ID: JCLMzFz7Wh, 2013/09/04(水) 00:10:40

   

悪天候のためと遺体の状態があまりにも酷いために、遺体を山から下ろすことはできませんでした。このため3人の遺体は現地で荼毘にふされ、遺族の方には遺骨が手渡されることになりました。翌年になって、血痕が付いてぼろぼろになったテントやカメラ、登山靴などの遺品の多くが回収されました。, この福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件が害獣事件の中でも特に衝撃的だったのは、事件の様子を伝える生々しいメモが存在したためです。いったいどんなメモだったのでしょうか。, 7月30日、興梠は鳥取大グループが残したテントのそばで無残な姿になっている状態で最後の犠牲者として発見されます。遺体のそばには、最後は恐怖で手が震えながらも死の直前まで必死に書き残した興梠直筆のメモが落ちていました。 しかし、どちらをとっていいかわからないので、鳥取大WVが無事報告して、救助隊がくることを、祈って寝る。, 7月27日

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ID: swfJkMBquS, 2013/10/28(月) 07:09:00 ID: 09E3EDW965, 2014/02/19(水) 22:36:48 2016/08/29   3人の遺体が見つかった八ノ沢カールには亡くなった3人を供養する石碑が立っている。 ID: /eqg58l0Sc, 2015/01/18(日) 02:02:04 ?ミステリー豪華2時間SP』で、2013年アメリカ ... 地震大国である日本。 ほんとうに、いつどこで被災するかわかりません。 日頃から、 ... 近い将来、大地震が起こりうるといわれている日本。 いつか来る大地震で生き残るため ... Copyright© それからみんなのことを考えたが、こうなったからには仕方がない。 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件とは、1970年7月14日、福岡大学ワンダーフォーゲル部(福岡大ワンゲル部)の部員5人が北海道日高山脈のカムイエクウチカウシ山で、ヒグマに襲撃された事件。, また、この事件は遺体で見つかった1人が生存中に残していた手記ならぬ「メモ」が残されていたことでも知られています。, そこで今回は、決して忘れてはいけない事件として現在も語られ続けられている「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」に迫ってみたいと思います。, 1970年当時は同好会だった福岡大学ワンダーフォーゲル部は、1970年7月14日、日高山脈を縦走する計画で北海道新得町に到着し、芽室岳入山。, 7月25日、5人はカムイエクウチカウシ山の中間地点にあたる「九ノ沢カール」でテントを張りました。, このときは音を立てて追い払ったのですが、午後9時頃になって再びヒグマが現れ、テントに穴を開けて去っていきます。, 心配になった部員たちは交代で見張ることにしたのですが、その夜にヒグマが現れることはありませんでした。, 5分間にわたる葛藤の末、危険を感じたリーダーの竹末さんは裏口から外へ脱出するよう指示。, その際、サブリーダーの滝さんと1年生の河原さんに救助を呼ぶため下山命令を出したのです。, そこで救助要請を頼むのですが、他の大学もヒグマからの追跡を受けていたことが判明したのです。, そして、滝さんと河原さんは北海学園大学のワンゲル部から下山を勧められるのですが、残した仲間を見捨てられないという思いから、再び3人が待つ山中へと戻っていきます。, 一方、現場に残ったリーダーの竹末さんらは、ヒグマが立ち去った隙を見計らい、安全と思われる尾根でテントを再び設営。, 16時頃、福岡大学ワンダーフォーゲル部の5人は早めの夕食を取り、寝ようとしていたところに再びヒグマが現れたのです。, 1時間が過ぎ、これ以上拉致があかないことを悟ったリーダーの竹末さんは、鳥取大学のテントに避難することを決意します。, 途中、避難場所を見つけてたどり着つくのですが、そこには竹末さん、滝さん、西井さんの3人のみ。, 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件で見つかった遺体は、仲間とはぐれた河原さんと興梠さん、リーダーの竹末さんでした。, 河原さんはヒグマから逃げる途中、「ギャー!」、「チクショウ!」と声を上げ、足を引きずりながら八ノ沢カールの方へ逃げていったのが最後。, また、リーダーの竹末さんに至っては、河原さんと興梠さんを探そうとした時、追ってきたヒグマに襲われ死亡。, 死因ですが、河原さんと竹末さんは逃げている途中、後ろから追いついたヒグマに臀部を噛み付かれ、倒れ込んだところに頚動脈を爪で切り裂かれていました。, しかも、顔半分を噛みちぎられて、胴体からは内蔵がはみ出ていて、鼻や耳は削ぎ落とされていたといいます。, 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件は、遺体で見つかった興梠さんがメモを残していました。, 興梠さんは、一時的にヒグマから逃げ延びて、鳥取大学のテントに避難していたとされています。, 5:30 テントに近づき、たおれたテントをひきかきまわす。 ・河原さん(当時18歳), 彼ら5人は芽室岳(標高1754m)からペテガリ岳(標高1736m)を尾根伝いに歩く、およそ20日間の夏の長期登山合宿を計画。, 14日に派出所で登山計画書、食料表、装備表を提出した彼らは、九州を出発する前に入念な情報収集をしており態勢は万全のはずだった。, 中間地点のカムイエクウチカウシ山頂付近に差し掛かり当初の計画からは遅れていたが、翌日は山頂アタック。, 午後4時30分 5分くらい下って下を見ると ・Bさん(当時18歳)   しばらくすると、なぜかシュラフに入っていると、安心感がでてきて落ちついた。 上の方は、ガスがかかっているので、少し気持悪い。 ID: 9UzOW4hu7+, 2013/09/27(金) 22:08:08 信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて... 誰もいない家から「119番通報」相次ぐ 秋田市で起きたミステリー、NTT東日本の見解は?, 体は覚えていた。アルツハイマー症の元バレリーナ、「白鳥の湖」を聞いて踊りだす(スペイン), 【ダイソー】で売っててビックリ!「こんなものまであるのか...」SNSで話題の3つ.

