関光彦元死刑囚はこの意見に対して、「僕の経験を反面教師として役立ててもらえば、この世に生まれてきたことに少しでも意味があったと言えるかもしれない」と言っていたようです。生い立ちが違っていれば、関光彦はこのような犯罪を犯すことはなかったのでしょうか。, 市川一家4人殺人事件の裁判は千葉地裁で行われました。第一審では11回に渡る公判が行われ、その後1996年7月2日現在に東京高裁で控訴審、2001年4月13日現在に最高裁第二小法廷で上告審が行われました。一審、二審と進むにつれて変わってきた関光彦のその後の心の変化や、関光彦の母親や弟など家族の現在にも迫ります。, 関光彦元死刑囚の逮捕後、起訴前の精神鑑定が行われ、強盗殺人・傷害などの容疑で千葉家裁に送致され、市川一家4人殺人事件の前の複数の余罪で追起訴されました。 当初記者は、「独房で書いた手紙に香水をふりかける殺人犯とはどういう精神なんだろう」と疑問に思ったそうです。幾度か重ねた文通には、数を重ねるうちに変化が見え始めます。関光彦の手紙には被害者に対するお詫びの言葉と、死刑執行になるという恐怖の言葉が綴られるようになっていたようです。, 2017年12月19日、法務省の死刑執行命令により東京拘置所で関光彦元死刑囚の死刑が執行されました。同日には群馬県安中市で3人の殺害事件を起こした犯人にも、死刑が執行されています。事件から約16年という年月を経て、市川一家4人殺害事件の幕が閉じました。

市川一家4人殺人事件とは、当時19歳だった関光彦が金銭目的で強盗や4人の殺人、長女の強姦をしたとして話題になった事件です。市川一家4人殺人事件の犯人・関光彦死刑囚の生い立ちや、強姦された長女のその後や現在、加害者家族の現在についても詳しく紹介していきます。, 平成に入ってからの少年犯罪の犯人の中で、初の死刑執行にもなった市川一家4人殺害事件の詳細を紹介します。市川一家4人殺害事件の犯人である関光彦元死刑囚は、どのような理由で被害者一家を殺害したのでしょうか。弟思いでしっかりした少年が、被害者家族の長女を強姦するに至った経緯とはいったいどのようなものだったのでしょうか。, 市川一家4人殺人事件は、1992年3月に千葉県市川市で起こった強姦・強盗殺人事件です。不遇な生い立ちをもった犯人の関光彦元死刑囚は当時19歳でした。

フィリピン女性との結婚は、意外にも女性からのプロポーズでした。まわりの反対を押し切って結婚した関光彦元死刑囚でしたが、そのフィリピン女性の姉が病気がになり、女性はフィリピンに帰国したまま帰ってきませんでした。 さらに寺の住職は関光彦元死刑囚の母親らに依頼され、関光彦の刑務所に面会に行ったこともあったそうです。その際、住職は関光彦元死刑囚に被害者の供養を頼まれたといいます。その時の関光彦元死刑囚は、罪の重さに苦しんでいるようだったとも語っています。, 1998年10月から、東京新聞の記者が市川一家4人殺害事件の執筆をするために、関光彦元死刑囚と度々文通や面会をしていました。記者は当初面会に行きましたが、1日に1人しか面会ができない決まりになっているため、なかなか会うタイミングが取れなかったといいます。そのため、約1日かけて拘置所に行っても無駄足になることが多かったようです。 面会の実施が難しいとわかった記者は、関光彦元死刑囚と文通でコンタクトを取るようになります。文通を始めたころは落ち着いている様子だった関光彦元死刑囚ですが、拘置期間が長引くにつれて精神が不安定になっていったそうです。

