心を含む熟語・用例・名詞など, 「心」を含む4字熟語、言葉や名詞など, 当サイトのリンクを設置した紹介記事等を除き、画像を含むコンテンツの無断転載はご遠慮くださいますよう宜しくお願い致します。. 「小心」は慎み深いこと。または、気が小さいこと。 「心腹」は心臓と内臓のこと。 「四宇」は屋根のように世の中を覆っている空という意味から、世界のたとえ。, 「至」は”いたって”や”この上なく”という意味で、「公平」という言葉に「至」つけて強調した語で、極めて公平という意味。, 落ち着いていて安らいでいる様子。 「心神」は心と精神。 「平々凡々」とも書く。, 公平で道理にかなった政治のこと。 「世道」は人が人として守るべき道徳のこと。 「泰平」は世の中が平和なこと。 「流暢」は水などがよどみなく流れるように、言葉が詰まることなく出る様子。, 疑念や不満、不信などをなくし、心を穏やかにすること。 「細心」は慎み深いこと。または、気が小さいこと。 または、天災などに見舞われることなく自然が穏やかなこと。 「平心」は心を落ち着けること。 「不平」と「不満」はどちらも満足できずに、心が落ち着かないことで、似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。, 穏やかで変わったことが特にないこと。 または、将来の見通しが立って、不安が全くないこと。, どんなに困難な場面に遭遇しても心を安らかな状態に保ち、どんな時にも惑わされずに天命をまっとうすること。 「心悸」は心臓の鼓動が乱れる、動悸のこと。 「狗」は犬のことで、卑しさや狡賢いことのたとえ。 「心を嘔き血を瀝ぐ」とも読む。, 「心を開いて誠を見す」とも読み、隠し事をせず誠意をもって相手と接すること。 「心曠く神怡ぶ」とも読む。, 心が広く穏やかな人は、体も大きく落ち着いて見えるということ。

「婆心」は慈愛溢れる老女のような心のこと。, 全力で努力して、勉学や技術、芸術に精通していること。 「千万」は程度がこの上ないこと。, 心の中で神仏に念じた願いが叶うこと。 「満満」は満ちあふれているさま。, 雄々しい勇気が、溢れ出してくること。 「小心」は慎み深いこと。または、気が小さいこと。 「心堅」は意志が固いこと。 自身の誠意という意味の謙譲語。 「洗心」は心の汚れを落として清めること。 「焦心」は悩み苦しむこと。 「心身一如」とも書く。, 精神が弱くなって、善悪の判断や行動を抑制する能力が弱くなること。 中国の春秋時代の曽参は、母親が自宅で指をかむと、胸騒ぎがしてどこにいてもすぐに帰宅する親孝行者だったという故事から。 「異体」は異なる体のこと。 「意乱」は心が乱れて訳がわからなくなること。 「一意摶心」とも書く。, 全ての日本人が団結すること。 元は仏教語で、師匠の僧が修行者に丁寧に教え導くこと。. 「専心」と「一意」はどちらも一つのことに心を注ぐこと。, 改心して面目を新しくすること。 元は仏教の語。, 何かを成し遂げる決意を固めること。 三でも安らかで、二でも満足するという意味から。 元は慎み深く礼儀正しい様子のことで、周の文王をほめる言葉。, 力を合わせて一致協力して物事に取り組むこと。 または、人が別々の意見を主張していて、考えがまとまらないこと。 「腹心」は自分の腹や心になるという意味で、確実な信頼をすること。, 外科医は冷静に手術するが、悪意などなく、患者を救いたいという優しい心によるものだということのたとえ。または、無慈悲な行いに見えても、相手を思いやる、優しい心によるものだということ。 または、仲違いしていた人と以前のように仲良くすること。

または、それら二つの文章の形式のこと。 「小心」は細かい部分に気を配って書くこと。または、その文。, 悟りを得るために仏門に入る気持ちを持つこと。 夫婦の愛情や友人との信頼などのことをいう言葉。, 他のことに心を奪わることなく、一つのことに集中すること。 体が木でできていて、心が石でできているという意味から。, 心にしっかりと刻み込み、決して忘れることがないこと。

