05月03日 10:28, [4]

三谷幸喜さんの「犬愛」が存分に発揮されるのは、映画 「ステキな金縛り」 です。 その中で、霊界から連れてこられてしまったすでに亡くなった愛犬のラブラドールを中井貴一さんが、生前のようにじゃれて慈しむシーン�

mixiユーザー

「Columbo」は、アメリカで制作・放映されたサスペンス・テレビ映画である。全69話。, 邦題はアメリカで1968年から1978年まで放映された45本を「刑事コロンボ(けいじ-)」、1989年から2003年まで放映された24本を「新刑事コロンボ(しんけいじ-)」。, 1962年にウィリアム・リンクとリチャード・レビンソンが制作したテレビミステリー・シリーズで、1968年から1978年まで45本がNBC(1971年から「NBCミステリー・ムービー」"NBC Mystery Movie"という番組枠 )で放送され(日本語版タイトル『刑事コロンボ』)、その後1989年から2003年まで24本がABCで放送された(日本語版タイトル『新刑事コロンボ』)。, 制作はユニヴァーサル映画。主演のピーター・フォークにとっては、初めての本格的な刑事ドラマとなった。原作・原案はリンクとレビンソン。テレビにコロンボが初登場したのは、1960年に『The Chevy Mystery Show 』内で放送されたエピソード "Enough Rope" でアメリカの俳優バート・フリードがコロンボを演じた。その後1962年にこのエピソードをもとに脚色したトーマス・ミッチェル主演の舞台劇『殺人処方箋』をサンフランシスコを皮切りに全米、及びカナダで25週間ツアー公演し、1968年に再度テレビ版にアレンジした単発作品をパイロット版とした。フォークが選ばれたのは、舞台で絶賛されたトーマス・ミッチェルがすでに死去していたためだった。, 独特のテンポで進むストーリーで、知的で社会的地位も高い犯人が完全犯罪を目論むも、一見愚鈍で無害そうなコロンボにアリバイを突き崩され、自ら破滅の道を転落する必罰的展開ながら、コロンボと犯人との駆引き、静かにそして確実に追い詰められて行く犯人の内面の葛藤・焦りといった感情描写や、コロンボのユーモラスな台詞回しなど、そのいずれもが味わいのある1話完結の人間ドラマとなっている。脚本家も監督もメインと呼べるほど多数を担当をした者はおらず、基本設定を厳守した中で各自の個性を発揮する競作となっていることもあって、設定を深追いしていくようなキャラクター・ドラマの方向へは進まなかった。レギュラーはあくまでコロンボ一人だけであり、その性格や設定も第1話と最終話で大きな変化はない。, ゲストスターは犯人を演じるのが原則であるが、「初夜に消えた花嫁」など、例外もある。, 最初に完全犯罪を企む犯人の周到な犯行を視聴者に見せた後、一見して隙のない犯人が見落としたほんの僅かな手がかりを元にコロンボが犯行を突き止める物語となっている。ミステリー小説では倒叙物と呼ばれる形式だが、視聴者はあらかじめ犯人とその犯行を知っているので、視聴者は「犯人と視聴者は一体何を見落としていたのか」「コロンボがどうやって尻尾をつかんで犯人を追い詰めるか」「犯人側の心境に重ねる緊張や焦り」などの心理的駆引きが展開されていく。犯人が結末にわかる(シーズン5「さらば提督」)、犯人は明らかにされているがトリックは結末までわからない(シーズン1「パイルD-3の壁」/シーズン7「美食の報酬」)など例外作品も放映されている。逆を言えば、冒頭で犯人が殺人を起こしており、そこまで見れば終わりだが、トリックを見破る過程や動機を知るためにはラストまで見たくなる人間の「知りたい」という欲求をくすぐっている。, テレビミステリーシリーズにおいて、際だって著名な俳優(いわゆる大物俳優)や個性的な俳優を犯人として配役した場合、彼らの登場時点で視聴者に真犯人がわかってしまい、「最後まで犯人が分からない」というストーリーを成り立たせることは難しい。単発のドラマであれば大物俳優を複数配役すれば可能ではあるが、シリーズものでは予算的にも困難である。しかし、倒叙物の手法を取り入れることにより、大物俳優を犯人役に、毎回起用することができることとなった。さらに視聴者を主人公コロンボのキャラクター性や行動、犯人との駆け引きに集中させることができる。テレビドラマでは、ともすると視聴率重視のために短い時間で様々な要素が盛り込まれがちだが、本シリーズでは暴力や性的描写が(旧シリーズでは)なく、ドラマは犯人とコロンボの心理戦を中心に進められる。, 犯人は医者や弁護士、作家、会社重役、スターなど地位や名声のある知識人、有名人であることが多く、犯行動機も権力欲や遺産目的によるものが多い。