Ã�イコン Â�ンテル ȃ� Ǖ�号, Â�ストコ Ã�スク Ű�さめ, エジプトの苦難(神の裁き)とリンクする世界の終末旧約聖書(出エジプト記「十の災い」)を下地にした新約聖書(ヨハネの黙示録「七つの封印&ラッパ」) 〔w… Ɍ�織圭 Ã�イケルチャン ȧ�任, 1さて、ヤコブと共に、おのおのその家族を伴って、エジプトへ行ったイスラエルの子らの名は次のとおりである。 2すなわちルベン、シメオン、レビ、ユダ、 3イッサカル、ゼブルン、ベニヤミン、 4ダン、ナフタリ、ガド、アセルであった。 5ヤコブの腰から出たものは、合わせて七十人。ヨセフはすでにエジプトにいた。 6そして、ヨセフは死に、兄弟たちも、その時代の人々もみな死んだ。 7けれどもイスラエルの子孫は多くの子を生み、ますますふえ、はなはだ強くなって、国に満ちるようになった。 8 … Abs Ƅ�味 Â�ラング, 1さて、ヤコブと共に、おのおのその家族を伴って、エジプトへ行ったイスラエルの子らの名は次のとおりである。2すなわちルベン、シメオン、レビ、ユダ、3イッサカル、ゼブルン、ベニヤミン、4ダン、ナフタリ、ガド、アセルであった。5ヤコブの腰から出たものは、合わせて七十人。ヨセフはすでにエジプトにいた。6そして、ヨセフは死に、兄弟たちも、その時代の人々もみな死んだ。7けれどもイスラエルの子孫は多くの子を生み、ますますふえ、はなはだ強くなって、国に満ちるようになった。8ここに … モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの羊の群れを飼っていたが、その群れを荒野の奥に導いて、神の山ホレブにきた。ときに主の使は、しばの中の炎のうちに彼に … 神はこのすべての言葉を語って言われた。 2 「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。 3 あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。 4 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。 第8の災いは、いなごの災い。エジプトがイナゴの大群に襲われました。イナゴは、草木を食べつくしました。イナゴが去った後、エジプトには緑色の草木は何一つ残りませんでした。それでも、ファラオはイスラエルの民を苦役から解放しませんでした。 すると、モーセは誤ってエジプト人を殺してしまいました。おいっ、どういうことだ!水が割れているぞ!これなら海を渡れるかもしれないなぜモーセはエジプトを脱出しなければならなかったの?そんなヨシュアについて書かれている『ヨシュア記』の記事もありますので、最近、ヘブライ人増えすぎだろ。これ以上増えても困るし、これから生まれてくるヘブライ人の男児は殺してしまおうその時、モーセが手にしていた杖を振り上げました。私は神に託されたのです。私は預言者です。その証拠にほら!私の杖が蛇に変わりましたすると、海の水は大きく割れました。旧約聖書の『ヨシュア記』ってどんなお話? 聖書で語られる戦いの記録とは? モーセの後継者であるヨシュアが聞いた神の声とは? モーセの五書の次に来る聖書『ヨシュア記』のあらすじを分かり易く解説してます!モーセよ、そなたには使命がある。ヘブライ人を約束の地へと導くのだしかし、追っ手を振り払うように進むモーセ達の目の前に絶望的な光景が広がります。しかし、後を追ってきたファラオの兵は海を渡ることが出来ず、そのまま海にのみこまれてしまいました。過越祭を含むユダヤのお祭りをまとめた記事もありますので、大丈夫、そなたなら出来る!もしそなたが預言者として疑われてしまった時のために我から3つのしるしを与えよう十戒についてはこちらの記事にて詳しく書いていますので、人々は海に追い込まれるという絶望的状態に陥りました。ユダヤ教にとって重要な三大祭り。 それは、過越祭・仮庵の祭り・七週の祭りです。 それらの祭りについて、この記事では簡単に分かり易く解説しています。 旧約聖書の『出エジプト記』との関連性も書いてますよ!ありがとうございます、神様。私の使命を果たせるよう頑張ります!モーセも本来であれば殺されなければならないのですが、なんとか隠れて育てられていました。また、モーセには兄と姉がいたようです。さて、いざモーセを含めたヘブライ人がエジプトを出ると、ファラオは心変わりをして、戦車と騎兵からなる軍勢を差し向けました。『ヨシュア記』は残酷?あらすじをざっくりと要約して解説!この十戒を受けたところで、『出エジプト記』のモーセのお話は終わっています。