医学や法律などで使われる用語で、心神喪失の手前の状態をいう。, 精神的に弱って、行動の結果がどうなるかを考える能力がなくなること。 「人心」はたくさんの人々の心。 東西冷戦期に唱えられたもので、資本主義の国と共産主義の国が共に存在することができるというもの。. 蕉風の俳諧で、詩的な言葉に磨き上げられた普段使いの言葉をいう。, 万物が栄え、世の中が平穏に統治されていること。 「虚気」は感情をなくすこと。 「碧血」は青い宝玉。 「坦懐」は心の中に不満や不安などがなく穏やかなこと。, 疑念や不満、不信などをなくし、心を穏やかにすること。 「細心臨模」とも書く。, 気持ちが落ち着かず、いろいろと迷うこと。 「繍口」は刺繍のように美しい言葉のこと。 「一億」はおおよその日本の人口ということから、日本人全員のたとえ。 乱れて落ち着かない気持ちを、走り回る馬や騒ぎ立てる猿にたとえた仏教の言葉。, 清らかな心があり、地位や利益にこだわらないこと。 「高尚」は上品で立派なこと。, 体も心も全ての束縛から解き放たれること。 「心満ち意足る」とも読む。, 心の中で深く理解すること。 または、心配事もなくのびのびとしている様子。 「心機」は心の動き、気持ち。 または、凶暴な人は教化するのは非常に困難ということのたとえ。 心理学者のフロイトやユングによる心理学の用語。, 心が正しく、清く広いこと。 病を患った西施は、眉をひそめながら痛む胸をおさえて歩くことが多かったが、多くの人がその姿を美しいと見惚れた。 「翼翼」は親鳥が雛を翼で覆って注意深くかばうという意味から、遠慮がちで控えめなことをいう。 「目挑」は流し目で誘うこと、「心招」は心の中で誘い招くこと。, 働いて生活をすることを嫌って僧侶になること。または、そのような僧侶のこと。 「一如」は一体であること。 「野心」は人に知られないように抱いている大きな望み。 「指を齧みて心を痛ましむ」と読む。, 普段からの心構え次第で、物事がうまくいくかどうかが決まること。または、人事や賞罰を与える権利を一人で握っていて、考え次第で好き勝手にすること。 「一新」は古いものを無くして、新しいものにすること。, 世の人たちの心が恐れおののいて動揺していること。 「光明」は仏の心身から放たれる、明るく輝く光のこと。, 行動や道理が正しいために、心が安定していて落ち着いている様子。 「勤倹」はしっかりと働いて、無駄遣いせずに質素に暮らすこと。 楽天ブックス 小学国語 ことわざ 慣用句 学研プラス 慣用句は昔から今日まで長い間多くの人々に使いこなされて私たちの日常の会話や文章に沢山用いられ生活を豊かにしてくれます このページでは 有名な慣用句 を中心に約1000個ご紹介します. 「禍心を包蔵す」とも読む。 「収攬」はまとめて手でにぎること。, 人々の心がどちらに向かうかということ。 仏教語で、乱れて落ち着かない気持ちを、走り回る馬や騒ぎ立てる猿にたとえた言葉。, 心と技術のどちらも習得していることのたとえ。 「平沙」は平坦で広大な砂原のこと。 How to write kanji and learning of the kanji.kanji stroke order. 「苦心惨澹」とも書く。, 地位が上の者への忠誠心、誠意のこと。

たくさんの人たちが同意するか、反対するかという意思やその傾向のことをいう。, 多くの人々の心が熱狂すること。 「銘心」は心に刻み込むこと。 「口に是し心に非とす」とも読む。, 意志が固く、度胸があること。 「立命」は儒教語で天命をまっとうする、「安心」は仏教語で信仰により得ることが出来る心の安らぎの境地のこと。, 凶暴な人のたとえ。 仏の慈悲の心のことをいう言葉で、人や物事への情が多いという意味から。, 恐怖を感じて震えること。 「心煩」は悩ますことが多く、苛立たしいこと。 「沙」は”砂”と同じ意味。 How to write kanji and learning of the kanji.kanji stroke order. 「狼心」は狼のように冷酷で欲深い心。 「惨憺」は心を砕き、悩むこと。 「無事」は特別なことがないこと。, 非常に滑らかで、詰まったりせずによどみがない様子。 「公平にして私無し」とも読む。, 十分とはいえないが、それに満足して平穏に生活すること。 「疑心」は疑う心のこと。 または、策略をめぐらす考え。, 外科医は冷静に手術するが、悪意などなく、患者を救いたいという優しい心によるものだということのたとえ。 「輸写」は心の中の全てを打ち明けること。

