堀氏にも他氏と同様異流がいくつかある。後述の堀秀政の系統は藤原氏利仁流斎藤氏族、秀政の従兄弟堀直政は元は清和源氏の斯波氏族庶流奥田氏の血脈だが、秀政より堀氏を賜り、藤原姓に改める。他には、清和源氏頼光流(多田源氏)、桓武平氏良文流の千葉氏族、近江国の藤原氏秀郷流、近江国浅井郡堀村の菅原氏族、若狭武田氏族、宇多源氏佐々木氏族、藤原氏利仁流大神氏族などがある。, 戦国時代後期から安土桃山時代にかけて織田信長、豊臣秀吉に仕え活躍した堀秀政の一族が著名である。秀政の死後、関ヶ原の戦いにおいて堀秀治や堀直政らは東軍に味方し、徳川氏の下で堀氏は大名として数家が生き残ったが、秀政系、直政系の各宗家は断絶・改易の憂き目に遭い、明治維新を大名として迎えたのは傍流の一部(秀政系で1家、直政系で3家)にとどまった。秀政の孫に当たる嫡男忠俊は、改易の際、芳泉院と名乗り出家。加賀の蓮照寺住職となり、堀家を残し、その後前田家の庇護のもと越中富山の大田口に地所を拝領し、蓮照寺、芳泉院釋定秀として寺を守り、現在の豊田山蓮照寺へと繋がっている。, 堀直政の子孫は、嫡男の直清(直次)の系統は、直清の嫡男直昌は小浜藩の酒井家に仕え、次男の直浄(直倫)と六男直正(直信)は越後新発田藩の家老となり、七男直勝(直長)は飯田堀家に仕えた。直清の子は三男から五男が不詳であるが、そのうち直成(なおしげ)が飯田堀家に、舎人某は細川越中守(熊本藩)に仕えたという。直政の子孫で、村松藩、須坂藩、椎谷藩の藩主となった、直寄、直重、直之の系統は、明治時代に奥田氏に復姓していて、子孫はすでに堀氏ではない(椎谷藩の嫡流は奥田復姓を拒み、現在も堀氏で、椎谷藩の家督は村松からの養子が相続した)。, 堀秀重の嫡男・堀秀政は信長に仕え、近江国坂田郡に2万5,000石を与えられた。本能寺の変後は秀吉に従い、越前国北ノ庄に18万石を与えられた。, 秀政の長男・秀治は、慶長3年(1598年)4月に越前北ノ庄18万石から越後春日山30万石(一説には45万石)[1]へ加増移封され、その際に村上義明(9万石)、溝口秀勝(6万1000石)、堀親良(3万石)、堀直寄(1万石)を与力とした。与力・一門を加えると小早川と鍋島を超え、豊臣政権下で第九位の大大名となった[2]。, 秀治は24歳のため、豊臣秀吉は堀直政をして補佐せしめた[3]。また、越後に移封された際、前国主の上杉景勝の家老である直江兼続が前半歳の租税を徴したので、返還を求めたが、上杉氏はこれを拒否した[4][3]。秀治は入部すると春日山城の矢倉・堀の普請を行ない、慶長5年(1600年)には福嶋の地に居城移転を計画。, 慶長12年(1607年)、堀忠俊の代に越後福嶋城に移る。慶長15年(1610年)に内紛で改易(発端である村松藩の項を参照)。, 堀秀政の次男・堀親良は蔵王堂に4万石を領し、うち1万石を家老の近藤重勝に分与した。慶長7年(1602年)頃、宗家重臣の堀直政と不和になって対立し出奔、所領を失う。慶長16年(1611年)、下野国真岡に1万2,000石を賜り、江戸で秀忠に拝謁する。この間に堀氏宗家は改易処分を受けているが、隠遁していた親良(当時は秀成)は連座をすることはなかった。, 寛永4年(1627年)下野国烏山に移封され2万5,000石を領した(うち5,000石は次弟と三弟に分与、旗本二家を立てる)。嫡男・親昌は寛文12年(1672年)、信濃飯田2万石に転封となる。

えたひにん苗字一覧とは江戸時代に生まれた身分制度で一番低い地位にいた、えたひにんの人たちの苗字が現在でもその名残からえたひにんを先祖に持つことがわかることから作られた一覧です。信ぴょう性が低いと言われる『えたひにん苗字一覧』について解説します。, えたひにんとは、江戸時代に確立したとされる身分制度の階級の一つを指します。大きく分けると、公家・武士・商人・百姓・賤民などといった身分で構成され、このうちの賤民に該当するものでした。, この制度において賤民は、最下層に位置します。ひとまとめに扱われることが多くありますが、実際は穢多と非人の2種の身分のことを指しています。