運不運を幼心にも知りました。 遠足まで貯めて物々交換をしたものです。 昭和21年頃の人々は。じつに素直な気持ちで歌っていたことでしょう。わが父親も口ずさんでいました。 いいか悪いかを別にして、日本のみんながバラバラになっていったのが、昭和の後半、平成であったような気がします。 なつかしいうたです。 お早う お早う♪ そして、夜になると、今と違ってテレビやインターネットなどによる分散・多様化要因もなく、楽しい憩いの一家団らんのひとときを過ごすことが、新たな明日への活力に繋がるであろうと、歌詞3番では、♪…楽しい家庭から 夜が来る来る…♪と、謳っているのではないでしょか。, 今思い返しますと、当時は、マイ・カー、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、パソコン、インターネットなど、現在享受している文明の利器は身近にはありませんでしたが、何物にも代え難い、家族の強い絆が醸成されたように思います。, 小さい頃、この歌が流れていました。どこからだったのでしょう。もう良く覚えていませんが、朝はどこからくるのか、考えたこともなく一日を過ごしていたと思います。でも、認知症のテレビではないですが、懐かしいです。, 母が病気で半年ほど入院することになり、妹と2人、田舎の親戚に、弟は別の親戚にそれぞれ預けられ、父が1人で家から勤めに行くというように家族別々に暮らすことになりました。, 私は当時、地方都市の街中に住んでいましたが、私の預けられた家は硫黄島で有名な栗林中将の実家の近くの村で農業をやっていました。 私はこの光の国、ねんねの里、おとぎの国が黄泉の国のような気がするのです。, そしてそこには、もう会えないお爺ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さんがいらっしゃるような・・・ ニートのいる家から昼は来ないんでしょうか。 皆が その意味を考え 公平に平等に過ごせる社会 惻隠の情 を常にもてる心 そう なりたいですよね. 昭和になってからもレコードかラジオで聞きました。 昭和20〜30年代は国民が将来に希望を持ち、世の中が希望に満ちて前に進んでいたのだと思います。, この歌を大切にされているかたはどうかお読みにならないでください。読んでしまわれたらどうかお忘れください。申し訳ないことですが、私はこの歌が好きになれません。いやなのは「光の国から来るかしら いえいえそうではありませぬ」のところです。この文の後半は人間にとって大切な詩心というものを否定しています。子供の頃からこの前半を聞いて心が潤い後半を聞いて心が暗くなりました。今日は心が暗い日なので書かせていただくなってしまいました。二木先生が蛇足でご理解をお示しくださっているように思え嬉しいです。, 私はこの歌好きですね。明るいリズム感が良いです。そしてなんといっても女性の明るい声が好きです。私は子供のころから可愛い妹か優しいお姉さんが欲しかったのですが・・・, 朝、起きるのは辛かった。学校に行くのも嫌で特に冬は寒くて布団の中でじっと丸くなっていると母が布団を引っ剥がして早く起きて学校へ行け、とたたき起こす。嫌だったなぁ・・・, yoko 様のご投稿はいつもありがたく拝読いたしてまして、たとえ当方への否定的なご反応でもうれしくありがたく感じます。私も曲はいいと思うのですが、歌詞の方は、光の国を否定する、子供が愛するおとぎの国を否定する、夢を見る心を否定する、そうやって人間の自由な精神活動を否定するだけ否定しておいて、では肝心の家庭について詩として素敵な1行があるかと言えば、概念的なお題目スローガンを挙げるばかりです。曲は素敵だと思います。この歌詞が否定する遠い光の国と交信するような心を大事にする家庭が素敵だと思います。, 私はこの歌のどこがスローガン的なのか分かりません。 有難う御座いました。, こんにちは。 仮面夫婦の家から朝が来ないんでしょうか。  「朝はどこから来るかしら」を受け入れ、流行らせた昭和21年頃の人々の純朴な心根を思います。. 臼と杵での餅つきや味噌玉造や干し柿作りも初めてでした。山に落ち葉を拾いに行ったり、田んぼの川で魚をとったりして元気に遊んでいました。