ホステスがこのことを店に泣きながら訴えたところ、店側が激怒して暴力団に「落とし前をつけてくれ」と依頼しました。関光彦は、暴力団に呼び出され、落とし前として200万円を要求されたということです。そこで以前強姦した15歳の少女宅の強盗を思いついたといいます。, 暴力団には情けないほど無抵抗な関光彦でしたが、2度も続けて見ず知らずの女性の強姦に成功したことで、偏った自信を持ってしまったようです。その時関光彦が乗っていた車は「時価400万円のクラウンロイヤルサルーン」でした。この車を売却して200万円を用意するという考えはなかったらしく、思いついたのは強盗や殺人という手段でした。, 市川一家4人殺人事件が発生するよりも前に、関光彦は被害者である15歳の長女を強姦しています。 犯人の弟は顔や体格が犯人とそっくりだったと言っています。しかし、弟の性格は犯人とは正反対で、おだやかで礼儀正しかったそうです。弟は記者に対して終始丁寧に対応していたという事でした。母親は「弟と私をもうそっとしておいてほしい。」と泣きながら言っていたそうです。, 市川一家4人殺害事件の犯人である関光彦は、未成年犯罪では日本で史上2度目に死刑執行された死刑囚となりました。関光彦の生い立ちは父親の暴力により悲惨なものでしたが、死刑執行が近づくにつれて心境も変わっていき、被害者への罪の意識も現れてきました。被害者にとってはそれが唯一の救いだったという他ありません。 第一審は1992年12月25日に千葉地裁で第一回公判が、1993年3月3日に第二回公判が行われ、その後も裁判を重ねました。最後の後半は1994年8月8日に行われた第11回公判です。そこで、死刑判決が確定しました。不遇な生い立ちを考慮しても、死刑判決は覆らなかったようです。, 関光彦元死刑囚はの弁護人は判決を不服として最高裁へ上告し、その後控訴審が行われました。しかし死刑判決は覆りませんでした。関光彦の弁護人は即日上告しますが、第二審の2001年12月3日現在最高裁での判決で死刑判決が事実上確定しました。 強姦された被害者長女のその後の人生も心配されますが、加害者の母親と弟、うなぎ屋を営んでいた祖父のその後も心配されるところです。関光彦の死刑が執行され、事件の幕は下りました。しかし市川一家4人殺人事件は、犯罪の歴史の中に大きく残ることとなるでしょう。. 午後7時ごろ、帰宅した母親と長女を脅してうつぶせにさせ、母親の背中を包丁で5回刺して失血死させました。その後9時ごろに長女の妹が保母に連れられて帰ってきました。関光彦は妹を祖母が横たわっている部屋に入れると、長女を寝室に連れ込み3度目の強姦をしました。, 午後9時40分ごろになるとフリーランスのカメラマンである父親が帰宅しました。娘が寝ていると思った父親は犯人に気付かず、背後から関光彦に包丁で左肩を刺されてしまいます。そして金を要求された父親は所持金と通帳2冊(合計256万円)を渡しました。しかし関光彦は満足せず、父親の事務所の金も要求し、長女を連れて事務所に取りに行きました。

被害家族の長女の情報は全て、当時犯人と文通をしていた記者の『19歳―一家四人惨殺犯の告白』の中に書かれた一部の情報のみです。被害者という立場上、現在もこれ以上の情報はないようです。, 現在の少年法では、18歳未満の死刑囚は死刑から無期懲役に減刑することが定められています。しかし当時の関光彦元死刑囚は19歳だったため、当てはまらなかったようです。市川一家4人殺人事件に至った関光彦の死刑執行にも賛否が分かれていました。中には終身刑を望む意見もありました。, 関光彦元死刑囚の死刑執行は、未成年では永山則夫元死刑囚以来で、史上二人目となります。一人目である永山則夫連続射殺事件の永山死刑囚(当時19歳)の死刑執行は、1997年8月1日に執行されました。, 関光彦元死刑囚の死刑執行には賛否両論がありました。否定派の意見では、「まだ未成年であり、不遇生い立ちを考えると、更生する余地のある人間に対しての死刑執行は許されてはならない」というものがありました。 肯定派の意見は、「事件の重大性や遺族の被害者感情、社会的影響を考えると関光彦の死刑は妥当だ」というものが大半でした。また、不遇な生い立ちの少年であっても、事件の重大性から考えて死刑にする方が今後の少年犯罪の抑止に繋がる、とも言われていました。