■宮城県の土壌汚染:最高値20,493Bq/kg、中央値249Bq/kg ■東京都の土壌汚染:最高値1,663Bq/kg、中央値65.3Bq/kg コロンビア大学修士課程(軍事学)終了。 ・汚染基準:8,000Bq/kg以下→’16年3月、環境省は、除染で出た汚染土を、全国の公共事業などで利用する方針を決定。

お気に入り, 敷地内はまるで工事現場? マスクなしで見学できるって本当? 2011年に事故が起きた福島第一原発は今、どうなっているのか。至近距離で見る原発構内の現場から、周辺の地域住民の声まで。福島第一原発周辺の現在を、レポーター2人が実際に歩いて確かめてきました。, 2011年3月11日。東北地方の太平洋沖を震源地とする大地震「東北地方太平洋沖地震(以下、東日本大震災)」が発生。福島の沿岸部にある東京電力福島第一原子力発電所(以下、福島第一原発)では、放射性物質が放出される事故が起きました。, テレビや新聞、インターネットなどには情報があふれ、放射線という目に見えない脅威に対して、不確かな情報も飛び交いました。どの情報を信じていいのか、わからない状況でした。, あの事故から、8年が経とうとしています。福島は、そして福島第一原発は今、どうなっているのでしょうか。, 2人とも東京在住で、Coleさんは会社員、Frankさんは学生です。福島のことは報道で知っていますが、原発や放射線について専門的に勉強をしているわけではありません。実際に、現場に来るのも初めて。, 2人には、いくつかの疑問や不安がありました。「福島第一原発は、本当に入って大丈夫なの?」「事故があった現場は、どうなっている?」「これから、どうなるのだろう?」。今どうなっているのか、これからどうなっていくのかわからない、漠然とした不安。, 福島の今について、知りたいことがたくさんある。さっそく、2人と一緒に向かいましょう。, ※:福島第一原発構内は取材のため、特別に許可を得て見学しています。 福島原発の事をサティアンって呼ぶと、原発推進の書き込みバイトが顔を真っ赤にして怒り出すのはなんで? 福島原発はメルトダウン爆発して吹き飛んじゃって神格化して原発盲信の信者の聖地みたいな感じだし、人に迷惑っていうのも上九一色村にあった第7サティアンと一緒じゃないの?

■群馬県の土壌汚染:最高値2,490Bq/kg、中央値315Bq/kg

67 ... 114 7 名無し募集中。 2020/10/17(土) 13:40:35.20 0 >>108 > 火山口に流し込むしかないな 汚染水を沸騰蒸発 … ■福島県の土壌汚染:最高値112,759Bq/kg、中央値1,291Bq/kg https://www.env.go.jp/chemi/rhm/kisoshiryo/attach/201510mat1s-01-6.pdf, https://www.jnto.go.jp/eq/eng/04_recovery.htm, 4種のチーズとはちみつのおいしい組み合わせ!クリスピーサンド「クアトロフォルマッジ」, これは、マスク?視点を変えると生活はもっと面白くなる!ミニチュア写真家・田中達也さんインタビュー, 暮らしに根づく歴史と自然を体験!ローカルガイドとめぐる滋賀県・米原「BIWAKO BACKROADS」ツアー, 【2020年版】大阪で絶対行きたい紅葉スポット10選〜箕面公園・大阪城・大仙公園ほか〜. 東京電力廃炉資料館

■埼玉県の土壌汚染:最高値1,153Bq/kg、中央値82.7Bq/kg

「福島で、原発の事故が起こって爆発した」 と思っていることです。 実際には、 「福島で、特殊な爆弾テロが行われて爆破された」 というのが、本当の話なのです。 わかりますか? ■山梨県の土壌汚染:最高値398Bq/kg、中央値16.2Bq/kg 2020年3月9日撮影。 悲劇は続いた。福島第一原発の原子炉3つがメルトダウンして放射性物質を駅一帯にばらまいた。ここは同原発からわずか10キロである。福島第二原発はさらに近い。 ↓駅から福島第二原発の排気筒が見える。2014年5月15日撮影 ・土壌汚染及び空間線量基準:約23,000Bq/kg以上または年間被ばく5mSv超→強制移住となるゾーン。