当時(昭和28年頃)はまだ農薬があまり使われていなかったのでしょう、小川に入り両岸の草むらをザルでザクザクと漁るとフナやハヤ、時にはコイが入って来ます。ザリガニやドジョウも何匹も入って来ますが、それらには見向きもせずひたすらコイやフナを捕まえて、その家の池に逃がすのです。朝起きて池の水面にパクパクと口を開けて空気を吸っている様子を見るとなんとなく嬉しくなりました。(後年、その池浚いをした時には100匹以上のフナやコイが上がりました。), 私がこの田舎の生活で特に思い出すのは、秋の稲刈りが終わり、その田んぼの中に立つ4〜5段くらいの稲のハゼかけをバックに山の端に太陽が沈んでゆく光景を見ながらこれから先、きっと明るい良いことがあると自分の将来、あるいは世の中に大きな希望を感じていたなあということです。 小学校の3~4年頃と記憶しています。 今は、我が家で僕は、朝、 このような、育ち盛りの子供たちが多い世相のなか、希望の持てる将来を描くことが最も重要であるという認識のもと、歌詞1番の♪…希望の家庭から 朝が来る来る…♪と、元気づけたのであろうと、私なりに受け取っています。 煤けた寺の 縁の下くぐり. アスクルは最短当日または翌日以降にオフィス用品をお届けする通販サイトです。事務用品をはじめ、製造現場で必要な工具や、医療・介護用品まで、充実の品揃え。【法人は1000円(税込)以上配送料無料!※配送料・お届けは条件にて異なります】【カード決済可能】 毎度同じようなパターンにならないよう 信吾さんが編曲の手伝いをすることは ときどきあったとのことです。 観音橋 作詞作曲 中島みゆき、編曲 瀬尾一三 / 小林信吾 . (無粋な答です)

その親戚には幸い私と妹とそれぞれ同じ年の従兄弟がいました。また、農家での生活は私には目新しいことが多く、妹は少し家が恋しかったようですが、私は特にホームシックになることもありませんでした。彼らと桑の葉を摘んで来てお蚕さんにやったり、稲藁で縄を編んだり、稲刈りや、稲のハゼ掛けなど、半分遊びながら農業の手伝いらしきこともしました。 http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611, ほんの一年前までは、「御国」でなければ夜も日も明けなかった日本に、 ところで、 投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年2月 1日 (水) 21時56分 歌詞を無理やり要約すれば 希望の家庭から朝が来る 働く家庭から昼が来る 楽しい家庭から夜が来る ですね。 昭和21 明治生まれの母がよくうたってました。 「朝はど~こから来るかしら~。あの山超えて野を越えて~光の国から来るかしら~。いえいえ、そ~ではありません。そ~れは楽しい家庭から。朝~はくるくる朝はくる。おっは~よ~。おっは~よ~」, 首都圏の老人ホームをボランティアで訪問し入居者やディーサービスのお年寄りの方々と懐かしい歌や童謡を楽しんでいます。, 私は約1年前から草笛演奏で主に「故郷、赤とんぼ、紅葉」などやや郷愁を帯びた童謡などを演奏しています。, 或るホームで80歳代と思われるお年寄りから「明るく 元気になる歌・・」のリクエストがありましたので、私は「朝は どこから」を草笛で吹いてみました。, それまで歌わなかった方たちが 大きな声で「朝は どこから~ ♪、昼はどこから~♪ 夜はどこから~♪」と元気良く明るい声を出されたので ビックリしました。, 「歌の持つ力」を感じ感動しました。私はこの歌の選考過程や歌詞の狙いなどを考える能力もありませんし考えたこともありません。 その時の彼女の顔たしかに楽しそうです。 その村には有線放送があって毎朝その有線から「朝はどこから来るかしら〜 」 のうたが聞こえて来ました。それを聴くとなぜか明るく楽しい気持ちになったのを思い出します。 (聞きようによっては、じつに世間離れした問いかけです) まず歌い出しの歌詞は、煉獄目線ではなく、 煉獄を見ている炭治郎といった外野の目線 から歌われています。 歌詞の意味・解釈 1番. 幼い弟が私の帰りを待ちわびていたものです。 