永宗 秀規 (オムロン(株)グローバル総務部CREマネジメントグループ長) 大学院について; 経済学研究科; 法と経営学研究科; とび入学制度利用について; 産業経済研究所 Research Institute of Economy. 熊本県出身。1949年明治大学商学部卒、1971年「経営管理の体系的研究」で経営学博士。 1949年明大商学部助手、1953年経営学部専任講師、1956年助教授、1962年教授となり、1971年 - 1979年経営学部長を務める。 里 勇輝 (税理士法人山田&パートナーズ横浜事務所所長) 庄司 真人. 村木 信爾 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 特任教授) 本年は上記のテーマで開催します。, お問い合わせ:明治大学 リバティアカデミー事務局 鉄尾 佳司 ((株)学研ココファンホールディングス財務戦略室室長) 明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 専任教授.  CRE(企業不動産)戦略とは、企業の保有する不動産について、〈1〉全社的経営戦略、財務戦略、マーケティング戦略等との整合性を考え、〈2〉その戦略に適合するように売買、有効利用、ファイナンスなどの不動産取引を実行し、〈3〉実際に利用、保有する不動産の管理、利用の合理性、効率性を高め、かつ利用者にとって利便性、生産性を上がられるようなマネジメントを行なうことであり、最終的には企業価値を上げるための戦略です。  昨年度は10月に「事業用不動産開発(商業施設)」と本年2月に「不動産有効活用と税」を取り上げました。 瀬戸 友介 (あおぞら銀行医療福祉グループ) 河内俊樹.

松山大学経営学部 准教授. 松岡 利昌 ((株)松岡総合研究所代表取締役) PRリリース-「好きな書評家、読ませる書評。」 書評アーカイブWEBサイト・ALL REVIEWSがオープン。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鹿島茂&oldid=80387225, 『パリの王様たち ユゴー・デュマ・バルザック三大文豪大物くらべ』(文藝春秋、1995年、文春文庫 1998年), 『かの悪名高き 十九世紀パリ怪人伝』(筑摩書房、1997年、小学館文庫、2000年), 『パリ五段活用 時間の迷宮都市を歩く』(中央公論社、1998年、中公文庫、2003年), 『社長のためのマキアヴェリズム』(中央公論新社 2003年、中公文庫、2006年), 『パリでひとりぼっち』(講談社、2006年)- 長編小説、主人公は20世紀初頭の「日本人留学生」, 『パリの秘密』(中央公論新社、2006年、中公文庫 2010年)- 歴史エッセイ集, 『パリの異邦人』(中央公論新社、2008年、中公文庫(増補版)、2011年)- パリに滞在した作家たちの肖像, 『19世紀パリ 時間旅行 失われた街を求めて』(青幻舎、2017年4月)- 図版解説, 『失われたパリの復元 バルザックの時代の街を歩く』(新潮社、2017年4月)- 大著・図版解説, 『文学全集を立ちあげる』(丸谷才一・三浦雅士、文藝春秋 2006年、文春文庫 2010年), 『バルザックを読む (1)対談篇』、『(2)評論篇』(山田登世子共編、藤原書店、2002年), 『パリのパサージュ 過ぎ去った夢の痕跡』 (写真鹿島直、平凡社コロナ・ブックス、2008年), 『鹿島茂コレクション2 ルビエ×ラブルール アール・デコ -色彩と線描のイラストレーション-』(求龍堂、2012年), 『鹿島茂コレクション3 モダン・パリの装い』(求龍堂、2013年)- 以上3冊は、各小野寛子(美術館学芸員)編, 「ジャーナリズム性悪説」ちくま文庫、1997年/「ジャーナリストの生理学」講談社学術文庫、2014年, バルザック 『役人の生理学』(編訳、新評論、1987年/ちくま文庫、1997年/講談社学術文庫、2013年), 山田登世子・大矢タカヤスと責任編集 「人間喜劇セレクション 全15巻」、1999年 - 2002年. 1996年東京工業大学大学院博士課程修了(博士(工学))、1996年香川大学経済学部専任講師、1997年同 助教授、2002年8月~2003年7月 University of Cambridge 客員研究員。

國領 敏彦 (日産自動車(株)グローバル資産管理部部長), 有料老人ホーム、サービス付高齢者住宅、病院等に関する、投資環境、事業・財務分析、開発、運営、事業承継、金融機関の融資、J-REITを含む投資に関する講座です。  そのため、企業内部の不動産のご担当(CRE担当)のみならず、外部から企業にアドバイスをし、仲介、管理、税務、法務などのサービスを提供するプロフェッショナルにとっても、不動産の開発、税務、M&A、不動産投資、CRE戦略等、不動産に関する深い専門知識、経験とともに多面的な分野の理解が求められています。, 本コースは、企業組織内でCRE担当を目指す人々とともに、不動産デベロッパー、投資ファンド、不動産仲介、鑑定、税理士などコンサルタントを目指す人、金融機関で不動産投資、融資に関わる人等、ビジネスの第一線におられるエグゼクティブおよびこれからこのような経営、不動産のプロフェショナルをめざす人々等を対象とし、自らの専門分野を深め、かつ他の専門家と協働の元、リーダーとして一つのプロジェクトを仕上げていく力、又はそれを推進するコンサルティング力を短期集中的に学ぶ機会を提供するものです。 石川 和男.

