エトピリカ(花魁鳥[3]、Fratercula cirrhata)は、鳥綱チドリ目ウミスズメ科ツノメドリ属に分類される鳥類。, オホーツク海・ベーリング海沿岸部、千島列島、アラスカ湾からカリフォルニア沿岸部の島嶼などで繁殖する[2]。, 全長39センチメートル[2][3]。翼長19 - 20センチメートル[3]。体重678 - 913グラム[2]。全身が黒い[3]。, エトピリカとはアイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirka)」という意味で、名のとおり橙色の大きなくちばしをもつ[4]。くちばしは縦に平たく、縦に数本の溝がある。足は橙色で、顔と足以外の全身は黒い羽毛におおわれる。冬羽は顔が灰色で飾り羽がなく、くちばしの根もとも黒っぽいが、夏羽では顔が白くなり、目の後ろに黄色の飾り羽が垂れ下がり、くちばしの根もとが黄褐色の独特の風貌となる。頭部が鮮やかに彩られる様から花魁鳥という別名もある。外見はツノメドリに似るが、腹まで黒いことと夏羽の飾り羽で区別する。, 一年の大半を陸地のない外洋で過ごし、4月から8月にかけての繁殖期のみ、天敵の寄り付かない険しい断崖で営巣する。飛ぶときは短い翼をはためかせて海面近くを直線的に飛び、捕食の際は足と翼を使って水深10 m あたりまで巧みに潜水する。, イカナゴなどの魚類、頭足類、甲殻類などを食べる[2][3]。雛鳥に対してはイカナゴやニシンなどの小魚のほか、イカを与える。, 海岸や離島の断崖に巣穴を掘り、繁殖する[2]。くちばしと足で地面に巣穴を掘るが、岩の隙間を利用することもある。巣には草や羽毛を敷く。5 - 6月に、1個の卵を産む[2]。雌雄ともに抱卵し、抱卵期間は42 - 46日間[2]。雛は孵化してから、44 - 47日で巣立つ[2]。ヒナが孵化すると餌を運ぶ。孵化から巣立ちまでは40日-55日かかる。, 分布が非常に広く生息数も多いと考えられていることから、2018年の時点では種としての絶滅のおそれは低いと考えられている[1]。一方で漁業による混獲、原油の流出、人為的に移入されたネズミ類やキツネ類(コマンドルスキー諸島ではアカギツネおよびホッキョクギツネ)による捕食、気候変動や温暖化による海水温の上昇などにより生息数は減少している[1]。1980年代にはイカ類の流し網漁だけでも、年あたり123,000羽が混獲されたと推定されている[1]。研究やレクリエーションなどによる、繁殖地での人間からの攪乱による影響も懸念されている[1]。, 片岡義廣・水野政巳 「北海道浜中町霧多布におけるエトピリカの生態と生息数変動」『Strix』17巻、, https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22694934A132582357.en, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エトピリカ&oldid=80333671. Copyright© off time , 2020 All Rights Reserved. 2014年、コンサートツアー「葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour“エトピリカ”」(全60公演)を全都道府県にて開催。 デビュー25周年の節目の年・2015年春、19年前に解散した“KRYZLER & KOMPANY”再結成。アルバム「NEW WORLD」のリリースと8都市10公演のコンサートツアーを開催。 葉加瀬 太郎(はかせ たろう、1968年1月23日 - )は、日本のヴァイオリニスト、ミュージシャンである。本名は髙田 太郎(たかた たろう)。旧姓は葉加瀬。ハッツマネージメント所属。レーベルは自身が音楽監督を務めるHATS UNLIMITED。妻はタレントの髙田万由子。作曲家の高井達雄とは遠い親戚に当たる(血の繋がりはない)。身長178cm。代表作は「情熱大陸」。大阪府吹田市生まれ。2017年現在はロンドン在住。, 京都市立堀川高等学校音楽科(現在の京都市立京都堀川音楽高等学校)卒業、東京芸術大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻中途退学。, ヴァイオリンは、4歳で習い始める。本人曰く「1学年10クラスもあった千里ニュータウンの団地っ子」だったことや、当時その団地の同級生の多くが習い事を始めており、「習い事ブーム」だったこともあって、自身も毎週金曜日に近所の公民館で練習していた。10歳で本格的にヴァイオリン教室に通い始め技術を磨き、中学2年で西日本コンクールで2位となった。, その後、東京芸術大学に入学した後、学生で結成された『クライズラー&カンパニー』の中心人物として音楽界に登場。クラシックやポップスといったジャンルの垣根を越えて人気を博すが、1996年に解散。アート・リンゼイ・プロデュースによる『watashi』(1997年)でソロデビューを果たす。