思いがけない収穫に胸弾ませることもありました。 My father sang this song mostly every morning when i was in Primary and Secondary school in Hawaii to wake us all up in the morning and to start each morning with a smile,and i didn't appreciate it so much then but actually miss it so much now that i am going to start singing this to my kids !! -- 名無しさん (2018-09-09 12:38:01), この歌詞いいですよね。 -- 塩キャラメル (2018-10-06 16:37:24), やっぱりこの曲、好きだ -- 名有り (2018-12-30 17:27:55), この曲、なんだか落ち着く(∂∀∂)/ -- れいにー (2018-12-31 00:25:34), タイムカード泣いた -- クロロベンジリデンマロノニトリル (2019-01-09 15:57:26), この曲今の自分の心そのものだな。 -- 病み中 (2019-04-14 22:47:29), いい曲まじで、落ち込んでる時に聞いたら余計泣けますやん(ノ_<) -- テトのファン (2019-05-03 11:47:19), CIVILIANマジでいいな -- 名無しさん (2019-12-18 09:13:14), この曲に何回救われたことか。来年で10年とか信じない() -- あみあみ星人 (2019-12-18 22:55:49), 本当は聞いてほしいのですか、か。そうなの、聞いてほしいだけなの -- スミカ (2020-03-06 08:50:12), 聞くと元気が出ます。辛い時何度も救われました。すごく共感できる。 -- しょこらもちうしゃぎ (2020-04-13 16:46:56), 銀河系でも、もっと流行らせたい!!! -- 通りすがりの宇宙人 (2020-07-07 11:29:14), 最高すぎる -- Y ARAFis! (2020-07-23 15:22:38), ただ愚痴を連ねた日記みたいな歌詞じゃね? -- セカイ (2020-10-06 22:52:38). 【LiSA(リサ)】の「炎(読み方:ほむら)」について、歌詞の意味を徹底的に考察および解説していきたいと思います。, ✔ 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌!✔ 歌詞は煉獄の生き様を象徴している?✔ 煉獄の名言が歌詞の中に…?, かなり物語の内容に沿ったものでした。煉獄ファン必見の歌詞です。是非最後までお読み下さい!, 今回紹介していく「炎」は、映画「『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌として書き下ろされた楽曲。, TVアニメに続き、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌を担当させていただきます。無限列車編は、原作の中で私自身最も好きなお話なので、一層思い入れの強い楽曲になりました。 悲しみを抱えながらも心に炎を灯して、物語の皆が、そして同じように悲しみを持った皆様が強く前に進んでいけますように。, 無限列車編の原作ファンならば、この楽曲に込められた想いだけで涙ものなのではないでしょうか。, 書き下ろし楽曲なだけあって、無限列車編の顔である『煉獄』に焦点が当てられた歌詞になっています。必然的に物語の要素も入り込んでいるので、ネタバレ部分にも触れていく事になります。ご了承ください。, これは『無限列車編』のキーマンとなる、炎柱『煉獄』が極めた炎の呼吸を連想させるものです。, 鬼殺隊を支える最上級隊士である煉獄は、それは本当に『炎』そのもののような人で、優しく情熱的で後進の育成に熱心だった、、、, ダイレクトに煉獄を彷彿させるタイトル名ですよね。ほむらと読むのもまた感慨深い。