Sponsored by the Asahi Shimbun Newspaper, let’s see what kind of ‘treasures’ they newly found, put together from collections around the world.

 藤田嗣治は東京都新宿区新小川町の陸軍軍医の家に生まれた。藤田家は家老の家柄で父・藤田嗣章は陸軍軍医として台湾や朝鮮などの外地で衛生行政に携り、森鴎外の後任として最高位の陸軍軍医総監にまで昇進している。兄・嗣雄(法制学者・上智大学教授)の義父は陸軍大将児玉源太郎である。  戦後初めて発表された裸婦像とされる「私の夢」(47年)では、猫は犬やウサギとともに服をまとって擬人化され、まさに「夢の世界」を演出。戦争を経た後の、藤田の願望を映し出しているともいわれている。 1886 – 1968 2018年7月30日 17時55分 Foujita’s Paintings and Drawings for his Lovers, Wives, and Friends

河盛好蔵訳、美術公論社、1979年 Birnbaum weighs the evidence on both sides, interviewing his surviving friends and enemies. 2003 Retour du corps de Léonard Tsougouharou Foujita dans la présente chapelle (préalablement enterré à Villiers le Bácle) I offered him two hundred and was about to leave when he agreed and told me never to tell him if it proved to be an authentic work by van Dongen and Foujita. Mario A “Robert Desnos, Tsuguharu Foujita, Youki Foujita, Kimiyo Foujita. レオナール・嗣治・フジタの作品、Léonard Tsuguharu Foujita’s work, no title, ca.1966? http://foujita2018.jp/english.html, 皆さん、「フランス人」のフジタの作品がお好きですか。 33 x 41 cm, Succession Kimiyo Foujita, no date, MAISON-ATELIER Foujita, Villiers-le-Bacle, “Léonard Foujita”「レオナール・フジタ」@ 箱根のポーラ美術館 Pola Museum of Art, Hakone, 2011, Running show 開催中:  パリでこれを知ったマドレーヌが急きょ帰国してひと悶着・ふた悶着。そして事件勃発。なんと1936年(昭和11年)6月、マドレーヌが戸塚の家で急死。翌日の朝日新聞は「戸塚の自宅で就寝中午前三時頃脳血栓を起し急逝した」。近藤史人著では「コカイン中毒で急死」。湯原かな子著では「アルコールと薬物で心身を冒されて極度の精神衰弱を病んでいた。自殺説から他殺説までさまざまな風説が飛び立った」。田中穣著では「庭の芝生に散水中に禁断症状の説、ひとり浴槽につかっていての説あり。警視庁詰めの記者団から、死因を究明せよという抗議のまじった要望があったとも伝わる」。騒いでも陸軍軍医総監宅である。陸軍の闇は深くどうにでも処理できる。, 藤田嗣治 Léonard Foujita as photographer @ “FOUJITA Peindre dans les Années Folles” Musée Maillol, 2018/3/7-7/15 Madeleine Lequeux (Mady Dormans = Book “Les Confidences de Youki” 1957/1999), muse and partner of Foujita from 1931 until her obscure death (murder?) これも権利と責任からくる合理性?, オードはロケーション・ディレクター、ロケ場所探しの専門家だ。小さなお子さんをもつ母親でもある。タフで優しい女性だ。日本ではロケハンは制作部や演出の仕事になるけれど、こういう専門職がある。フランスの事情がわからない私たちの無理な要求にも、オードは豊富な知識と経験で応えてくれる。それでもやはり、監督のイメージに合致するロケ場所探しは容易ではない。その日もフジタのアトリエに隣接するアパート探しが難航した。実りのない一日を終えたロケバスの中は、落胆と焦燥とで重苦しい雰囲気になる。アルゼンチン出身の美術監督、カルロスがオードに何か話しかけた。突然、楽しそうなオードの笑い声が車内に響いた。「近くに美味しい、尼さんのオナラ、が食べられるカフェがある、俺がみんなにご馳走してあげる」「尼さんのオナラ?なんだそれは!」「食べればわかる」。しかし残念なことにその日、店ではすでに売り切れ。どうもスウィーツらしい。翌朝、ロケバスに乗り込んできたオードが「これが尼さんのオナラ。上手く出来なかったけど」と恥ずかしそうに紙袋を差し出した。早起きして作ったのだそうだ。小さな、丸い揚げパンのようなそのお菓子は、柔らかくて上品な甘さがあった。ロケハンの空振りで気が滅入っていたスタッフへの、もっとも気落ちしていたはずのオードからの優しい心配りだった。 Résistance vs War Criminal.". ユキの回想~エコル・ド・パリへの招待 この展覧会は31日から10月8日まで、上野の東京都美術館で開かれています。 彼は、バランスの取れた静けさで …, 50歳までに2回の結婚と離婚、その間に複数の恋人がいたマックス・エルンストですが、彼の恋愛と結婚は続きます。