・汚染基準:100Bq/kg以上→原発敷地内などでドラム缶に入れ低レベル放射性廃棄物として厳重管理。, 「だけど日本では、土壌汚染調査もされず、空間の放射線量が年間20ミリシーベルト以下なら避難指示が解除され、補償は打ち切られています」, 「空間線量は、安全か危険かを瞬時に把握するには有効ですが、100メートル先から出た放射線を拾ってしまったり、地上1メートルで測定するか5センチで測定するかによっても大きく数量が異なるので、不確かな面があります。その土地に暮らし、農作物を育て、食べる人にとっては、土壌に沈着している放射性物質の濃度を知ることが大切です」, 誰もが採取に参加でき、かつ世界的に通用するデータにするために、深さ5センチで1リットルの土を採取する、チェルノブイリ方式に統一することにした。, 「採取方法をわかりやすく説明するために、マンガにして配布したら、これが共感を得て(笑)」, 「これならできそう。土壌採取を手伝いたい」という連絡が事務局に寄せられ、全国100カ所以上で土壌採取説明会が開かれた。, 「放射性物質が集まるホットスポットは避け、かつ除染されていない土を採る必要があるので、適切な場所を探すのが大変でした」, 「手間がかかっている分、3,400カ所一つひとつに、採取した人の思いがこもっています」, 「どの測定所でも正確な数値を出すために、共通の検体を用意して、各測定所で同じ測定結果が出るか確認しながら進めました」, 土壌採取を進めている間は、「風評被害を助長する」と、Twitterなどで批判されることもあったという小山さん。しかし、本が出版されたとたん、1日で250冊以上の注文が入った日もある。, 「内心気にしておられる方が多いのでしょう。本当のことを知るのは怖いかもしれない。でも、知らないことはもっと怖い。汚染を知れば身を守ることもできますから。同じ過ちを繰り返さないためにも、事実を後世に残すことが私たちの務めだと思っています」. 東日本大震災による津波と原発事故で、消えてしまった街がある。福島県富岡町にあるJR富岡駅(常磐線)一帯である。地名では「仏浜」という。前回の本欄で書いた「夜ノ森駅」の一つ南、東京寄りの駅である。, 「浜」という地名の通り、海岸からわずか500メートル。ホームから海が見える。静かなときは波が砕ける音が聞こえる。電車は1時間に1〜2本。1898年開業。小さな木造駅舎が立つ、ひなびた駅だった。, 2011年3月11日、13メートルを超える津波が上陸したとき、富岡駅も駅前商店街もその直撃を受けた。津波は線路を越えて駅舎を押し流し、線路の反対側にある駅前の商店街や住宅街を押しつぶした。, ↑2014年5月15日筆者撮影。津波が駅舎を押し流し、ホームがむき出しになっている。土台しか残っていない。, ↓再建された富岡駅。駅そのものが100メートル北に移され、かつての面影はまったくない。2020年3月9日撮影。, 悲劇は続いた。福島第一原発の原子炉3つがメルトダウンして放射性物質を駅一帯にばらまいた。ここは同原発からわずか10キロである。福島第二原発はさらに近い。, 震災翌日の3月12日、富岡町民約1万6000人は強制的に避難させられた。地震と津波で破壊された家や店を片付ける間もなく、人々は隣の川内村へ、そして郡山市へと転々と避難し、やがて散り散りになった。今も町民の95%は戻っていない。, 一帯は放射能汚染のため居住が禁止された。駅前の街も無人になった。2017年4月に強制避難が解除されるまで6年間、街は無残な姿のまま取り残されていた。, 原発事故以降、私は何度も富岡駅前に足を運んだ。2015年に解体されるまで、駅は津波が破壊したままだった。ホームや線路に自動車の残骸が転がり、電車の来ない線路には雑草が生い茂っていた。, 上は2014年5月15日。下は6年後の2020年3月9日撮影。風景が激変しすぎて、かつての撮影場所がどこかよくわからなかった。, 原発事故汚染を受けなかった岩手県や宮城県の津波被災地は復興が進んでいたのに、富岡駅前は6年間ずっとそのままだった。胸が痛んだ。, 何度か足を運ぶうちに、破壊された民家や商店は解体されて更地にされ、ピカピカの新築ビルやマンションができた。駅舎そのものも100メートル移動した。道路は付け替えられ、町並みが激変してしまった。いま現地に立っても、そこが3.11以前は何だったのか想像することすら難しい。かつての街並みが完全に姿を消してしまった。, この街にいた人たちはどうしたのだろう。どこにいったのだろう。元気にしているのだろうか。, 2020年3月8日から11日まで同駅前を訪れたとき、偶然、住民に会うことができた。たまたまネット予約した駅前ホテルの経営者が、そうだったのだ。, ↑駅の向かいにピカピカのホテルができていた。2017年10月に開業した「富岡ホテル」である。4階建て。69部屋ある(2020年3月11日撮影)。, 話をして驚いた。私が撮影した、津波が破壊した食料品店の店主だった。お話を聞かせてくださいとお願いすると、快諾してくれた。, かつて津波に破壊され尽くしたJR富岡駅前に2017年にオープンした「富岡ホテル」の代表取締役になっていたのだ。まだ新しい建材の匂いがする、新築ピカピカのホテルだった。, 渡辺さんはそう言った。この9年間に、渡辺さんにどんなことが起きたのか。いま何を思い、考えるのか。話を聞いた。, (冒頭の写真は2014年5月15日に筆者が撮影。津波に破壊されたままになっていたころのJR富岡駅), 私は読者のみなさんの購入と寄付でフクシマ取材の旅費など経費をまかないます。サポートしてくだると取材にさらに出かけることができます。どうぞサポートしてください。, <フクシマからの報告 2020年春>  津波と原発事故で消えてしまった    JR富岡駅前の商店街を再訪      住民の95%が消えた町で       ホテル経営に挑戦する地元民に会った, ジャーナリスト・フォトグラファー このサイトでは、サービス改善のためにCookieを利用しています。詳しくはこちらをご確認ください。, 福島