ちなみにこれから解釈してく歌詞も煉獄そのものを歌っているようでした。では一緒に見ていきましょう!, ※歌詞考察の序盤から物語の内容(結末)に触れていきますので、漫画の内容知らないよって方は注意してください。, さよなら ありがとう 声の限り 悲しみよりもっと大事なこと 去りゆく背中に伝えたくて ぬくもりと痛みに間に合うように, このまま続くと思っていた 僕らの明日を描いていた 呼び合っていた光がまだ 胸の奥に熱いのに, 僕たちは燃え盛る旅の途中で出会い 手を取りそして離した 未来のために 夢が一つ叶うたび 僕は君を想うだろう 強くなりたいと願い 泣いた 決意を餞に, 懐かしい思いに囚われたり 残酷な世界に泣き叫んで 大人になるほど増えて行く もう何一つだって失いたくない, 悲しみに飲まれ落ちてしまえば 痛みを感じなくなるけれど 君の言葉 君の願い 僕は守りぬくと誓ったんだ, 手を伸ばし抱き止めた激しい光の束 輝いて消えてった 未来のために 託された幸せと 約束を超えて行く 振り返らずに進むから 前だけ向いて叫ぶから 心に炎を灯して 遠い未来まで……, まず歌い出しの歌詞は、煉獄目線ではなく、煉獄を見ている炭治郎といった外野の目線から歌われています。, いきなり物語の核心的なところに触れちゃいますが、煉獄は炭治郎たちを救うために自らの命を燃やし強大な敵と死闘を繰り広げます。, だからその前に「悲しみ」よりも「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えようとしているのでしょう。, 命の灯火が完全に消えてしまう前に、、、煉獄の温かい炎の温もりが残っている間に(間に合うように)伝えないといけいないのです。, こちらは炭治郎目線とも煉獄目線とも取れますが、どちらかと言うと煉獄目線が強いのではないでしょうか。, 敢えて僕ではなく僕らとあるのは、鬼殺隊の一員としてようやく認めた炭治郎や禰豆子との光ある未来を煉獄が見据えていたことを意味するのでしょう。, 幼き頃から父に背を向けられ、苦しい思いをたくさんしてきた煉獄。しかし彼はもがき続け、前だけを見続け、眩いほどの光を放つ存在となった。しかしその光はついえてしまう。, 「胸の奥に熱いのに」というBメロのラストフレーズは、煉獄の無念をそのまま写しているのでしょう。, 原作を知っている方なら自ずとピンと来るかと思いますが、サビの内容は「炭治郎と煉獄の別れの情景」が描かれています。, これは炭治郎目線で煉獄という大きな存在がいたことを忘れないという意志表示なのでしょう。, この言葉は「炎(ほむら)」の正体が、煉獄との決別の歌であることを証明するとともに、煉獄の死を通して「強くなる」と強く願った炭治郎の決意が込められているのでしょう。, 考察しながら気付いたのですが、煌めかしい過去を持っているという点において二人は似ていますよね。, 懐かしい思いに囚われたい(過去のあの瞬間に戻りたい)という想いを抱えながらも残酷な世界の中で強く生き抜いているのです。, 目の前で悲しみに堕ちていった父親を見ながら、だけど母の言葉を胸に頑張ってるあたりとか。, 確かに煉獄さん目線でも受け取ることができますよね。私なんかが言うのもなんですが、物語との相関性の高い100点の主題歌だったなと思います!, 個人的には悲しみに飲まれ~のところは炭治郎や煉獄さん目線もそうですが、猗窩座目線でもとれると思います!, 私はこの【無限列車編】を通して凄く煉獄さんが大好きになりました!歌詞を聞いただけで、たんじろうや煉獄さんの思いが書かれていることは分かったのですがその他の事についてもこれでは書かれてくれていたのでますます感動しました 本当に私は煉獄さんが大大大大好きです❤️, 私は、煉獄さんが世界一大大大大大大好きですいつかれんごくさんと結婚したいぐらい思ってます私いつも寝るんですが何故か煉獄さんの夢を見るからうれしいです, 1番は炭治郎の煉獄さんへ向けての気持ちですよね。 2番は・・・アカザなんじゃないかな、なんて思ったり・・・, 脳MUSIC 脳LIFEの管理人。「楽曲考察」という側面から音楽の楽しみ方を共有したくサイトを設立。日課は最新の音楽ニュースを追いかけること。.