そのため、犯人はコロンボに追い詰められていても高飛びするわけにはいかず、己の崩壊を待つだけの焦りが描かれる。知能犯である彼らの犯行はいずれも緻密かつ周到で、コロンボから追及されても鮮やかにかわしていく。これら特権階級(エスタブリッシュメント)の世界をうかがわせること、そしてそれらの人々が作り上げた完全犯罪を覆していくことにこの作品の魅力があるといえよう。原案者のリンクとレビンソンは、コロンボの庶民的で凡庸なキャラクターの対比を鮮明にするため犯人を特権階級に設定したと語っている。, コロンボは、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルス市警察殺人課[9]に所属する警察官であり、階級は「Lieutenant(ルテナント)」である。日本語版の作品のタイトルは「刑事コロンボ」であるが、日本語版の放送やビデオの日本語訳字幕では一貫して「コロンボ警部」とされている。[10][11]。, シリーズを通して劇中でコロンボのファーストネームが登場したことは一度もない。コロンボも名前を尋ねられた際、「私を名前で呼ぶのはカミさんだけです」と答えている。フォークはインタビューでの質問に答えて、コロンボの名前を「警部補(ルーテナント)」と述べたことがある。第5話「ホリスター将軍のコレクション」と第35話「闘牛士の栄光」で、コロンボの警察バッジケースがクローズアップされる場面があり、それには「Frank Columbo」と記されている。2009年1月に再放送した際のNHKデジタル衛星ハイビジョン番組公式サイトトップでは、身分証に"Lt. Frank Columbo A096824"(警部補 フランク・コロンボ、A96824号。Lt.は"lieutenant"=警部補の略称)なる表記がある。, なお、「コロンボ」姓については、脚本家のウィリアム・リンクによると、ビリー・ワイルダーの代表作『お熱いのがお好き』の登場人物「スパッツ・コロンボ」に由来しているという[12]。リンクとリチャード・レヴィンソンの両名はいずれもワイルダーを熱烈に崇拝している[12]。, よれよれの背広服とレインコートのスタイルはフォークが作り上げたものであり、レインコート・背広服とも彼の私物である。乾燥しており降雨が少ないロサンゼルスではレインコートはほとんど普及しておらず、砂よけのダスターコートが一般的である。しかし、フォークは「コロンボに強烈な個性と独特なキャラクターをもたせたかった。そこで、(雨の少ない)カリフォルニアでレインコートを着せることにした」(『隔週刊 刑事コロンボDVDコレクション』デアゴスティーニ・ジャパン刊)という。同じコートを7年間使用している[18]。, ピーター・フォーク扮する主人公・コロンボ警部の私有車として、くたびれたフランス製小型乗用車のプジョー・403カブリオレ(米国輸出車)がしばしば登場し、彼のライフスタイルを物語る小道具となった。ピーター・フォークが自伝で語る起用の経緯によれば、シリーズのとあるエピソードの撮影に先立ち、自らがコロンボの自家用車のチョイスを任されたが、ガレージ一杯の劇用車のどれを見ても気に入らなかった中、ガレージの隅で色褪せているうえに1輪がパンクしているプジョー・403カブリオレに遭遇、直感的に選んだものであったという。, このモデルが生産されたのは1950年代後期で、テレビシリーズ放映開始時点でも10年以上経過した旧式モデルであった。塗装もところどころまだらになっており、プジョーはドラマの中でしばしば不調を起こし、あまりに散々な見てくれに登場人物たちからはスクラップ扱いされる体たらくであったが、コロンボはさして意に介する様子もなく、時には名無しの愛犬を助手席に載せ、自らの足として愛用し続けた。外観を見ただけでディーラーが下取りを拒否する、「盗られるはずがない」とレストランのドアボーイが店の駐車場に保管してくれない、自動車解体場の殺人現場に駆けつけた時には警戒中の警官から車を捨てに来たと勘違いされ、見た目の評価は散々なものとなっているが、コロンボは「フランス車だ」と自慢げに話しており、反対に妻の新車[19]に関しては「平凡な車」と評していた。, 1989年から新シリーズが再開されたが、この時、以前のシリーズの撮影で使用していたプジョー・403はすでに廃車になっていた。新シリーズの製作スタッフは、コロンボの愛車としてプジョー・403こそが最も相応しいと判断し、様々な伝手をたどった末に、可動状態の403カブリオレを保有する米国内のコレクターからこれを借用して、撮影に供したという。旧シリーズの個体の幌が灰色だったのに対し、新シリーズの個体は幌の色が白になっている。