, 負債を多く抱えてしまった人、年貢を納められなくなった人、犯罪を犯した人などがこの身分に当てられました。彼らには様々な制限が課せられ、生活の中で居住区、職業、苗字といった社会的な差別を強いられることとなります。, 当時、この階級のために貧困に苛んだ町民や農民の不満のはけ口として、下層の階級が作られたとも言われています。, “卑しい”と扱われた身分の人がすぐに識別できるように、通常とは異なる苗字が彼らにあてがわれ、さらに『えたひにん苗字一覧』が存在したとされます。, 彼らは職業にも制限を強いられ、普通の人が嫌厭するような職に携わっていました。苗字は地名や地形、職業に所以する場合が多く、彼らの苗字も例にもれず、職業を由来とした苗字が多かったとされています。, 仏教では殺生を禁止することが説かれていたため、動物の死に関わることや、生き物の血そのものが“穢れ”として扱われていました。そのため動物から皮を剥ぎ加工するという職は、民衆からは“身分の低いものの職”と認識されます。, えたの多くは、皮加工に関する職を生業としました。動物の死骸からは病気が蔓延する恐れもあり、その処理も必要なためこの職が与えられたのでしょう。, そこから苗字に『皮・革』の漢字を入れられ、苗字を聞いただけで身分が分かるようにされていたようです。, 明治初期に、身分を廃止する『解放令』が出され、表向きには人々の平等が唱えられましたが、普及するには相当の時間を要しました。えたひにんだった人々への差別は、その後も無くならなかったのです。, 身分が分からないようにするため、彼らは苗字の読みはそのままに、漢字を『川』や『河』と変えて新たな生活を始めます。例えば『皮田』を『川田』と変えたものが挙げられますが、全ての人が該当するという訳ではありません。, 苗字の漢字は、役所に行って手続きを済ませれば変更することが可能です。世帯ごとに変更されるため、自分が結婚した後に苗字を変更した場合、親や祖父母と苗字が異なるようになります。, 現在では少ないでしょうが、年配の方の中にはこの身分をネックに感じる方もおられるようです。結婚や就職など、生活する上で自分に不利益になる可能性があるため、苗字を変えた人は少なくありませんでした。. 春日: 長野県、東京都、埼玉県。①長野県佐久市春日発祥。奈良時代に記録のある地名。②奈良県奈良市春日野町付近(旧:春日)から発祥。古墳時代に記録のある地名。③栃木県佐野市若松町(旧:春日岡)発祥。南北朝時代に記録のある地名。④青森県八戸市南郷大字島守春日発祥…

63.5 武蔵国足立郡大竹発祥の藤原氏ほか清和源氏 村上源氏など 346: 野中: 63.4 春日氏、藤原氏道兼流が著名ほか清和源氏 藤原南家など諸流 347: 堀江: 62.8 越前国坂北郡堀江荘発祥の藤原氏利仁流ほか阿波川端村発祥の源氏 徳島藩士は裔か? えたひにん苗字一覧とは江戸時代に生まれた身分制度で一番低い地位にいた、えたひにんの人たちの苗字が現在でもその名残からえたひにんを先祖に持つことがわかることから作られた一覧です。信ぴょう性が低いと言われる『えたひにん苗字一覧』について解説します。 電話帳に掲載されている情報によると、「春日」という名字(苗字)の人は全国に約22,000人程おり、全国で「879番目」に多い名字となっています。「春日」の読み方については、一般的に「かすが」とよみます。日本全国で見ると、「春日」さんは主に「東京」「長野」「埼玉」「神奈川」「新潟」の順に多く分布しているようです。, 人口数に関しては電話帳に登録された名字数を元に算出した大まかな人数です。あくまでも参考程度にお考えください。, 漢字が対応していない、エラーが出た等の不具合が出る場合は、お手数ですがお問い合わせよりご連絡ください。, 以下規約にご同意いただけない場合は当サイトをご利用いただくことはできませんのでご了承ください。, ※当サイトはリンクフリーですが、仕様変更によりURLが変更になる場合もございますので、リンクする際はTOPページをお願いします。, 占い結果は姓名判断である以上、良い場合も悪い場合もございます。