http://kawamura-museum.dic.co.jp/en/exhibition/20170115_fujita.html. Normally, I write the Japanese family name first, like: “FOUJITA Tsuguharu”, but in his case, it sounds strange to call him “FOUJITA Léonard”. 嗣治に10円札が5枚入った封筒を渡した。それは息子の志望を許可することを示すものであった。嗣治はこの父に对し、生涯にわたり感謝の念を抱いている。父の上司だった森鴎外の薦めで19歳で東京美術学校(東京芸術大学)西洋画科に入学した。 1959 Réception du Sacrement du Baptème par les deux époux à la Cathédrale de Reims  東京美術学校で学んでいた時代の初期作から、裸婦像やパリの街角を描いた絵、中南米やアジアの群像を活写した作品、戦時中に手がけた作戦記録画、さらには戦後に手がけた宗教画や子どもの絵まで。激動の時代に数奇な人生を送り、最後はフランス国籍を得た画家の全容を真正面からとらえた展示になっている。 フジタの絵の中で描かれている「Libertinage」、「女性の解放」、モダニズムやジェンダー論(Les Garçonnes)と関係する社会転換について、と、折角ですから、朝日新聞と戦争画家フジタとの関係も、書いて欲しかったですね。 1955 Obtention de la nationalité française par les deux époux Cathédrale Notre-Dame de Paris – Cathédrale Notre-Dame de Reims (Léonard Foujita) 11/14公開。映画『foujita』公式サイト。名匠 小栗康平監督。オダギリジョー主演。二つの国、そして戦争という時代に生き、画家を全うしたフジタ。その知られざる世界を静謐な映像美で描く。  今展にも、おかっぱ頭に丸メガネというおなじみに自画像が出品されているが、29年作の「自画像」では藤田特有の繊細な線をひくためともみられる細い筆を持つ腕に絡まりつく猫が描かれ、36年の「自画像」では和服の胸元から猫が顔をのぞかせている。 So Foujita’s first move was to ‘de-baptise’ me and rename me Youki; his second: to request I pose for a large nude painting’ (quoted in Marie-Claire Barnet, Eric Robertson & Nigel Saint (eds. Tsuguharu Foujita, Robert Desnos, Youki Foujita, Kimiyo Foujita. Korea at that time was under Japanese colonization. でも異彩を放っている。, 小さな職人たちは、当初はアトリエの木製扉を装飾するために描かれたが、フジタはアトリエの壁一面にこれらを飾り、絵に囲まれていることを喜びとした。作品は200枚にのぼる。これらの小作品をタイル状にはり、作家はアルティスト(芸術家)であるよりも前に、腕利きの職人でなければならないと語っていた。本連作には、フジタの職人に対する敬意とパリという街への特別な思いが凝縮されている。, 建設中の木造建築の構造を思わせる木枠を背 にたたずみ、優しく穏やかな幸福感をたたえた聖母子と、彼らを祝福する4人の天使たちを描いた作品。 周囲の金地に施された丸い装飾は、藤田の宗教的な 作品においてしばしば見受けられる。本作を藤田は、洗礼を受けた1959年10月14日にランスの大聖堂に贈呈した。レオナ一ル・フジ夕という洗 礼名を画面に初めて記した記念すべき作品である。, 旧約聖書に登場するイヴをテーマとした作品。さまざまな野生の動物 たちが生息する広大なエデンの園を背景 に、林檎を手にしてたたずむ裸のイヴの姿が 描かれている。可憐な花を摘んで編んだ髪 飾りをつけ、純粋無垢な面持ちをみせる彼 女の頭上には、禁断の果実を食べるよう にそそのかす大きな蛇が忍び寄っている。洗礼の年に描いた理想の楽圍。, 藤田嗣治が建てた礼拝堂「シャぺル・ノートル=ダム・ド・ラ・ペ(通称シャペル・フジタ)」。礼拝室には聖母の像をはじめ多くのフレスコ画がフジタによって描かれている。, 藤田嗣治が1968年(昭和43)に81歳でこの世を去ってから、まもなく50年を迎えようとしていて、生前の藤田嗣治を直接知る人がほぽこの世から去っている。その最期を看取った年少の君代夫人が2009年に100歳を目前に亡くなり、彼女が最期まで手元に残していた夫の遺品や作品、 蔵書、日記などを美術館や大学に贈答している。, 礼拝堂内部の右側、「最後の晩餐」の場面 が描かれた半円形ドー 厶の下に、藤田は安ら かに眠っている。また妻の君代夫人もまた、同じ墓標のもとに埋葬されている。, 後半以来ジャポニスムを濃厚に経験したこの街の恩恵を受けていた。おかっぱ頭に丸眼鏡、ちょび髭、時にピアスで姿でパリ画壇に挑んだことは、日本人という枠を 超えた、20世紀的な新たな美術家の誕生を感じさせた。, が建てた礼拝堂「シャぺル・ノートル=ダム・ド・ラ・ペ(通称シャペル・フジタ)」。礼拝室には聖母の像をはじめ多くのフレスコ画がフジタによって描かれている。, その最期を看取った年少の君代夫人が2009年に100歳を目前に亡くなり、彼女が最期まで手元に残していた夫の遺品や作品、 蔵書、日記などを美術館や大学に贈答している。, ・諏訪根自子::_::hhttp://www55.jimdo.com/app/s21e8cf67e124d502/p121a680e1fb38855?cmsEdit=1.