10年ほど経ってから、その一部を公開したものの専門 「日航機」御巣鷹山墜落 死神から間一髪逃れた「キャンセル・リスト」の後半生(1) 昭和60年8月12日、「日航機」が御巣鷹山に墜落して520人が犠 … 「日航機」御巣鷹山墜落 死神から間一髪逃れた「キャンセル・リスト」の後半生(2) 昭和60年8月12日に発生した、日航機の御巣鷹山墜落事故。 520人が犠牲となった一方で、間一髪で事故を免れた …

出典:日航機墜落事故から28年 慰霊登山、やまぬ事故に無念さ 早いものであれからもう28年経過した。 1985年8月12日 月曜日のことだった。

Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved.すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 墜落したJA8119(Harcmac60/Wikimedia Commons)(他の写真を見る), 昭和60年8月12日、「日航機」が御巣鷹山に墜落して520人が犠牲となった。その一方で、搭乗を回避し、「死神」から間一髪逃れた人々がいる。当事者らが初めて明かす、その後の人生とは。, その日、釣りライターの大西満(75)が経験したことを「運」の一言で片付けられようか。なにしろ何度振り切っても、死神は先回りするように彼の元を訪れたのだ。, 速報小池百合子知事に3500万円「満額退職金」が支払われていた “身を切る改革”どこへ, 速報“バーキンママ”高嶋りえ子氏が刑事告訴された 告訴した同業ママが語る「誹謗中傷」被害, 昭和60年(1985)8月12日の早朝、大西は御巣鷹山からわずか五十数キロの距離にいた。群馬県前橋市の利根川で、約40人の釣りファンを相手に鮎釣りの講習会を開いていたのである。講習が始まったのは7時。まさか12時間後にジャンボ機が墜落するなど予想だにしない穏やかな朝だった。天候は悪くなかった。が、川の濁りが気になっていた。数日前に降った雨の影響だった。, 「当時教えていた“泳がせ釣り”という新しい釣り方が、評判になっていたんです。これはオトリ鮎を自由に泳がせ、それに刺激を受けた鮎が喧嘩をしかけてくるところを釣るというもの。ただ、濁っている川では鮎同士が見えにくく難しいのです」, そんな事情から、当初15時まで行なう予定だった講習を、1時間ほど早く切り上げることになった。, 帰りのチケットは、念のため19時35分発の「羽田発伊丹行き最終便」を取っていたが、, と大西は思った。ところが、講習会を主催した釣具店で帰り支度を始めていると、店の常連客が入ってきた。, 見ると、ラジオのアンテナのように伸縮するはずの竿が、伸縮部分が固着して収納できなくなっている。, 「『がまかつ』だったんです。私はがまかつとの間で、製品を試して助言したりするテスター契約を結んでいたので、自社製品みたいなもの。知らんふりできませんでした」, 修理すべく竿を触ったが、びくともしない。「メーカーに任せたら」という言葉が喉元まで出かかったが、となると約1カ月間、釣りができなくなる。それも可哀そうだ、と思いながら試行錯誤していると、ある瞬間、ストンと収まった。, 客は喜んでいたが、時計をみたら30分以上経過している。それでも急げば早い飛行機に乗れると思い、高崎駅から上越新幹線に飛び乗った。途中、妻に電話をし、「少し早い6時ぐらいの便で帰る」と伝えた。, 小池百合子知事に3500万円「満額退職金」が支払われていた “身を切る改革”どこへ, 「誰にも話せませんでした。死んだ家族と“再会”したなんて……」――被災地での「霊体験」を初告白。遺族たちはこうして絶望から救われた, 日航123便墜落の真相とは?「事故原因を追求すると戦争になる」という噂は本当なのか, デイリー新潮とは? | 広告掲載について | お問い合わせ | 著作権・リンクについてご購入について | 免責事項 | プライバシーポリシー | 運営:株式会社新潮社, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 高級車専門カーシェア会社が破綻で600人がローン地獄 顧客が語る“詐欺的ビジネス”の全容, ヒグマに頭をかじられアゴも半分失い死にかけた猟師が、それでも「クマ撃ち」をやめない理由, 宮崎美子、40年ぶり写真集が大ヒット、過去のケースと比較して改めて分かった“偉業”, 【報じられなかった角界のタブー】往年の名大関「貴ノ浪」が命を落とした午前10時のラブホテル, 英国で「末席」を用意された天皇陛下を「最前列」に呼び寄せた人物とは? 天皇陛下が尊敬される理由, 木嶋佳苗、座間9人殺害事件の犯人が住んでいた間取りの不思議な共通点 事故物件芸人とイヤミス作家が語る、ヤバい部屋, 「それはもう、タモリさんの領域ですよね」ハライチ岩井を前に佐久間Pと能町みね子がその面白さを徹底解剖, 非行少年たちはなぜケーキを3等分にできないのか “認知機能”に問題を抱えた子どもたちの実態, 吉岡里帆 2年ぶりの写真集は「今までに見たことのないような写真」が満載[エンタメベストセラー], ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧は. 「日航機」御巣鷹山墜落 搭乗を間一髪逃れた人々がその後の人生を語るhttps://ameblo.jp/kawasemino/entry-12402274933…

すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 高級車専門カーシェア会社が破綻で600人がローン地獄 顧客が語る“詐欺的ビジネス”の全容, ヒグマに頭をかじられアゴも半分失い死にかけた猟師が、それでも「クマ撃ち」をやめない理由, 宮崎美子、40年ぶり写真集が大ヒット、過去のケースと比較して改めて分かった“偉業”, 【報じられなかった角界のタブー】往年の名大関「貴ノ浪」が命を落とした午前10時のラブホテル, 英国で「末席」を用意された天皇陛下を「最前列」に呼び寄せた人物とは? 天皇陛下が尊敬される理由, 木嶋佳苗、座間9人殺害事件の犯人が住んでいた間取りの不思議な共通点 事故物件芸人とイヤミス作家が語る、ヤバい部屋, 「それはもう、タモリさんの領域ですよね」ハライチ岩井を前に佐久間Pと能町みね子がその面白さを徹底解剖, 非行少年たちはなぜケーキを3等分にできないのか “認知機能”に問題を抱えた子どもたちの実態, 吉岡里帆 2年ぶりの写真集は「今までに見たことのないような写真」が満載[エンタメベストセラー], ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号第6091713号)です。ABJマークを掲示しているサービスの一覧は. 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, 520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から28年となる12日、遺族らが墜落現場の「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)に慰霊登山した。昨年は関越自動車道で高速ツアーバス事故が起きたほか、中央自動車道の笹子トンネルでも天井板崩落事故が発生。遺族らは、やまぬ事故への無念さも胸に墓石の前で手を合わせ、公共交通の安全を改めて願った。, お盆にまとまった休暇がもらえたので、社会人になってはじめて、新幹線よりも料金の高かった飛行機で、神戸に帰省しようと思い、突然予約もなく羽田へと向かった。, 帰省ラッシュに沸く空港では、どの飛行機も予約がフルであり、キャンセル待ちのスタンバイを申し込むが、キャンセルがでないとまったく搭乗できない。, 羽田-伊丹のJAL123便の前に、JALとANAと2便ほど待つが、まったく乗れない。, 18:00発のJAL123便がラストチャンスだ。これがなければ、すぐに東京駅に向い新幹線で帰省となる。, そして、ボクは自分の無計画さと不運さを怨みながら、デッキに吸い込まれている帰省客を羨ましく眺めた。そして、モノレールに乗り継いで、東京駅へと向い、満員の新幹線に飛び乗り神戸へ帰った。, 翌日テレビを見ると日航機の123便、そうJAL123便は衝撃的なニュース映像として目に入ってきた。, 最初は、客観的に悲惨な事故として映像を見ていたが、「羽田空港を昨日の18:00に出発した日航機123便…」と繰り返されるうちに、ボクの頭の中は、だんだんと真っ白になってきた…。, スタンバイで並んでいた時に、デッキに吸い込まれていく人々をボクは、羨ましく眺めていた。そして、自分だけが空港に取り残された。, しかし、今、テレビのブラウン管に写っている映像は、デッキに吸い込まれていった人たちの数時間後の姿をあられもなく映し出していた。, それと同時に520人もの犠牲者の身代りとして、しっかり生きなければならないという使命感を肩にずっしりと今だに感じ続けている。, その後の、阪神大震災やニューヨーク911、明石歩道橋花火事件などにも遭遇してしまい、ボクの肩に背負った命は1万人に及んでしまった。また、1万人の人たち分の人生をまっとうしなければと想っている。, 人は生まれたと同時に、死へのゴールに向かって一直線で歩いている。肉体が動かなくなるまで、まっとうした死に方と、不慮の事故で命を落とす死に方。誰かの不注意によって殺されてしまった死に方。