中には鑑定結果に納得のいかない場合もあるとは思いますが、決してお名前を誹謗中傷するものでなく、姓名の画数の計算によって得られた結果です。, 本サイトを利用したことで発生した、いかなるトラブルや損害につきましては、本サイトは一切責任を負いません。, 当サイトでは、Googleを含む第三者配信事業者がCookieを使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。Google広告Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウトページでGoogle広告Cookieを使用しないよう設定できます。また、Network Advertising Initiativeのオプトアウトページでも第三者配信事業者のCookieの使用を無効にできます。, 当サイトに掲載する文章および画像を引用する場合は、必ずサイト名「いい名前ねっと」とURLの記載、または当該ページへのリンクをして頂きますようお願い申し上げます。引用の範囲を超える無断転載・無断コピーはご遠慮ください。. 「春日」という名字(苗字)の読み方や人口数・人口分布について. 秀治は入部すると春日山城の矢倉・堀の普請を行ない、慶長5年(1600年)には福嶋の地に居城移転を計画。 慶長12年(1607年)、堀忠俊の代に越後福嶋城に移る。慶長15年(1610年)に内紛で改易(発端である村松藩の項を参照)。 飯田藩 衝撃的な話 なぜ俺は、こんな高学歴の美女と結ばれたのか・・・ 27年経ってから、その驚愕の理由が判明した!, 朝鮮部落出身小林幸子は日本の人物。朝鮮部落出身小林幸子については 小林幸子や 中森明菜との関係が有名であり、 北島康介の分野で高い業績を上げている。 また、 佐藤浩一や 小池栄子に関する重要人物としても知られている。 現在インターネット上では朝鮮部落出身小林幸子についての, 被差別部落の出身者であるがゆえにもっている、「理屈で割り切った結論」と、「個々の部落住民の感情」、それから自由になってみつめなおすとき、「差別名字」と「差別戒名」の中に、別の世界がみえてきそうです・・・。, 糾弾学習会では、aが地元の被差別部落に特徴的な苗字を捨て、部落出身ではない妻の苗字に変えている理由が問題になり、「姓だけでも差別から逃れることができるならばと考えて、つれあいの姓にしました」というaの返答に対して「なんで差別から逃れ, 若い世代の被差別部落出身者ら8人の半生を紹介するイベントが、福岡県春日市のクローバープラザで開かれている。重苦しい|西日本新聞は, 鹿児島 楊貴妃 爆サイ – 【裏風俗】本番(基盤・円盤)が出来ると噂の鹿児島のデリヘル …. 電話帳に掲載されている情報によると、「春日」という名字(苗字)の人は全国に約22,000人程おり、全国で「879番目」に多い名字となっています。 「春日」の読み方については、一般的に「かすが」とよみます。 ©Copyright2020 Leisurego.All Rights Reserved.

「部落出身,苗字」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! 先祖が部落民確定の珍しい苗字一覧 [無断転載禁止]©2ch.net あと苗字由来netで由来が無かったり伝統的な苗字って書いてある苗字のほとんど ワイ武家出身、高みの見物 腐頭とかかわいそうやな @@@, @‘å˜aŽ®‰ºŒS¬–öéŽåAo‰H‚̐[–xéŽå‚È‚Ç‚Ù‚©“¡Œ´“ì‰Æ@“¡Œ´G‹½—¬‚Ȃǁ@@@@, @í—¤‘‹vŽœŒSŠâ£‹½”­Ë‚̐´˜aŒ¹Ž²’|Ž—¬–LŒã‚̍‹‘°‚͐´Œ´Ž@@@@@, @”ì‘O‘_èŒS”­Ë‚Ì“¡Œ´Ž‚Ù‚©‘ºãŒ¹Ž@“¡Œ´Ž‚Ȃǁ@@@@, @ŽOt”ËŽå‚͏o‰H‘H“c”­Ë‚̈À”{Ž@@@@@, @ŽO’J^lAŽ]Šò’©bA´˜aŒ¹ŽA‘ºãŒ¹ŽA“¡Œ´ŽA‰z’qŽ‚È‚Ç‚Ù‚©´˜aŒ¹Ž@‘å‘ Ž@•äÏŽ‚Ȃǁ@@@. 小野氏(おのうじ)は、「小野」を氏の名とする氏族。.