山村 能郎 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 専任教授) 上坂 修 (日本ファシリティマネジメント協会ヘルスケア部会長), 1996年東京工業大学大学院博士課程修了(博士(工学))、1996年香川大学経済学部専任講師、1997年同 助教授、2002年8月~2003年7月 University of Cambridge 客員研究員。専門は、M&A分析、不動産金融工学、不動産ファイナンス論。, 1981年京都大学法学部卒業後、住友信託銀行(株)(現 三井住友信託銀行(株))入社。現在大和不動産鑑定株式会社勤務(本学と兼職)。1988年米国ワシントン大学でMBA取得。不動産鑑定士、不動産カウンセラー。国土審議会土地政策分科会不動産鑑定部会専門委員、元不動産鑑定士試験論文式試験試験委員、国土交通省ヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会委員等。, 本プログラムは、明治大学ビジネスクール(MBS)を中心としたビジネスカリキュラムベースとし、多くの企業と連携をして行う高度な学び提供するプログラムです。企業における幹部およびその候補者及びそれを目指す人を対象にし、経営人材の高度化に貢献することを目的としています。, MBSは日本国内でMBA(Master of Business Administration)を取得できる専門職大学院です。社会人が働きながら大学院に通学できるよう、平日の夜間と土曜日に授業を行なっています。プロフェッショナルな実務教育の実践を目指す専門職大学院として、個々のカリキュラム選択にはフレキシブルに対応が可能です。6領域の約170 科目に及ぶ科目の中から授業を選択でき、個人の指向・目的に応じ、ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても体系的に学べるカリキュラムを用意しています。 戸谷圭子.  なお、今回受講者の方には、下記①の講義内容にあるCRE戦略の7 つの視点について、自社あるいは顧客の課題と対応策につき事前にメモ作成していただきます。本講座シリーズ終了後、講義の内容を踏まえて、CRE戦略改善に関する企画書を作成し、原則提出していただきます。その企画書について、講師有志からコメントさせていただきます。また、受講者の方で希望者を対象とした無料の勉強会を企画する予定です。, 担当講師: いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。, 私の専門とする経営史では、企業史料や経営者に関する文献・史料および経済新聞・業界新聞、業界誌などを徹底的に分析することが欠かせません。, それとともに、経営者や現場の方々への聴き取り調査の結果を解析することも基礎として重要です。また、検討対象以外の企業経営者、現場の若手と話をしたりすることも、分析や検討の際の着想において、大きな意味をもっているように思われます。, こうしたことを行っていると、不思議なことに、近所の散歩コースを歩いているときや、スキーをしているとき、電車でつり革につかまっているとき、音楽を聴いているときなど、研究と全く関係のないところで、それまで意味がわからなかったことが不意に繋がることがあります。, デスクで集中する時間も大切ですが、ときにはふっと安らぐひとときをもってみましょう。凝り固まった頭が刺激され、柔軟な発想が引き出されるかもしれません。, また、昔は業界や会社の間で垣根がありましたが、いまの若い人たちはネットを通じて交流の垣根が低くなっているように感じます。自分の得意な部分を残しながら、楽しみつつ、広げていくことが大事ではないでしょうか。, 色々なことに関心をもって経験を積んだ人たちが交流する機会が増えることによって、新しいアイデアが生まれ、有機的に日本全体として強みが出てくることを期待します。, ※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。. 明治大学商学部 教授.