死という現象はひとつでも、それにいたるプロセスでそれは大きく違う。, 死んだ本人よりも、残された遺族の方が悲しく痛々しい。普段は忘れていることも、この日だけは特別だ。遺族も28年も経つと、亡くなる人たちと、新たに生まれた家族に変わる。, テレビ番組も、この日は特番を組み、風化しないように、年々事故を振り返る番組を送り続けてきた。, 今日の18:00以降の番組をチェックしても、御巣鷹の話題にふれているEPGはなかった。, 新たな情報がないまでも、飛行機の問題、交通事故は毎年多々ある。それらのほとんどが人為的な事故が多く、罪なき利用者の命のみがいつも奪われていく。御巣鷹はその一番の教訓なのだ。, 事故や震災における、個人の記憶は残っていても、メディアの記録は次々とさらなる大きな事件へと上書きしていくばかりである。一体いくつもの被害が、上書きされてきたことだろうか?, それでなくても、熱しやすく冷めやすい日本人。いろんな事件、事故の教訓のPDCAサイクルを途絶えさせてはいけない。それでないと、何度も同じことを繰り返してしまう。, しかし、今だに従軍慰安婦問題や靖国問題は何も解決していないのは時の政府の怠慢の連続としかいいようがない。日本国内で話題が沈静化しているだけであって、外国とは何も決着がついていないことが多すぎるからだ。曖昧になっているからこそ、当事者ではない人たちが永遠に揉めはじめている。, そして、毎日、汚染水が1日300トンも海に流出している。年間で小学校の25メートルプール304杯分に相当する。しかも、いつから流出しているかわからないという始末だ。, 海を汚されて影響を受ける国は、日本国内だけではない。海を汚されて、諸外国もだまっていない。もう2年半も経つ震災の影響とはいつまでもいえない。隠蔽体質だけの問題でなく、すべてにおいて危機管理がずさんすぎるのと、組織の力学でしか動けない体制が問題であることは明白だ。, そんな311の被害でさえも、それ以上の災害が起きれば簡単に塗り替えられてしまいそうだ。, あれから28年、JAL123便に嫌われたからこその命だけれど、あの教訓をもっと活かす方法はないものだろうか?, 1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。, この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。, シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo!個人ニュースの流れにもみえてきました。, 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。そう、Yahoo!個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。, そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。note.muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。, 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。, かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。, 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。, しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか?, KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。, 完全無料の『Googleフォト』無制限アップーロードは2021年5月31日まで、以降は容量制限あり, オンラインライブ時代の救世主『ノヴェラ40周年トークライブ』ツイキャスプレミアライブ配信, 60試合の超短期決戦…今年の異常なMLBで不発だった日本人野手 僕が張本さんに「喝」できなかった理由(上原浩治), 冬のアウトドアに欠かせないグローブを選び 後悔しないポイントを解説します。(加藤智二), 藤井聡太二冠(18)竜王ランキング戦5期連続優勝なるか? 2組1回戦では阿久津主税八段(38)と対戦(松本博文), PS5高額転売問題 SIEがメルカリに意見表明 転売価格下落続き“原価割れ”出品も(河村鳴紘), 主要テレビ局の複数年にわたる視聴率推移をさぐる(2020年11月公開版)(不破雷蔵), 3バック採用でも攻撃機能不全。なぜ同じ過ちは繰り返されてしまうのか?