寛永21年(1644年)5月、直時の子・堀直吉の時代に領地替えと城主格への昇進が行なわれて、安田陣屋から村松城に移したことから、正式な村松藩が始まった。, 元和2年(1616年)7月、堀直政の四男(一説には三男)・堀直之は大坂の陣による軍功が認められて、越後国沼垂郡に5500石を与えられ、椎谷に陣屋を置いた。直之の跡を継いだ堀直景の時代、関東の地に1万石を与えられ、大名となった。元禄11年(1698年)、第4代当主・堀直宥が越後の沼垂・三島・蒲原三郡内において1万石を領し、椎谷に居住したのが正式な椎谷藩の始まりである。, 堀直政の五男(一説には四男)・堀直重は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に与して軍功を挙げたことにより、下総矢作に2000石と信濃須坂に6000石の所領を与えられた。慶長19年(1614年)からの大坂の陣でも徳川方として参戦し、功績を挙げて高井郡内に4000石加増された。この加増年に関しては、元和元年(1615年)説と元和2年(1616年)説[5][6]がある。当初は1万2000石で立藩したが、第2代堀直升は下総国矢作2000石のうち、1000石を次弟の堀直昭に、三弟と末弟にそれぞれ500石を分知したため、須坂藩は1万石となった。, 堀秀重の三男(秀政の弟)・堀利重も、元和8年(1622年)に常陸玉取に1万石(のち加増と分与で1万2千石)を与えられ大名に列した。嫡男・利長には子がなく、養孫・通周は延宝7年に錯乱して家臣を斬りつけ、玉取藩は改易。後に通周の弟・利雄を養子に迎えた上で、3千石の交代寄合として家名存続が許された。, 堀秀政の子孫のうち、堀秀治の長男堀忠俊の子は加賀藩士になった。堀秀治の三男季郷は日向の延岡藩内藤家に仕えた。秀政の次男親良はその子親昌の代から、信濃飯田藩主となった。石川県、宮崎県延岡市、長野県南部にいる堀氏は秀政の子孫の可能性がある(飯田堀家は嫡流は華族となって東京に住んだ)。, 福井県、新潟県、熊本県の堀氏は、直政の子孫の可能性がある。長野南部は、秀政、直政の両方の子孫がいると推測される。また、堀直寄の村上藩時代の家老で堀主膳という人物が、村上堀家が除封されたとき、縁者を頼って岸和田藩に仕えたという記録があるので、岸和田の堀氏は堀主膳の子孫かもしれない(堀主膳の血筋は不明で、直寄が賜姓した可能性あり)。, 秀政には弟が何人かいる。堀秀重の三男の利重の家系は大名としては改易されるが、その後も旗本として幕府に仕えた。利重の子に、利長と利直がいる。四男の安重は加賀藩の前田利常に仕えた。六男の三政は、新発田藩の溝口氏に仕える。八男の末成は前田家に仕えるがその後浪人、その息子季正は最初前田綱紀に仕え、のち近衛家に仕官変えし、徳川家宣の妻天英院(実家が近衛家)の用人となる。その縁で子孫は江戸で旗本になった。九男の親重は飯田堀家に仕えた。, また、戦国時代、近江国坂田郡鎌刃城主で浅井氏に仕え、のち織田信長に仕えた堀秀村という人物もいる。近江国なので、藤原氏秀郷流、菅原氏族、佐々木氏族の可能性もあるが、『寛政重修諸家譜』では堀秀政らと同じ藤原氏利仁流で掲載されている。隣国にいた美濃の利仁流の堀氏の分家が移住したのだろうか。, その他では、系統は不明だが、豊後国大友氏家臣から島津忠昌の正室になった大友政親の娘に付き従って島津氏家臣に転じ、長じて薩摩藩士となった堀氏や幕末の会津藩士の堀氏がいたようである。, 大まかにいうと、千葉氏族の堀氏は関東に多く、多田源氏、菅原氏族、若狭武田氏族、佐々木氏族、藤原氏秀郷流、利仁流大神氏族の堀氏は関西に多いと推測される。