組み合わせて使いますね。, 年収や業界の裏情報、仕事内容、転職エージェント口コミなどご教示いただければ幸いです。→ お問い合わせページより, 自分を低くすることで対象を立てる・うやまう・高める敬語が謙譲語であるため、決して対象の行為にたいして謙譲語を使ってはいけません。, 拝借いたす は二重敬語にあたり間違いでは?という意見もあります。たしかに「拝借する」を謙譲語とすれば「拝借いたす」は謙譲語「拝借」に謙譲語「いたす」を使っていることになり二重敬語です。, 相手を立てる・うやまう・高める敬語が尊敬語であるため、決して自分の行為にたいして尊敬語を使ってはいけません。尊敬語を自分の行為に使うと、自分で自分をうやまうことになってしまいます。, 「~れる」という尊敬語は受身や可能の「れる・られる」と混同しやすいため「お~なる」を使うほうがベター。, 謙譲語を使うべき対象がおかしいのはダメ。「拝見する」は謙譲語であるため、自分の行為にたいして使います。, 尊敬語を使うべき対象がおかしいのはダメ。「お借りになる」は尊敬語であるため、相手の行為にたいして使います。, 謙譲語Ⅱ = 聞き手に敬意を表す敬語のことで「もうす」「おる」「まいる」「いたす」などがある。.

「借りる」の場合は「借ります」「お借りします」となります。, 「借りる」の敬語表現である「拝借」という言葉ですが、この時の「拝」は様々な敬語で用いられる表現です。, 「拝する」と言うのは「拝む」という意味であり、もともと神仏に対して用いる表現から、尊い人に対しても用いられるようになっています。たとえば、「拝聴」「拝見」「拝読」などは全て「聞く」「見る」「読む」の敬語表現となります。, この時、言葉を丁寧にしようとして「ご拝借」などとすると間違いになります。「拝」がすでに敬語の言い回しになりますので、「ご」をつけると過剰となり、意味をわからずに使用していると思われてしまうため注意しましょう。, また、「拝借」は謙譲語のため、「部長が拝借くださった」というような使い方は誤用となります。「部長から傘を拝借した」と、自分が主語になるように用いるのが正しい方法です。, 「拝借する」という言葉は、用法には少し注意が必要な言葉です。というのも、正式な意味ではありませんが、「拝借する」と言う言葉を「持ち去る」の意で使われる場合があるためです。, 同様に「失敬する」などが「立ち去る」「持ち去る」の意で使われたりと、悪いことをする際にもなぜか敬語表現が使われることがあります。間違って覚えている方は正しく使えるようにしっかりと覚えておきましょう。, モノは借りた場合には返すことが基本ですが、知恵は借りた場合には返すことはできませんし、知恵だけでなく相談のための時間も借りていることになります。その敬語表現には違いはありませんが、他の国の言語に変換して表現する場合には注意が必要です。, 返す場合にはきちんと「お貸しいただきまして、ありがとうございました」とお礼を言うようにしましょう。