また、新シリーズ以降は希少車になっており、作中でも売買を持ちかけられるが、コロンボは「売る気は無い」と断りを入れている。, 米国に於いて『刑事コロンボ』が第7シーズン(英語版)に差し掛かっていた1978年、コロンボを演じるピーター・フォークはディーン・マーティンが司会を務める当時の人気バラエティ番組、『ザ・ディーン・マーティン・セレブレティ・ロースト(英語版)』にフランク・コロンボ警部として招待され、同年7月2日、フランク・シナトラが副司会を努めた同番組にフォークはドラマそのままの刑事コロンボの姿で登場。8分余りに渡って刑事コロンボのパーソナリティに基づいたスピーチを行い、終始出演者と聴衆の爆笑を誘った[20]。, スピーチの中途、コロンボは(作中でよく見せる行動と同じように)壇上からマーティンにカクテルナプキン、ジョナサン・ウィンタースからペンをそれぞれ借り、副司会のシナトラに対してナプキンにサインしてくれるようにせがむ一幕が存在するが、この時コロンボはサインの宛名書き(英語版)について、最初は「コロンボ警部へ」、次に(シナトラのファンであるという設定の)カミさんの名義を足して「コロンボ警部とコロンボ夫人へ」、次いでカミさんと自身の名義の順序を入れ替えて・・・とあれこれと逡巡した挙げ句、最終的に「ただ"ローズへ"とだけ書いて」とシナトラに要望した(この時、会場は最大級の笑いと拍手に包まれた)。その後、コロンボはシナトラにカミさん謹製のラザニアを贈呈(但し皿は洗って返してくれ、テフロン製だからスチールウールは使ってはだめだ、とも付言した)し、テレビを皆で見ているというカミさんを始めとするコロンボの親戚一同にアカペラで歌ってあげて欲しいと要望するが、この時シナトラはカメラに向かって手を振りながら「やぁ、(ローズの愛称とみられる)ロージーさん!」と呼びかけた。, なお、フランク・コロンボの英語版の記述に依ると、設定上はコロンボの実の姉妹にも「ローズ」という名前の人物が存在するとされているが、この一連のやり取りの中でコロンボが言及した「ローズ・コロンボ」という人物は、スピーチの文脈上は「カミさんの本名」であると解釈されるものであり、米国のファンの間ではこの時のスピーチが、フォークがコロンボのパーソナリティの下でカミさんの本名に言及した史上唯一のシーンであると認識されている[21]。, 日本で一般に「刑事コロンボのテーマ」として知られている曲は、『コロンボ』を含む4作のテレビシリーズをローテーション放送していた『NBCミステリー・ムービー』のテーマ曲である(原題:"Mystery Movie Theme"、作曲:ヘンリー・マンシーニ)[34]。NHKでの放送時にこの曲がオープニングとエンディングで流され、「刑事コロンボのテーマ」として定着した[35]。もうひとつの「コロンボのテーマ」と呼ばれる曲は、アメリカの古い歌 "This Old Man" で、劇中でコロンボが頻繁に口笛を吹いたり口ずさんだりしている。「死者のメッセージ」などではピアノを弾く場面もある。, なお、[NBCミステリー・ムービー]のテーマ曲の主旋律に用いられているポルタメントが印象的な楽器は、「オンドマルトノ」であるという意見が見受けられるが、どうやら「Clare Fischer氏」の演奏によるYAMAHAのオルガン「YC-30」である、という説が濃厚である。, 『刑事コロンボ』(旧シリーズ)終了後、NBCによって『ミセス・コロンボ』(Mr.Columbo のち数回にわたり改題。1979年 - 1980年放送)が制作された。『ミセス・コロンボ』は『刑事コロンボ』を意識しており、ときおり挿入されるミセス・コロンボの家のカットでは、ミセス・コロンボの乗る車に加えてぼろぼろのプジョー403が写っている。しかし、『ミセス・コロンボ』は『刑事コロンボ』スタッフの反対を押し切って制作されたもので、ファンの支持も得られず、制作側(ユニバーサル)もミセス・コロンボがコロンボ夫人と同一人物であることを否定した。このため『ミセス・コロンボ』も路線変更を余儀なくされ、結局打ち切りとなった。, 本編のBGMを担当した作曲家を記述。( )は担当エピソード(第14話はクレジットなし)。, 旧シリーズは1990年代にCICビクター・ビデオ(後のパラマウント・ジャパン)からはVHSが、パイオニアLDCからはレーザーディスクが発売されている。テレビ放送の際にカットされたシーンは、レーザーディスクでは原語に日本語字幕で対応したが、VHSでは新たに日本語吹き替えが行われた。後に発売されたDVD・Blu-ray Discにも、この追加された日本語吹き替えが収録されている。