ヒルコは日本神話においてイザナギノミコト、イザナミノミコトの第1子として生まれた神様です。ヒルコは障害、奇形を持って生まれ、親から捨てられますが、その後恵比寿様として祀られる事となります。ヒルコの誕生のエピソード、ヒルコについての解釈、考察などをご紹介します。, 蛭子(ヒルコ)とは、日本神話における神であり、奈良時代の歴史書『古事記』や『日本書紀』などに登場します。また日本古来の「エビス」信仰とも密接に関係しており、エビス神ないし「恵比寿様」として崇められることもあります。, それでは、ヒルコとはどのような神なのでしょうか。日本神話において、ヒルコはいわゆる「国生み」のくだりに登場し、また「不具」の神であるなどの特徴を持っています。ここでは『古事記』などに見られる記述を踏まえながら、その概要を解説していきましょう。, 奈良時代に編まれた歴史書『古事記』において、ヒルコは男神・伊邪那岐命(イザナギノミコト:以下イザナギ)と女神・伊弉冉尊(イザナミノミコト:以下イザナミ)のあいだに生まれた最初の神です。この二柱は、『古事記』において初めて地上に降り立ち、ヒルコに続いて日本の国土を「生んだ(創造した)」とされる重要な神々です。, さらに、ヒルコは不具児(障害児)として生まれてきた、といわれています。『古事記』には直接の描写はありませんが、同時代の歴史書『日本書紀』には「此兒年滿三歲、脚尚不立(この子は三歳になっても、足で立つことができなかった)」とあります。, 伝承では障害児として生まれてきたヒルコですが、不思議なことに、ヒルコはエビス神、すなわち七福神の一柱である「恵比寿様」と混同されることもあります。このように、ヒルコは非常に謎の多い神なのです。, 先ほどもご紹介した『古事記』。和銅5(712)年に編纂された『古事記』は、天地開闢(てんちかいびゃく)から同時代までの歴史を記した書物であり、歴史書であるのみならず日本神話の集大成として、今日に至るまで、さまざまな学術的研究の対象ともなってきました。, 前述のように、ヒルコはイザナギ・イザナミの神が、国生みよりも以前に儲けた長子です。その後、この二柱の神からは、天照大神(アマテラスオオミカミ)、月読尊(ツクヨミノミコト)、素戔嗚尊(スサノオノミコト)といった神々が誕生しています。. 今でも日本の各地で、えびす講と言い、恵比寿様のお祭りが多くありますが、どのお祭りもパワフルで、活気のあるお祭りです。, ヒルコ神(蛭子神)はイザナギとイザナミの間にできた始めての神であるという部分から、重要な役割を担っているのではないかということは江戸時代やその前から議論されていました。, そこから生まれた説が、ヒルコ神(蛭子神)は漢字で日子・昼子と書いて、太陽神ではないかという説です。, 海に流されたのは、太陽であるためで、ひるこという名前も、漢字で蛭子と書いているが、本当は太陽の子(日子/昼子)であるという説です。, また、ヒルコ神(蛭子神)が太陽神という考え方を支持するもう一つの説に、ヒルメという神の存在たあります。, 日本書紀では、太陽神のアマテラスオオミカミの名前はすぐに出てくるわけではなく、大日女貴(おおひるめのむち/大日孁貴)と呼ばれます。, このヒルメという太陽女神に対する、男性の太陽神としてヒルコ神が描かれたと言われています。, また、ヒルコ神(蛭子神)の四肢がない蛭(ヒル)のような障害を持つイメージは、ヒルコ神(蛭子神)が表しているのは胎盤であったからだと言われています。, つまり、子供を生むための準備として、女性器から胎盤が流れ出ることを、不具の子であるヒルコ神(蛭子神)として描かれたという説です。, 他にも、不具の子が神様であることは、世の中を豊かにすることを意味しているという説もあります。 水蛭子(ヒルコ)、Narutoや妖怪ハンターではお馴染みの悪役キャラですが、元はイザナミ、イザナギの間に生まれた神。アマテラスやスサノオの兄弟にあたります。, 不具(身体に障害がある)の子として生まれ、そのために海に流され捨てられるという生い立ちを持ち、そしてなんと恵比寿神になったと言い伝えられる神様。その物語を辿ります。. が受け入れる, 神話で第一子が失敗である理由は胎盤を第一子と見るため, 綏靖天皇~開化天皇(古事記), 顕宗天皇・仁賢天皇・武烈天皇(古事記), 継体天皇・安閑天皇・宣化天皇・欽明天皇・敏達天皇・用明天皇・崇峻天皇・推古天皇(古事記), 綏靖天皇~開化天皇(日本書紀), 履中天皇・反正天皇(日本書紀), 安閑天皇・宣化天皇(日本書紀), 死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載), 古事記・日本書紀の現代語訳のランキング. しかし『古事記』の国生み神話には「胞」が登場しないため、必ずしも同列には扱えない。その点、記独自の点である子の数に入れないという注記をもとに、アハシマという島名にはアハメ(淡)ニクム(悪)意が込められていると論じる説は注目される。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「古事記」では二柱の最初に生まれた神であり、「日本書紀」ではアマテラス(天照大神)・ツクヨミ(月詠命)・スサノオ(素戔嗚)の三貴子(みはしらのうずのみこ)の前に生まれた神として記されています。, 女神であるイザナミから先に男神のイザナギに声をかけた事が原因で、不具の子として生まれました。 そして、葦の舟に入れられオノゴロ島から流され、次に生まれたアハシマ(淡島神)と共に、二神の子の数には入れないと記されています。, 「古事記」においてはヒルコを「水蛭子」としているところから、水蛭のように手足が異形であったのではないかと推測されています。, 「日本書紀」においては、まずアハシマ、次に蛭児(ヒルコ)が生まれます。けれど蛭児(ヒルコ)が三歳になっても脚が立たなかったため、天磐櫲樟船(アメノイワクスフネ)に乗せて流されたと記されています。, ヒルコの別称には蛭子神、蛭子命(ひるこのみこと)、恵比寿、恵比須、戎大神(えびすおおかみ)、西宮大神(にしのみやおおかみ)などがあります。, 蛭子神として海と漁業の神、恵比寿神として商業や農業も司る神でもあります。神徳として、大漁祈願、航海の安全、交易、商売繁盛などが授けられると敬われています。, ヒルコと恵比寿のつながりは、エビスは漢字で「蛭子」と書く場合もあって、これは「ヒルコ」とも読めるというところから由来しています。, 書物での記録として捨てられた後のヒルコの話については残ってはいませんが、流された蛭子神が流れ着いたという伝説は日本各地に残っています。, 西宮神社に伝わる伝説によると、流されたヒルコは摂津国西の浦(兵庫県西宮)にたどり着き、地元の民が「夷三郎(えびすさぶろう)」と呼んで育て、のちに戎大神(えびすおおかみ)として祀られるようになったとされています。, 日本沿岸の地域では、漂着物をえびす神(漁業の神)として信仰するところも多く、ヒルコとえびす(恵比寿・戎)を同一視するようになったという説も伝えられています。, 1991年制作、塚本晋也監督映画「ヒルコ/妖怪ハンター」では『遊星からの物体X』をモデルとした怪物として登場。, オンラインRPG「一血卍傑」では八百万界の七福神の一柱、海の神様。とてつもない力と強運の持ち主です。, 「naruto」ではかつて忍びだったが、サソリに敗れ傀儡となってしまった、「暁」のサソリの人傀儡。, 「永い後日談のネクロニカ」は生ける屍(ゾンビ)となってしまった少女たちの悲劇を描くTRPG。ここでもヒルコはやっぱり敵キャラ。, 永い後日談のネクロニカ サプリメント3 最果の戯曲【新品】 TRPG アナログゲーム, 今の時代のヒルコはかなり残念な存在にイメージされています。けれど、もし不具の子として生まれ、それでも恵比寿様になったとするなら、これってスゴイと思います。, 障害があるとはいえ、親に捨てられることの不幸を自分の中で消化して笑っていられる。まさに対照的な存在にまで成れたのだとしたら、これは賞賛に値します。, 2周年を機に、サイト名も『waqwaq』となってスタートです! より上質・良質なコンテンツ造りを目指します! 今後ともご贔屓ください!!. 現代では全く理解できない理由です。 創作された日本神話の時代背景では、道教が強い影響力を保持しておりましたので仕方無いかもしれません。 ヒルコは日本神話においてイザナギノミコト、イザナミノミコトの第1子として生まれた神様です。ヒルコは障害、奇形を持って生まれ、親から捨てられますが、その後恵比寿様として祀られる事となります。ヒルコの誕生のエピソード、ヒルコについての解釈、考察などをご紹介します。

