すでに社会科の教科書でも(中国や韓国についてだけではなく)"そこそこの"現地音尊重主義になっています。 とかってことも知らなかったんですよね。。 私も中国人からの電話でコールバックを依頼され、 他の方の回答で、正直、はじめて対韓国と対中国の違いが「公式」協定とかによるもの?と言う理解が行きました。 名前を聞いたものの、どのカタカナでメモするか迷いました。

日本語読みで「リョウ」さんと呼ばれていました。 次に会話の場合です。朝鮮人同士の会話では朝鮮語が使われ、日本を「イルボン」、東京を「トンキョン」、徳川を「トクチョン」と発音しても一向に構いません。自由にやってください。朝鮮の言語文化を大事にして下さい。同様に、日本人同士の会話は日本語を使います。韓国は「かんこく」、首爾は「しゅじ」、盧武鉉は「ろぶげん」と日本語読みします。日本人の自由にやらせて下さい。 [liao mei ling] 中国と言う国名は「ちゅうごく」と日本語会話の中で当たり前のように言ってますが(笑・・・ ただ、公的な書類(例えばパスポートの申請書)など、ハングルの他に漢字での姓名記入欄がある場合には、漢字表記が不可能な名前でない限りは漢字での姓名も記入します。 漢語林とかの漢語辞書(学校で使ってませんでした??)で引くと、 なお、中国系の人名の読み方の一般的なルールについては以前書いた「中国系の人名の日本語での読み方」という文章を参考にされたい。 誤って呉音で読まないようにしたい例.        超  男 (苗字)俊

中国も日本も漢字使うけど、読み方は互いに違うからそれぞれの読み方を尊重しよう!ってやつらしいです。 すでに他の方もおっしゃっていますが、これを"相互主義"と言います。

それとも日本で便宜的に漢字表記にしているだけなのでしょうか?

人の名前なんだから。 だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。

やはり本人、その国での発音こそ、世界共通認識でないでしょうかねー。 ここでは中国語の数字の数え方と読み方・表現を学んでいきましょう。中国での指による数字の表現(画像付き)や、中国の縁起のいい数字・悪い数字などもご紹介します。数字と単位の言い方は数、日付、時間、お金の計算など生活に不可欠です。

誰にも迷. なにか近い隣国だけに目立つ

シーザーか、カエサルかのように・・・ また、中国人名もマオツェートン(毛沢東)であって"モウタクトウ"ではありません。ルーシュン(魯迅)もまたロジンとは書かれていませんね。 今回の廖という字1つ取っても、「リャオ」と書きましたが、 芸能人が海外へ行って「私の名前は○○語でこう発音します。」とか言ってるのを聞くと「あんたの名前はどこへ行っても○○だろうが!」って思ってしまいます。 日中、日韓の2国間の取り決めです。 >NHKニュースで・・・ 同様に、テレビのアナウンサーならば、視聴者の大多数は日本人なのだから、盧武鉉を「ろ・ぶげん」、仁川を「じんせん」、裴勇俊を「はい・ゆうしゅん」と読めば良いはずです。それをなぜ「ノ・ムヒョン」、「インチョン」、「ペ・ヨンジュン」と朝鮮語読みするのでしょうか。NHKテレビは、字幕で「ノムヒョン(盧武鉉)」と書きます。NHKは...続きを読む, 韓国はハングル語でそれしか見たことはありませんが、

いいえ、1984年に、当事の全斗煥(チョン・ドファン)大統領が来日したときに、韓国政府から朝鮮語で読んで欲しいと要請があったからねえ。 同じ音でも人によってカタカナ表記が変わるかもしれません。 国名は、幕末ドラマでよく出てくる「エゲレス」とか「メリケン」とか耳から入った言葉がその文化輸入ご当地読みにつながっていったのか??と思う節や・・・ このことは中国についても例外ではありません。すでに地図帳では、中国の都市名はすべてカタカナ表記です。漢字表記は括弧内にルビのように小文字になっています。カタカナ表記というのは、もちろんチントーチェン(景徳鎮)であってケイトクチンではありません。

というか、日本語読みで自己紹介されて、

ghyytucvuk さんの 参考URL:http://www.frelax.com/sc/service/pinyin/, 目処と目途の使い分けについて教えてください。 不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 ホントは違うはずですよね。。 「NHK日本語読み訴訟」の件ですが・・。在日朝鮮人の崔昌華牧師がNHKへ要求した内容は、わがままであり、横暴です。在日朝鮮人は外国人であり、外国籍のまま日本で生活できるのだから、日本の慣習や文化に融け込んで、さらに一般の日本人より控えめの態度であっても良いはずなのに、控えめどころか「特別永住者」という特権的地位にあぐらをかき、あろうことか、日本の放送局であるNHKに自分の名前の朝鮮語読みを要求したのだから。 そういえばある昔のニュースでは、韓国・朝鮮要人の名を日本読み・現地読みどちらが先だったか忘れましたが併用読みしていた記憶があります。それに北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国と必ず付加してアナウンスしてたのも覚えています。 今思うと、早く回答いただいた方々には何となく、ただ日中関連の話題となるとすぐなにか特別な感情で反応してしまう?ような、どこか情報に信憑性が薄くなる印象ですが・・・ なんとなくの発音が耳に残っていて、 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 自分だって外国の変な読み方で呼ばれたら違和感だと思うのですが。

地域によって発音が変わってくるかもしれないのですが、 北朝鮮との関係もそれに倣っている。 何故漢字での表記があるのでしょうか? 「廖玫伶」, リャオ メイ リン        竜     ちょうど古代の意味あり、”之”があるから  

  男(王)之誦  毛沢東のことかとピンと来て・・・日本じゃ通常読み名が違うんで、今の今まで世界で通用する読みを知らんかった(汗・・と言い訳しましたが(笑 無理やりカタカナ表記して、そのまま読むと、通じなかったりします。 英語で書かれた、中国の赤ちゃんの命名のためのサイトは見付かりますが、こちらは漢字で書かれていないので、対応の漢字を探すのがとても大変です。 メモを見ながら発音してみると、ようやくわかってもらえました。

カタカナ表記だと上のようになるんじゃないかと思います。 私は右翼ではありません。保守派です。 子音もイメージで発音できる? [1], 4.     中国人はこのことを良く知っていますから、例えば毛沢東、江沢民、胡錦濤の名前を、朝鮮人が何と読もうと日本人が何と読もうと一向に気にしません。従来からそうでしたし、今もそのはずです。何しろ中国自身、あの広大な地域に多くの民族と多くの言語があり、従って、同じ漢字でも多様な読み方があるのですから。この点に関しては、中国人は鷹揚としています。 そう言えば、中国事務所の中国人全員日本語読みでしたので、