, 1996年にはセリーヌ・ディオンのワールドツアーに参加。1999年、タレントの髙田万由子と結婚(婿養子)。現在二児の父。2004年、中島美嘉の楽曲「朧月夜〜祈り」(および同名のミニアルバム)をプロデュースし、『第55回NHK紅白歌合戦』に中島の伴奏で出演した。2006年4月には、関西テレビの報道番組『FNNスーパーニュースアンカー』のテーマ曲「Beyond the Sunset」を石坂慶彦と共に手がける。2006年、志方あきこの2ndアルバム「RAKA」に1曲参加。2007年3月、ゆずとコラボで「春風 meets 葉加瀬太郎」発売。, 2010年9月から放送のNHKの連続テレビ小説『てっぱん』のテーマ曲と劇中音楽を手がけた。テーマ曲「ひまわり」は、子供の頃、父親が岡山県出身のため何度も訪れて遊んだ瀬戸内海をイメージして制作したものだという[1]。, はか扇子という名前をもじった扇子があり、はか扇子を使ったダンスをコンサートに取り入れている。はか煎餅、靴下履かせたろうなどのアイテムもある。, サッカー好きでFAプレミアリーグの中ではアーセナルFCのファンである[2]。京都市立京都堀川音楽高等学校芸術顧問。, 大の釣り好きでも知られており、最近では九州地方を拠点としているユーチューバーのグループで一般人の『釣りよかでしょう』のフォロワーで、自らオファーを出したのちに『釣りよか』に出演した。沖縄を拠点として活動しているユーチューバー『ハイサイ探偵団』の動画にも出演している[3]。, 2014年より京都府によって行われている観光キャンペーン「もうひとつの京都、行こう」のため、組曲『もうひとつの京都』を作曲した[4]。, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/25/kiji/K20160325012277700.html, 発表、“2015 年最も輝いた男たち”「GQ Men of the Year 2015」五郎丸歩さん、鈴木亮平さん、葉加瀬太郎さん、又吉直樹さん、松岡修造さん、吉田鋼太郎さん、BABYMETAL さん(特別賞), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=葉加瀬太郎&oldid=80275899, 葉加瀬太郎 / 高嶋ちさ子 / 古澤巌『BEST OF THE THREE VIOLINISTS』, 15.The Song of Life with 葉加瀬太郎 [Bonus Track], 葉加瀬太郎 / 高嶋ちさ子 / 古澤巌『BEST OF THE THREE VIOLINISTS II』, Brazil〜Aquarela Do Brasil (super ai-ai mix), 交響詩「希望」Symphonic Poem “Hope” 第一楽章 序曲/1st mov.Overture, 交響詩「希望」Symphonic Poem “Hope” 第二楽章 賢者の行進/2nd mov.March of a Wise man, 交響詩「希望」Symphonic Poem “Hope” 第三楽章 ロード・オブ・ホープ/3rd mov.Road of Hope, 交響詩「希望」Symphonic Poem “Hope” 第四楽章 ロマンス/4th mov.Romance, 交響詩「希望」Symphonic Poem “Hope” 第五楽章 ロード・オブ・ホープ〜リフレイン/5th mov.Road of Hope〜Refrain, Brazil〜 Aquarela Do Brasil (Slow Version), 朧月夜〜祈り _ The Night of the Hazy Moon 〜 Prayer, Everlasting Dream(オリジナルバージョン)(オープニングテーマ full size), Everlasting Dream(オリジナルバージョン)(オープニングテーマ TV size), Everlasting Dream(日本収録バージョン)(オープニングテーマ TV size), セレナード第13番ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」より 第1楽章, 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より 第2幕ドンナ・アンナのアリア「おっしゃらないで、愛しい人よ」, 1〜15 Piano only version for practice the violin, カラー・ユア・ライフ Color Your Life 〜Original Version〜, 交響詩「希望」第一楽章 序曲 第二楽章 賢者の行進 第三楽章 ロード・オブ・ホープ 第四楽章 ロマンス 第五楽章 ロード・オブ・ホープ〜リフレイン / 交響詩「希望」 Symphonic Poem“Hope”, Deborah's Theme/Once Upon A Time In America, 組曲「もうひとつの京都」(OriginalVer.)