, 日本では、2011年6月23日に死去したコロンボ役のピーター・フォークに追悼の意を込め、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンから2011年12月2日に全69話を収録したBlu-ray BOX『刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX』(品番:GNXF-1245)が発売された[38]。, 映像は2009年に衛星ハイビジョンで放送されたHDリマスター版を使用し、存在する日本語吹き替えを全て収録している(「殺人処方箋」NHK版はラスト14分のみ)。また、衛星ハイビジョンでの放送に伴い収録された、新シリーズの欠落シーン追加吹き替えも収録されている。デイヴ・グルーシン、ビリー・ゴールデンバーグ、ギル・メレ、オリヴァー・ネルソン、パトリック・ウィリアムズなどがBGMを担当した回の内10作品にBGMや効果音のみを聞ける「音楽&SEトラック」が収録されている。その他に解説や追加吹き替えキャストを含めた吹き替えキャスト名などが掲載された「刑事コロンボ完全版ブックレット」が付属している。初回生産分には「殺人処方箋」NHK版日本語吹替収録に使われた台本の縮小復刻版が付属していた。, Blu-ray BOX発売に伴い、石田太郎版の日本語吹き替えが存在していなかった第69話の新規収録が行われ、犯人役を俳優の香川照之が担当した[39]。, 小説版については放映された番組から独自に書き起こしたもの、脚本から小説化したものなど形態は多々存在する。そのためストーリーやトリックなどに相違点がある場合がある。著者ウィリアム・リンクとリチャード・レビンソンとして訳者名が記載されていてもそれは訳者(を名乗る者)による日本独自のノベライゼーションであり、元になった英語の小説というものは存在しない。リンクとレビンソンはプロデューサーとして名を出しているに過ぎない。, 二見書房より新書版 (サラ・ブックス) で発行されたものの復刻版。新書版は「愛情の計算」を除く旧シリーズ44話に加えオリジナル小説が出版されていた。, この作品は、以下の通り日本では3つのヴァージョンが公開されており、邦題もふたつ存在する。, 殺人事件が発覚していない時点(ある人が行方不明の時点)で捜査に加わることもあり、一概に殺人事件のみを捜査しているわけではないと推定される。, 2020年9月9日・21時(日本時間)にNHK-BSプレミアムで再放送された日本語版のセリフでは「炊事場の見張り」となっているが、原語はKP(=kitchen patrol ないし kitchen police)である。「ノート」参照。, 同時に「殺人講義」の回に起きた殺人事件は『運良く』犯人が無線で飛ばしていた狙撃用の画像が近くの無線家によって拾われ、解決に結び付いた。, このエピソードでは、コロンボが犯人に対して怒鳴るシーンがあるが、これは日本語吹き替え版のみの演出である。ピーター自身は、同シーンでのセリフを「低音かつ抑え目のトーン」でしゃべっている。, 第4シーズン 第27話「逆転の構図」より。ある親切な婦人に「コートを変えるべき」と突っ込まれ、ほぼ新品のコートに交換させられるところだった。, 新シリーズの第56話「殺人講義」になってグリーンの2ドアセダンを「カミさんの車」と紹介するシーンがあるが真偽のほどは定かではない。, なお、最初に出演していた犬は、シリーズ途中で亡くなった為、途中からは初代に似た犬を起用している。, 終始批判的な態度をとっていたわけではなく、最初からコロンボを知っていたり、コロンボが捜査しやすいよう補佐したりと慕う様子もみられる。, ただし、当初放映されたにも関わらず、現行版では別の声優に替わっている部分もある。「祝砲の挽歌」の, なお、他のシリーズが映画枠で放送される際、NBCで放送された当時のフィルムを使用したためにこのテーマが少しだけ流れる場合もあった。, 旧題「謀殺のカルテ」映像版「華麗なる罠」。没シナリオとして小説版が出版された後、新シリーズで映像化された。, “Philip Saltzman, Producer of 'Barnaby Jones'”, http://www.latimes.com/news/obituaries/la-me-passings22-2009aug22,0,3124034.story, http://www.lapdonline.org/join_the_team/content_basic_view/9127#Police%20Lieutenant, http://www.lapdonline.org/assets/pdf/Org_Chart_021312.pdf, ‘Columbo’ creator solves his own family mystery by Tom Teicholz February 22, 2011 |6:29 pm, “BS-TBS、民放初『コロンボ』全シリーズ放送! 04月11日 18:38, [15]

