再出発 一発で射殺せよ! スニーカー c/w 翔べ! 甦えれ、あの刑事たちよ! / 傷だらけの天使 オリジナル・サウンドトラック主題曲集(1975年2月21日 MR-7005 オリコン5位;1991年12月1日 POCH-1105), 4周年記念盤 太陽にほえろ! ロッキー刑事登場! 落書き 岩城刑事、ロッキーにて殉職 野崎刑事、カナダにて最後の激走 ボギー刑事登場 石塚刑事殉職, 七曲署・1983 山さんの危険な賭け 北の女 さらば!ジプシー ドックの恋愛術 ボギーとマミー 一枚の絵 ブルース刑事登場, 南国土佐・黒の推理 南国土佐・黒の証明 正義に拳銃を向けた男 父と子の写真 刑事山さん 名人 鳩の舞う街 三人の未亡人 ボギー名推理, 空白0.5秒 マミー激走 戦場のブルース 離婚 狼を追え 38時間 パリに消ゆ モンブラン遙か, 相棒 カエルの子 素晴らしき人生 マイコン刑事登場 四色の電車 感謝状 ヒーローになれなかった刑事 必死のマミー. ジーパン刑事ミュージックファイル(2001年10月24日 VPCD-81396), 『毎週金曜夜8時 君は「太陽にほえろ!」を見たか?』(七曲署熱血探偵団・編、スターツ出版). !」のセリフに勝る決め台詞はないですね。, これは本で読んだ話ですが、ジーパン刑事在籍時のオープニングではジーパン刑事の疾走するカットがなかったのが残念だったというのです。, 言われてみれば、雑踏を歩くのではなく走るシーンにすれば違った印象を受けたかもしれません。, ジーパン刑事殉職シーンは太陽にほえろ!だけでなく、日本のドラマ史上に残る屈指の名シーンのひとつです。, 「なんじゃあ、こりゃー!

'85 NEW BEST(1985年9月1日 25MX-3120;1993年3月1日 POCH-1192), 太陽にほえろ! 霧の旅 タレ込み屋 友情, 七曲署藤堂一家 わかれ 勇気 家族 顔 証言 したたかな目撃者 逆転 回転木馬の女 死ぬな! スニーカー(1979年8月21日 DR-6349), 太陽にほえろ! [2] <メインテーマ>'79 c/w トロピカル ウインド サマー(1979年8月21日 DR-6350), ドック刑事のテーマ c/w ドック刑事のテーマII(1980年8月21日 7DX-1001), ボギー刑事のテーマ c/w ボギー刑事青春のテーマ(1982年9月25日 7DX-1201), ブルース刑事のテーマ c/w ブルース刑事 孤独のテーマ(1983年8月1日 7DX-1253), マミー刑事のテーマ c/w トシさんのテーマ(1983年8月1日 7DX-1254), デューク刑事のテーマ c/w Hey! Polydor master complete '72-'86(1994年12月19日 POCH-1446/51), 太陽にほえろ!

ジーパン 仕掛けられた銃弾 五十億円のゲート 女として刑事として 午前十時爆発予定 おやじに負けるな 愛のシルクロード 手錠 金で買えないものがある 燃える男たち, ジーパン・シンコその愛と死 テキサス刑事登場 虫けら 男の闘い 一枚の名刺 父と子の再会 信じあう仲間 信念に賭けろ 孤独のゲーム 仰げば尊し 友達, 夢見る人形たち 走れ! '84(1983年11月1日 3113-19-35PO;1993年3月1日 POCH-1190), 太陽にほえろ! 1970年9月13日 絆 殉職刑事たちよやすらかに 再会の時 狼の挽歌 友よ、君が犯人なのか 山村刑事の報酬なき戦い 獲物は狩人を誘う, 日活出身の監督も参加したが、東宝の製作であるため、大半を東宝テレビ部の監督が務めた。竹林、山本両監督は, 斉藤監督は特異な演出が特色である。署内で乱闘した「蒸発」や島を銃撃する「島刑事よ安らかに」がその典型。