Copyright© GMP Platform. (1)特許を受けるための要件(審査基準からの考察)

【経済産業省特許庁(特許審査官)に入庁後、特許庁審判部(審判官)を経て現職】, 再生医療・遺伝子治療・核酸医薬は、既存の医薬品では治療が困難な疾病や、治療法が確立されていない疾患に対する新たな治療法として、関心の高い技術であり、近年、積極的に研究開発が進められています。

医薬品工場建設のノウハウ -プロジェクトの成功に向けて- 【第4章-4】① 中分子 執筆:町田 進 近年、開発が進む中分子医薬品について、これまでの設備構築のノウハウから、製造設備の検討項目を示し、設備構築におけるポイントを概説する。 2020年11月20日 創薬モダリティ基盤研究会 講演会「核酸医薬製造の進展」 2020年11月19日 ポストコロナ戦略シリーズ7 「ストレス緩和と癒しのソリューション」 2020年11月16日 "未来へのバイオ技術"勉強会「ssPalmが拓くRNA創剤基盤」

(2)広くて強い特許の取得方法(特許審査官の経験から) 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。 3)固形製剤の搬出入トラフィック改善のための基本計画 lc-ms/msとデータベース検索による核酸医薬品分析のポイント (2020年9月3日 10:00〜12:00) 核酸医薬品の実体である高度に修飾された化学合成核酸や核酸ワクチンなどで注目される修飾rna分子の品質管理や代謝物解析には、dnaシークエンサーを中心とした従来技術を適用するのは難しい。 (1)核酸の構造改変・修飾技術 6)原薬のMESシステム計画立案 2020-11-24, 開催日:

・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。 医薬品・医療機器包装における日欧米法規制の最新動向と滅菌・試験法【Live配信・WEBセミナー】, (1日で学べる)医薬品包装・医療機器包装に関わる日欧米三極法規制の最新動向と実務対応上のポイント<Zoomによるオンラインセミナー>, 医療機器関連企業のための医薬品医療機器等法の基礎と改正のポイント<Zoomによるオンラインセミナー>, <核酸医薬品開発入門編>核酸医薬の基礎、研究開発動向からDDS技術の応用まで【Zoom開催】. Copyright(C) ものづくりドットコム / ㈱産業革新研究所, All Rights Reserved.

今回は、核酸医薬とDDSをテーマにセミナーを開催し、JBA会員限定でZoom配信する。 開催日時: 2020年10月2日(金)15:00~16:30:

”どのような特許を取得し”、”どのように活用するか” については、研究活動における重要な課題

(3)特許審査への対応(拒絶理由への対応、面接審査ガイドラインの改訂など), 5.再生医療・遺伝子治療に関する登録特許の最新事例 2)高活性合成原薬基本計画策定

JBA創薬モダリティ研究会では、「核酸医薬」「遺伝子細胞治療」 「次世代抗体」「新治療技術」に関する専門家活動smeWG(Subject Matter Expert Working Group)を組織し、国内の必要な技術エコシステム構築、 共通プラットフォーム構築を目指し、その課題解決のための検討を進めている。 今回は、核酸医薬とDDSをテーマにセミナーを開催し、JBA会員限定でZoom配信する。, , 〒104-0032東京都中央区八丁堀2-26-9 グランデビル8階 [ map ] ・お申込み受理のご連絡メールに、接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。 (スフェロイド技術、オルガノイド技術、細胞外マトリックス包埋技術など) 再生医療、遺伝子治療、核酸医薬の特許戦略=広くて強い特許取得するには=【Live配信】, がんゲノム医療に係る法規制概要と、遺伝子パネル検査の基礎、及び開発のポイント<Zoomによるオンラインセミナー>, <医療機器の製品化・事業化は、QMSの理解なしでは成功しない!>医療機器の製品化・事業化と、QMS構築〜QMSの基礎、効果的なQMS体制構築、適合性調査への対応、ISO13485:2016との関連等〜<Zoomによるオンラインセミナー>, <核酸医薬品開発入門編>核酸医薬の基礎、研究開発動向からDDS技術の応用まで【Zoom開催】, 米国医薬品特許権の基礎~最新の実務事例を踏まえて~【Zoomによるオンラインセミナー】.

※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。 1)バイオ原薬の基本設計から施工/バリデーション確認 Copyright © イーコンプライアンス All Rights Reserved.

