父親の職業柄、転勤が多くて、 桜もそろそろ開花ですね ダウンタウン松本人志がさらば青春の光を『キングオブコント』出場させトラブル? 真矢 ミキ(まや みき、1964年1月31日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。旧芸名・真矢 みき(読み同じ)。本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。所属事務所はオスカープロモーション。, 4歳まで広島市で育ち、父親の転勤により各地を転々、中学校卒業まで8回転居した[4]。中学校の三年間が大阪府豊中市育ち。「日舞を習いたい」と中学時代から宝塚コドモアテネに通う。, 大地真央への憧れから豊中市立第二中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学。1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は21番。同期には女優の北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死亡)、黒木瞳(1982年 - 1985年まで月組トップ娘役)、涼風真世(1991年 - 1993年まで月組トップスター)、毬藻えり(1989年 - 1992年まで星組トップ娘役)、演劇プロデューサー、活弁士、日本舞踊講師の幸風イレネ、梨花ますみがいる。, 初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩み、特に1992年から1995年にかけては2番手ながらトップである安寿ミラとほぼ同等な扱いを受け、芝居・ショーともに活躍。安寿との男役同士のコンビは当時呼び物となった。1995年、安寿の退団により『エデンの東』で花組トップスターに就任。相手役には純名里沙。純名の退団後は千ほさち(現・森ほさち)を相手役に迎えた。, 長髪のヘアスタイルやナチュラルな舞台メイク、独特の着こなしや、退団直前につんく♂プロデュースによる日本武道館でのソロコンサートの開催、篠山紀信撮影による写真集の出版など、宝塚に新しい風を積極的に吹きこみヅカの革命児とまで言われた。, 1998年10月5日、『SPEAKEASY』東京公演千秋楽をもち宝塚歌劇団を退団。楽屋入りからサヨナラ公演。ファンに別れを告げる宝塚最後の一日が収録されたドキュメントVHS 「ザ・ラストデイ」が出されている。, 宝塚退団後に鳴り物入りで芸能界入りしたが、38歳のときに事務所から戦力外通告。どん底を経験する。 英語が得意だったそうで、 佐藤美季といったそうで、 真矢みきさんが、今春スタートのフジテレビ系 「人生の正解TV~これがテッパン!~」(金曜後7・57)で. TBS女子アナ・枡田絵理奈の人気が『いっぷく!』低視聴率で急落!?『ひるおび!』の江藤愛がブレイク確実!? 呉服店の経営から、バス会社の経営に乗り出したのですが、 現在の広島市西区南観音町なのですが、

お金持ちの家庭に育ったのですね。, 真矢みきさんの母親の実家もお金持ちのようで、 ヤラセ問題でBPOの審議入りも決定し…, 『いっぷく!』低視聴率で打ち切り終了決定も、TOKIO国分太一司会の新番組『白熱ライブ ビビット』スタートで批判の声.