, 中期から後期に活躍した櫻井一孝監督や鈴木一平監督は、番組開始当時から本作A班で竹林監督の助監督を務め、その後監督に昇進した(とくに鈴木監督は竹林監督の病気降板後にメイン監督を引き継いだ)。また『, 一部地域のネット局では、時差ネット若しくは週遅れ放送だったため、基本的にはスポンサードネットながら、CMは最新のものに差し替えて放送していた。, 1997年『七曲署捜査一係('97)』、1998年『七曲署捜査一係'98』、1999年『七曲署捜査一係'99』, メインライターは小川英。長野洋によれば、脚本直しの手腕が天才的であったとされる。初期にはシリーズ構成というシステムがなく、設定の統一には厳密さがなかった。それゆえに独創性のある秀作・異色作が世に出たが、作品全体では辻褄が合わない短所もあった。, 東宝の若大将シリーズやクレージーキャッツものを手掛けた田波靖男も本作で多数執筆している。浜美枝扮する麻薬捜査官・村岡房江シリーズ, 初期から参加していた鴨井達比古は、中断を挟みながらも5年にわたり執筆。スナイパーもの第27話「殺し屋の詩」第233話「狙撃」、犯人グループが全く正体不明のまま終わる第48話「影への挑戦」、ジーパン刑事の怒りと力を描いた第57話「蒸発」第60話「新宿に朝は来るけれど」、診療拒否問題に挑んだ第186話「復讐」、スコッチ編のサスペンス第242話「すれ違った女」、山村夫妻の絆を描いた第179話「親と子の条件」第206話「刑事の妻が死んだ日」など。本作以外にも, 第79話「鶴が飛んだ日」は匿名の投稿脚本が採用された作品である。制作サイドから投稿者へ名乗りを求める広告が出されたが、報酬は求めず匿名を通したいという主旨の返信があったのみで、原案者は不明のままである。本放送では番組の終わりに視聴者からの投稿を採用しましたとテロップが流れている, 女流作家も後期に多く参加して新風を吹き込んだ(亜搶文代・塩田千種など)。古くは、女優であり, 小川英が監修するようになって設定ミスが減り、全体の構成はまとまったが際立った作品や独創性は乏しくなった。さらに小川規則に反発し、多くの作家が番組から離れてしまう弊害もあった。一方、小川英は私塾「英(はなぶさ)塾」を主催し、若手の育成に努め、本番組が新人作家の登竜門として位置付けされていった。後期に活躍した, 竹本・春日部の登場から若手作家の力量が発揮され、第482話「ラッサ熱」(土屋)、第535話「ボギーのいちばん長い日」第551話「すご腕ボギー」(大川・小川)を執筆。古内はジプシー編・ボギー編の多くや、ドック編三部作の第432話「スリ学入門」第459話「サギ師入門」第670話「ドック潜入!泥棒株式会社」を共同執筆し、若手刑事の活躍を描いた。, ブルース(澤村誠)登場から大川がアクション作第565話「正義に拳銃を向けた男」第622話「ブルースの賞金稼ぎ」第643話「走れブルース」などを執筆。古内も第578話「一係皆殺し!」第579話「鳩の舞う街」第592話「空白0.5秒」など硬派な作品を執筆。, 1980年代は大川・尾西・古内ラインがメイン脚本陣として番組を支え、最終回はベテラン峯尾の執筆で幕を閉じた。, 勝野洋 - 第89話「地獄の再会」で若手刑事青木役。 ※この話は156話の伏線となった。, 山下真司 - 第324話「愛よさらば」で青年作業員役、341話「同期生」で若手刑事役。, テスト出演ではないが、沖雅也も第10話「ハマッ子刑事の心意気」に若手刑事役でゲスト出演していた(, 「七曲署」の命名は番組スタッフ大曲暎一から由来したと岡田プロデューサーは述べている。他に乙女署・花園署の案があった。矢追町は日本テレビの矢追純一ディレクターから命名したという説(長野洋は自らがつけたと発言していた)と、新宿区に実在する区域「矢来町(やらいちょう)」の「来る」を「追う」に掛けたのではないかという説もある。