@ˆâœ‚ÍŒ»ê‚Å䶔ù‚É•t‚³‚êA—‚”NAˆâ•i‚Ì‘½‚­‚ª‰ñŽû‚³‚ꂽB‰ñŽû‚ÉŽQ‰Á‚µ‚½’nŒ³‚Ì’¬“c¬‚³‚ñ‚́AuŒŒ­‚ª‚‚«A‚Ú‚ë‚Ú‚ë‚É‚È‚Á‚½ƒeƒ“ƒg‚âAƒJƒƒ‰A“oŽRŒC‚È‚Ç‚ªŽc‚³‚ê‚Ä‚¢‚āA‰½‚Æ‚à’É‚Ü‚µ‚¢êŠ‚¾‚Á‚½v‚ÆŒê‚éB ID: 7V3IFPUfWZ, 2013/11/01(金) 01:33:18 【午後6時】, AさんとBさんは、なんとか麓まで逃げ切り その足で派出所に駆け込み無事保護された。, そして、行方不明 3人の捜索が開始された。

ID: W4pwZGdCSP, 2014/02/22(土) 04:02:38 興梠のキスをくわえて10mぐらい下るが、キスを置いて左へまきながら姿を消すが、また興梠のキスをくわえて下りだす。 福岡大学ワンダーフォーゲル部がうけたヒグマ被害。 この加害クマの剥製は中札内村にある札内川園地、そこに開設されている日高山脈山岳センター内にその姿をみることが出来ます。( ※2012年現在 ) 僕も直接ここは訪ねてみましたよ。 ヒグマは北海道にのみ生息している。, ツキノワグマは人間の気配がすれば近寄ってこないそうで熊鈴やラジオなどで音を出しながら登山することが有効。, しかし、恐ろしいのはヒグマ。 ああ、早く博多に帰りたい。, 7:00 沢を下ることにする。にぎりめしをつくって、テントの中にあったシャツやクツ下をかりる。 ヒグマ事件」 というのをご存知でしょうか? .

河原がやられたようである。オレの5m横、位置は草場のガケを下ってハイ松地帯に入ってから20m下の地点。



  すぐ1つ取り出し

  5人は翌日の登頂に備え標高1979mの山頂から150m下がった九ノ沢カールと呼ばれる窪地にテントを張っていた。, ヒグマは北海道にのみ生息、当時ヒグマに関する情報は少なく、九州から来た彼らは最初恐れることなくこのヒグマの様子を見ていたという。, しかし、ヒグマが近づいてきて彼らの登山用リュックを漁りだしたため彼らは、ラジオのボリュームを上げたり、火をおこすなどして威嚇、ヒグマを追い払った。, しかし、これが魔の3日間の始まりだった。