, 世論としても死刑賛成派と死刑反対派の声は高まっていました。反対派の意見で目立ったのは、「生きて被害者の苦しみを味わうべきだ」「終身刑になって一生苦しみを味わうべきだ」などの声も多くありました。 なぜ残虐な殺人事件は起きてしまったのでしょうか。犯人はなぜ一家4人も殺害するに至ってしまったのでしょうか。, 犯人の関光彦は地元では有名な不良で有名でした。ケンカ、喫煙、飲酒、万引き、窃盗を繰り返すようないかにもな不良でした。働き者の祖父の援助を得ながら関一家は暮らしていました。働き者の祖父は鰻屋を経営していて、関光彦も働きながら生活していました。関光彦はお金を稼ぐために働いていたのではなく、「なぜ祖父はこんなに働いているんだろう」ということで働いていました。不良であった関光彦は鰻屋で働くのも長続きせず、不良仲間とつるんだり、夜遊びに耽っていました。たまたま仲間と行ったフィリピンパブで一人のフィリピン人女性と仲良くなり、恋に落ちます。フィリピン人女性は妊娠、フィリピンで子どもを産むとフィリピンに帰ります。帰るとそのパブで別のフィリピン人女性と遊んでしまいます。そこで乱暴な関光彦は自宅へ監禁と乱暴をします。女性は2日後にお店へ戻りますが、お店側が暴力団に頼み「落とし前」をつけるように頼み関光彦は200万円請求されてしまいます。関光彦は暴力団員にリンチされます。むしゃくしゃした関光彦は夜、道を歩いていた女性を暴行し強姦します。この事件も関光彦逮捕後に追起訴されています。お金のない関光彦はどうにか工面する方法を探しました。関光彦は強盗や脅迫、空き巣をしてお金を巻き上げることにしました。そこで狙いをつけたのがこの「市川一家4人殺人事件」の被害者となる家族でした。, お金の工面に困っていた関光彦は常にむしゃくしゃしていました。むしゃくしゃしているところに遭遇してしまったのが市川一家4人殺人事件の家族唯一の生き残り、この家族の長女でした。夜、勉強をしていた長女はシャーペンの芯が切れたのでコンビニに買い物をしていました。その帰り道、運悪く関光彦に狙われてしまったのです。関光彦は車でわざと長女に当たり、治療をするとどうにか病院に連れていきます。その後、家に送っていくと嘘をつき、車内で長女を脅し、自宅に連れ込み強姦します。その時に生徒手帳を奪い、名前や住所をしっかりメモに書き留めておいたのです。このことは誰にも言うなと脅迫しました。, 長女を強姦してから翌月、関光彦は家族を襲って金を奪うことを決意しました。落とし前の支払いに困っていた関光彦は長女のメモを思い出し、家族のマンションに張り込み調査をします。電話して人がいる時間帯といない時間帯を調べたり、防犯カメラのない外階段などをチェックしました。そして、家に入り込みます。, 関光彦は窃盗目的で侵入します。家は鍵が開いており、侵入できました。誰かが来ても長女の知人を装うつもりでした。関光彦が中を漁っているいるところ、部屋で寝ていた祖母が出てきました。関光彦は暴行と脅迫をし、お金の在りかを聞き出します。祖母はあるお金を出しました。まだあるだろうとさらに暴行をします。ヨレヨレになりながら祖母は関光彦に唾を吐き掛けます。潔癖症な関光彦は激昂して電気コードで首を絞め殺してしまいました。遺体は祖母の部屋の布団に寝かせ、寝ている風を装いました。, 長女と母親が帰宅します。二人相手だと勝ち目はないので包丁で脅し、二人をうつぶせにして無抵抗にさせます。母親が「頭が切れそう」ということで刺します。抵抗するのでどんどん刺します。やがて失血死します。関光彦は長女に血と失禁の掃除を託し、一緒に母親の遺体を部屋に運びます。その後、保母さんに連れられて妹が帰宅します。そして長女に3人分の料理を作らせます。3人で食事をとった後、妹は遺体となった祖母とその部屋でしばらくテレビを見た後寝付きます。