また原作者・企画者として使用していた岡田・梅浦・小川の共同ペンネーム・魔久平(ま・くべい)は, 藤堂 - 病気により不在であったが犯人に腹を撃たれた澤村の危機で復帰。その後、警視庁に栄転。『, 野崎 - 岩城殉職を機に「ロッキーのような優秀な刑事を育てたい」という希望で警察学校教官に転任。その後、教え子の澤村を七曲署捜査一係に推薦。第562話、第665話でゲスト出演。PART2より現場復帰した。退職後『, 五代 - 無差別殺人事件で殺された妹の遺志を継いで海の牧場を開くため退職し、沖縄に帰郷(第489話ゲスト出演)。, 島津 - 殉職した山村のやり残した事件の真相を解決させた後、警視庁に栄転になり同時に海外研修に。, 大野を起用するように進言したのは、PYGで大野とバンドを組んでいた萩原健一。初期は音源が少ないため、青春シリーズや『, 1972年6月23日に行われた第1回録音分のセッションでは、その後俳優として活動した, 番組開始に伴い、大野が番組側に持ち込んだ主題歌候補は二曲だった。一曲はメインテーマとして使用されたが, 「○○刑事のテーマ」と題されたBGMが多数あるが、その第1号は1976年に発表された「スコッチ刑事のテーマ」, 1978年には他のメインキャスト(ボス、長さん、山さん、ゴリさん、殿下)のテーマ曲も新たに作られた, レコード発売初期には、カバーテイクながらポリドール盤よりも発表曲数が多かったために東宝盤独自でつけられた曲名が、ポリドールのみの発売となって以降は別曲名がつけられたケース, ストーリー上で車両を多く必要とするシーン(検問や緊急配備など)では、同じ東宝の他作品のために用意されていたものや国際放映などが所有していた劇用車がパトカー、一般車を問わず借り出されることが多かった。トヨタ以外の車両も多く見受けられるのはそのためである。例えば、撮影所が同じ『, プロのカースタントチームがカーアクションを正式に担当するようになったのは、ボンボン刑事が登場した頃からである。当初はセキトラ・カーアクションが単独で行っていたが、レギュラー捜査車両が緊急車両として赤色灯を点けてサイレンを鳴らし始めた頃からカーチェイス、カースタント・シーンが増加したため、厳しい撮影スケジュールに対応できるよう、マエダオートクラブ(その後、, 放送初期には、所持許可が必要な鋲打ち銃や実銃のライフルを小道具として使用し、スタッフが警察より厳重注意を受けたことがある。該当話は全て再放送自粛の措置がとられ、DVD-BOXからも除外され欠番となっている。, マカロニ後期からジーパン初期までMGCハイパト一辺倒だったが一部スチールなどでは国際産業製の旧ハイウェイパトロールマン3.5inや黒色金属製旧チーフススペシャル2inなども使用されている。, ジーパン後期よりハイパトをもとに各刑事専用に改造したステージガンが登場。柴田用の「ミリタリーポリス22」の他、SWマスターピース2インチ風の「テキサスカスタム」や「ゴリカスタム」、SWコンバットマグナム2.5インチ風の「殿下カスタム」や制服警官用のSW M1917も作られた。製作は, 女優がステージガンを使用する際は女性の握力を考慮して引き金が軽い電着銃を用いる傾向にあり、伸子はそのセオリーどおり電着オートを使用していた。令子は例外的に男性と同様のモデルガンベースのリボルバーを使用していた。令子役の長谷直美は別番組の大追跡でもMGCローマンを使用している。, 岩城登場の頃から銃器類協力としてMGCボンドショップがクレジットされ、MGC ローマン、, 岩城は登場時、MGC ローマン4インチを使用していたが、ハイパトを改造したミリタリーポリス5インチタイプも一時期使用。後期はMGC トルーパー6インチを使用し、殉職話のカナダロケでも使用されていた。