なる家のまねき猫 , とても出られないので、このままテントの中にいる。, 3:00頃まで・・・(判読不能)しかし・・・(判読不能)他のメンバーは、もう下山したのか。 その後、外に出られないことで絶望を感じた興梠のメモの字は乱れ判読不可能なものになっています。そして「またガスが濃くなって」という言葉を最後に、興梠のメモは終わっています。この最後の1行を書いた後、テントにいる興梠はヒグマに襲われたとされています。, 興梠の遺体が発見される前日の7月29日に、5人を襲ったヒグマは射殺されています。解剖した結果、人間を食べた形跡がありませんでした。つまり、犠牲になった3人はいたぶられただけだったということです。

大学に認められ自分たちの代で「部」に昇格できるよう活動の実績をあげるために日高山脈の合宿をどうしても成功させたかったのだといいます。. ID: ZfPQQv4uCY, 2013/07/11(木) 20:47:49

スポンサーリンク

するとガケの上であったので、ガケの中間点で息をひそめていると、竹末さんが声をからして鳥取大WVに助けを求めた。 多数の死者・被害者を出し、日本史上稀に見る悲惨な獣害事件として知られる三毛別熊事件は、巨大な「穴持たず」のヒグマにより引き起こされた事件です。 三毛別熊事件の概要・詳細!7人を食い殺した巨大ヒグマの大きさとは. マレーシア航空370便行方不明事件の謎! 5人が初めてヒグマに出会ったときに、テントを捨て下山していたら被害には合わなかったのです。興梠は、たどりついて逃げ込んだ鳥取大の残したテントから出られませんでした。ヒグマは興梠の匂いを追い、興梠のいるテントの周りをうろついていたからです。, そもそも、最初の襲撃のときになぜ5人は下山しなかったのでしょうか。これは後に福岡大学が発表した報告書の中に3つの原因が考えられると書かれていました。1つめは荷物の中にあった貴重品が無いと判断したためと書かれています。 ID: swfJkMBquS, 2013/07/18(木) 20:18:53

テントを出て見ると、5m上に、やはりクマがいた。

クマに襲われ亡くなった大学生の一人は、死の直前まで その生々しい体験の一部始終を詳細にメモに書き残していました。 最初の襲撃のときに荷物を捨てて下山していれば、犠牲者は出なかったかもしれません。そう簡単に言えるのは、いまは様々な情報が事前に簡単に手に入るからです。そんな情報化社会であっても、ヒグマの被害にあわない唯一の方法とは、ヒグマに出会わないことといわれます。. ID: 8ssOtZ4Qfa, 2014/09/24(水) 18:13:35

    この後、彼らはヒグマの恐ろしさを知ることとなる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (テントの)中にシュラフがあったので 5分ぐらい下って、下を見ると20mさきにクマがいた。

真相は… 陰謀?機長自殺説が有力か!? もし、クマと遭遇してしまったら一体どんな対応をとればいいのかが気になります。 もうこのころは、あたりは暗くなっていた。



スポンサーリンク 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件は、1970年夏の北海道で起きたヒグマによる獣害事件です。5人のうち生き残りは2人でした。遺体のそばに落ちていたメモはその悲惨な体験を残していました。福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件について調べてみました。

・リーダー竹末さん(当時20歳) あなたは 「福岡大学ワンダーフォーゲル部. ID: bIQ0S8wW7j, 2014/11/21(金) 22:42:34 福岡大ワンゲル部の事故報告書をもとに、経過を振り返ってみる。 第1、第2の襲撃(25日) 福岡大の5人は1970年7月14日、日高山脈縦走のため、北部の芽室岳から入山した。

まだ追っかけてくるので、30cmぐらいの石を投げる。失敗である。 ・興梠さん(当時19歳)