, 二人きり(生きて家にいる人)にって関光彦は強姦をします。少女を前に体が女性を求めていたのと数時間後に父親が帰ってくると長女に言われ、気を紛らわせたかったと後に言っています。ですが、予定より早く父親は帰ってきます。強姦中でしたが、すぐに服を着て父親を襲います。包丁で刺し、お金のありかを聞き出します。母親の通帳や印鑑などの在りかを聞き出しますが、満足いかず会社の通帳の在りかを聞き出します。会社には長女から電話をさせ取りに行くと連絡させました。父親は社長でした。, 父親の会社には長女と関光彦の二人で向かいます。マンションを出たところで長女を待たせ、思い出したかの様にマンションに戻ります。通報を防ぐために父親を殺害するためです。関光彦は父親をを包丁で一突きで刺し、殺害しました。そして自分の車で会社に向かいました。深夜の事でした。通帳と印鑑と現金を受け取ります。その後、関光彦は長女を強姦するためにホテルに行き、強姦します。強姦してから4時間寝てまた強姦したといわれています。長女は関光彦に合計5回強姦されたそうです。その後はまたマンションに戻ります。戻ると妹が泣き叫んでいて近所にばれると嫌だと、殺害します。包丁で一刺し、包丁は妹の胸を貫通したそうです。それでも痛い痛いと生きていてうるさかったと首を絞めて殺害しました。この時、初めて長女が反抗したことに腹を立て、長女にも襲いますが全治2週間ほどのケガでした。, 深夜に長女がお金を取りに来るなど不振に思った社員は朝に被害者家族の家に電話をします。出なかったため、通報しました。そして警察が突入し、抵抗する関光彦を抑え逮捕しました。事件の開始から15時間で逮捕となりました。, 関光彦は女子高生コンクリート詰め殺人事件が未成年の犯行で犯人が重い罪に問われなかったことから、自分もそうであろうと余裕でな気分でした。本人は「少年院は何年かな」という感覚でした。平成6年の千葉地裁の判決は死刑でした。「お金の工面という動機でも酌量の余地なし。犯行時が少年だったということを考慮しても4人を残虐に殺人したことは極めて重大」とのことでした。その後上訴しますが、平成13年に死刑が確定しました。法律では未成年でも犯行時に18歳以上であれば死刑判決できますし、死刑執行もできます。戦後少年死刑囚の死刑執行は40数名ですが、最近のほとんどの少年死刑囚の死刑執行の多くはまだのようです。死刑執行はしておりません。死刑執行を待たれる声がかつてはありましたが、世間の関心度は薄まっています。死刑執行されずに私たちの税金で生きている意味はあるのでしょうか。死刑執行が早く済むことを願います。, 残虐性から犯人の関光彦の生い立ちは報道陣に調べ上げられました。生い立ちはなかなか良いとは言えませんでした。, 関光彦は1977年1月生まれです。現在は40歳です。祖父は鰻屋チェーン店の経営者でした。祖父は反対しましたが、娘さんは結婚しました。遊び人で不真面目そうな相手に鰻屋一筋仕事一筋の祖父は大反対していました。結果、借金ばかり作り浮気もDVもする人で離婚しています。その後は祖父の支援を受けたり受けられなかったりで貧乏な生活をしていました。次第に母である祖父の娘も光彦に暴力をするようになりました。そして、貧乏な生活故にいじめを受けるようになってしまいました。ここで光彦の性格がひねくれてしまったようです。中学を上がるときには祖父も娘や光彦には甘くなりました。学力も運動もできる光彦に周りも将来を期待していました。ですが、表向きは真面目でしたが、裏では不良とつるみ地元で評判の悪い不良でした。その後、少し離れた高校に進学しますが、素行不良で退学となります。退学になった後は祖父の鰻屋を手伝います。お金稼ぎではなく働き者の祖父がどんな気持ちで鰻屋で働くかを知るためでした。ですが次第に、出勤時間は遅くなり、来なくなるようになりました。そのことで口論になった祖父に暴力をふるいます。