, 西條が使用するバック・サイド・ホルスターはトビー門口のスタッフが考案、後に劇中仕様と全く同じものが一般市販された。この後、2タイプのホルスターは様々なガンショップで複製され発売されたこともあった。初期版は, 石塚が後期に使用していたMGC トルーパー4インチはシリンダー後面を実銃同様に全面カウンターボア加工がされている。このステージガンは石塚殉職によって降板した, 澤村はMGC 44マグナムを使用。登場話は純正の6.5インチ銃身(シリンダーのみ複製の41マグナムタイプ)を使用。以降はMGCカスタムガンワークス製のPPCカスタム・ラウンドバレル6.5インチを使用。後期は6.5インチ用マグナ・グリップとグリップアダプターを装着したMGC純正の8・3/8インチを使用。, 原は登場時のオープニングで殿下カスタムを使用。作中初期はMGC ローマン、以降はMGC パイソン2.5インチに変更。MGC パイソン2.5inは後に島津、喜多らも使用したが原が使用したステージガンとは別の物である。, 各ステージガンは国際放映と東宝の小道具(番組後期まで)のため、他番組でも流用されていた(銃器登場が頻繁だった『大追跡』と放映が重なっていた時期は『太陽にほえろ!』での発砲シーンが少なかった)。また、一部役者が所蔵物を持ち込む場合もあった。, トビー門口が他の映画作品用に製作していたステージガン(ニューナンブ型電気発火式拳銃など)が西條登場前にも登場することがあった。, マミー刑事登場の頃、コクサイ製のメタルフィニッシュ(ガンブルー調のメッキ仕上げ)SWミリタリーポリスが登場した。令子が2インチ、ボギーが3インチを使用。, 後期はウェスタンアームズのセキュリティシックス、スピードシックス、ポリスサービスシックスなどのスタームルガーDAリボルバーが登場した。水木や令子が使用。, 狙撃等の長距離射撃の主な担当は初期は石塚、後期は井川が担っており、狙撃用ライフルとして戸井田工業製のホーワM300カービンタイプ電着銃、MGC製のM1カービン、MGC製のM16A1(CP)などが使用された。藤堂がオープニングやスチールでボルトアクションライフルのCMC製モーゼルスポーターを持っているが、作中で使用する場面はほとんどない。他に犯人等のゲスト使用の長物銃としてAR7タイプ電着銃、ウィンチェスターカービン、垂直二連や水平二連散弾銃の電着銃などが登場した。, 撮影の遅れを取り戻すため、B班と呼ばれる別班が応援に入る。2班同時進行で、俳優らは多忙を極めた。A班主要スタッフ(撮影技師・助監督など)を混ぜて作品の出来が均一になるようにしていた。A班は主に竹林・山本監督など東宝出身または鈴木監督が、B班は澤田・小澤・斉藤監督など外部出身監督があたる場合が多い。B班制作は年に10本程度。, 予告編は助監督に制作が任され、未使用カット・NGカットなどを使用し編集される。しかし、新撮カットや予告のために撮られた演出違いのカットが挿入される場合もあった(例・第217話「スコッチ刑事登場!」第414話「島刑事よ、永遠に」など)。また、初期ではナレーション(音声)違いの別バージョンが販売された予告編集(七曲署ヒストリー)で確認されている。反対に第52話「マカロニ死す」の放映予告編は黒バックに字幕だが、ヒストリー版では青バックとなっている編集違いも存在する。第13話「殺したいあいつ」や第660話「デューク刑事登場!」予告編は放映版とヒストリー版では内容が全く異なる。基本的に30秒枠だが、新刑事登場などでは45秒に拡大する場合もある。第414話「島刑事よ、永遠に」ではさらに15秒スポットが投入された。他にも新刑事登場を節目に番組宣伝(CM)も数種類流された。, 病院のシーンには撮影所近くの大蔵病院、埼玉県の新座志木中央総合病院が多く使われた。