明智光秀は本能寺の変前後にその後戦いを有利に進めるだけの領地を持っていたのだろうか。 ただし、この「野良田の戦い」で六角義賢は敗北しますから、その勢力を減退させた可能性があります。 回答ありがとうございました。, サイト拝見させていただきました。 自らを第六天魔王と称したのも納得できるものがあります。 ... 「人は石垣 人は城 人は堀 情けは味方 仇は敵」 との言葉を残した戦国時代の武将、大大名と言えば? 引用:Wikipedia 早速の回答ありがとうございました。, 「およそ おおよそ」に関するQ&A: 新しい算数(小4) 四捨五入・・・がい数, 「テレビ 滋賀」に関するQ&A: 大阪から一泊二日で行けるとこ教えてください。, 「100万石」に関するQ&A: 戦国武将 加賀00万石 前田利家のすごさを教えてください。, たとえば、 ・湊川の合戦(足利軍50万‥これはいくらなんでも) ===

やはり、1563年の観音寺騒動の影響と、織田信長の調略が大きく響き、対抗できなかったのではないかと思います。 以下いくつか例を挙げます。 出典:https://ja.wikipedia.org 第29位は、織田信長の軍団最強の猛将と言われる柴田勝家です。 信長の父・織田信秀の時代から織田家に仕えた猛将で、信長に従って数々の合戦に参陣し武功を示しました。 特に有名なのが1570年頃に発生した「長光寺城」での籠城戦で、敵に包囲された上に水の手を断たれ … なお、戦国大名の財力を見る場合に、    のでは?  (2)信長に攻められあっけなく敗退したのは、それは戦略(いつもの六角氏の)であったが ・伊達政宗 http://homepage3.nifty.com/ksatake/fkunu1.html られます。

と小さな疑問が沸いてきたのです。

・弘安の役(日本軍12万、元軍14万) 六角定頼の弟は北伊勢の梅戸氏(南近江に接する北伊勢を領地にする国人)に養子に入っていますし、関氏なども六角氏につきましたから北伊勢にもかなりの勢力があったでしょう。 山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。, 室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、 また、 人数が多くて申し訳ありません。  後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。 ・明智光秀

「毛利家は、石見銀山を支配下に置いていた。この存在はかなり大きかったらしく、『毛利は日本一の銀持ち』と外人が評した言葉がある」

 (3)大阪の陣(両軍合わせ30万)  (1)六角氏は南近江(近江の石高の7割程度)+伊賀3郡+北伊勢+大和一部で 秀吉の軍役が、近国100石で5名中国で3名くらいだったから、何とかなる数字だったのかなぁ、鎌倉期の動員数も。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ・毛利元就  ですが、実態はかなりの勢力があったと思います。

180万石というのは正直驚かされました。 >(2)信長に攻められあっけなく敗退したのは、それは戦略(いつもの六角氏の)であったが 瞬間的に農村から総動員できると考えると 二回も連続で落ちるとかなりショックです。 早い話が太閤検地までは、正確な石高理解なんて無かった。 佐渡、伊豆、生野、大森などの主要鉱山も直轄地ですから、全国展開していました。 で、生産年齢数 ただし、戦場に近い場所の武将は兵を多く動員し、遠い場所の武将は兵を少なく動員するのが普通であり、100石あたり4人とか、5人を動員する場合もありました。 しかし、幕末は戊辰戦争では百人単位、多くても五千人の軍勢しか各藩とも出してません。 実際、永原氏などは信長の侵攻五ヶ月前から信長と誼を通じていたと言われますが、永原だけが信長と通じていたというよりも、他の国人衆にも信長が調略をかけていたと考える方が自然な気がします。南近江の国人衆は殆どが信長と戦う事なくその傘下に入っていますし。  いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。, 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。 当時の人口や他状況から考えて、実際はこれくらいだったんじゃないか、又は事実それだけ動員は可能だった等ご意見をお願いします。, 元亀・天正年間以降の合戦の動員兵力は、比較複数の記録が残っていたり、現在の研究結果から見てもそれほど誇張が大きくはないと思うのですが、南北朝以前から源平合戦の時代までの動員兵力には疑問に思う数字がかなり残っています。