茨城キリスト教大学経営学部 准教授. 高千穂大学商学部 教授.  今回の受講者の方々には、事前に基本書を配布し、それぞれの講師から事前に提供された課題を検討いただき、それを講義の中でディスカッションする場も持つ予定です。, 担当講師: 平日 10:30-19:00, 【講座番号17110090】 CRE(企業不動産)戦略の基礎からグローバル企業による新しい展開まで、事例を用いて学習する, 【講座番号17110091】 有料老人ホーム、サービス付高齢者住宅、病院等の開発、運営、投資, 企業組織内でCRE担当を目指す人々とともに、不動産デベロッパー、投資ファンド、不動産仲介、鑑定、税理士などコンサルタントを目指す人、金融機関で不動産投資、融資に関わる人等、ビジネスの第一線におられるエグゼクティブおよびこれからこのような経営、不動産のプロフェショナルをめざす人々, 2017年5月29日(月) ~ 2017年6月2日(金)(5日間連続) 19:00~21:00, 2017年7月31日(月) ~8月4日(金)(5日間連続) 来歴.

似内 志朗 (日本郵政(株)不動産企画部部長) 明治大学 研究棟 626号室 電話・ファクス 03-3296-2085 Email koseki@meiji.ac.jp 明治大学 経営学部 公共経営学科 准教授 小関 隆志 (こせき・たかし) 1-1 Kanda-surugadai Chiyoda-ku, Tokyo 101-8301 Japan TEL/FAX +81-3-3296-2085 Email: koseki@meiji.ac.jp Koseki, Takashi Associate Professor 松田 淳 (KPMGヘルスケアジャパン(株)代表取締役) 村木 信爾 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 特任教授) 佐藤 俊朗 (ジョーンズ ラング ラサール(株)取締役)  修了しMBAを取得した後も、科目等履修制度、OBネットワーク活動、各種勉強会・公開講座等に参加でき、成長し続けるための生涯教育を支援しています。, 企業活動にとっての不動産(CRE)関連サービスは、財務、人事、情報システムなどと同様に、コアビジネスを支え、全社で共有する重要なサービス(シェアードサービス)のひとつであり、また不動産はプロの不動産投資家はもちろんのこと一般企業にとっても重要な投資資産です。 山村 能郎 (コーディネータ・明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 専任教授)  本講座ではまた、講師の先生方や受講者間のネットワーキングの場を提供します。受講者の皆様のビジネス、人生に幅を広げるきっかけにしていただければと思います。, 日本において不動産のプロフェッショナル講座向け講座は、単発のものはありますが、継続的に、しかも短期集中して特定のテーマを学べる機会はほとんどありません。少子高齢化、グローバル化、情報機器、人口知能の発達など、日本の経済、不動産を取り巻く環境が変わる中、不動産のプロとしての基礎を固めつつ、環境変化にキャッチアップし、先んじる人材の育成を目指します。 明治大学 経営学部 教授 佐々木 聡 いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。 ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。 TEL:03-3296-4423 FAX:03-3296-4542 経営学部か商学部のどちらかがある大学が普通だと思うのですが、明治大学には経営学部と商学部の両方があります。学部を分ける意味と、どういう基準でどちらの学部を選択したらよいのか、あまりよく分かりません。教えていただければ有難 鹿島茂『子供より古書が大事と思いたい』文春文庫、1999年。pp.109-112. 田口 尚史. 藤芳 誠一(ふじよし せいいち、1925年 5月26日 - 2012年 2月19日 )は、日本の経営学者。.  