円形の建物が特徴で、廊下のシーンなどで、壁面がアールを画いているのですぐに判別できる。, 撮影場所は舞台の中心である新宿付近の他、東宝撮影所と国際放映が所在する世田谷区近辺が多用されている。オープニングやスチールで使用された公園は新宿中央公園の他、世田谷区の砧公園、希望丘公園、駒沢公園、世田谷公園があり、噴水などの施設設備により場所が特定できるカットも多く存在する。病院も世田谷区船橋や経堂の実在の施設が実名のまま作中に登場することもあった。こうした事情から新宿のビル街から犯人を走って追いかけ、世田谷付近のシーンに繋がるというようなことも多々存在している, 本放送の放映中にはファンクラブ(FC)が作られ、情報誌が少ない時代に番組とファンとのパイプ役を務めた。代表的なサークルは「SUNRISE」、研究会「七曲署」などで、「10周年記念号」にFC主要メンバーがファン代表として掲載された。現在, 石原裕次郎は解離性大動脈瘤で長期闘病生活からの復帰初仕事は、自身がオーナーである石原プロ制作の『西部警察』よりも、『太陽にほえろ!』を優先し先に復帰した。, ただし、放送当初の頃は「東宝(国際放映)の作品に出演しているのだから」(裕次郎は日活出身)と、あくまでビジネスとして割り切っていたふしがあった, その他の理由として、『西部警察』の脚本が裕次郎の不在を前提として描かれていたために復帰が遅れたとする説もある。, 岩城と妻の令子の間にできた双子の名前は裕太と陽子であり、石原裕次郎が命名した。双子の設定は小野寺昭の実生活を参考にした、とプロデューサーの岡田晋吉が『太陽にほえろ!1980 DVD-BOX I』映像特典内のインタビューで語っている。, 早見役の萩原健一は、自ら殉職と言う形で降板を希望したが「人が死ぬ間際には、どんなことを思ったり言ったりするのだろうか?」と悩み、下川辰平に相談。下川は「戦争中の, これに対して、松田優作は、「人間の生と死」とは何かを考え、「人間が死を前にすると、見栄を張り、カッコよく見せて、死を受け入れるのではなく、貪欲に、無様に、生を求め、死にたくないと考えるのではないだろうか」と考え、殉職シーンを作り上げた。, 殉職にて降板(出演者やスタッフらは「番組卒業」と表現することがある)の際、ストーリーはある程度殉職刑事の意向が脚本家や番組スタッフに受け入れられ、「最後の花道」を作ったと語られる, 松田優作はオーディション当時、家にテレビが無く、見ていなかったため、「シーン演じて」と言われても、全て感覚で演じた。これがスタッフに気に入られた。, 放送開始以来、新人刑事には役名に「ジュン」と命名することが暗黙の了解となっていたが、4代目新人刑事である田口良にはそれが出来なかった(3代目である三上「順」が存命していたため)。そこで田口役の宮内「淳」に芸名として「ジュン」が命名された, これに関連して、6代目新人刑事である五代潤の名前には「5代目のジュン」という意味が含まれているが、実際は劇中で「ジュン」と名乗った新人刑事は彼が4代目である。それでも5代目とされたのは前述のとおり、番組としては宮内淳が4代目「ジュン」とみなされていたからである。, 7代目新人刑事である竹本淳二の名前には「(早見淳に次ぐ)二代目の淳」という意味が込められている。またそのために竹本の登場から5年後に殉職、その約1年後に番組最後の新人刑事となる太宰準が着任するまでの約6年間、「ジュン」を名乗る新任刑事が登場することはなかった。, 山村刑事は妻・高子が心臓病で危篤状態の時でも捜査に奔走していた。事件が解決した時、高子は既に帰らぬ人となっていた。台本では病院へ駆けつけた山村が亡き高子に語りかけるセリフがあったがカットされた。それは山村役の露口が本物の涙をこぼし、セリフがなくとも充分に悲しみが伝わったからである(第206話「刑事の妻が死んだ日」)。