mixiユーザー mixiユーザー

mixiユーザー 一方で何かに熱中していたりすると、自分の世界に入り込むことが多いようです。そこからなのか、マイペース、頑固と評されることもありますね。しつけはそれなりに苦労しそうです。, 体力があり、太りやすくもあるため、1日1時間程度の散歩が必要です。 mixiユーザー

04月23日 22:19, [20] mixiユーザー Murder Case, 探偵の条件/Columbo And The Murder Of A Rock Star, ただし、アメリカの実際の制度では captain は分署長や本部の課長などを務めることが多い。lieutenant はそれに次ぐ階級として、署長(もしくは実動部隊の長)の「副官・代行」であるとともに、場合によっては署長職を務めることもあり、実際の各階級の役職、役割、人員の構成比率などで較べた場合、日本の警察での, 運動は苦手で泳げない。高い所が苦手らしく、ケーブルカーに乗った際には一言も言葉を発しなかったり(第8話「死の方程式」)、捜査のため致し方なく何度か航空機に搭乗した後、降りられるくらいまで精神的に落ち着くのに相当な時間を要している(第2話「死者の身代金」)。乗船時、, ファミリーを大切にするイタリア系だけに、妻のほかにも甥や姪や従兄弟など親族の話をよくする。船旅中のコロンボが船員に妻の所在をたずね「あちらに行かれました」と返答する場面があるが、画面に登場したことはない(第29話「歌声の消えた海」)。, 料理を手際よく作り、被害者の妻を元気づけるために「料理はまったくダメ」といいながら, 私生活におけるコロンボはドラマにおける犯人達の豪奢な生活と違い、うだつが上がらず小額の支払いにも渋る小物として描かれている。また、コロンボ個人の人間関係も安穏と暮らす市井の市民が数多く見られ、一例としてカフェーの主人に他愛の無い日常の愚痴や世間話などをするなどしている。少々記憶力に乏しいものの映画やテレビを相当数見ており、知っている役者などに出会うと年甲斐も無く喜び、感激を隠さない。現場に現れるまでのコロンボは煩雑で不本意な雑務に追われていることが多く、そのために一食抜いてしまっている場合が多々ある。, 事件が起こっても急いで現場に駆けつけることは少なく、たいていは実況検分があらかた終わってから顔を出す。しかも、自身が注目する以外の物事には大して興味を示さず、現場保存にも執着せず、火の着いた葉巻をくわえながらコロンボなりの検分ですませる。また、たびたび食事を抜いて現れ、ゆで卵持参であったり現場となった豪邸でつまみ食いをしたりすることもある。, 署内でのコロンボは相当な信頼と名声があるのか、同じ課に勤務する新米刑事から尊敬されているほか、事故として処理されかけている事件を上司に掛け合って殺人に切り替えて再捜査したり、警察と繋がりのある社会的地位が高い人物の恫喝にも困惑はするものの飄々としている。, 捜査方法は、整合性のない事柄に関して容疑者や関係者に事細かにしらみ潰しに当たり、時間や場所に関係なく職務質問するという極めて古典的なもので、その場でアリバイが立証されて一応納得するようなことがあっても、事実が判明するまでは幾度も同じ捜査を繰り返す。また、聞き込みでは、相手の地位に関係なくへりくだった態度で妻の話などの雑談を振っておき、夫婦間(又は親族間)の意見の相違などを打ち明けて相手に意見を求めてから「形式的な捜査なので…」「報告書に書くためだけです」などと職務質問に入るパターンが恒例となっている。, 状況証拠と証言だけでの真相解明を目指さず、守秘義務に関係無く捜査状況を容疑者本人に逐一報告することで感情の機微や証言の小さな差異をあぶり出し、それらを手がかりに矛盾点を突きつけ焦らせて心理的誤誘導するなどし、最終的には理詰めで追い込んで犯行を認めさせるという捜査方法を多々用いる。, また、事件に関連した分野の知識を勉強し、それを応用することで専門家を驚かせたり、犯人逮捕に利用したりすることがある。, 非常に粘り強い捜査が持ち味となっており、最長の捜査期間は9年4か月だったと語っている(第62話「恋におちたコロンボ」)。, 本人曰く、新シリーズの時点で22年警察官をやっているとの事(第54話「華麗なる罠」)。おそらく第1話『殺人処方箋』の初回放送日が該当話の22年前である事から来たネタだと思われる。, コロンボは「my wife」もしくは「Mrs.