0  豪雨災害を受けた日鉄日新製鋼・呉製鉄所の生産については「呉の減産は日鉄日新製鋼の粗鋼として45万㌧のマイナスだが、鋼材出荷は日本製鉄で代替生産をしたので連結ではプラスマイナスゼロ。日本製鉄の粗鋼で28万㌧、在庫出荷で対応した。連結の粗鋼でマイナス17万㌧ということになる」と報告した。マーケットについて「昨年からのマイナスも大きく、原料市況高、鋼材市況安も中国が公共投資を増やすということで、生産が高止まりし、原料費が高くなっている。一方、世界の景気後退により、特に海外マーケットが緩んでおり、非常に厳しいと考えている」と危機感を示した。 日本製鉄は将来を見据え、製鉄所組織の統合・再編成を決めた。同社の16拠点・12製鉄所・製造所と日鉄日新製鋼の4製鉄所・製造所を社長直轄の6製鉄所体制に2020年4月1日に組みかえ、事業基盤を強化す … – 本店所在地:東京都千代田区外神田四丁目14番1号

日本製鉄と完全子会社の日鉄建材、並びに神戸製鋼所と子会社の神鋼建材工業の4社は、来年4月1日を目途に、日鉄建材の道路関連事業(防護柵、防音壁事業)と神鋼建材工業を事業統合することと、その具体的な条件の検討を進めることで、3月4日に基本合意した。 %%EOF

14 0 obj <> endobj – 大株主及び持ち株比率:神戸製鋼所 96.8%/神鋼商事株式会社 2.7%, NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。, 1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。, 1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。, 日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。, (中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。, 経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。, 1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。, 株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。, 1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。. endstream endobj startxref

詳しくはこちら, 日本製鉄と神戸製鋼所は4日、防護柵の製造や販売など、道路関連事業を統合すると発表した。2021年4月1日付で子会社が手がける事業を統合し、新会社を設立する。新会社の売上高は300億円程度を見込む。少子高齢化で国内の公共工事などの需要が縮小するなか、経営資源を統合して収益を維持するねらい。営業拠点や製造拠点などの集約も進める。, 日本製鉄子会社の日鉄建材(東京・千代田)の道路関連事業と、神戸製鋼所子会社の神鋼建材工業(兵庫県尼崎市)の全事業を統合する。日鉄建材が65%、神戸製鋼所が35%を出資し、日鉄神鋼建材(東京・千代田)を設立する。, 統合により日鉄建材の大阪製造所(大阪府高石市)にある防護柵の製造設備を、2年後をめどに休止。両社で3カ所ある防護柵の製造拠点を2カ所に集約する。, 日鉄建材では道路関連事業が売上高全体の1割程度を占め、19年3月期で約130億円。神鋼建材工業は防護柵や防音壁を主力とし、売上高は約130億円。統合後の新会社の従業員数は明らかにしていない。.

 製鉄所の再編では、「組織の効率化、製造現場の強化を最大の眼目にしている。再編により各製鉄所の自律性、効率性を上げていく。複数に分散している戦力をより大きな単位で一体化して戦力強化する。業務運営や要員、採用、配置、育成で人材基盤を強化し、技術、技能、ノウハウを共有化してレベルを上げ、意思決定を早くしていく」と趣旨を述べた。また、「各製鉄所を社長直轄としたが、品種事業部長はそれぞれ営業課題を抱えており、そちらにまい進することになる。各製鉄所は大きな範囲になるので、効率化、人の育成や、品種同士のつながりなど、どうやってスピーディに効率を上げていくかが、所長の腕の見せ所となる」とし、今後については「最適生産体制の追求ということで、引き続き体制構築に向けて内外ともに抜本対策を検討中」とした。 d�g!  ▽宮本勝弘副社長=日鉄日新製鋼の合併について、「完全子会社化しているが、マーケット環境が想定以上に厳しく、効率化、効果を上げるには合併が良いと判断した。加えて、日鉄日新製鋼で大きな災害事故もあり、お客様に鋼材を供給するためにも合併統合が良いとの意図もあった」と説明した。

– 資本金:5,912百万円

– 代表者:代表取締役社長 中川 智章 – 代表者:代表取締役社長 工藤 寛  広畑製鉄所の冷鉄源溶解を電気炉プロセスへの刷新した意図として「いまのSMPプロセスは、月に6万㌧程度の生産量だが、今度の電炉も同じ量。酸素と石炭を使って溶解していたが、電気で効率的に作っていくことになる。電気炉、2次製錬を含めたプロセスを使いながら、高炉由来のピュアな鉄を使って高級鋼を作っていく。これにより40万㌧のCO2が削減できる。今後とも製造現場にあったプロセスでやっていく」とした。. 有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。, 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 h�bbd```b``z "��.��fw�H��`5�`�L*�I#0�V)"���� R'��"�[@��R�P"C�z7 IF��`�0�l����趹`qF����~}0 :�a