特に、ヘルスケアアセットの経営、投資に関わる方、不動産あるいは株式評価をする方、介護事業、医業に関わる方、ファイナンスやファシリティマネジメントに関わる方々が、当該ビジネスを鳥瞰し具体的な課題を考える機会として最適だと思われます。 鹿島 茂(かしま しげる、1949年11月30日 - )は、日本のフランス文学者、評論家、元明治大学国際日本学部教授。息子の鹿島直は写真家。, 神奈川県横浜市出身。神奈川県立湘南高等学校、東京大学文学部仏文学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位習得満期退学。大学院の指導教官は蓮實重彦だった。共立女子大学助教授・教授を経て、2008年より明治大学教授。2020年定年退職。, 19世紀フランスを専門とし、オノレ・ド・バルザック、エミール・ゾラ、ヴィクトル・ユーゴーらを題材にしたエッセイで知られるが、その他にも幅広い分野での評論活動を行っている。古書マニア(19世紀フランスの希覯書が主な対象)としても有名で、猫好きでもある。, 著作活動としては当初は、フランス文学の研究翻訳を行っていたが、1990年代に入り活発な執筆活動を開始。1991年に『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞受賞、1996年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、2000年『パリ風俗』で読売文学賞受賞。, 鹿島建設の御曹司であるとの噂が流れた事もあった[1]。近年は、セックス関係(セクソロジー)の著書が多い。, 政治に触れることはあっても党派的な主張はほとんどせず、対談の仕事が多い(対談相手は、福田和也、松原隆一郎、山田登世子、丸谷才一、三浦雅士、井上章一、坪内祐三など)。角川財団学芸賞選考委員でもある。, 古書収集に対する執着心が強く、家具メーカーに独自の解釈で天井つっぱり式の本棚を作らせた。ちなみに本棚は「カシマカスタム」の名で販売されている。, 大学の学部3年生から大学院生だった1970年から1978年には、年平均400本の映画を観たほどの映画マニアであり、一度大学院の試験に失敗した時は、日活への就職を真剣に考えたという。そのこだわりぶりを、後に著書『甦る昭和脇役名画館』で披露した。, 東京都内でイタリアン・レストランの「ラ・ボエム」やテクスメクス・レストランの「ゼストキャンティナ」、アジアン・レストランの「モンスーンカフェ」などを経営展開しているグローバルダイニングの社長の長谷川耕造は高校時代の友人で、長谷川が2000年に発表した著作『タフ&クール〜TOKYO midnightレストランをつくった男』にはインタビュアーとして登場している。, 2017年7月5日、書評アーカイブWEBサイト”ALL REVIEWS”を開設した。明治以来活字メディアに発表されたすべての書評を閲覧可能にする「書評アーカイブ」の構築を目指すという。開設時の参加書評家[2]は、丸谷才一をはじめ逢坂剛、大森望、鴻巣友季子、高遠弘美、高階秀爾、高山宏、谷川渥、張競、豊崎由美、中江有里、永江朗、中野翠、橋爪大三郎、藤森照信、堀江敏幸、松原隆一郎、御厨貴、水野和夫、森まゆみ、四方田犬彦、(以下、故人)池内紀、井上ひさし、木村尚三郎、澁澤龍彦、瀬戸川猛資、種村季弘、出口裕弘、山崎正和、吉本隆明、米原万里。. CRE(企業不動産)戦略の基礎からグローバル企業による新しい展開まで、事例を用いて学習します。  講師は、MBSの教員の他、実務界の第一線で活躍する先生方を予定しています。理論と大きな環境変化の中での実務を題材に、受講生の方々とのインタラクティブな議論の中で、新しい発見が生まれることが期待できます。, 1モジュール{単位}10時間程度でお伝えできることは限られているかもしれませんが、更に自ら知識、経験を深めていかれるきっかけになることを期待します。(より幅広い知識得て考えを深め、自ら論文を作成してみたいという方はMBAコースへのチャレンジをお薦めします。) 神奈川県 横浜市出身。 神奈川県立湘南高等学校、東京大学 文学部仏文学科卒業。 同大学院人文科学研究科博士課程単位習得満期退学。大学院の指導教官は蓮實重彦だった。 共立女子大学助教授・教授を経て、2008年より明治大学教授。2020年定年退職。