※他の割引は併用できません。 本展は、国際医薬品開発展のバイオ部門として開催されているバイオ医薬品の専門展です。近年では国内市場のニーズに応える形でペプチド、核酸医薬品から細胞医薬品等まで国内外からキーパーソンをお招きしてコンファレンス、セミナー、展示会を開催します。 【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)】  本講演では、ChromSword Autoを用いた、核酸のAI支援によるLCの自動分析法開発の効率化の例を紹介する。, 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。, 日本特有事項への対応をふまえた海外導入品のCMC開発/治験薬対応とCMC申請資料 (製造販売承認申請書、CTD、MF等) 作成, 医薬品におけるTPPも明確でない/不確実性が高い段階の開発初期段階での事業性評価・NPVノウハウ, リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -, 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請, 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -, EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用, GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装, 液体クロマトグラフィー – タンデム質量分析 (LC-MS/MS) をもちいた修飾核酸解析, 本講座は、Zoomを利用したライブ配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。, 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。, 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。, Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。, 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込), 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込), 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込). All rights reserved.

2020-12-10. ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。, ※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

2020-12-22, 開催日: Copyright(C) ものづくりドットコム / ㈱産業革新研究所, All Rights Reserved.

上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に 1名申込みの場合:受講料35,200円 定価:本体32,000円+税3,200円

~FDA査察マニュアルにおける査察観点を踏まえ~. > このような再生医療・遺伝子治療・核酸医薬について研究開発を推進するためには、特許出願や登録情報などの分析が必要不可欠です。とくに、研究開発のそれぞれの段階に対応して、どのような特許を取得し、どのように活用するかについては、研究活動における重要な課題です。また、特許を有効に活用するためには、広くて強い特許を取得することが必要不可欠です。このような対応により、研究成果を事業に最大限に活かすことができます。 本講演では、このような視点から、特許庁審査官・審判官の経験に基づいて、再生医療・遺伝子治療・核酸医薬に関する最新の特許動向を分析し、今後の課題と対応策について解説します。, ◆講習会のねらい◆ 技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー, 核酸医薬品の実体である高度に修飾された化学合成核酸や核酸ワクチンなどで注目される修飾RNA分子の品質管理や代謝物解析には、DNAシークエンサーを中心とした従来技術を適用するのは難しい。

※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。 今回は、核酸医薬とDDSをテーマにセミナーを開催し、JBA会員限定でZoom配信する。 開催日時: 2020年10月2日(金)15:00~16:30: ※その他の割引の併用はできません。, ※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】 定価:本体45,000円+税4,500円

■ 研究開発のそれぞれの段階に対応して、

2020-11-25, 開催日:

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、 4)高活性固形製剤の基本計画立案 味の素バイオファーマサービス (株)ジーンデザイン 事業開発部 課長 岡松 亨 氏 《専門》 有機合成化学、プロセス化学、核酸医薬品CMC、ペプチド医薬品CMC 《業界での活動》 2004年3月 九州大学 理学部 化学科 卒業 2007年3月 九州大学 理学府 修了 2007年4月 味の素株式会社 医薬研究所 創薬化学研究室 2010年4月 味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所 素材工業化研究室 AJIPHASEユニット(2014年よりユニットリーダー) 201… 詳細情報, 国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子医薬部第2室(核酸医薬室)室長  井上 貴雄 氏アキュルナ(株)事業開発部長、(合)ファーマBDL、科学顧問(CSO) 原 光信 氏ティア・リサーチ・コンサルティング(合) 代表執行社員 内海 潤 氏, 1名につき60,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)〔1社2名以上同時申込の場合1名につき55,000円〕, 【10:00〜12:00】  【第1部】 核酸医薬品の開発動向と規制整備に向けた取り組み  国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子医薬部第2室(核酸医薬室) 室長 井上貴雄 氏, アンチセンス、siRNAに代表される核酸医薬品は、これまで治療法のなかった難治性疾患/遺伝性疾患に対する新しいモダリティとして注目を集めている。 現在、製薬業界では創薬ターゲットの枯渇が問題となっているが、核酸医薬は新たな創薬対象である「RNA」をターゲットにできる点が大きな特色である。核酸医薬の標的となるRNAはpre-mRNA、mRNAに留まらず、近年、機能解明が進んでいる非コードRNAも対象であり、RNA研究の進展と共に今後、創薬ターゲットが拡大していくと考えられる。核酸医薬品のように先進技術を応用した医薬品は、その新規性に応じた新しい品質管理・安全性評価の考え方を整理・共有する必要があり、国内においても複数のグループで議論が進められている。 本講演では、核酸医薬品の基礎知識ならびに開発動向をお示しした上で、国内外における規制整備の現状を概説し、核酸医薬品の品質管理・安全性評価の考え方を紹介したい。, 1.核酸医薬品の定義・分類・特徴2.核酸医薬開発の現状3.核酸医薬品の規制整備に関する動き4.核酸医薬品の品質・安全性評価の考え方5.核酸医薬品に関する情報収集, 【12:45〜14:45】【第2部】 核酸医薬のバイオベンチャー;各社パイプラインと事業予測  アキュルナ(株)事業開発部長、(合)ファーマBDL、科学顧問(CSO) 原光信 氏, 核酸医薬を開発する海外を中心としたバイオベンチャーの各社パイプラインおよびその事業予測について紹介する。 ここで言う「核酸医薬」とは、遺伝子発現を介さずに直接作用する「アンチセンスRNA、siRNA、miRNA、アプタマー」などを指し遺伝子発現を介して作用する「遺伝子治療用製品」は除く。欧米ではアンチセンス医薬5品目、siRNA医薬1品目、アプタマー医薬1品が上市されている。本セミナーではこの他に、mRNAそのものを医薬品として開発しようとしている欧米のバイオテックや、RNAを標的とした低分子薬剤を開発するバイオテックについても、その最新動向を紹介したい。, 1.核酸医薬の分類と、これまでに上市された核酸医薬品2.核酸医薬のバイオテック各社のパイプラインと市場予測: ①siRNA: Alnylam, Dicerna Pharmaceuticals, Phio Pharmatheuticals ②アンチセンスRNA: IONIS, WaVe Life Sciences, Stoke Therapeutics ③miRNA: miRagen, Mirna therapeutics ④アプタマー:Ophthotech, NOXXON  ⑤mRNA医薬: moderna、CureVac, BionTech, TranslateBio, Arcturus ⑥CRISPR/Cas9: EditasMedicine, Intellia Therapeutics, CRISPR Therapeutics ⑦RNAを標的とした低分子薬剤:Skyhawk, Arrakis Therapeutics, expansion therapeutics, 【15:00〜17:00】【第3部】 核酸医薬品の薬事戦略と知財戦略の連結的対応  ティア・リサーチ・コンサルティング(合) 代表執行社員 内海 潤 氏, 核酸化合物が新規モダリティの医薬品として注目を浴びている。新規モダリティの医薬品では、薬事審査の際の着眼点への対応や剤型を含めた特許戦略などが、事業化のための新たな戦略として重要になってくる。 本講座では、新薬開発における薬事戦略と知財戦略を連結させた効率的な開発戦略の考え方を示し、核酸医薬品への適応の仕方を考える。また具体的事例として、2019年6月に薬事承認された日本初のRNA干渉薬パチシランナトリウムを取り上げ、公開情報から可能な範囲で薬事戦略と知財戦略を探る。, 【講座内容】1.医薬品開発の薬事戦略の考え方2.医薬品開発の知財戦略の考え方3.新薬の研究開発における薬事戦略と知財戦略の連結的対応4.新薬の研究開発における薬事と知財の連結的対応の解析手法5.特許権と薬事規制の連結による新薬の事業的独占権の確保6.核酸医薬品の開発における薬事戦略と知財戦略の連結性7.日本初のRNA干渉薬パラシランナトリウムの事例, 開催日: ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。 //-->

(スキャフォールド、細胞シート、マイクロキャリア、ナノ繊維など) 会長 横田 隆徳(東京医科歯科大学 脳神経病態学分野 主任教授)

■ 特許庁審査官・審判官の経験に基づいて、 (4)ゲノム編集技術の改良・応用 aform.phrases = {"Input error:": "入力エラー:"}; (3)3次元培養技術 GMP Platformは医薬品・医療機器・再生医療等製品・化粧品製造に関わる皆様を対象としたポータルサイトです。GMPに係る様々な情報やノウハウを共有し、課題に対しては「知」を結集して解決します。

(1)特許請求の範囲のポイント(登録事例に関する分析) 第1部. ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。) オンライン開催.

「【全面改訂版】医薬品LCM延長戦略事例・判例のウラ側と見落としがちな権利化の穴」.

2020年11月30日(月)〜12月1日(火) 開催形式. (コンジュゲート、アンチセンス、siRNA、miRNA、アプタマー、ヘテロ核酸など) 調整させて頂きます。, ・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)