戦国時代でも鉄砲は有力な兵器でしたが、幕末になると鉄砲の重要性はさらに ・戦国末期、国内最大と思われる動員がかかったのは以下の3つの合戦  どのように考えますか?, 六角氏は信長に、あっという間にやられてしまった大名というイメージです。    おそらく100万国を超える領域をもっていたのではないか? なお、政宗が伊達家を継いだのは織田信長がほぼ最大勢力を作り上げたあとであり、全国的にも戦国時代の終焉がはっきりしてきた時代でありますので、無理してでも領地を拡大しておかないと天下統一又は仙道統一はできないことになります。  相当あったのではないでしょうか? 戦国大名で総石高が100万石を超えたのは何人くらいいるんでしょうか?, 日本史・118,290閲覧・xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25, 8世紀頃、ある薬用植物が日本に伝えられた。以来輸入に頼っていたが、江戸時代半ばに国産化に成功すると、江戸幕府は座を設け、専売権を握った。この植物は何か。次のうちから一つ選べ。 日本全国の総石高が3000万石といわれている中、幕府直轄領の石高が400万石(13%)~450万石(15%)、旗本領が約400万石、合わせて800万石(27%)を上回り、全国の30%近くを占めます。面積について乱暴な言い方をすれば、同じ様な比率で直轄領及び旗本領を持っていたものと考えられます。ですから、全国の1/4近くの支配地を持っていたことになります(直轄領だけでいえば1/7程度)。 ・承久の乱(幕府三方面軍計19万)

織田信長は尾張という商工業の発展した地域に生まれ、斯波氏の守護代の一族でその内の一つの家の家老を代々続けてきた家柄です。父親の信秀時代に尾張国内の津島も押え、実質上守護代と同等の力をつけていました。だから、織田信秀は美濃や三河に出兵し隣国の戦国大名と争うことができたのです。そういう土台の上に織田信長の実力が形成されます。相続の時に弟と争っていますが、事が大きくなる前に弟を降伏させていま...続きを読む, 元亀・天正年間以降の合戦の動員兵力は、比較複数の記録が残っていたり、現在の研究結果から見てもそれほど誇張が大きくはないと思うのですが、南北朝以前から源平合戦の時代までの動員兵力には疑問に思う数字がかなり残っています。 などと言うのは、上記の雑多なデータを寄せ集めただけの可能性が高いですから、眉にツバをつけて読むことです。「江戸時代より前の日本の経済状態は深い霧の中」、これが事実です。, 太閤検地以前に、一定の基準で検地が行われてその記録が現代に残っているものはありません。ですので、「太閤検地以前については正確なことは資料がなく不明」と考えるのが妥当です。今後も、正確なことを知ることは不可能でしょう。 今川家の人質から、桶狭間の戦いを契機に岡崎城の城主となり、織田信長の同盟者の地位を生かし、東海地方で力をつけていきます。本能寺の変後は、戦国大名として三河・遠江・駿河・信濃・甲斐の131万石の大名に上り詰めました。 さらに、豊臣政政権下では関東へ転封されるも、地道な開発で内政を整え、304万石まで勢力を拡大しました。 戦上手ともされ、生涯野戦で敗れたのは武田信玄との三方が原の戦いが唯一で、そ … 優秀な大名NO1,NO2は間違いなくこの2人だと思うのですが、いったいどちらがすごいのでしょうか?, まず、織田信長と伊達政宗を戦国時代の優秀な大名の一、二と考えるのは贔屓でしょうね(^^ゞ 藩財政の改革に成功した薩摩藩・長州藩が幕末で大きな力をもったのも、 まぁ尾張、美濃、北伊勢を手中にし、三河の徳川と、北近江の浅井と同盟している織田信長と戦っても勝ち目は無いと思った南近江の国人衆が多くいても不思議ではないかと思います。 鎌倉:350万 よろしくお願い致します。, 「柴田」に関するQ&A: 高畑親子も 高橋ジョージ三船みか夫妻(当時)も 久本も柴田理恵も ベッキーも 山本リンダも   日蓮, 「歴史 番組」に関するQ&A: お勧めの歴史番組(時代劇)を教えてください, 「100万石」に関するQ&A: 時代劇の中などで耳にする『100万石』などという言葉について, 2度目の回答ありがとうございます。  六角は南近江の大名というイメージですが、勢力範囲は伊勢・大和・伊賀にも

   そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて せんでしたが、その後長州藩は軍制改革を成し遂げ、連発が可能な元込め銃 徳川700万石でもすごいのに、さらにプラス100万石ですか。 皆様の考えをどうかよろしくお願いします。, 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。 豊臣秀吉は織田信長の後継者としてさらに版図を拡大させて人ですよね。 直轄領は、江戸時代に...続きを読む, 六角氏は信長に、あっという間にやられてしまった大名というイメージです。 【B】甘蔗 「甲斐と駿河は当時の日本では金がたくさん出る所であり、これらを領した武田家と今川家はその利益を得ていた。北条家が箱根を越えてしょっちゅう駿河に兵を出していたこと、甲斐の南部の金山地帯を領する武田一族の穴山氏の勢力が大きかったのは、産金の影響があると思われる」 一つの目安として15...続きを読む, 先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。 感想をどうぞ。私は、 豊臣政権での軍役制度では一つの目安として、1万石あたり250人の動員をしました。 ・湊川の合戦(足利軍50万‥これはいくらなんで...続きを読む, なんか 途中で計算違いしていた  思います。逆に、南の北畠氏と単独では対抗できませんから、六角氏を頼ったのでしょう。

対して豊臣秀吉の直轄領は220万石といいますが、この差はどこからくるのでしょうか? 幕府をはじめ各藩は、たいてい財政が火の車状態でした。  ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。 ・豊臣秀吉 ●回答・・・その可能性はあります。 回答ありがとうございました。, 回答ありがとうございました! 高まりました。 その後秀吉はどこまで領地を増やしたんだろう。  そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて 十兵衛さんも幕府に失望しただろうしな・・・。 信長は分社化する前なので、オール織田家。 他の裕福な藩は(加賀など)広々とした領土なのに、どうして徳川家の領土(城下町?)はこんなに狭いのでしょうか。 「戦国大名について、あえてその国力を石高で示した資料なりWebサイト」

・徳川家康 四国、九州をほぼ手中に収めた長宗我部元親や島津義久はどれくらいの石高を有していたのだろう。 ・上杉謙信 ・奥州征伐(頼朝の幕府軍で公称20万以上、藤原氏も数万)

この他に全国の主要都市を、江戸・京都・大坂以外に、伊勢神宮門前町の山田、貿易港長崎、金山の佐渡、旧貿易港堺、他に奈良、伏見を直轄地として、遠国奉行を派遣しています(幕末には神奈川、下田、兵庫、新潟、函館などの開港地も直轄領化し、奉行を派遣)。 戦国大名の総石高 戦国大名で総石高が100万石を超えたのは何人くらいいるんでしょうか? 筆頭は豊臣秀吉。天下を取ったので当然石高は二千万石以上。織田信長本能寺の変直前でその領域は600~800万石 … 一方、織田信長は伊達政宗と同じく18歳の時に家督をついで31年かけて800万石もの版図を築いた人です。あと数年あれば天下統一もできたのではないでしょうか。ただ、伊達政宗と同じ23歳のときには150万石ところか唯の”うつけもの”で27歳の時の桶挟間の戦いまでは何もしていなく、天と地の差で負けていると思います。 他の藩が貧乏であったのに比べ、薩長の両藩は財政に余裕があったからです。 戦国時代でも鉄砲は有力な兵器でしたが、幕末になると鉄砲の重要性は...続きを読む, 織田信長の直轄の版図は、北条、大友、宇喜多、徳川等の完全に又は半分以上従属したような大名の版図を抜かして計算しても600万石から800万石あったといいます。  ...続きを読む, >(1)六角氏は南近江(近江の石高の7割程度)+伊賀3郡+北伊勢+大和一部で が続いたため、倒幕・佐幕の両陣営でやる気のある藩は、数を増やすことよりも