祖父は倒れたところ、顔を蹴られ、左目に直撃、左目の眼球破裂をして失明してしまいました。祖父は不良や荒くれものを更生させたい意欲のある人で、鰻屋の従業員も元不良の人が多くいました。そこで、犯罪のやり方などよくない情報を知ったと後に語っています。18歳の時に鰻屋の従業員仲間とフィリピンパブへ行き、そこで恋に落ち事件が始まっていきます。関光彦は壮絶な生い立ちで父親譲りの酷い性格でした。光彦逮捕後にインタビューで甘やかしたことを後悔しているといっています。生い立ちの悪さが関光彦を狂わせてしまったのでしょうか。, 被害者の長女は現在はどうなったのでしょうか。事件のその後は無事だったのでしょうか。, 事件のその後は両親の知人のところで身を寄せていたそうです。その後、熊本の母方の実家で生活をしていたそうです。事件前から志していた美術学校を出て卒業しました。, 現在は学校を卒業後、結婚してヨーロッパで暮らしているそうです。「事件のことは忘れました。犯人に関心はありません。ですが死刑は当然だと思う。」と語っています。, 犯人の関光彦も同様、未成年でありながら実名報道や顔写真が何度も報じられています。また、ほかの少年犯罪でも同様に顔写真や実名が調べるとすぐわかります。少年法では犯人の実名や住所や個人と特定できる情報は報じてはならないと決まっています。ですがこれといった罰則がないために実名や顔写真の報道が出てきてしまいます。死刑執行が決まっていたり、死刑に値する犯罪を犯しても実名や顔写真はいけないものだと思います。関光彦の顔写真や実名はインターネット上に多数報告されています。関光彦で検索するとすぐに顔写真が出てきます。実名報道や顔写真報道問題の是非が問われます。, 被害者の長女の平和な日常が1日でも長く続くことを願っています。事件が風化されないことを願います, 東京周辺のパンチラスポットTOP25【フロントパンチラ/反射パンチラ/胸チラ…】, 『市川一家4人殺人事件』残された長女と関光彦(犯人)のその後【実名写真】のページです。Cosmic[コズミック]はファッション・カルチャー・芸能エンタメ・ライフスタイル・社会の情報を発信するメディアです。大人へ向けた記事をまとめて読むことができるWebマガジンを無料で購読いただけます。.

この時関光彦は父親を生かしておくと警察に通報されると思い、長女だけを1階に残して再び部屋に戻り父親を殺害しています。事務所に行った後、関光彦は長女をラブホテルに連れ込んで合計2度の強姦を行いました。そして翌朝、長女のマンションに帰ると幼稚園児の妹が泣き叫んだので、妹も殺害しました。 関光彦は当時市川市に住んでいた一家の長女(当時15歳)宅に侵入し、一晩で長女の両親、祖母、妹を殺害し、1人残された被害者遺族の長女も強姦しました。その理由とは非常に身勝手なものだったと言われています。, 犯人である関光彦元死刑囚には事件のきっかけとなる出来事がありました。1992年2月6日、関光彦は市川市のスナックバーに勤めるフィリピン人ホステスを店から無断で連れ出し、自分のアパートに泊めて性的関係を持ち、マンション自室に監禁して負傷を負わせました。 市川一家4人殺人事件とは、当時19歳だった関光彦が金銭目的で強盗や4人の殺人、長女の強姦をしたとして話題になった事件です。市川一家4人殺人事件の犯人・関光彦死刑囚の生い立ちや、強姦された長女のその後や現在、加害者家族の現在についても詳しく紹介していきます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 犯人について中学生で13歳の長男は「黒いポーチを腰に着けていた」「部屋の電気をつけた」と話している。 110番通報で警察官らが駆け付けた際、夫婦が倒れていた2階寝室の電気はついていなかったが、同じ階の子ども部屋はついていた。 子どもたちは、帽子とマスク姿で知らない男のようだったとも説明している。