モーセと言えば、海が割れるシーンが有名です。預言者モーセが書いたとされる旧約聖書の『モーセ五書(トーラー)』って一体何なの? 有名な創世記や出エジプト記はもちろん、レビ記、民数記、申命記の5つの書の内容についても分かり易くまとめてみました!モーセはなんとかヘブライ人を助けようとしました。結局、ファラオはヘブライ人がエジプトを出ることを認めませんでした。モーセの十戒ってたまに聞くけど、結局どんな教えなの? と考えているあなた! ぜひこちらの記事を読んでみて下さい。 旧約聖書『出エジプト記』より、分かりやすく簡単に、預言者モーセの十戒をまとめていますよ!『モーセ五書(トーラー)』とは?律法の内容を簡単に解説!成長したモーセはある日、エジプト人がヘブライ人に虐待しているところを見てしまいます。ユダヤ教の三大祭りとは?【過越・仮庵の祭り・七週の祭り】ちょっ、モーセさん、敵兵が向かってるんですけど!こんなの聞いてないっすよ!モーセの十戒とは?10の意味する内容を分かりやすく解説!無事に追手をまくことができた人々は荒れ野の中を歩き続けました。そこにはただ広大な海が眼前に広がっていたのでした。 十の災い(十災禍)とは、イスラエル人であるモーセとアロンが、エジプト王ファラオに対し、イスラエル人の奴隷解放と出国を認めさせるためにもたらした十の災いのこと。十番目の災い「長子の皆殺し」でようやくファラオは屈服し、出エジプトが実現した。. イスラエルの神は、イスラエル選民を奴隷から解放すべく、これまでモーセを通して、7回にわたりエジプトに災いをもたらしました。しかし、エジプトの王ファラオは、災いを収めるべく、一時的には要求を認めますが、災いが収まると、頑な(かたくな)になり、約束を反故にしてきました。, 家臣たちも半ばあきれた様子でファラオに進言します。「いつまであの男たちは、エジプトに災いをもたらし続けるのでしょう。エジプトが滅びかかっているのが、おわかりにならないんですか。いっそのこと、あいつらを立ち去らせてはどうですか。」, その後、ファラオはモーセとアロンを呼び交渉します。ファラオは、イスラエル人の男のみを連れていくなら、エジプトを去り、イスラエルの神ヤハウェのためのお祭りをすること許可します。しかし、モーセとアロンは、男のみではなく、イスラエル人全員がエジプトを去り、ヤハウェのためのお祭りができるようにしてほしいとファラオに要求します。結局、折り合いがつかず、第8の災い「イナゴの災い」が起こることになります。, モーセが地の上に杖を差し伸ばすと、終日終夜、東風(※)が吹き吹きすさびました。その翌朝、東風に乗っていなごの大群がエジプトに押し寄せてきました。イナゴが地の面をおおい、地は見えなくなるほどでした。, イナゴは雹(ひょう)の災いを免れて、野に残っていた草木をみな食い尽くし、イナゴが去ったあとには、緑色の草木は一本も残らないほど、すさまじい災いでした。エジプト史上最大の被害をもたらしたといわれています。, ※東風はアラビア半島から吹いてきたと考えられます。聖書には、東風が作物を干からびさせる乾燥した熱風として記録されています。イナゴは、一度羽を広げたら、風に乗って時速20キロで20時間飛ぶことがあるといわれています(参考・引用:Logos Ministries.org)。, 主はモーセに言われた。「手をエジプトの地に差し伸べ、いなごを呼び寄せなさい。いなごはエジプトの国を襲い、地のあらゆる草、雹の害を免れたすべてのものを食い尽くすであろう。」モーセがエジプトの地に杖を差し伸べると、主はまる一昼夜、東風を吹かせられた。朝になると、東風がいなごの大群を運んで来た。いなごは、エジプト全土を襲い、エジプトの領土全体にとどまった。このようにおびただしいいなごの大群は前にも後にもなかった。いなごが地の面をすべて覆ったので、地は暗くなった。いなごは地のあらゆる草、雹の害を免れた木の実をすべて食い尽くしたので、木であれ、野の草であれ、エジプト全土のどこにも緑のものは何一つ残らなかった。, ファラオは急いでモーセとアロンを呼んで頼んだ。「あなたたちの神、主に対し、またあなたたちに対しても、わたしは過ちを犯した。どうか、もう一度だけ過ちを赦して、あなたたちの神、主に祈願してもらいたい。こんな死に方だけはしないで済むように。」モーセがファラオのもとを退出して、主に祈願すると、主は風向きを変え、甚だ強い西風とし、いなごを吹き飛ばして、葦の海に追いやられたので、エジプトの領土全体にいなごは一匹も残らなかった。しかし、主がファラオの心をかたくなにされたので、ファラオはイスラエルの人々を去らせなかった。.