, その小野寺は、5年目に一度降板を申し入れたところ岡田プロデューサーに「絶対ダメだ!」と叱責されたためその後は申し入れを封印していた。しかし1979年頃「このままでは刑事以外の役が演じられなくなってしまう」と危機感を抱き改めて降板を申し入れ、あと1年間演じるという条件で認めてもらった。その際、岡田から「局から正式に発表するまでは、ほかの出演者であっても一切口外しないように」と厳命され遵守していたにもかかわらず、まもなく竜雷太から「お前、辞めるんだって?」と声を掛けられ仰天した。その理由は、竜も小野寺とほぼ同時期に降板を申し入れ、岡田から「殿下の卒業がもう決まっているので、あと2年待ってくれ」と慰留されたためである。, 石塚役の竜雷太は8年目に一度降板を申し入れたが、上述の通り小野寺の降板が決まっていたために実現しなかった。それから殉職するまでの約2年間、竜は本作のみに仕事を絞り、1982年の岩城殉職編の撮影時期に再度降板を申し入れた。岡田プロデューサーが懸命に説得する, 滝刑事役の沖雅也はレギュラーながら当初わずか半年で番組を一旦去ったが、これは加入時に既に決まっていたことであった。理由としては沖が当時半年以上の出演オファーを受けない方針だったことや、“七曲署一係のチームワークを乱す役”としての起用であったことから半年以上は持たないであろうという制作側の判断による。卒業後、2度のゲスト出演を経て1980年から3年ぶりに復帰したが、これはまず番組卒業の決まっていた小野寺の(ポジション的な)後釜が必要だったことや、裏番組の『, 第一期の沖は他の一係メンバーと対立する役柄であったが、その姿勢は休憩時間にも徹底され他のレギュラー陣と談笑したりせず一人離れて過ごしていた。しかし本来の沖は明るく社交的な青年であったので、卒業後に岡田プロデューサーは当番組での熱演への感謝を込めて、沖を主人公に据え彼本来の明るい性格を前面に出したキャラクターとして企画したのが『俺たちは天使だ!』である。, 復帰後の沖は精神的な疲労もあって2度にわたって復帰目処の立たない長期休演を余儀なくされ、制作側では欠場のまま番組卒業とすることも考えたが、沖が「きちんとケジメを付けたい」という意向だったことから症状が落ち着いた時点で番組復帰のうえ殉職という形で卒業することになった。卒業にあたっては、番組中ただ一人の「病死」という形をとったが、これは沖自身が提案したものである。, 西條は同僚刑事に彼独自のニックネームをつけていた。ゴリさん→ゴロウさん、スコッチ→, 原刑事役の三田村邦彦は当初長期出演になる予定であったが、当時並行して出演していた『, 事情を理解した『太陽』側はこの申し出を快諾、短期間の出演ながら多忙な中での奮闘に敬意を表するとともに「またいつか、ジプシー刑事として戻ってきてもらいたい」という思いを込めてあえて殉職とせず、栄転という形で送り出した(実際降板から約1年後、第593話「ジプシー再び」で一話限りの復帰を果たしている)。, 地井武男は、第19話(DVDなどでは欠番)に犯人役でゲスト出演した時に、ロケ先で石原裕次郎からカツカレーを馳走してもらったことを裕次郎が覚えており、レギュラー入りの会見の席でその話をされて感動したという。, 春日部役の世良公則は当初1年で殉職する予定であり本人もそのつもりであったが、地井武男らの説得により半年延命。結果、春日部殉職後の後任の予定だった澤村が交代劇のないままに登場し、春日部とよきコンビぶりを見せた。ロック歌手であった世良だが、挿入歌歌唱の申し入れに対しては「『太陽』には役者で来ているのだから」「自分の歌は『太陽』には合わないから歌わない」と固辞した。, 又野誠治演じる澤村は、本来 "12人目の殉職刑事" になる予定であった。しかし病欠していた石原裕次郎の体調が思わしくなくレギュラー復帰を断念し番組が終了、予定されていた澤村殉職編もお蔵入りとなってしまった。