【パナマ戦出場選手採点&寸評】(中山淳), 鮮烈KO劇の3階級制覇王者クロフォードの進む道は パッキャオ戦の成立が難しい理由(杉浦大介), リニア期待で東京在住者も注目 名古屋のマンションがコロナ禍でも最高17倍抽選の人気に(櫻井幸雄), 「欧米の大学院で給料をもらっていない理系の学生は一人もいない」。日本で博士学生が減るのが当然な理由, ユニクロとジル・サンダーの「+J」発売 直後にメルカリに大量出品 店舗とサイト混乱も, 「君は女ではないと言われているようで...」トランスジェンダー女性教諭が女子トイレを使えない理由とは, <朝ドラ「エール」と史実>離別の真相…村野鉄男のモデル・野村俊夫の弟は、ガダルカナルで戦死していた, <朝ドラ「エール」と史実>人気1位の名曲「高原列車は行く」。古関裕而の弟の“恋愛話”との関係は?, ライフジャケットは、十分な性能、正しい着用方法、想定される使用方法であなたの命を守ります, 世界一 パニック買いをした国 コロナの時代の食品ロス(オーストラリア編)SDGs世界レポ(45), 久保建英の森保ジャパンとビジャレアルでの役割を徹底比較。「シャドー」と「ウィング」の2つの役割とは。, 「鬼滅バブルと金融バブルを比べてみた」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2020年11月16日. Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved.すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 墜落したJA8119(Harcmac60/Wikimedia Commons)(他の写真を見る), 520人が亡くなった「日航機123便」の墜落事故。その搭乗を間一髪で逃れた当事者たちは、事故が発生した昭和60年8月12日から現在までを、どのように生きてきたのか。, 速報小池百合子知事に3500万円「満額退職金」が支払われていた “身を切る改革”どこへ, 速報“バーキンママ”高嶋りえ子氏が刑事告訴された 告訴した同業ママが語る「誹謗中傷」被害, その一言で123便のチケットが反古になったのは、医師の脇山博之(56)だ。1年ぶりの帰省がかなわなくなった瞬間でもあった。, 脇山は当時、研修医2年目の26歳。母校・防衛医科大学校の付属病院で、おもに消化器外科を担当していた。, しばしば「研修医は修業」と言われるように、仕事は過酷を極めていた。睡眠は3、4時間程度で泊まり勤務も多い。そんな中やっと取れた夏休みだった。, 「8月12日は、実家のある福岡への直行便はとれず、まず123便で大阪へ飛び、さらに福岡行きに乗り換えるという面倒なルートでした。正直言って、あまり気が進まなかったですね」, 当日はいつもと同様に、朝5時過ぎに病院に到着し、患者の採血、回診に同行した。8時頃に朝食を食べたあとだったろうか、前記の緊急オペの連絡を受けた。, 研修医の場合、手術が終われば“放免”というわけにはいかない。というのも、患者の術後管理を何日にもわたって任されるからだ。, 「驚きました。ただ、当時は、亡くなるかもしれない目の前の患者さんのことで精一杯。動揺するいとまさえなかったのです」, 小池百合子知事に3500万円「満額退職金」が支払われていた “身を切る改革”どこへ, 「誰にも話せませんでした。死んだ家族と“再会”したなんて……」――被災地での「霊体験」を初告白。遺族たちはこうして絶望から救われた, 小林麻央の命を奪った? 「代替医療」の恐ろしさとは――【鍼・ホメオパシー・カイロプラクティックetc】, デイリー新潮とは? | 広告掲載について | お問い合わせ | 著作権・リンクについてご購入について | 免責事項 | プライバシーポリシー | 運営:株式会社新潮社, Copyright © SHINCHOSHA All Rights Reserved.

「日航機」御巣鷹山墜落 死神から間一髪逃れた「キャンセル・リスト」の後半生(1) 昭和60年8月12日、「日航機」が御巣鷹山に墜落して520人が犠牲となった。その一方で、搭乗を回避し、「死神」から間一髪逃れた人々がいる。 「死神から間一髪逃れたキャンセルリストの後半生」と言う記事です。 先日も話題になった日航機墜落事故でキャンセル待ちをしながらもギリギリ締め切られて搭乗できなかった人のインタビュー記事です。

「日航機」御巣鷹山墜落 死神から間一髪逃れた「キャンセル・リスト」の後半生(3) 520人が亡くなった「日航機123便」の墜落事故。その搭乗を間一髪で逃れた当事者たちは、事故が発生した昭和60年8月12日から現在までを、どのように生きてきたのか。