39 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<646664A972A06943B81CF3D3CF02C048>]/Index[14 41]/Info 13 0 R/Length 117/Prev 151531/Root 15 0 R/Size 55/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream – 資本金:3,501百万円 h޼��k9���-�'�cBp���u�G܄��)�ت�e�kv7��7�?�6�Al�F3Ҍ�')�ɀyH,�@

,�2�TIP8Pf�@‡�SdE/��6��3�R��l����U\'������ �F�p�M4�CQ��(ͲNTf%�t[�X�#r�푡~�I�Hf�3&_o�뉙1Z`����D�|���:�vR�);��on�[�U�0���x �=�d�Z�m�X��f}[�D�5��"�d���l^����vC �Bڔ���q�`�������S6���d�f���>���K3�i� ��O�B�N��^�rmi�q]�z2'��r�dVu�b�RT'Y:i�L%q�_ �. – 事業内容:防護柵、防音壁、景観製品、グレーチング、防災製品、構造材製品の製造販売 等, – 設立年月日:1949年9月1日

%PDF-1.5 %���� endstream endobj 15 0 obj <> endobj 16 0 obj <> endobj 17 0 obj <>stream ( – 本店所在地:兵庫県尼崎市丸島町46番地 日本製鉄は将来を見据え、製鉄所組織の統合・再編成を決めた。同社の16拠点・12製鉄所・製造所と日鉄日新製鋼の4製鉄所・製造所を社長直轄の6製鉄所体制に2020年4月1日に組みかえ、事業基盤を強化す …

(1) 合併の当事会社 日鉄鋼板株式会社 (日本製鉄 出資比率100%) 日鉄日新製鋼建材株式会社 (日鉄日新製鋼 出資比率100%) (2) 合併期日 2020 年7 月1 日(予定) (3) 合併方式 日鉄鋼板を存続会社、日鉄日新製鋼建材を消滅会社とする吸収合併

日本製鉄は将来を見据え、製鉄所組織の統合・再編成を決めた。同社の16拠点・12製鉄所・製造所と日鉄日新製鋼の4製鉄所・製造所を社長直轄の6製鉄所体制に2020年4月1日に組みかえ、事業基盤を強化する。日鉄日新製鋼との合併も踏まえて製造現場の効率性・自律性を高め、「つくる力」を再構築する。世界粗鋼生産の半数を占める中国の鉄鋼・原料需給の変動や海外鉄鋼企業の大型化・技術向上など世界的な競争環境の変化に備え、「総合力世界ナンバーワンの鉄鋼メーカー」の実現に向かう。

h�b```f``�f`e`�*eb@ !�(���� wa,��2?܂�:0�Vttt40���$ �a�F��R&��`��Ë�k ���9"1���S�h�00\�`�����>H3q'�30�M��# *� U 54 0 obj <>stream � �A*�B�y�5�C� �� ?cjB.�e]���N*6Q�i��pՏ������ܥy+��M���Uݙ'%~0�A�dr��-�O����1,� h�¶[���FR�{�w�[�@��u�,��F���/�m9���r��j���C��S䙹�j9�᪨��d��⸚��r7�����Np׿'��}�a]`�$J�̜��$/*}����wo�r�.

日本製鉄と完全子会社の日鉄建材、並びに神戸製鋼所と子会社の神鋼建材工業の4社は、来年4月1日を目途に、日鉄建材の道路関連事業(防護柵、防音壁事業)と神鋼建材工業を事業統合することと、その具体的な条件の検討を進めることで、3月4日に基本合意した。, 公共投資の継続的縮小や人口減少等により、道路建設の更なる縮小が予想されることから、互いの経営資源を統合し、道路関連事業の競争力強化を図る。, 今後4社は、下記基本条件をもとに、具体的な条件について協議し、合意する予定。なお、統合は、関係当局の事前承認等を条件としている。, 統合対象は、日鉄建材の道路関連事業と神鋼建材工業の全事業。統合方式は、日鉄建材を吸収分割会社、神鋼建材工業を吸収分割承継会社とする吸収分割を基本とし、最終契約で定める。, 営業拠点(本社・支店)の集約を含めた営業人員及び技術・開発・管理スタッフの効率化。, ①防護柵の製造について、東日本地区は野木(日鉄建材)、西日本地区は尼崎(神鋼建材工業)を基本とした東西2拠点体制とする製造最適化。, ②西日本地区の尼崎工場への製造拠点集約に伴い、日鉄建材の大阪製造所の防護柵製造設備を統合後2年後を目処に休止。, 軽量形鋼、角形鋼管、デッキプレート、防護柵、防音壁、土木商品、基礎杭、防災商品、意匠鋼板、ビテイ商品、ポール商品、ニッテックスの製造販売 等, – 設立年月日:1973年4月20日 – 大株主及び持ち株比率:日本製鉄 100%, – 商号:神鋼建材工業株式会社

日本製鉄 と 神戸製鋼所 は4日、防護柵の製造や販売など、道路関連事業を統合すると発表した。2 2021年4月1日付で子会社が手がける事業を統合し、新会社を設立する。� 新会社の売上高は300億円程 …