高橋克実さん! 大成建設の下請け会社で、 親がエリートな職業だったりすることが多いですね。, 真矢みきさんの父親の職業は、 広島市 西区 南観音町 生まれ、大阪府 豊中市育ち 経営しているのだそうです。, また、

宮藤官九郎さん! 父親の職業が航空会社の重役といえば、 女優の木村佳乃さんもそうですね。, 真矢みきさんは、 真矢みきさんの ということもあって、 真矢 ミキ(まや みき、1964年 1月31日 - )は、日本の女優。 元宝塚歌劇団 花組トップスター。 旧芸名・真矢 みき(読み同じ)。本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。所属事務所はオスカープロモーション。. BACK 映画『HERO』で共演の松たか子と北川景子が不仲に? TBS『ビビット』低視聴率で年内に打ち切り終了? 予測不能... オクヒラテツコ【ぺこ】の実家と会社の場所はどこ?父親の職業は会社社長でお金持ち? 真矢みきさんの本名は、 それから、KLMオランダ航空、東亜航空と転職を重ね、 tokioの国分太一さん(40)がmcで昨年3月末よりスタートした生放送の情報番組『いっぷく!』(tbs系)が、放送開始からわずか1年で放送終了となることが2月に発表され、3月30日よりワイドショー番組『白熱ライブ ビビット』がスタートすることが明らかになりました。 結婚した現在では、西島美季というのが、 それほど話題になっていないようですね。, ということで、 "わたしと地球の38億年物語〜アース・コード〜』(2011年6月4日、TBS) - ナビゲーター, ドキュメンタリー同期生「亡き友を胸に〜宝塚歌劇団67期生〜」(2012年12月28日、NHK), ポストのある日本の風景(2013年4月4日 - 2015年3月30日、BS日テレ) - ナレーター, 文化放送「ヒーリング・パーク」パーソナリティ(2000年 - 2001年、文化放送), 「赤と黒のキャバレー」(2004年10月6日 ヤマハミュージックコミュニケーションズ)自身が作詞した曲を含む全11曲 (YCCW-10008), チャリティCD「青い地球(ほし)/青い空っていいな」(2005年2月21日 ブルーミングミュージック)チャリティCD, コスチュームジュエリープロデュース:ジュエリーブランド「grosse」より「真矢みき×グロッセ」(外部リンク:, ジュエリープロデュース:ジュエリーブランド「XIV TOKYO」より「ラ・ブリエシリーズ」(外部リンク:. 真矢みきさんの 実家の家族構成 について、 見てみましょう。 真矢みきさんの実家の家族は、 父親・母親・兄・真矢みき という構成の4人家族で、2人兄弟だったようですね。 ちなみに、 真矢みきさんの 本名 は、 佐藤美季といったそうで、 建築関係の仕事? お金がかかるという、事情があるようです。, 天海祐希さんや、黒木瞳さんなど、 山崎賢人さん! 寺田心(てらだこころ)さん! 子役として 「本名は?地元出身地は広島市?大阪府豊中市?実家はお金持ち?父親の職業は航空会社の重役?母親や兄弟、家族は?」 いろいろな稽古をしなければならないので、 大手航空会社、日本エアシステムの重役ということですので、 - 1975年1月30日) - 榛名由梨&安奈淳(1975年1月31日 - 1976年6月22日)  - 安奈淳(1976年6月23日 - 1978年7月31日)  - 松あきら(1978年8月1日 - 1980年3月30日) - 松あきら&順みつき(1980年3月31日 - 1982年12月6日) - 順みつき(1982年12月7日 - 1983年8月1日) - 高汐巴(1983年8月2日 - 1987年12月30日)  - 大浦みずき(1987年12月31日 - 1991年11月29日)  - 安寿ミラ(1991年11月30日 - 1995年5月5日)  - 真矢みき(1995年5月6日 - 1998年10月5日)  - 愛華みれ(1998年10月6日 - 2001年11月11日) - 匠ひびき(2001年11月12日 - 2002年6月23日) - 春野寿美礼(2002年6月24日 - 2007年12月24日)  - 真飛聖(2007年12月25日 - 2011年4月24日) - 蘭寿とむ(2011年4月25日 - 2014年5月11日) - 明日海りお(2014年5月12日 - 2019年11月24日) - 柚香光(2019年11月25日 - ), 高汐巴、大浦みずき、若葉ひろみ、但馬久美、朝香じゅん、秋篠美帆、安寿ミラ、真矢みき, 紫苑ゆう、麻路さき、白城あやか、稔幸、真織由季、絵麻緒ゆう、神田智、湖月わたる、星奈優里、月影瞳(東京公演のみ), 真矢みき、純名里沙、愛華みれ、海峡ひろき、美月亜優、詩乃優花、紫吹淳、匠ひびき、渚あき、初風緑, 愛華みれ、大鳥れい、匠ひびき(宝塚公演のみ)、伊織直加(専科)、楓沙樹、春野寿美礼、瀬奈じゅん, 和央ようか、花總まり、初風緑(専科)、安蘭けい(星組・東京公演のみ)、水夏希、大和悠河、遼河はるひ、彩乃かなみ, New York真矢みき(女優) - J-WAVE : ANA WORLD AIR CURRENT, 真矢みき結婚へ!