, 23日、犯人は1階にある風呂場脱衣所の窓から侵入し逃走した可能性が高いことが捜査関係者の話で分かった。 この脱衣所の窓は住宅北側にあり、付近に何者かが出入りしたとみられる痕跡があったという。 室内に物色の形跡は見つかっておらず、犯人は1階の無施錠の窓から侵入し、2階に直行した可能性が高い。 尚、防犯カメラ映像の収集や住民からの聞き取り範囲は境町全域、隣接する坂東市に広げているが、不審人物は浮上していない。, 世田谷一家殺害事件を連想している人が多いですが、もし警視庁が捜査したらこの事件は解決したかもしれません。 同じ警察でも茨城県警は評判が悪い。, 広島県警のように漆黒の闇を抱えているところに比べれば、捜査に関して心もとない茨城県警は可愛いものですが、この事件は凄惨で悲惨な事件なので悠長なことは言ってられない。, 不審者の目撃情報もあったんですけど、どうなったんでしょう。 女子大生の長女の情報を出さなくなったのは、疑われたからでしょう。, 長男はこんな事件で両親を亡くしたのに、犯人に関する情報をちゃんと提供している。本当に凄いし強い。漢です。 僕なら抜け殻のようになってしまうことでしょう。, ご訪問ありがとうございます。 世間で物議を醸している事件や事故を始めとした、様々なニュースに対するネットの反応をまとめて速報で発信しています。, 残された被害者家族は、たとえ加害者が逮捕されても補償能力が無ければ泣き寝入りを強いられるだろうし、親を失った代わりの補償は出来ないが、せめて社会人になるまでは金銭的にも困窮に陥らず、平均的な教育を受け、生活を送らせてあげて欲しい。, へらへらした署長会見に、ダメだこりゃ、と思った通り。犯人10キロ圏内にいると思うけど。, 地方で起こる謎の事件の裏には、たいていジモティーと移住者とのトラブルがある。地方の闇だ。, 絶対に犯人を捕まえて欲しいです。残された子供さんの今後が心配です。たとえ被害者であっても、あたかも何かあるような噂話を流す人がいるのも事実。, 事件当時両親、長男と次女は2階のそれぞれの寝室、大学生の長女は1階に居たと報道していた覚えがあります。, 守ってもらえるはずの両親は亡くなり犯人見つからず不安な日々を送っているでしょう。早く捕まえて欲しい。, 大学生のお嬢さんが一時期疑われ、事実無根の噂をあちこちで囁かれてお気の毒でしたね。ただでさえ1度に両親を亡くした悲しみの中にいるのに。, 境町は田畑が広がってて、防犯カメラ付けてるとこも少ないですからね…。夜は人通りも車の通行量も少ないから。なんとか犯人が捕まってほしい。, 茨城県警境警察署管内の事件はだいたいが迷宮入りします。坂東などの過去の殺人事件を見てもそう。終いには管内に死体を遺棄する事件が多発しています。加害者もそれを見抜いています。, 時間が経てば経つほど犯人逮捕が難しくなるが、必ず捕まえて欲しい。こんな事をした犯人がのうのうと普通に暮らしているなんて絶対許されない。, この事件なんて世田谷一家殺害事件くらいの衝撃度なんだが、マスコミ報道があまりにも少なくて気持ち悪い, テレビで見たけど田舎過ぎて防犯カメラなんてどこにもないし、まわりにもほとんど人気すらない。, 事件が起きてから時間が経つと段々分からなくなる、だから、今判っていることを整理する、生き残った方の証言を再度調べる。やれる捜査を今こそ完璧にする。, 確か、道志村のキャンプ場で美咲ちゃんが行方不明になった直後に起きた事件という印象です。, 日本の警察は動機重視の捜査だから、これといった動機が出てこない犯罪には無力。このことは20年以上前から言われているが、未だにこの体質は変わっていない。欧米型の動機無き殺人、動機の明確でない殺人に対処できるようなシステムを立ち上げていかないと、今後も動機が分からないので犯人も分かりませんという状態が続くだろう。