産みぞこないは二人である。 ヒルコは流したと書いているが、もう一人の「アハシマ」についての記述がない。 「アハシマ」は「淡路島」の事とされ、国産みの際、最初に生みなおして淡路島を登場させている。 ヒルコ神(蛭子神)とは、日本神話の中でアマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノオノミコトの兄弟神として、 イザナギノミコト、イザナミノミコトの子供として第一子(もしくはツクヨミノミコトの次に)生まれる神様です。 日本の創世に関わる重要な神様の子であるにもかかわらず、不具の子であったとして、海に流されその後全く神話に登場しない神様です。 しかし、日本各地にこのヒルコ神(蛭子神)にまつわる伝説があり、福男でも有名な西宮神社の主催神(蛭子/えびす様)として、祀られ多くの人 … ©Copyright2020 Leisurego.All Rights Reserved. ヒルコ神(蛭子神)とは、日本神話の中でアマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノオノミコトの兄弟神として、, イザナギノミコト、イザナミノミコトの子供として第一子(もしくはツクヨミノミコトの次に)生まれる神様です。, 日本の創世に関わる重要な神様の子であるにもかかわらず、不具の子であったとして、海に流されその後全く神話に登場しない神様です。, しかし、日本各地にこのヒルコ神(蛭子神)にまつわる伝説があり、福男でも有名な西宮神社の主催神(蛭子/えびす様)として、祀られ多くの人が崇敬する神様です。, 今回は謎に包まれながらも、商売繫盛の神「恵比寿様」として古くから衆望を集めるヒルコ神(蛭子神)について詳しく解説をしていきます。, 和田神社(兵庫県神戸市)、蛭子神社(徳島県)、西宮神社(栃木県足利市)、須部神社(福井県)、三社大神宮(兵庫県神戸市)などなどあります。, ちなみに恵比寿様を祀る神社でヒルコ神(蛭子神)を祀っていない神社の多くは事代主神(コトシロヌシ)と恵比寿様を同一視していることが多いです。