Enable Javascript to access all functionality.

■岩手県の土壌汚染:最高値3,030Bq/kg、中央値103Bq/kg アマゾン著者セントラル:, フクシマからの報告 2020年春    JR常磐線開通に合わせて       レッドゾーン道路だけ封鎖解除     9年間無人の街を前にマスコミは無関心, <フクシマからの報告>2020年春   福島第一原発に近づくと                             JR常磐線車両内で                                        線量計の警告音が鳴った        その車両が東京に毎日6本やってくる. ※4:2018年1月23日計測の値から、小数点6位以下を四捨五入。参考:https://www.jnto.go.jp/eq/eng/04_recovery.htm, それでは、構内の見学のためにいくつかの装備を身につけます。帽子、マスク、靴下、手袋、ベストなどいくつかの装備が貸し出され、それを自分の普段着の上から身につけていきます。, ベストには、ポケット線量計(写真右下)。見学中にどれだけの放射線を浴びたかを計測するためです。, 福島第一原発構内の放射線量は年々低下し、また除染も進んでいるため、見学は軽装でOKなのです(2019年1月現在)。, 現在は、構内の96%のエリアで、全面マスクなどの防護服を着用せずに作業できるようになりました。, 2人が歩いているのは、大型休憩所前の「さくら通り」。原子炉建屋から1,500メートルほど離れた通りです。, 福島第一原発はそもそも、東京電力が運営する原子力発電所。ここで発電した電力を、約200キロメートル以上離れた関東に届けていました。, しかし、2011年3月11日に起きた東日本大震災で、福島第一原発には高さ約15メートルの津波が流れ込みました。, 2011年3月15日撮影、左から1〜4号機。Picture courtesy of 東京電力, 津波によって、海抜10メートルの場所にある4つの建物「原子炉建屋」(1〜4号機)は、すべての交流電源を喪失。, その結果冷却機能が失われ、高温状態となった1〜3号機の原子炉内部では、核燃料が溶け落ちる現象「メルトダウン」が発生しました(※5)。, 2011年3月15日撮影。水素爆発した3号機(左)と4号機(右)。Picture courtesy of 東京電力, さらに1、3、4号機では水素爆発が起こりました。メルトダウン、水素爆発など一連の事故によって、大気中や土壌、海などに放射性物質が放出される事態となりました。, 世界中に衝撃を与えたこのような写真を記憶している方もいるかもしれません。その現場は今、どうなっているのでしょうか。, 東京電力で広報を担当する阿部(あべ)さん、木元(きもと)さんに案内してもらいました。, Coleさんは、窓から見える景色に驚きました。「想像したより、構内がきれいですね。整備されています」, ただ、作業服に身を包んだ作業員の姿が、ここが福島第一原発の現場であることを思い起こさせます。, 目の前に見える建屋までは、100メートルほど。「建物が損傷している部分がありますね。やはりここであの事故が起きたのだと、改めて感じます」(Frankさん), ここで、東京電力の阿部さんが言いました。「もう少し、近くへ行ってみましょう」。Coleさん、Frankさんも驚きます。「そんなに近くまで行けるんですか?」, やってきたのは、2号機と3号機の間の通路。原子炉建屋までは数メートルの距離です。建屋上部には、水素爆発時の跡。下部には、津波で流れてきた瓦礫による傷が生々しく残されています。, 「この装備でここを歩けるようになったのは、2018年5月以降です」と阿部さんが説明します。, 「地面に鉄板を置いて粉塵の舞い上がりを防いだり、瓦礫の撤去が進むことで線量が低くなったためです。継続してダストの管理も行っています。ここでいう“ダスト”とは、空気中の放射性物質を含んだ塵(ちり)のこと。その放射能を常時監視しています」, 福島第一原発はすでに廃炉となることが決定されており、現在の作業は、大きくわけて以下の2つです。, 原子炉建屋内にある使用済みの燃料は、もう使われることがありません。廃炉に向けて、その燃料を取り出すための作業が進められています。, メルトダウンが発生した1、2、3号機は、まだ建屋内の線量が高いため、それぞれ異なるフェーズで慎重に作業が進められています。, 1号機はまだ撤去するべき瓦礫がたまっており、クレーンを遠隔操作しながら、少しずつ撤去を進めています。2号機は水素爆発は発生しませんでしたが、建屋内に放射性物質が留まっており、内部の調査がはじまりました。, 事故当時とドーム屋根つり上げ完了後の3号機。左:2011年3月21日撮影 右:2018年2月21日撮影。Picture courtesy of 東京電力, 3号機では、瓦礫の撤去や除染などが終わり、ドーム屋根(写真右)など、燃料を取り出すための設備の設置作業が進められています。, 4号機は水素爆発が起きましたが、地震当日は定期点検中で稼働していなかったため、メルトダウンが起きませんでした。そのため作業も着手しやすかったのです。