私が農家が多い田舎に越してきたとき、周りの人たちが早起きで、夜寝るのが早いのに驚きました。朝ご飯を食べている時に遊びに来られたり、夜8時頃に電話をすると、もう寝るからと言われたりで、驚きました。街中なら夕方からが人生みたいに映画や音楽会に行ったり、街ブラをしたり、10時過ぎに夜泣き蕎麦屋がきたりで、ずいぶん夜を楽しく過ごしていました。田舎で育った人に言ったら「貴女は不良だったのか」と言われました。ごく普通の生活だったのですが、育った環境によって考え方も違うものだと知りました。私は今でも夜になると頭が冴えてきます。夜型は働き者でないことは確かなようです。, 一点の曇りもない穢れのないこの歌は私も大好きでした。

(忙しいという字は、心を亡くすと書きます), 司馬遼太郎のエッセイに、長州藩の大村益次郎は、あいさつをされても返事をしなかったと書いてある。 ほのぼのとした歌だなあと子どもながらに思った。 「それは地球が自転しているから」 さよなら ありがとう 声の限り 悲しみよりもっと大事なこと 去りゆく背中に伝えたくて ぬくもりと痛みに間に合うように. 「知らない、知りたくもない。忙しいんだ」 そして私も幼いころラジオより流れていたこの詩を一緒に歌ってサポートをします。 人生にタイムカードがあるなら 終わりの時間は何時なんだろう 私が生きた分の給料は 誰が払うんですか サンキュー ありがとうって言いたいの サンキュー ありがとうって言いたいよ サンキュー 一度だけでも良いから 心の底から大泣きしながら ありがとうって言いたいの 何故隠してしまうの その時の彼女はどんな顔をするかな??, この歌は、亡くなった父が好きで、時々口にしていた。  秀才の世界とはそういうものかもしれない。 めっちゃ感動します! 観音橋の こちらの岸

 この素直すぎる歌詞をみると、昭和21年の人に73年後の令和の時代の家庭事情などは及びもつかなかったろうと想像し、歴史の歯車の速さを思います。今の日本で進行しているのは、少子高齢化だけではなくて、価値観の多様化、人々の生活実態の多様化も進行していると思います。 他人の通った後はわずかの収穫  緒方洪庵の「適塾」には秀才が集まったが、益次郎はとびぬけての秀才だった。 ...明るい希望から朝はくるくる、朝はくる♪ でした。  でも多様化ってやっかいな問題ですね。何も考えずにこんな歌を歌っていた時代が懐かしいです。, 私は移民政策について理論的にはその反対論に多く共感するものですが、心情的には別です。もう永らくコンビニなどはほとんど外国人の若者たちで占められています。そんな中で以前気になる女性がレジをされていました。私は買い物では彼女のレジが空くのを見計らって彼女のレジに行ったものです。そして二言三言声をかけました。そんな彼女と街の通りで偶然出会い、ほんの少しですが並んで歩き話もできました。嬉しかったですね。いまではもう彼女を見かけることはないのですが、どうされているのかなぁ、と思い出します。, youtubeでも中国人留学生の日本での生活ドキュメンタリーをよく見ました。どれにも感動しました。 (2018-03-15 17:24:37), プロジェクトミライで好きになりました! 2番も3番も思いだせずに、今日、此方でお世話になるわけですが、はじめに私の記憶はこんなにいい加減なものかと思いましたら、投稿者、高橋さんの歌詞と最後の一行を除いて一緒です。  私も終戦1年前に東京で生まれ育った者です。小学校では複々式授業だったとのこと。3部の授業だったのですか。東京では2部学級と言っていました。午後の部の授業の時はとても厭だったのをおもいだします。午前中ひと遊びしてお昼ご飯を食べてから行くのが億劫だった記憶があります。2年生になると2部授業はなくなりました。