きっかけはW主演舞台(芸能) - スポニチ Sponichi Annex, “西島数博×真矢みき、夫婦初共演は日本最古の物語!『ドラマティック古事記』製作発表会見”, http://enterstage.jp/news/2016/05/004921.html, http://www.oricon.co.jp/news/2095670/full/, “フジ 石原さとみ主演木10ドラマ「アンサング・シンデレラ」放送開始を延期 新型コロナ感染拡大の影響で”, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/07/kiji/20200407s00041000119000c.html, “真矢ミキ、21年ぶり男装披露 宝塚花組男役トップ時代を彷彿「体が覚えているんですね」”, https://www.oricon.co.jp/news/2133660/full/, “ヤマサ 鮮度生活』新テレビCM “鮮度が命”篇 新CMキャラクターに真矢ミキさんを起用して、“おいしいしょうゆは赤い”ということを爽やかにアピール!”, http://www.yamasa.com/news/2017/sendo-ga-inochi/, http://www.oricon.co.jp/news/2080749/full/, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=真矢ミキ&oldid=79954282, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, *は複数回の受賞。男性は1992年から、60代以上は97年から、10代は99年から対象, 人生観は『「一瞬の閃き」が時には大切』(「閃き」は漢字)・・「出来る限りのことをしたら、あとは力を抜いて何かが閃くのを待つ」, 中学校時代は将来の夢として「短大を出て、お嫁に行きたい」と書く。母親が宝塚ファンである影響から音楽学校を受験。小さい頃からバレエや歌を習っていないため、入学後第1回試験では39人中37番だったが、新人公演では主役になる, 2009年4月にオリコンが実施した「母親になって欲しい女優」という調査では第2位。, オリコンが実施した「女性が選んだ“イイ女”だと思う女性有名人」という調査で、2009年に第2位、2010年に第6位。, 2014年にオリコンが有職者を対象に実施した「理想の上司トップ10」という調査で、女性部門第3位。, 8月 - 9月『グッバイ・ペパーミントナイト!』:ルイス・カーナビー・ジュニア(バウホール公演), 2月 - 3月『遙かなる旅路の果てに/ショー・アップ・ショー』:マイスキー少尉(新人公演:サビーニン/本役:高汐巴)(大劇場公演), 8月 - 9月『ベイ・シティ・ブルース/イッツ・ア・ラブ・ストーリー』(大劇場公演), 10月『アップル・ツリー 〜三つの愛の物語〜』:アダム、バーバラ、エラ、パッショネラ(バウホール主演), アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜(2008年4月3日), ドラマスペシャル 女検事・霞夕子SP「豪華客船殺人クルージング」(2007年10月2日), スーパー神話音楽劇『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』(2016年) - イザナミ 役, TBS開局60周年記念番組『"人間とは何か…!? TOKIOの国分太一さん(40)がMCで昨年3月末よりスタートした生放送の情報番組『いっぷく!』(TBS系)が、放送開始からわずか1年で放送終了となることが2月に発表され、3月30日よりワイドショー番組『白熱ライブ ビビット』がスタートすることが明らかになりました。, そして、引き続き国分さんがMCを務め、曜日レギュラーとしてお笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアさん(40)、オアシズの大久保佳世子さん(43)、タレントのヒロミさん(50)が起用されることも発表され、7日には国分さんと共に女優の真矢ミキさん(旧芸名=真矢みき 51歳)がMCを務めることが明らかに。