母が描く子どもの将来が華やかすぎる! 時は大正時代。花村紅緒は、男性顔負けの剣道の腕を持ち、自転車通学をする少女。良妻賢母たれと教育される女学校では劣等生扱いだが、主体性を持って人生を歩んでいきたいと考えていた。ところが、そんな彼女の前に許嫁の伊集院忍少尉が現れる。親の決めた相手との結婚を嫌がる紅緒は破天荒な振る舞いをして幻滅されることを目論むが、伊集院はむしろ彼女の明るさや現代性に好意を抱く。紅緒もまた穏やかで芯の強い伊集院に惹かれていくが、相思相愛になった矢先に彼は福岡・小倉へと転属になり、さらに日露戦争が勃発したことでシベリアに出兵し、そのまま行方不明になる。伊集院は戦死扱いとなり、結婚しないまま未亡人となった紅緒だが、彼の生存と帰還を信じ、伊集院家を支えるため職を探し始める。戦争、デモクラシー、関東大震災……激動の時代の中、力強く生きる紅緒と周囲の人物を描いたロマンティック・コメディ。, 宝塚歌劇団の文化は男役を中心に構成される。作品の内容や人物のスポットの当て方に加え、機関誌をはじめとしたメディアミックス、ファンの語りにおいても、男役が軸に据えられ、娘役は男役に準ずる存在とされてきた。このため、娘役の演じる役がタイトルロールの作品が上演されることは珍しく、1996年初演の『エリザベート』はその意味でも革命的だったといえる。その後、『エリザベート』はたびたび再演され、小劇場では娘役が主演の作品も上演されるなど、時代の流れに合わせて娘役の立ち位置も徐々に変化しつつある。しかし、それでも現代の価値観と照らし合わせると、宝塚のジェンダー観は旧弊的な傾向にある。, この文脈を踏まえると、『はいからさんが通る』は、女性の主体性と宝塚の男役主導文化やスターシステムとのせめぎ合いを体現した作品だといえる。 原作漫画の舞台化という観点からみると、本作は「忠実」であるとは言いがたい。2時間半の上演時間のうち、シベリアでの伊集院の失踪までが第1幕=1時間15分を占めるが、これは原作漫画の2巻途中までのストーリーである。原作は講談社の新装版で6.5巻分あり、残りの5巻分+ストーリー外のフィナーレを2幕の1時間15分で駆け抜けるというかなり歪な構成だ。原作の中心は常に紅緒であるのに対し、宝塚の舞台の中心はトップスター演じる伊集院である。このため、彼が舞台から長時間退場することのないよう構成されている。したがって紅緒と青江冬星の邂逅や、青江との結婚を決意するに至るまでの紅緒の葛藤は相当削られているし、鬼島森吾が紅緒に好意を持ち、それをあきらめた上で北小路環と惹かれ合う展開に至っては脚本上ではほぼまるごとカットされている。全体的に、原作のあらすじを前もって知らないと不可解な部分が残るストーリーだったと思う。, 一方で、既存の作品の翻案、しかもひたすら削っていく作業であるため、「原作のどこを残すか」にその舞台作品に通底する価値観や個性が現れる面がある。本作はその「残された部分」に、宝塚におけるステレオタイプな女性像をアップデートする姿勢がみられた。最もわかりやすいのは、上述のように恋愛の過程がばっさりカットされているにも関わらず、ラストで環が「鬼島を追いかけるため、親の決めた結婚を放棄して満州に向かう」旨を長台詞で言うことだ。彼女の「私たちは男性に選ばれるのではなく、私たちが男性を選ぶのです」という台詞は『はいからさんが通る』という作品の根幹を表すものである。原作ではこの台詞は鬼島との関係の構築や、先進的な考えを持って職業婦人となった環が受動的な結婚を受け入れかけるという過程を経て発されるためにカタルシスがある。舞台ではその文脈がないので、全体の流れの中では浮いているが、この台詞を残すことで、本作が「女性の主体性」に軸を置いた作品であることが際立つ。(2幕1場の大正デモクラシーのナンバーも完全に女性が主役で、特に茶化すことなく蘭丸が混ざっているところも含めて非常に良かった)これは主人公・紅緒の描写についても同様で、個人的に特に画期的だと思ったのは、伊集院との掛け合いのシーンだった。伊集院は当初から紅緒に好意的で、物理的に距離を縮めながら彼女に気持ちを伝える。これは伊集院(≒彼を演じるトップスターの柚香光)を魅力的に見せるためのシーンでもあり、紅緒を「壁ドン」する場面まであるが、彼女はこの接近に動揺しながらも、その場でしゃがんで逃げる。ソファで肩を組まれたときも、雰囲気に呑まれることを拒む。これらの描写はコメディタッチで描かれているものの、いわゆる「俺様」めいた、一方的な感情伝達に安易に与しないという点では意義深いと思う。宝塚作品は愛情表現やときめくシチュエーションとして壁ドンを用いる傾向にあり、『All for One』(2017年月組)では「壁ドンされることでヒロインが主人公を好きになる」という展開もあったが、同意がない肉体の接触は倫理的には避けられるべきもので、恋愛感情を記号化してしまう側面もある。