ヒルコ神(蛭子神)とは、日本神話の中でアマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノオノミコトの兄弟神として、 イザナギノミコト、イザナミノミコトの子供として第一子(もしくはツクヨミノミコトの次に)生まれる神様です。 日本書紀では3歳になっても立てないという不具の子供として描かれます。, そのため、オノゴロ島(淡路島の近くにある沼島と言われる)というイザナギとイザナミが始めて生んだ最初の島から天磐櫲樟船(アマノイワクス船)に乗せ捨てられてしまいます。, この時、古事記ではヒルコ神(蛭子神)の次に生まれた「アハシマ/アワシマ」という神様と共に捨てられてしまいます。, こうして、イザナギとイザナミの間に生まれた神様であるヒルコ神(蛭子神)ですが、二柱の子供としては見られなくなります。, ヒルコ神(蛭子神)はその後日本神話では全く姿を現わさなくなる神様ですが、日本各地にヒルコ神(蛭子神)にまつわる伝承が残っていますので、それらを見ていきましょう。, 西宮神社の公式のHPにも載っている、ヒルコ神(蛭子神)が祀られるようになる物語の一つは、当時摂津と呼ばれる西宮の地域で漁師が御神像を釣り上げる話があります。, この話はある漁師が漁に出かけ、鳴尾(西宮の浜の近くの地名)から和田岬(神戸市長田区の地名)で漁をしていました。, 最初、鳴尾の近くで人形とも、御神像とも見える像を釣り上げますが魚ではないので海に返してしまいます。, その後場所を変え、神戸の近くの海で漁をしていると、またも同じ御神像を釣り上げます。

ヒルコの他にも同様の理由でアハシマも、排除されます。 アハシマ=淡路島. 後世の歴史家は水蛭子を「ヒルコ」、蛭のような骨のない子供と解釈し、淡島を「アハシマ」と読んで所在不明とした。 だが、この記述が国生み神話の冒頭にある以上、「蛭のような骨のない子供」などという馬鹿げた解釈は生まれてこない。 日本の神は、なぜヒルコを流したのか.

ALL RIGHTS RESERVED. アハシマ; 水子; 日本の神の一覧; 貴種流離譚; 外部リンク. これは障害を持つことで初めて気づけるような社会の様々な問題をヒルコ神(蛭子神)が解決していくことで、民間の衆望を集めて恵比寿様として祀られるようになったという説です。, いずれにしても、ヒルコ神(蛭子神)という神様はあまりに謎が多く、伝承も様々あって本当の姿ははっきりしていません。, しかし、古くから民衆に支持され、商売繫盛の神である恵比寿様の一面も持つ、私たちの生活にとても重要な神様であることに変わりはありません。. ヒルコと同様に不具の子であった為、葦の舟に乗せて流され、子(神)の数には数えてられていない。姿、不明。ヒルコは、夙(つと)に有名で、其の伝承は一般的に数々知られておりますが、アハシマは、全国では余り知られていない。 ※日本書紀において、ヒルコは「蛭児」と、アワシマは「淡路島(アハジシマ)」と表記されます。 神話が絡む日本から、リアルな奈良時代にタイムスリップしましょう。 ヒルコと同様に不具の子であった為、葦の舟に乗せて流され、子(神)の数には数えてられていない。姿、不明。ヒルコは、夙(つと)に有名で、其の伝承は一般的に数々知られておりますが、アハシマは、全国では余り知られていない。 Copyright© waqwaq , 2020 All Rights Reserved.