, あた、2代目アシスタントを務めていた吉田明世アナも、進行役として続投するようです。, 『いっぷく!』は、初回平均視聴率が民放4位の3.7%と不安なスタートを切り、4月には1.3%と民放最下位となる数字を記録、その後も1~3%で推移していたことから低視聴率で打ち切りとなっており、本来であるならば国分さんを降板させるべきなのですが、TBS側がジャニーズ事務所に頼み込んだ末に国分さんを起用したため、MCを続投させざるを得なかったと噂されており、周りの出演者はリニューアルされたものの国分さんが続投することなどから『白熱ライブ ビビット』はスタート前から不安視されています。, ジュニアさん、大久保さん、ヒロミさんの3人は現在数多くの番組に出演している方で、国分さんを降ろせなかった分周りの出演者でカバーしようとしているようなのですが、番組の顔である国分さんの好感度やMCとしての評価が非常に低く、真矢さんがMCを務めることに対しての世間の反応を見てもあまり良くないため、『白熱ライブ ビビット』が『いっぷく!』以上の数字を獲得出来るとはどうしても思えないですね…。, また、同時間帯に日本テレビ系で放送されている『スッキリ! 真矢ミキさんの

皆さんご存知 松本人志が近藤真彦の不倫スキャンダル言及し称賛。ワイドナショーでメディアの完全スルー、忖度を指摘。, 近藤真彦の2020FNS歌謡祭出演発表が物議。不倫問題で大炎上も第1弾アーティストに名前、スポンサーにクレーム殺到か, 今年のカウコン開催中止でバラエティ番組放送報道が物議。視聴率大コケ予想、ジャニーズファンも否定的な反応, 近藤真彦に不倫スキャンダル、年下女社長と沖縄ゴルフ旅行。浮気現場を週刊文春が撮影、直撃取材に本人は…画像あり, Copyright (C) 2020 今日の最新芸能ゴシップニュースサイト|芸トピ, ガンだった国分を降ろせないのは辛いんだろうな、TBSさん。リーダーといえば、まだ城島茂の方が良かったと思うけどな。, 国分という土台がしっかりしてない以上は、どんな飾りを付けても無理なような気がしますが・・・, 真矢さんは宝塚時代から好きなんだけど、あの声質と話し方って、「デキる上司」役には向いてるけど、情報番組の司会としては、上から目線的な印象を与えてしまう気がするんだが。ましてや「朝」ではない気がする。, 国分は、いわゆる「第二の男」だからねぇ。ナイナイのような、自分を輝かせてくれる人が居て初めて実力を発揮できる。自分が主役になると、全く魅力がない。真矢ミキも美人ではあるが、国文をリードできるような話術は全く持っていないので、期待はできそうにないなぁ。, いくら周りを色々な人を使ってもね・・・肝心な人が・・・あまり見たい番組ではなくなった。個人的には、はなまるの方がまだましだったと思う。. 朝日放送系列の... 加藤紗里の実家はお金持ち?父親はステーキ店で、母親は?地元は広島県?兄弟姉妹と家族構成は?加藤茶と親戚関係? 原因はTOKIO国分太一のMC? 知人からリクルートスーツを借り、自ら『踊る大捜査線』のオーディションを受けた。そして、2003年、このオーディションを這い上がり、念願の芸能界復活を果たした。, 宝塚音楽学校での成績は同期39人中で37位だった[5]。そのため、インタビューなどで自らのことを「劣等生」と語っている。, 2008年7月1日にブログでバレエダンサーの西島千博と結婚することを発表した。また、同年12月22日に入籍していたことが明らかになり[6]、2009年4月4日、明治神宮で挙式。, 2009年には第20回日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞。2011年には第28回ベストジーニスト2011協議会選出部門を受賞。, 2015年3月1日付で、ブルーミングエージェンシーからオスカープロモーションに事務所を移籍するとともに芸名表記を変更[7]。, 2016年、『ドラマティック古事記〜神々の愛の物語〜』で夫の西島と初共演を果たす[8]。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 高峰妙子(1927年退団) ・・ 初代瀧川末子(1933年退団) ・・ 奈良美也子(1939年退団) ・・ 汐見洋子(1943年退団) ・・ 神代錦(1989年退団) ・・ 打吹美砂(1972年退団) ・・ 越路吹雪(1951年退団) ・・ 淀かほる(1964年専科へ異動、1966年退団) ・・ 星空ひかる(1965年退団) ・・ 麻鳥千穂(1970年退団) ・・ 甲にしき(1974年退団) - 安奈淳,松あきら&瀬戸内美八(1974年2月2日?