リスク承知の大胆采配に感嘆…本田「僕が監督でもできない」→ブーイングも監督非難も当然だと思う, 酒席で「酒強いの?」と聞かれたときのベターな答え方→嗜む程度は強さに自信のある人が謙遜して言うイメージ。, しまむら急ブレーキ…「しまパト」熱なぜ冷めた→まずデザインがダサい。各サイズの在庫数が少ない。, “夫のすぐ寝る問題” 妻たちのイライラ心理と対処法→結婚=縛り愛はなくなったんだろうね。, イケア行ったら絶対買って。ついリピートしちゃう「97円チョコ」→IKEAで美味しいものがある印象がない.

65歳、70歳、75歳 2022年度に国家公務員の定年が60歳から65歳に引き上げられる方針がニュースがだされました。 政府が来年2020年度の国会に改正法案を提出することが確実となり、22年からの定年延長が具体的に、本格的に検討される見通しです。 そもそも人事院からは2018年から定年延長について要望を出されており、政府も当初は2021年度に引き上げを目指していましたが、調整に時間がかかり22年度に遅れたという状況とのことです。 小沢一郎「国が率先して全国へ感染拡大させてどうするのか」→明確な具体策をお示し頂きたい, 眞子さまからのI LOVE YOU…1月歌会始にあった大胆な布石→皆の税金を使うのだけはやめて下さい, 国家公務員の定年を60歳から65歳に段階的に引き上げる関連法改正案をめぐり、政府は18日、2022年度から引き上げを始める方向で検討に入った。当初は21年度からの開始で調整していたが、先送りする。, — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) December 18, 2019, 定年延長は年金受給とリンクするが給料減らされたら生活できなくなるんじゃねーの? (日本経済新聞 3月3日), 10年近く前だが、元経済産業省のキャリア官僚から大手コンサルティング会社の取締役に転じた人から「キャリア組の大半は50歳前後が定年ですよ」と教えられた。, 「50歳前後になれば退職金もそれなりに入るので、退職金で住宅ローンを完済して、スッキリした気分になって民間に移るパターンが一般的です」, 民間企業では取締役に就任しない限り、50歳から給与が下がり出して、55歳でさらに下げ幅が大きくなるが、公務員は60歳まで下がることはない。ポストがなくとも定年まで居座れないのか。, 「それは無理ですね。審議官や局長にならなければ50歳前後で辞めるという仕組みが出来上がっていますし、無職になるわけではありませんから。それに、かなりの報酬で雇ってくれる民間企業を紹介してもらえるので、不満も聞きません。そういうものだと思っています」, しかし、地方公務員にはそんな恵まれた処遇は用意されない。保健福祉部門の経験が長いと社会福祉法人に理事で迎えられることもあるが、ごく一部のケースである。定年を65歳まで引き上げる措置には、60歳役職定年による人事の活性化だけでなく、雇用の確保という目的もあるのだろうか。, 1959年茨城県生まれ。立教大学法学部卒業。経営専門誌編集長、(社)生活文化総合研究所理事などを経て小野アソシエイツ代表。25年以上にわたって中小・ベンチャー企業を中心に5000人を超える経営者の取材を続けている。著書「経営者5千人をインタビューしてわかった成功する会社の新原則」。分担執筆「M&A革命」「医療安全のリーダーシップ論」, ヘッドハンティング会社のジーニアスが提供する人と会社と組織を考えるニュースマガジンです。.

同じく、今国会で継続審議となった地方公務員法の改正案も、臨時国会で通るでしょうから、今秋には、公務員の定年延長は制度として実現する見込みです。 国会では、公務員の定年延長自体はほとんど(まったく? 無駄な人件費削減と公務員削減に拍車をかけない限り、日本の再生はない。, 定年延長が、行政機関をさらに鈍化させ、お茶飲みばかりして大した仕事もしない公務員で作る老人クラブ化に拍車をかけるだけだろうな。, 今60歳定年で何にもしないで家でごろごろしてる人はいないと思うよ。 それだけ給与上がってた、というなら いくつまで働きゃいいの?それゃ妻の為にも頑張るよ!でも、そんなに身体もつのか不安https://t.co/owpY8RtbGp, — なるみん (@narumin5000011) December 18, 2019, 国家公務員の定年を60歳から65歳に段階的に引き上げる関連法改正案をめぐり、政府は18日、2022年度から引き上げを始める方向で検討に入った。, 18年の人事院による意見の申し出を受け、当初は21年度からの開始で調整していたが、先送りする。国家公務員法などの改正案について、来年の通常国会への提出を目指す。, 改正案には、職員が60歳に達した後の給与を60歳前の7割程度に抑える方針などを盛り込む。関係者によると、定年の引き上げペースは2年に1歳ずつとする案と、3年に1歳ずつとする案があり、与党の意見などを踏まえ、最終的に判断する。, 国家公務員の定年延長をめぐっては、人事院が18年8月、職員の給与勧告と併せて具体的な仕組みを示した。これを受け、政府は今年の通常国会への改正案提出を目指していた。, しかし、統一地方選や参院選を控え、公務員の人件費が増えるとの反発を避けるため、提出を断念。今秋の臨時国会への提出も検討したが、天皇陛下の即位関連行事などで審議日程が窮屈なことから再び見送った。, 来年の通常国会に提出する場合、年度内は予算案の審議などがあり、成立は20年度になる可能性が高い。当初は21年度からの引き上げを目指していたが、二度の見送りで成立から施行までの準備期間が短くなることから、22年度に先送りする方向だ。, 引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000145-jij-pol. 当初は2021年と言われていましたが、先送りされ2022年からになりました。 いきなり60歳から65歳へと延長するのではなくて、段階的に61歳、62歳・・・と引き上げられます。 政府は60歳になると原則として管理職から外す「役職定年制」を地方公務員に適用する。通常国会に地方公務員法改正案を提出し、2022年度からの適用をめざす。国家公務員の定年を60歳から65歳に引き上げる国家公務員法改正案が今国会で成立すると、地方公務員も定年が65歳となる。役職定年制を取り入れて若手を登用しやすくし、人事の停滞を防ぐ。, 政府は通常国会に国家公務員法改正案など定年延長の関連法案を提出する。22年度から2年おきに定年を1歳ずつ引き上げ、30年度に65歳とする内容だ。地方公務員の定年は地方自治体が国に準拠して条例で定める仕組みとなっている。国家公務員法改正案が成立すれば、地方公務員の定年も65歳に延びる。, 定年延長で管理職の年齢層が上がれば若い世代のポストが減り、人事が滞る懸念が生じかねない。そのため役職定年制の導入を盛り込んだ地方公務員法改正案をまとめた。