他にも広域型犯罪に対処できないなど欠点が多く、日本の警察はシステムを作り直していかないと現代型犯罪には対処できないまま、迷宮入りを多発させることになるだろう。, 交友関係とかだったらとっくに逮捕されてませんか? どこだったか、いきなり深夜に侵入されて寝ていた父親が刺されて死亡した事件がありましたよね、あの時は、息子さんが犯人と格闘して、犯人逮捕されましたが、犯人の精神の病のために、未だ動機不明。勝手な妄想で近所の住人を狙ったわけです。今回の犯人も、精神的に病んでるのは確か。犯人にしかわからない理由だから、逮捕に至らない。ただ、やはり被害者がどういう性質で、どういう日常生活を送っていたかは重要。強気な人だったのか、謙虚な人だったのか。どこで恨みをかったのか。お子さんの学校でいじめみたいなものは無かったか、とか。, テセウスみたいに、何気なく放った一言が誰かを傷つけるっていう事もあるので、一見、親しくしていたとか仲良かったとか、そういう捜査対象にならなかった人物の犯行という事も十分に考えられると思いますね。, この茨城県、記憶が正しければ確か1990年代?から2、3件若い美容師が猟奇的に殺害されたり、つくば大学に通う女子大生が殺害されたりと未解決事件、しかも一つは時効になったか…この界隈だったかと思うのがあったような気がする。, 世田谷の事件は住宅街だが袋地の一番奥で人目に付きづらい所、今回の茨城の事件も林に囲まれて畑の真中やはり人目に付きづらい場所…, 一昔前の家屋だと、庭が100坪以上あって、鬱蒼と庭木が生い茂っている家がありますけど、防犯上、考え直した方がいいかも知れませんね。, 大分県で起こった殺人事件も迷宮入りしそうです。近くに住んでいるのですが、いまだ犯人が捕まっていないので気持ち悪いです。田舎は防犯カメラもないし、車の通りがなければドラレコでの手掛かりもなし。暗がりだと見えないし、そもそも近所の家が少ないから、目撃することもない。田舎の事件ほど解決が難しいのでしょうね。, 子供たちはこの世界のどこかに親を死なせ自分を傷つけた人間が存在する、それが誰かわからない状態で生きるのは辛すぎると思う。世田谷のような迷宮入りはそのためにも回避してほしい。, こちらの事件と同時期ぐらいに道志村での小1行方不明事件。どちらもまだ未解決。どちらも早く解決してもらいたいものだ。警察さん、威信にかけてがんばって解決してください。, この様な大事件こそテレビでやっている何でしたっけ占い師とか何とかという人に頼んで難事件を解決してもらえればいい。私はあの手の番組は「やらせ」だとおもっているが山梨の少女の件等々をみてもらえれば良いのでは。あと、警察の逮捕劇がこんなに凄いんだ番組があるでしょう。やってもらえばいい。あの人たちに頼めばお蔵入りはないのでは。番組のスタッフさん解決してください。お願いします。, 不謹慎かもですが、なんだかテレビのミステリードラマを地で行く様な殺人事件だな。こんな事が本当にあるんだ。怖いな。訳わからんわ。, 初動が、明らかに強盗に襲われている状況、パトカー何台で初期出動させたのか?通報時に即非常線をはり、現場保存、道路封鎖したのか?マンパワーと緊張感の不足を感じた。半年も経過したら、懸賞金を出す、アメリカの霊能力捜査官を要請することも考えたら。何よりも遺留品とか情報公開して欲しい。世田谷事件みたいに今頃になってと言われてもしょうがない、毎年小出しに情報を出されても手遅れになるだけ。殺人事件が迷宮入りでは警察の真価が問われる。犯人を絶対に確保して欲しい。, 大体警察は殆どが2年で転勤これからはこんな大事件は在任5年は管轄にいるように警察システムを変えなければ責任ある仕事は出来ないであろう, 凄惨な事件で、私的には確か長女だけが無傷だったと言うのが、印象深く残っている。こんな所に全く無関係な者が押し入るとは思えないし、先の事が頭から離れないでいる。