, 2014年に燃料取り出しが終わり、隣にある共用プールへと移され、安定的に管理されています。4号機の作業は完了し、安全な状態にあります。, なお、1〜3号機では、溶け落ちた燃料である燃料デブリも取り出す必要がありますが、現在、その取り出しに向け、ロボット等を用いて内部調査を行なっています。, 2017年7月に実施した、3号機の内部調査の動画はこちらから見ることができます。また、2019年2月には2号機で堆積物への接触調査が行われました。, 二本指のような機械(左)で小石状の堆積物をつまんで持ち上げている様子(右)。右画像は2019年2月、2号機にて撮影。Picture courtesy of 東芝エネルギーシステムズ(左)、東京電力(右), 空間の放射線量を下げたり、雨水を地下にしみ込ませないため、構内の地面はアスファルト等で覆われている, 2011年の事故では、放射性物質が空気中だけでなく、海中や土壌にも放出されました。, 取材の時点(2019年1月)で、福島第一原発周辺の海水中の放射性物質はじゅうぶん低い濃度となっていますが、さらにリスクを下げるため、さまざまな施策がなされています。, 原子炉建屋の周りの地下を、取り囲む配管。この地下には、深さ30メートルまで氷の壁が作られています。, 原子炉建屋の地下は、現在も放射性物質によって汚染されています。そのため建屋の周囲1.5キロメートルをぐるりと氷の壁で囲み、外から新たな水が入るのを防いでいるのです。, また、海側には写真のように鋼鉄製の壁を設置し、汚れた地下水を海へ漏らさないようにしています。, 「でも原子炉建屋の地下では、汚れた水が発生しますよね。それらの水はどうしているんですか?」(Coleさん), 「構内で生じた汚染水は、多核種除去設備(ALPS)など、構内にある複数の施設で浄化処理されます。セシウムやストロンチウムなど、人体への影響が強い放射性物質はここでしっかり取り除かれます」(東京電力・阿部さん), トリチウムという放射性物質のみ、現在の技術では取り除くことができないため、トリチウム以外を概ね取り除いた水を、構内に設置したタンクに入れて貯蔵しています。, 福島第一原発構内には、2019年1月現在で約940個のタンク、合計110万トンの水が置かれています。しかし、敷地の状況等を踏まえた現在のタンク建設計画では、137万トンまでの計画となっています。, 「この水をどのように処理していくか、国や地元の皆さんと議論を続けています」(東京電力:木元さん), 燃料取り出し、汚染水対策。重要なミッションを抱えた福島第一原発では、現在1日あたり4,000〜5,000人の作業員が働いています。, 「これも驚きです。原発構内はほとんどが事故当時のまま放置されているか、非常に少人数で作業していると思っていました。こんなに人が多いんですね」(Coleさん), たとえば、食事。2015年、敷地内に食堂が誕生し、あたたかい食事がとれるようになりました。それまでは外から持ち込むことしかできず、もちろん冷たい食事でした。, 「同じ釜の飯をみんなで囲む、というのは日本人にとって、チームワークを進めていく上ですごく大事なことなんです」, 今回案内してくれた東京電力の木元さん(写真右)も、現場で働いていた1人。彼は事故当時、福島第一原発から約12キロメートル離れた、福島第二原発にいました。震災後は住民や自治体に向けて説明を行い、現在は、メディア向けの記者会見などで対応をしています。, 「原子力を信じて働いてきた中で、こうした事故を起こしてしまったのは、個人的にも非常にショックでした。今はなんとかしなければならないという思いが強い。使命感を持って、ここに立っています」, 同じく東京電力の阿部さんは、「我々が起こしてしまった事故は、大変恥ずかしいことです」と正直な思いを口にします。, 「自分たちが犯したミス、失敗を赤裸々にお話ししなければなりません。繰り返し、何度も。でもそれが我々が今できることですし、やらねばならないという気持ちがあります」, 瓦礫の撤去、燃料の取り出し、溶け落ちた燃料デブリの取り出し、これからも続く汚染水の処理、タンクの中の水をどうするかーー。課題はいまだ山のように残されています。, そんな廃炉への取り組みがどれほど進んでいるか、2011年の事故で何が起きたのか、福島第一原発について知ることのできる施設があります。, 福島第一原発から10キロほど南にある、富岡町の「東京電力廃炉資料館」。2018年にオープンし、資料映像や写真、展示によって事故の全容や廃炉の現状がわかるようになっています。, ここまで来るのが難しい方は、東京電力のHPや、Web上で公開されている福島第一原発構内のバーチャルツアーを見ると、廃炉の現状や福島第一原発構内の様子を知ることができます。 ■静岡県の土壌汚染:最高値515Bq/kg、中央値12.6Bq/kg, 「チェルノブイリ原発事故が起こった旧ソ連では、地域の土を採取・測定し、詳細な汚染マップを作成しています。事故から5年後には、土壌の汚染度も考慮した“チェルノブイリ法” が制定され、土壌汚染のひどい地域は避難の権利や保証が得られました」, 【チェルノブイリ法での基準】 ■長野県の土壌汚染:最高値1,038Bq/kg、中央値3.92Bq/kg