「天下」は天の下の全てという意味から、全世界や国全体のこと。

人にとって重要な部分の病気という意味から。, 心から信頼できる家臣のこと。 「発起」は仏教用語で、悟りを得ようとすること。, 嘘のない本心から誠意。 「鬼手」は鬼の残酷な手。 「心事」は心の中で思うこと。 琴を演奏するときは、心は落ち着いているが、手は素早く思い通りに演奏できるということから。

「気を虚しくして心を平らかにす」とも読む。, 不信、疑念、不満などがなく、すっきりとした気持ちであること。 「発」は物事を始めること。 また、集中して一心に励むこと。

「雄心」は雄々しい心や勇気。

「一点」は一つのや、少しのという意味。 その後、その血が化して青く美しい宝玉になっていたという故事から。, 誰にも気付かれないように悪事を企むこと。 「謹慎」は間違いのないように、行動を控えること。, 色々なことを心配して、考え苦しむこと。

「心満」と「意足」はどちらも心が満たされるという意味。 「一路」は旅の道中のこと。

人の心や性質を清らかな月と雲にたとえた言葉。, 全力で物事に取り組むこと。 「心」を含む四字熟語の一覧です。安心起行・安心決定・安心無為・安心立命・以心伝心・異体同心・一意専心・一意摶心・一億一心・一大決心・一味同心・一心一意・一心一向・一心一徳・一心同体・一心不乱・一心発起・一寸丹心・一点素心・一徳一心、などがあります。 「同体」は一つの体のようになること。 「怨親」は敵対する者と親しい者のこと。 「万里」ははるか遠くまで広がっている様子。, 干潟に降り立つ雁の群れのこと。 「瀝血」は血が滴り落ちること。 「平」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(雲平:うん-ぺい,開平:かい-へい,勘平:かんぺい..)掲載語句件数:3035件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。 「苦口」は口を苦くするという意味から厳しい助言。 「心裁」は独自の考えや思いつきのこと。 そりかえっている屋根の中心が集まって、とがった軒先が角を突き合わせて闘っているように見えるという意味から。, 口に出して言うことと、気持ちが一致していないこと。 「心地」は心のこと。 奈良・平安時代以降に権勢を誇った貴族で、源氏、平氏、藤原氏、橘氏をいう。, 個人的な利害で動いたり主観で判断したりせず、偏ることなく平等であること。

「万能足りて一心足らず」を略した言葉。, 自分の信念を堅く守り、決して揺らぐことのない心のこと。 「衆生」はこの世にいる人々のこと。, 何を学ぶにしても、集中してやらなければ身につかないということ。または、様々な技芸をこなすことができても、心が欠けていれば意味がないということ。 または、どうすることも出来ない災害や、大きな障害、手ごわい相手のことをいう。 「心腹」は腹を割って話して、何も隠さずに本心を明かすということから。, 落ち着いていて安らいでいる様子。

悪人を厳しく罰したときなどに用いられることが多い。, 感情が豊かで気が変わりやすいが、情が深く無慈悲になれないこと。 孟子の性善説の四端説の一つで、「惻隠の心は仁の端なり」を略した言葉。, 人々を痛快な気持ちにさせること。 「仏心」は仏のように慈悲深い心のこと。 「泣血」は涙が枯れて血が出るほどに、激しく泣き悲しむこと。 全ての人が団結して取り組めば、どんな困難も乗り越えることができるという教え。

または、そのような気持ちを持って人に接すること。, 石や鉄のように固く強い心と意志のこと。 元は慎み深く礼儀正しい様子のことで、周の文王をほめる言葉。, 隅々まで気を配って、手本の通りに写すこと。 「戦」と「驚」はどちらも恐怖で震えること。 ●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。. 「心」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(愛心:あい-しん,悪心:お-しん:あく-しん,安心:あん-しん..)掲載語句件数:1465件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。

「心を平かにして気を定む」とも読む。, 厚い忠誠心や誠意のこと。 「一心」は一つのことに集中すること。 または、無慈悲な行いに見えても、相手を思いやる、優しい心によるものだということ。

または、そのような人のこと。 「安心」は仏教の語で、信仰により得ることが出来る心の安らぎの境地。 「沸騰」は興奮状態になること。, 損得を考えず人に尽くそうとする純粋な気持ちのこと。 「一意」と「専心」はどちらも一つのことだけに心を注ぐこと。 「恒産無ければ恒心無し」を略した言葉。, 高さのある建物が密集していて、数多く建っている様子。 または、信念を得て心が決まること。 「心猿」は激しく騒ぐ猿のように、気持ちが落ち着かないこと。 「心を洗い面を革む」とも読む。, 物事の善と悪をしっかりと判別できる能力のこと。