4:00頃、目がさめる。外のことが、気になるが、恐ろしいので、8時までテントの中にいることにする。 しかし、誰もいなかった。 ID: HZnuMvK1gr, 2013/07/12(金) 16:01:32 ID: K6Izi8XHnE, 2014/01/28(火) 16:57:56 リーダーの竹末の判断で、7時すぎにサブリーダーの滝と河原の2人が救助要請のために下山を開始します。2人は途中で同じ境遇で下山中の北海道学園大学のグループに出会います。そこで滝と河原は救助の伝言を頼み、3人のところへ戻ることにしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そこには死の直前まで たった一人でヒグマと向き合った興梠さんの様子や心境などが詳細に綴られていた。, 興梠さんのメモによると、5人が夕闇の中でヒグマと遭遇し山道を逃げていくうちに興梠さんは仲間とはぐれてしまったという。, その後、一人で別行動をしていたのだが興梠さんはヒグマに襲われた河原さんの悲鳴を聞いていた。, それから俺は鳥取大学のテントをのぞいてみると崖の方へ二、三ヵ所たき火をしていたので 明日ここを出て沢を下るか、このまま救助隊を待つか、考える。 暗い山道を必死に走ったがヒグマは彼らを追いかけて来たのだった。, それは、ヒグマに背中を見せて逃げていたこと。 29日、福岡大ワンゲル部5人を襲ったヒグマはハンター10人によって射殺された。胃袋が調べられたが、そのヒグマは人間を食べていなかった。悪戯するかのようにいたぶっていただけなのである。そしてこのヒグマは4歳にして交尾をした形跡はなかった。 仲間とはぐれた興梠さんは、テントに一人でいるところをヒグマに襲われたとみられる。 警察、山岳連盟など約100人が捜索、ヒグマの襲撃に備え地元の猟友会も参加した。, 捜索から2日後、最初に山道で襲われた河原さんと、最後に逃げ後れた竹末さん2人が遺体となって発見された。, その翌日、ヒグマに襲撃された際に一度返事があった後、行方が分からなくなっていた興梠さんの遺体が発見された。, 3人とも八ノ沢カールで発見されたが遺体の損傷が激しく麓に下ろすことができず、その場で火葬された。. 20m先にクマがいた, ヒグマがいるため動き回るのは危険であり、興梠さんは仲間の元へ戻る事ができなかったのだ。, 興梠さんの位置からは鳥取大学のキャンプの明かりが見えており、興梠さんは匿ってもらおうと山を下りた。, しかし、20m先にヒグマがおり興梠さんを見つけると駆け上がってきたので興梠さんは石を投げてヒグマに応戦。, 興梠さんは、その隙に逃げ出し絶体絶命のピンチを回避。 ID: 3Oc5TRY/hx, 2014/09/04(木) 08:06:51

起こったとても痛ましい事件。 . もう5:20である。また、クマが出そうな予感がするので、またシュラフにもぐり込む。 この時、鳥取大学のパーティは福岡大学のパーティに起きた非常事態を察知し救助隊の要請をするため全員 下山していたのだ。

しかし、夜が迫っていたため下山することなく九ノ沢カールと八ノ沢カールの中間地点にある安全そうな場所に移動しテントを設営した。, 5人は避難しヒグマの様子を隙間から伺っていたが、犬の5倍近い嗅覚を持っているといわれるヒグマには、正確にこの5人の居場所がわかっていたのだ。, 5人はヒグマがいる場所から反対方向に脱出し助けを求めるため八ノ沢カールでキャンプをしている鳥取大学のパーティの元へと向かった。   あなたは「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」というのをご存知でしょうか?1970年7月、北海道の日高山脈で起こったとても痛ましい事件。当時は、犠牲になってしまわれた興梠 盛男(こうろぎ もりお)さんが残したメモや福岡大学ワンダーフォーゲル部の大学生ら 2013/06/18(火) 02:34:14 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件の後、北海道全体で山中でのヒグマの目撃情報があった場合は絶対に山に入らないようにと立ち入り禁止警告がでるようになりました。, 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件は、別名として福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件とも呼ばれます。これは、当時の福岡大学ワンダーフォーゲル部は同好会だったためです。福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件の2年後、ワンダーフォーゲル同好会は部に昇格しています。, 2013年7月には『奇跡体験アンビリバボー 知られざる海と山の恐怖大特集』にて、この福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件が扱われました。『奇跡体験アンビリバボー』では、事件の再現ドラマが放映されましたが、5人全員が実名で放映されました。, 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件のあと、現場には犠牲になった3人の名前が入った追悼のプレートがはめ込まれました。 スポンサーリンク

スポンサーリンク 恐ろしく悲しい この事件。.



キャンパンがあったので ‚é—lŽq‚à‚È‚­o‚Ä‚«‚½‚Æ‚¢‚¤B2-3Î‚ÌŽá‚¢ƒƒX‚̃qƒOƒ}‚¾‚Á‚½B

ID: iObCpd9eiu, 2014/04/08(火) 20:48:13

事件の経緯 計画. 昭和40年代、大学生の間でブームとなり全国で同好会が発足していたという。, メンバーは、 【7月27日】, テントの中を見合わすと (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この時、ワンダーフォーゲル同好会は発足8年目。 ID: 1D+isoB4fi, 2013/07/02(火) 22:00:26 仕方がないから、今夜はここでしんほうしようと10~15分ぐらいじっとしていた。