ヒルコ神(蛭子神)とは?恵比寿様と同一視される謎の神様. ヒルコのその後 西宮神社の伝承によると、海に流されたヒルコは兵庫県西宮の「摂津国西の浦」に流れ着き、土地の人々に拾われて育てられ、「戎三郎(エビスサブロウ)」と呼ばれるようになりました。それが戎三郎大明神(海の神)や戎大神として祀られるようになったようです。

COPYRIGHT © 2017 Kokugakuin University.

「日本書紀」においては、まずアハシマ、次に蛭児(ヒルコ)が生まれます。けれど蛭児(ヒルコ)が三歳になっても脚が立たなかったため、天磐櫲樟船(アメノイワクスフネ)に乗せて流されたと記されています。 恵比寿神になった(?)ヒルコ 中学生のころから書き物をはじめ、早××年………… 【 ヒルコ&アハシマ 】 二人はその昔、イザナギとイザナミの夫婦から生まれた 最初の子供達だと言われています。 イザナギとイザナミといえば、 太… 事代主神(コトシロヌシ)について詳しく知りたい方はこちら, ヒルコ神(蛭子神)は、日本の国土を生み、アマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノオノミコトの親神となるイザナギノミコト、イザナミノミコトの間に生まれます。, ヒルコ神(蛭子神)は古事記の中では、イザナギとイザナミの初めての子供として、 ©Copyright2020 神仏.ネット.All Rights Reserved. 『古事記』において国産みの際、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神。しかし、子作りの際に女神であるイザナミから先に男神のイザナギに声をかけた事が原因で不具の子に生まれたため、葦船に入れられオノゴロ島から流されてしまう。次に生まれたアハシマと共に、二神の子の数には入れないと記されている。棄てられた理由について『古事記』ではイザナギ・イザナミ二神の言葉として「わが生める子良くあらず」とあるのみで、どういった子であったかは不明[2]。後世の解釈では、水蛭子とあることから水蛭のように手足が異形であったのではないかという推測を生んだ[2]。あるいは、胞状奇胎と呼ばれる形を成さない胎児のことではないかとする医学者もある[3]。, 『日本書紀』では三貴子(みはしらのうずのみこ)の前に生まれ、必ずしも最初に生まれる神ではない。書紀では、イザナミがイザナギに声をかけ、最初に淡路洲(淡路島)、次に蛭児を生んだが、蛭児が三歳になっても脚が立たなかったため、天磐櫲樟船(アメノイワクスフネ。堅固なクスノキで作った船)に乗せて流した、とする。中世以降に起こる蛭子伝説は主にこの日本書紀の説をもとにしている[2]。, 始祖となった男女二柱の神の最初の子が生み損ないになるという神話は世界各地に見られる。特に東南アジアを中心とする洪水型兄妹始祖神話との関連が考えられている。, 流された蛭子神が流れ着いたという伝説は日本各地に残っている。『源平盛衰記』では、摂津国に流れ着いて海を領する神となって夷三郎殿として西宮に現れた(西宮大明神)、と記している[2]。日本沿岸の地域では、漂着物をえびす神として信仰するところが多い。ヒルコとえびす(恵比寿・戎)を同一視する説は室町時代からおこった新しい説であり、それ以前に遡るような古伝承ではないが、古今集注解や芸能などを通じ広く浸透しており、蛭子と書いて「えびす」と読むこともある。現在、ヒルコ(蛭子神、蛭子命)を祭神とする神社は多く、和田神社(神戸市)、西宮神社(兵庫県西宮市)などで祀られているが、恵比寿を祭神とする神社には恵比寿=事代主とするところも多い。, 平安期の歌人大江朝綱は、「伊井諾尊」という題で、「たらちねはいかにあはれと思ふらん三年に成りぬ足たたずして」と詠み、神話では触れていない不具の子に対する親神の感情を付加し、この憐憫の情は、王権を脅かす穢れとして流された不具の子を憐れみ、異形が神の子の印(聖痕)とするのちの伝説や伝承に引き継がれた[2]。海のかなたから流れ着いた子が神であり、いずれ福をもたらすという蛭子の福神伝承が異相の釣魚翁であるエビス(夷/恵比寿など)と結びつき、ヒルコとエビスの混同につながったとされる[2]。また、ヒルコは日る子(太陽の子)であり、尊い「日の御子」であるがゆえに流された、とする貴種流離譚に基づく解釈もあり、こちらでは日の御子を守り仕えたのがエビスであるとする[2]。, 不具の子にまつわる類似の神話は世界各地に見られるとされるが、神話において一度葬った死神を後世に蘇生させて伝説や信仰の対象になった例は珍しいという[3]。, 天沼矛 - 天逆鉾 - 天之尾羽張 - 天羽々斬 - 天叢雲剣 - 天之麻迦古弓 - 天羽々矢 - 神度剣 - 布都御魂( - 十束剣), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヒルコ&oldid=80261843.