福島原発ヤバすぎわろえない ... 本当に安全なら自民党本部の飲み水にこれ使って欲しいよね .

データサイトは、福島第一原発事故後に各地にできた市民放射能測定所がつながった市民グループ。’19年1月末時点で31の測定所が参加している。 震災後、被ばくのリスクを減らそうと、各地域で測定した食品や環境中の放射性物質のデータを精査し、共有。 museum, 福島第一原発での見学を終えて、Frankさんは言いました。「まず、あんなに事故現場の近くまで行ける、ということに驚きました。実際に構内を歩いてみると、想像していたよりコントロールされている印象を受けました」, Coleさんは、「私も、福島第一原発はきちんとコントロールされていると感じました。ただ、汚染水の処理など不確定な部分や、また相手は放射線なので、人間の力では限界がある部分もあります。しかしその中でも働く人はプロ意識を持ち、できるだけのことをしている印象を受けました」, また、Coleさんは付け加えました。「放射線は、目に見えません。目に見えないものは、理解が難しく、不安になる。しかし、知識を得て、実際に現場を見ることで、怖いという気持ちはなくなってきます」, 見えないものには恐怖がある。でもその正体がわかれば、恐れはほんの少しずつ、減ってくる。, もう少し、福島への解像度を上げたい。福島第一原発の見学を終えた2人は、別の場所へと向かいました。, MATCHAは訪日旅行者に向けて日本の情報を発信するWEBマガジンです。東京・京都などの有名観光地はもちろん、北は北海道から南は沖縄まで日本全国を紹介しています。, 友達にもおすすめしたくなる、MATCHA編集部が厳選した情報をお知らせします。プッシュ通知を許可してね!.