オレはもう食われてしまうと思って、右手の草地の尾根をつたって下まで一目散に、 逃げることを決め逃げる。 夜9時過ぎ、疲れて眠っていた5人はヒグマの鼻息で目を覚まします。ヒグマはテントにこぶし大の穴を開けた後、いなくなりました。恐怖を感じた5人は2人ずつ2時間交代で見張りを立てることにしました。, 7月26日午前3時、5人は起床しました。とはいえ、誰も眠れませんでした。4時30分ごろ、テントの中にいた5人の前に再びヒグマが現れます。執拗にテントを引っ張り続けるヒグマのため、5人はテントを捨て何も持たずに逃げ出します。ヒグマはテントを引き倒し、再び荷物の中の食料を漁りました。

アンビリバボー 滋賀県草津 カップル変死事件の真相は 自殺でも他殺でもなく… 誰にでも起こりうる事故が 原因!. ID: 1Hh/FN/Tr3, 2015/01/18(日) 17:53:22 それから、オレは、テントをのぞいてみると、ガケの方へ2~3カ所たき火をしていたので、下のテントにかくまってもらおうとガケを下る。 スポンサーリンク 河原さんと興梠さん2人の行方が分からなくなってしまい身の危険を感じた3人は、その晩 岩場で過ごすことにした。 獣害事件とは人間以外の哺乳類が人間を襲った事件のことを指します。1978年の札幌丘珠事件、1915年の三毛別熊事件、1923年の石狩沼田幌新事件に続くヒグマによる獣害事件が、この福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件です。, 福岡大ワンゲル部所属の5人のグループは、リーダーの竹末一敏(経済学部3年で20歳)、サブリーダーの滝俊二(法学部3年で当時22歳)、興梠盛男(工学部2年で19歳)、西井義春(法学部1年で当時19歳)、河原吉孝(経済学部1年で18歳)でした。 オレを見つけると、かけ上ってきたので、一目散に逃げ、少しガケの上に登る。 福岡大学ワンダーフォーゲル同好会所属の学生a(リーダー、20歳)、b(サブリーダー、22歳)、c(19歳)、d(19歳)、e(18歳)の5人は1970年7月12日9時に列車で博多駅を出発し、14日に新得駅へ到着した。 14時半に芽室岳へ入山。

オレの位置からは下の様子は、全然わからなかった。クマの音が聞こえただけである。 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件とは、1970年7月14日、福岡大学ワンダーフォーゲル部(福岡大ワンゲル部)の部員5人が北海道日高山脈のカムイエクウチカウシ山で、ヒグマに襲撃された事件。この大惨事により、部員5人のうち、3人が死亡。生

鳥取大グループは5人のために荷物とテントはそのままにして、救助を呼ぶために下山します。暗闇の中、福岡大ワンゲル部リーダーの竹末は滝と西井と合流しますが、興梠だけははぐれてしまいます。興梠は竹末の声が聞こえていましたが、近くにヒグマがいたために動くことも声を出すこともできなかったのです。, 合流した福岡大ワンゲル部の3人は暗闇のためとヒグマの恐怖のために、鳥取大グループのところへはたどり着けませんでした。仕方が無いので3人は近くの岩場に身を隠します。

  2020/03/22, 2016年8月28日(日)に放送されたテレビ朝日『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』で日本の衝撃事件 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ襲撃事件が紹介されました。, この事件は1970年7月に北海道で大学生5人がヒグマに襲われ3人が命を落とした事件。. ID: Qj+lT87p+K, 2013/07/11(木) 20:48:36   スポンサーリンク

ID: MdunwrKydl, 2014/07/26(土) 21:21:15 ID: 0AGye0u0mB, 2014/04/30(水) 20:00:31

@@@@@@@@@@iŽR–{–qj. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 一刻も早く救助の要請をしなければならなかった3人は、八ノ沢カールに向かうのをあきらめ下山ルートをたどり麓を目指すことにした。, 3人はその場で伏せたが、ヒグマは1人走りだした竹末さんを追いかけた。

2つめは装備を持ち帰ろうとしたためとありました。当時ワンゲル同好会は発足8年目で、部への昇格には活動記録が必要だったためです。装備を捨てれば買いなおす必要となり、活動が制限されてしまうと考えたからです。そして3つめも2つめと同じところにつがなりますが、日程的には登頂できると判断していたからとまとめられています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