, 歌詞を無理やり要約すれば いえいえ、そうではありません♪ 12月28日、88歳。かくしゃくとしておらようにお見受けしてましたが…。ご冥福をお祈りいたします。  この「朝はどこから」は幼稚園の頃に習いましたね。先生の歌に合わせて覚えたのでしょうか。まだ文字は読めなかった筈ですから…。 働く家庭から昼が来る  大秀才益次郎に「朝はどこから来るかしら」と聞いたらどうだろう。 ですね。 と、節をつけて言っています。, 外国暮らしです。南アルゼンチン、チリの自然公園をハイキングしていている時に、口すざんていました。とにかく、騒音もなく自然しかないから、昔の日本の歌が脳裏に浮かぶだけです。 観音橋を 渡らず右へ. 倦怠期の夫婦の家から夜は来ないんでしょうか。 拾った栗は 栗ご飯にしたり 気むずかしい父がこの歌を愛していたことが、なんとなくうれしかった。, 「朝はどこから来るかしら」 グスベリの木に登って落ちた.

-- 黒剣 (2016-11-13 09:06:57), 自分を好きになれなせん。 -- いえ (2016-11-13 16:30:29), 曖昧という名の海に溺れて息もできないほど苦しいの。ヤバイ、何度再生しても歌詞入り込んできて顔ぐしょぐしょ。絶対聴いたら人生変わる!!私がそうだから。 -- cap (2016-11-20 21:43:31), この歌、辛い時に聴くとすごい泣ける。『何故隠してしまうのですか。本当は聞いて欲しいのですか。絶対に笑ったりしないから 話してみませんか。』が自分的にやばい。そんなこと言われたら目から水分出てくるわ -- なお (2016-11-27 15:42:53), 私に共感してくれて、勇気をくれた大切な曲です。とても共感できる曲だからもっと広まって欲しいなあ・・・。 -- Nanairo (2016-12-06 19:52:26), 生きてくだけで精一杯の私にの所が凄く共感しました。 -- Miyuu (2016-12-07 18:22:19), すごく共感できるなあ・・・分かってるから怒らないでよ とか 本当は聞いてほしいのですか とか泣けちゃうよ。。。 -- おれんじ (2016-12-11 21:29:10), この曲を全世界の人に聞いてほしい。絶対いじめなんか無くなるから。 -- 闇姫 (2016-12-31 06:22:13), 素敵な曲だと思います. 昭和21年秋、私の一家は、旧・満洲から、父の郷里である、北陸の一寒村に引揚げてきました。両親と、12歳の長男を頭に4歳の二女まで、5人の子供でした(私は8歳)。その頃、戦時中の”産めよ増やせよ”の国策のもと、どこの家も子だくさんでした。本家でも子供が5人、大阪で焼け出され戻っていた父の兄の一家でも子供が4人、また、近隣の家々の子供たちを含めると、多くの子供たちがいました。 私は橋のこちらの異人 . 黄泉の国に向かっても声かけているような気がします。, Yoko 様 ありがとうございます。Yoko 様がお示しのような黄泉の国にまで通じる深い精神性をこの歌詞が有しているなら、私がケチをつけたのはとんでもないことで、自分の感受性の無さを恥じ入るばかりです。ただ、もうこれ以上書くつもりがありませんが、Yoko 様の深い精神性をこの歌詞が見せているかについては私にはなお疑問があり、黄泉の国のおじいちゃんおばあちゃんやおとぎの国を思う年少の人の心とは離れた歌詞のような気がしてしまいそういう年少の人の心を(教育者の端くとtして)大事にしてあげたいです。, kazu様のコメント(9/13他)、yoko様のコメント(9/14他)を興味深く拝読しました。, 私は、前に投稿しましたとおり(’19-5-15コメントをご参照)、終戦後1年を経ずして作られた、このホームソング「朝はどこから」は、敗戦で打ちひしがれた多くの人々を、復興に向けて元気づける応援歌だったと受け止めております。