紅緒のナンバー「はいから極道」の歌詞をみると、こうした接近が少なからず彼女が伊集院を意識するきっかけになっていることから、真っ向から批判しているとは言いがたいが、これまでの文脈を踏まえると、「壁ドンから逃げる」ことそのものが宝塚においては価値観の更新だと思う。また、紅緒から伊集院にキスをするクライマックスも、男性からの突発的なキスが圧倒的に多い宝塚では稀有な展開であり、彼女の主体性を象徴していると感じた。一本物の慣例かつ紅緒を象徴する姿なので上記ほど画期的ではないが、パレードで大階段から降りてくる紅緒役の華優希が袴姿で竹刀を振り回すのも個人的には刺激的で印象に残った。, その他、歌舞伎の女形である藤枝蘭丸について、"女装"を揶揄する台詞がほとんど廃されていること(「なよなよするな」「男らしくない」という序盤の紅緒の台詞や、青江の女性アレルギーを表現する描写はあるが、設定説明のための必要最低限のものに抑えられていると感じた)、袋小路つめ子を使ったルッキズム的な笑いの削除など、21世紀の翻案として倫理的に必要な点はしっかり抑えられていた印象だった。, 本作における主体性や画期性はあくまで制度の枠組みの内部でのものであり、伊集院は強権的なマッチョイズムとは一線を画しながらも一貫して軍人だし、紅緒も環も結局はロマンティックラブイデオロギーに回収されるので、保守性も確かにある。これは宝塚のシステムを保持しつつ現代の価値観を取り入れていく本作そのものの在り方とリンクしている。, 本作の演出家・小柳奈穂子が手がける『食聖 ーGOD OF STARSー』(2019年星組)では、登場人物のひとりが「リノベーション」について語る場面がある。完全にスクラップ&ビルドするのではなく、慣れ親しんだ枠組みを残しながら住人が住みやすいように作り替えていくのだと説くこの台詞は、小柳の宝塚での作劇にも通ずるものがあると思う。宝塚のシステムを尊重しつつ、時代に即した表現を取り入れていく。個人的には宝塚の保守性には辟易することが多いのだが、同時に常に演者の序列が固定されていることの面白さ、演者の何層にもわたる身体性など、独自のシステムならではの特徴に惹かれてもいるので、こうした緊張関係のもとで宝塚が更新されていく様子をこれからも追いかけていきたいと感じた。, トップコンビの柚香光さん・華優希さんともに演技が緻密で見応えがあった。柚香さんで特に印象的だったのは1幕終盤のシベリア出兵の場面で、たぶん軍人(小隊長)として発言するときは「にっぽん」、伊集院忍個人として発言するときは「にほん」と「日本」の言い方を使い分けていたように思う。ふたつのルーツを持ち、家柄も含めた体裁と本心の二律背反を抱える存在として立体的な演技でとても良かった。華優希さんは主人公としてひとりで間を持たせる場面が多い中、しっかりと存在感を発揮していた。自転車に乗り、竹刀を振り回し、酔っ払う…という型にはまらない行動の数々を思い切り、しかもキュートに演じていて、タイトルロールとして面目躍如だったと思う。デュエットダンスが衣装も含めてめちゃくちゃ可愛く多幸感に溢れていて(あのリフト!!)今まで見てきたデュエダンの中でもトップクラスに好きだった。柚香さんと華さんは舞台外でのやりとりも含めてゴールデンコンビだなぁと思う。, また、華さんに加えて北小路環役の音くり寿さんと、蘭丸役の聖乃あすかさんの100期トリオが個人的にとても好きだった。第1幕5場の環と蘭丸の同盟ソングも最高だった……, 英真なおきさん・美穂圭子さんの伊集院夫妻も大変良くて、英真さんのふわふわしたコミカルな物言いのおじいさんの巧さ、美穂さんの地声が活きるキュートなおばあさんに釘付けだった。ハートマーク作るシーンの微笑ましさ……!(このシーンは年齢を重ねることをポジティブに描いているという意味でもすごく良かった), 宝塚に興味を持ったきっかけが花組オーシャンズ11のモロイ兄弟ということもあって、シベリア出兵のシーンの柚香さんと水美舞斗さんの並びを見ると高揚感があった。, 衣装も袴から洋装に至るまで凝っていて楽しめた。紅緒はうさぎ柄の作務衣も含めすべての衣装が可愛かった。小道具も面白くて、特に冗談社で紅緒がお茶を取り落としてこぼすシーンは本当に液体が入っているように見えたのだが、どういう仕掛けなんだろう?実際の漫画のコマや新聞記事のコラージュを用いた背景も印象的で、視覚的にもとても見応えのある作品だった。. ?【にぃ嫁さんち 第41話】, 1歳ですべての歯の虫歯と糖尿病を予告されて……【ママの体験談】, お義父さん、授乳中に部屋に入ってこないで!「胸は見てない」と言われ…?, 小児科に行って、ダメ母の烙印を押されてしまった…【ママの体験談】, 壮絶すぎる!分娩室で隣の妊婦さんがパニック!!思わず私の出産が…, ごはんを口から出してしまう娘…。意外な形式にしたら食べるようになった, 次女は宝塚のスターに!?