この事件の後、ヒグマに対しての教訓が広く認知されるようになりました。本州や四国に広く生息するツキノワグマは臆病な性格で、熊鈴やラジオなどで音を出しながら登山することが有効です。北海道のみに生息するヒグマには通用しません。

これほどまで凄惨な獣外事件となった福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件ですが、事件のその後はどうなっていたのでしょうか。, それまでヒグマに関する情報はあまり多くはありませんでした。この福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件のあと、ヒグマの習性や一般的に言われていたことの間違いなどが市民に知れ渡りました。 ご飯があった 福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件(ふくおかだいがくワンダーフォーゲルぶヒグマじけん)は1970年(昭和45年)7月に北海道静内郡静内町(現・日高郡新ひだか町静内高見)の日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した獣害事件。, 若い雌のヒグマが登山中の福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(のちにワンダーフォーゲル部へ昇格)会員を襲撃し、3名の死者を出した。福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件、福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件とも呼ばれる。, 福岡大学ワンダーフォーゲル同好会所属の学生A(リーダー、20歳)、B(サブリーダー、22歳)、C(19歳)、D(19歳)、E(18歳)の5人は1970年7月12日9時に列車で博多駅を出発し、14日に新得駅へ到着した。14時半に芽室岳へ入山。そのまま芽室岳からペテガリ岳へ日高山脈を縦走する計画だった。, 25日、中間地点であるカムイエクウチカウシ山 (標高1,979m)の九ノ沢カールでテントを張ったところ、ヒグマが現れた。ヒグマがいない九州から来た彼らは恐れることなく様子を見ていたが、ヒグマが荷物をあさりだしたため音を立てて追い払い荷物を取り返した。しかしその夜、再びヒグマが現れテントに穴を開けた。身の危険を感じた彼らは交代で見張りを立てたが、その後は現れなかった[1]。, 26日の早朝、ふたたびヒグマが現れテントを倒した。Aの指示でBとEが救助を呼ぶため下山を始めた。その途中で北海学園大学のグループや鳥取大学のグループに会ったので救助要請の伝言をし、BとEは他の3人を助けるため山中へ戻った[1]。, BとEは昼ごろに合流し、5人でテントを修繕した。16時ごろ、寝ようとしていた彼らのもとにヒグマが現れ居座った。彼らは鳥取大学のテントへ避難するため、九ノ沢カールを出発し歩き続けた。しかし、鳥取大学や北海学園大学のグループはヒグマ出没の一報を受け、すでに避難したあとだったため、仕方なく彼らは夜道を歩き続けた。, 不幸にもヒグマは彼らを追いかけ、追いついた。ヒグマはまずEを襲い絶命させた。Cは他のメンバーとはぐれてしまった。彼らは一目散に逃げ、その夜はガレ場で夜を過ごした[1]。27日早朝、深い霧が出ていたため視界は悪かった。下山する途中でヒグマはまた現れた。Aがターゲットとなりそのまま襲われて死亡した。BとDは無事下山し、逃げ延びた2人は五の沢砂防ダムの工事現場に駆け込んで車を借り、18時に中札内駐在所へ到着した[1]。, 仲間とはぐれたCは鳥取大学グループが残したテントに駆け込み一夜を明かしたが、27日の8時ごろにヒグマに襲われ死亡した。Cは死ぬ直前まで様子や心境をメモに書いていた。28日、十勝山岳連盟の青山義信を現場隊長とし、帯広警察署署員や十勝山岳連盟、猟友会などからなる救助隊が編成された。さらに帯広警察署は、カムイエクウチカウシ山などの日高山脈中部の入山を禁止した。翌29日、早朝から捜索していた救助隊は14時45分ごろに八の沢カールの北側ガレ場下で2人の遺体を発見した。遺体は九州から捜索に加わっていた福岡大学ワンダーフォーゲル同好会会員によってAとEであることが確認された。, 29日16時半ごろ、ヒグマは八の沢カール周辺でハンター10人の一斉射撃により射殺された。亜成獣(3歳)の雌であまり大きくはなかった。30日にはCの遺体も発見された。雨天で足元が悪いことから遺体を下におろすことができず、31日17時に八の沢カールで3人の遺体は火葬にされた。八の沢カールには追悼のプレートがかけられ、そのプレートには「高山に眠れる御霊安かれと挽歌も悲し八の沢」と追悼の句が記されている。3人を殺害したヒグマは解剖されたが、体内からヒトや持ち物などは確認されなかった[2]。このヒグマは剥製にされ、中札内村の日高山脈山岳センターに展示されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件&oldid=80118410.