夫婦が殺害されているが、犯行時間に妻が110番までしているのも、気にに掛かってはいるが、いずれにしても、家の立地から考えて行きずりの犯行ではない。端から夫婦のどちらかか、両方なのかは判らないが、接点は必ず有る。夫婦と長女の三人の誰かと関わり合う者が起こした犯行だと考えている。警察は初動時、入り口を間違えた可能性が高い。周辺に釣り堀が有ったと思うが、客も含め関係者全員の調べも済んでいるだろうが、幽霊でない限り犯人は必ず居るので、家の周辺や内部に詳しい者、雨の日の決行等々色々考えを集めれば、必ずや犯人に辿り着く。まさに茨木県警の力量が問われている。, 郊外の住みやすそうな孤立した一軒家での事件。監視カメラが多い都会でも、人間関係が濃い田舎でも無い場合、因果関係が分からないと中々犯人にたどり着かないのか。過去の事件でも、近所から距離がある家は本当に用心しないといけないと感じる。, 世田谷の事件と重なる…あの事件も色々と噂や憶測がありますけど、どうなんでしょうね。早く捕まって欲しいです!, もう遠くに逃げてしまってる可能性はあるが、もっと捜査員投入してプライバシーとか関係なく街周辺を強制的に捜査できないものか。, 日本の警察の能力に疑問を感じる。やる気あるのか??キャンプ場女児行方不明、世田谷一家、スーパーナンペイその他諸々・・・迷宮入りばかりの裏側で交番で不倫だ、盗撮だの珍事件ばかり・・。, 昔迷宮入りとなった世田谷一家殺害事件は北の工作員暗殺研修訓練だったという説がありますが、今回の事件もそうであったら怖いです。ご冥福と共に、そうで無い事を祈ります。, 田舎こそ防犯カメラが必要。都会で犯人が捕まるのは警察が優秀なのではなくカメラが役に立っているだけ。, 懸賞金を10億円くらい出せば情報が出てくるかも。それでも今後かかる膨大な捜査費用を考えたらは安いと思う。, 世田谷一家と同じ方向に行ってるね。恨みがなくても快楽で殺人をする奴もいるからマニュアル通りの捜査ばかりしてると永久に解決出来ない。そもそも簡単に家に入れる状況が理解出来ない。, 事件当時様々な憶測が飛び交いましたが、未だ進展が無いのですね。1日も速い解決を祈ります。, もう半年も経ってしまったんだね。一体何で手掛かりがないのかな?それともう一つだけど何で犯人はその家族の命を狙ったのかな?, まだ全く進展してないんや。。。めちゃくちゃ覚えてますよこの事件。残されたお子さん達の充分なケアと共に何とか進展願いたく。, 何も手掛かりがないまま月日だけ過ぎて、犯人は何もなかったかのように日常生活を送っているのが恐怖ですね。, そもそも女性警察官がネクタイをゆるゆるに締めているような茨城県警にこの殺人事件の犯人を逮捕するなんて初めから無理なんだって。, テレビなら1時間で決着がつくが、現実は厳しい。中国並みに衛星からビデオ監視できる体制にしておかないと解決は無理か。, 目撃者がいない場合だと、遺留品があるか明確な怨恨があるかでないと全くお手上げになるよね、警察は。, 世田谷一家殺人事件の轍を踏まないよう、最初から決め込んだルートだけを追う事がないように。, お金持ちの方で懸賞金300万円程出して欲しい、名前も出していいから、懸賞金がかかれば有力な情報提供ありそう, 子供が無事だったのは何よりだが、元号付きの迷宮事件にならないように警察の人がんばってください, 頭の中は新型コロナのことだけの人が増えてるから、もし進展しても新型コロナのことで埋もれそう。, なら、無差別サイコしか考えられません。警察、絶対捕まえてください!許せない。子供たち、よく助かった。お母さんのおかげだ!, 所詮警察もサラリーマンだからな。サラリーマンは基本的に給料に見合った仕事しかしないよ。まして田舎の警察ではこんな重大事件は稀だから事件慣れしてなくてオロオロしてるんじゃないの?, この時間の数週間前のキャンプ場で行方不明になった子も迷宮入りなってんのか?あの怪しい両親の事件.