, 以上のようにみると、堀氏の子孫は、東京近郊、石川県金沢市、長野県飯田市、新潟県新発田市、滋賀県、福井県とその周辺が多いようである。もちろん東京、大阪など、人口流入の多いところが一番多いのであるし、明治以降士族は解体され生活のために土地を離れざるを得なかったこともあったろうし、戦後も人口移動が激しく、歴史の流れをつかむのは容易ではない。下記参考文献から見える傾向として、東北と中国四国、九州には堀氏は多くないようである。, 戦国時代、堀秀政は三つ盛亀甲に花菱、堀直政は亀甲に花菱を定紋とし、共に釘抜きを替紋としていた。村松堀家が定紋を釘抜きとし、飯田堀家が丸に梅鉢を定紋にしてからは、これらが堀氏の代表的家紋として挙げられることが多い。直清の系統は亀甲に花菱を定紋としている(新発田藩の世臣譜に直清の孫にあたる蔵人直隆が、村松から亀甲に花菱を定紋としたいと申し出があった際、許さぬ、と返答したという逸話が載っている)。丸のある家紋は装飾の多くなった江戸中期以降の分家の家紋と思われる。亀甲に花菱は一般に流行し通紋となったため、堀氏だけのものではなくなっている(「三つ盛亀甲に花菱」は戦国時代の近江の浅井氏の家紋としても知られている)。, 徳川(255万石)・上杉(120万石)・毛利(112万石)・前田(80万石余)・島津(61万石)・伊達(58万石)・宇喜多(57万石)・佐竹(54万石、岩城・芦名ら一族を含めると80万石)に次ぐ。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=堀氏&oldid=78196680, 利仁流、元斯波氏族奥田氏 - 亀甲に花菱、三つ盛亀甲に花菱、釘抜き(村松堀家、椎谷堀家)、亀甲に卍(須坂堀家)、丸に釘抜き、丸に互い釘抜き、五つ瓜に唐花、丸に剣片喰、.

奈良県の庶民苗字の特徴として、添上郡や吉野郡など山間地域に「家名(苗字)が居住地の字名と一致」がみられます。 『東山村史』には「どの家にも昔から屋敷名(或は屋敷の地名)があって、私的には自他共にこれを称して来た。 その後の歴代当主は水野忠邦の失脚による連座、天狗党に対して何の対処もとらずに関所を通過させた件などで、数度の減封があり1万5000石で明治に至る。, 堀直政(奥田直政)は、尾張中島郡奥田庄にて、奥田直純の子として生まれる。従弟の堀秀政の家老となり、堀姓を与えられた。上杉景勝に代わり秀政の子・秀治を越後へ移す際、甘粕景持に替って三条城の城主となる。, 直政の長男・直清は父から受け継いだ三条5万石の城主となり、堀家の執政職となる。ところが慶長15年(1610年)、僧侶殺害を弟・直寄(堀直政の次男)が徳川家康に訴えたため直清は改易され、越後福島藩主で秀治の嫡男・堀忠俊も磐城平藩・鳥居忠政へお預けとなった。しかし、直寄自身も1万石減封で信濃飯山藩4万石に転封された(越後福嶋騒動)。, その後、直寄は長岡8万石から村上10万石(実高17万石とも)に転封となり、さらに3万石を加増される。加増分は直寄の次男・直時が分与され安田藩を立てる。村上藩は、直寄の長男・直次が寛永15年(1638年)に父に先立って死去した。翌年には父・直寄も亡くなり直次の長男でわずか4歳の直定が跡を継ぐことになったが、寛永19年(1642年)に夭折し、村上藩堀家(直政系嫡流)は断絶した。, 堀直時は本家の村上藩が断絶・所領召し上げとなった後も、安田藩3万石の領有を認められた。本家の遺臣らにより村上の遺領相続を願い出たが、幕府からは認められなかった。