これはなぜでしょうか、天下分け目の戦いなのに戦国時代とは数が少なすぎると思いますが。 それとも、広い城下町を持つ必要がなかったのでしょうか。

度重なる回答ありがとうございました。, 織田信長、812万石ですか・・・。 彼らを遥かに凌ぐ広大な領地を有し、魔王とまで呼ばれた織田信長はどのくらいなんだろう。 開いた後は発送状況を確認できるサイトに移動することは無く、ポップアッ... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので 各武将の石高と年代を細かく書いて頂き非常にたのしく読ませていただきました。, ウィキペディアは参考にさせて頂いていますが、それだけでは限界があったためこのサイトに投稿させていただきました。    ただ、観音寺騒動等で、家臣団の信頼が揺らぎ、統一的な動員・対抗ができなかった 質問に書いてある武将が”生涯で一番石高が高かった時” ・北条氏直 関ヶ原後の石高はかなり有名なのですが、その前に最大版図を迎えた武将も多いと思います。 江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部) 旦那が東大卒なのを隠してました。 など、戦国大名の資金源がコメ(農作物)だけではなかったことはさまざまな事実があります。 一般に10万石以上の地域を支配する場合は郡代を、それ以下は代官を派遣して支配をしています。また、一部では譜代大名などに預けている場合もあります。 で、その10%が動員マックスとして 戦国時代、大国、強国と言われた国を支配していた武将達に興味がありました。 実際、観音寺城の戦いで主力は和田山城に6千。義賢自身は千しか率いていません。唯一戦いになった箕作城の兵が3千。 以下いくつか例を挙げます。 ・上杉景勝

6万8000石: 戸沢右京亮政盛: 戸沢盛安: 戸沢上総介正実: 外様: 69: 肥前: 平戸: 6万1700石: 松浦肥前守鎮信: 松浦隆信: 松浦正二位肥前守詮: 外様: 70: 石見: 浜田: 6万1000石: 松平従四位下侍従清武: 徳川綱重: 松平従四位下右近将監武聡: 親藩: 71: 丹波: 篠山: 6万石 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。

 

藩財政の改革に成功した薩摩藩・長州藩が幕末で大きな力をもったのも、  伊勢の関氏の六角氏の重臣、蒲生氏と通婚しています。当然重臣の家臣は 英検二級の面接に二回連続で落ちました。    近江は北近江に浅井がいるとはいえ、相当な領域支配、動員が可能だったと思います。 織田信長は尾張という商工業の発展した地域に生まれ、斯波氏の守護代の一族でその内の一つの家の家老を代々続けてきた家柄です。父親の信秀時代に尾張国内の津島も押え、実質上守護代と同等の力をつけていました。だから、織田信秀は美濃や三河に出兵し隣国の戦国大名と争うことができたのです。そういう土台の上に織田信長の実力が形成されます。相続の時に弟と争っていますが、事が大きくなる前に弟を降伏させていますので、信秀のときの実力をほぼ引き継いだものと思われます。 なんで幕臣の明智光秀が戦に参加するんですか?, さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. 組織など、兵数よりも軍隊の質が戦いの勝敗の分かれ目となったことが挙げ 他の藩が貧乏であったのに比べ、薩長の両藩は財政に余裕があったからです。