番組が続行していれば澤村の後任として, 島津刑事役の金田賢一は、既に決まっていた舞台出演のスケジュール上の都合から番組の終了を待たず急遽降板することになってしまったため、制作の都合上準備が多くなる「殉職」ではなく「転勤」という形での番組卒業となった。これは以前に金田本人が自身の公式サイト上で明らかにしていた(現在ページは削除されている模様)。, 最高視聴率:40.0パーセント(第364話「スニーカー刑事登場!」〈1979年7月20日放映〉), 太陽にほえろ!マカロニ刑事編1DVD-BOX(第1話 - 第26話収録、2002年7月21日発売), 太陽にほえろ!マカロニ刑事編2DVD-BOX(第28話 - 第52話収録、2002年12月13日発売), 太陽にほえろ!ジーパン刑事編1DVD-BOX(第53話 - 第82話収録、2003年7月5日発売), 太陽にほえろ!ジーパン刑事編2DVD-BOX(第83話 - 第111話収録、2003年11月6日発売), 太陽にほえろ!テキサス刑事編1DVD-BOX(第112話 - 第140話収録、2004年3月5日発売), 太陽にほえろ!テキサス刑事編2DVD-BOX(第141話 - 第167話収録、2004年7月5日発売), 太陽にほえろ!テキサス&ボン編1DVD-BOX(第168話 - 第192話収録、2005年1月26日発売), 太陽にほえろ!テキサス&ボン編2DVD-BOX(第193話 - 第216話収録、2005年4月5日発売), 太陽にほえろ!スコッチ&ボン編1DVD-BOX(第217話 - 第236話収録、2006年2月8日発売), 太陽にほえろ!スコッチ&ボン編2DVD-BOX(第237話 - 第255話収録、2006年4月26日発売), 太陽にほえろ!1977 DVD-BOX(1)“ロッキー刑事登場!”(第256話 - 第269話収録、2006年12月6日発売), 太陽にほえろ!1977 DVD-BOX(2)“ボン&ロッキー”(第270話 - 第283話収録、2007年3月14日発売), 太陽にほえろ!1978 DVD-BOX I (第284話 - 第309話収録、2007年8月22日発売), 太陽にほえろ!1978 DVD-BOX II(第310話 - 第335話収録、2007年12月21日発売), 太陽にほえろ!1979 DVD-BOX I (第336話 - 第361話収録、2008年4月23日発売), 太陽にほえろ!1979 DVD-BOX II(第362話 - 第387話収録、2008年8月27日発売), 太陽にほえろ!1980 DVD-BOX I (第388話 - 第414話収録、2009年5月22日発売), 太陽にほえろ!1980 DVD-BOX II(第415話 - 第438話収録、2009年9月26日発売), 太陽にほえろ!1981 DVD-BOX I (第439話 - 第463話収録、2010年1月27日発売), 太陽にほえろ!1981 DVD-BOX II(第464話 - 第489話収録、2010年5月26日発売), 太陽にほえろ!1982 DVD-BOX(第490話 - 第537話収録、2010年11月26日発売), 太陽にほえろ!1983 DVD-BOX(第538話 - 第583話収録、2012年3月21日発売), 太陽にほえろ!1984 DVD-BOX(第584話 - 第630話収録、2013年3月20日発売), 太陽にほえろ!1985 DVD-BOX(第631話 - 第677話収録、2014年3月19日発売), 太陽にほえろ!1986+PART2 DVD-BOX(第678話 - 第718話+PART2全12話収録、2015年6月24日発売), 太陽にほえろ!