, 作詞者が、復興の主役たるべき大人達に向かって呼びかけたかった思いは、♪希望の家庭から … 朝が来る ♪(歌詞1番)、♪働く家庭から … 昼が来る♪(歌詞2番)、♪楽しい家庭から … 夜が来る♪(歌詞3番)から、”元気に働いて、将来に希望を持てる、楽しい家庭を築こう”、ということではなかったろうかと、私は想像します。 そこから朝、昼、夜が来るんでしょうか? ♪お早う ♪お早う 「こんにちは」や「いいお天気ですね」や「どちらへおでかけ?」には、黙殺したといことです。

そして貴重な栗はお菓子と物々交換。 その利用者でチョッと痴呆になり足の不自由な女性がいます。その方の両手引いてサポートしながらご本人は『朝はどこから来るかしら~~・・・♪』と歌いながらソロソロと歩きます。 いずれ外国から移民がたくさん入ってきて、多様化は進むでしょう。いろんな朝、昼、夜がやってくるでしょう。柔軟に立ち向かっていくしかないと思います。

そして、”押しつけがましさ”を多少とも和らげるため、♪光の国から来るかしら…♪(歌詞1番)、♪ねんねの里から来るかしら…♪(歌詞2番)、♪おとぎの国から来るかしら…♪(歌詞3番)と、メルヘンチックな表現で、遊び心を盛り込んだのではないでしょうか。, 私の文が誤解されてしまったと思い、もう一度だけ、書かせていただきます。度重なる投稿を深くお詫びします。この歌詞は Yasushi 様がおっしゃるメルヘンチックな歌詞ではなく、メルヘンを軽蔑する歌詞です。「朝が光の国から来ると言うやつがいる。馬鹿なことを言うんじゃない」「朝がおとぎの国から来ると言うやつがいる。馬鹿なことを言うんじゃない」と。私はそれを問題にしております。「光の国とかおとぎの国とか、そんなくだらない目に見えないものは相手にするな。目に見えるものだけを大事にしよう」という形の歌詞です。Yoko 様の目に見えない黄泉の国を大切にされるお心と正反対です。金子みすゞさんの「昼のお星はめに見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ」と正反対です。私の曲解だと受け取られるかもしれませんが、光の国やおとぎの国を大事にする人なら「いえいえそうではありませぬ」という尊大な響きのある書き方はできないと思います。私は、金子みすゞさんの詩が真理だと思いますし、親も子もメルヘンを大切にするような家庭が明るい家庭に思えます。, コメントの投稿法や管理人への連絡法など、このブログを利用する際に必要な事柄が書かれています。, いろいろなテーマでほかの人と交流したい人のために、掲示板を開設しました。上のリンクをクリックしてください。使い方は, 歌詞は、国とかナントカ団体の「健全な家庭を築こう運動」のキャンペーンソングのようですが、その説教臭を闊達なメロディが和らげている感じです。, 関東のある市では市内各所に設置したスピーカーから「みなさん6時です。さあ今日も1日元気に仕事や勉強に励みましょう」というアナウンスを大音響で流しているという新聞記事を読んだ記憶があります。, 人とは違う価値観をもっている人、他とは異なるスタイルで生活している人、ハミダシ者やハグレ者を認めない社会は、いずれ全体主義へとつながります。, この歌にはそれほどの押しつけがましさはありませんが、こうしたタイプの歌を聴くたび、最大公約数的な物差しで人を測るようなことはするまいと自分にいいきかせてきました。しかし、それを貫くのはなかなか難しいことだと感じています。. 懐かしくて悲しくなります。, そして、「おはよう」、「こんにちは、「こんばんは」、は 個人主義のシンボルである「家庭」が基本であることを訴えたかったのでしょう。